2021年4月28日

低温物流・コールドチェーン構築に貢献

凍結性能を向上した「蓄冷剤凍結庫」を発売

品名 蓄冷剤凍結庫
品番 BYF-KBF783
メーカー希望小売価格 1,191,300円(税抜き価格 1,083,000円)
発売開始日 2021年5月10日
本体外観

蓄冷剤凍結庫 BYF-KBF783

パナソニック産機システムズ株式会社(本社:東京都墨田区)は、物流業や流通小売業、外食業、食品メーカーなどに向けて、凍結性能を向上させた「蓄冷剤凍結庫」の受注販売を2021年5月10日より開始します。

昨今、冷凍食品の需要伸長やネット通販の増加などにより、冷凍・冷蔵品の輸送・配送に使用される蓄冷剤を効率的に凍結させるニーズが増大しています。

今回発売する製品は、庫内構造の見直しによる風量拡大と熱交換の効率化などにより凍結性能が向上し、従来機と比較して凍結時間を約10.5%短縮(※1)します。また、運転制御方式の変更により約20%の消費電力低減(※2)を実現し、省エネとの両立を図りました。さらに、清掃しやすい筐体構造の採用や、取っ手の構成部品を一体化するなど、作業性、堅牢性も向上しています。

当社は今後も、冷凍・冷蔵設備はもとより、様々な機器・システム・サービスの提供を通じて、食品流通業界の効率運営に貢献していきます。

【製品特長】

(1)凍結性能向上

庫内構造見直しによる風量拡大、熱交換の効率化、運転制御の見直しにより、
凍結性能を向上し蓄冷剤凍結時間を従来モデル比約10.5%(※1)短縮

  • ※1 蓄冷剤-25℃グレード500 g 144枚(35℃平衡)の場合
    凍結時間は、蓄冷剤メーカー及び形状によって多少異なります。

【凍結時間目安】蓄冷剤メーカー及び形状によって時間は多少異なります。

凍結時間目安、蓄冷剤重量グラフ
  • <試験条件>
    • ・周囲温度 35℃
    • ・庫内設定温度 -40℃
    • ・電圧/周波数 200 V/50 Hz
    • ・蓄冷剤投入後、1時間での霜取り

(2)省エネ性能向上

冷却回路や運転制御の見直しにより、消費電力を従来モデル比約20%省エネ(※2)

※2 従来機(BYF-FBF783A)1,009 W/1,139 W⇒新機種(BYF-KBF783)784 W/857 W

(3)作業性・使い勝手向上

  • [1]グリル部を固定可能に
    開放時に保持できるので、使い勝手やフィルター清掃時の作業性も向上。
  • [2]取っ手の構造変更・堅牢性向上
    扉を開く時に力が加わりやすい取っ手の構成部品を一体型にすることで、堅牢性をアップ。
  • [3]負圧軽減
    扉を開ける際にソケットから外気を庫内に取り入れることで負圧を軽減させる構造により、
    扉開閉が容易に。また開閉時の扉まわりの負荷を同時に軽減。

【仕様】

品名 蓄冷剤凍結庫
品番 BYF-KBF783
外形寸法 W745×D800×H1,890(㎜)
内形寸法 W444×D670×H1,360(㎜)
有効内容積 382 L
庫内温度 -40℃以下
(周囲温度30℃、無負荷平衡時、直射日光なし)
温度設定範囲 -40℃~-22℃
電源 三相200 V
消費電力
(50 Hz/60 Hz)
冷却時 784 W/857 W
霜取り時 1,070 W/1,070 W
製品質量 138 kg

【用語集】

蓄冷剤 物や食品などを低温に保つために用いられる保冷剤。凍結して低温配送に使用する。
何回でも繰り返し使うことができ、様々な温度帯(グレード)のものがある。
グリル 空調や換気の吹き出し口・吸い込み口に使用される格子状の金属板のことで、
蓄冷剤凍結庫本体上部に搭載しているコンプレッサーのフロントパネルを指す。
負圧 庫外に比べて庫内の気圧が低い状態。負圧が高いほど扉を開く際に抵抗がある。

【商品ホームページ】
https://panasonic.biz/appliance/cold_chain/pdeqp/coldstorage/

以上