2021年3月1日

AIネットワークカメラのエッジ処理で簡単導入を実現

混雑・行列を検知し業務放送やサイネージと連携、
業務効率化に貢献する「AI混雑検知アプリケーション」を発売

AI混雑検知アプリケーション イメージ

パナソニックi-PROアイプロセンシングソリューションズ株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:尾崎 祥平、以下i-PRO)は、i-PRO製のAIプロセッサー搭載ネットワークカメラ(以下、AIネットワークカメラ)の機能拡張ソフトウェアとして、人の混雑・行列状況を検知する「AI混雑検知アプリケーション」を3月より発売し、パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:片倉 達夫)を通じて販売します。

「AI混雑検知アプリケーション」は、AIネットワークカメラのエッジ処理により、カメラ単体で特定エリアの混雑・行列状況を検知することができます。また映像監視ソフトウェアWV-ASM300(W)やWJ-NXシリーズのネットワークレコーダーとも簡単に接続・連携し、トータルな映像監視運用も可能です。さらに、検知した結果を業務放送やデジタルサイネージなどのシステムと連携することで、音声とともにモニター画面での注意喚起をおこなうことができます。政府が示す三密回避の対応として、飲食・小売店舗、銀行、工場・倉庫など様々なシーンで、少人数での店舗運営や効率的な入場管理などの業務効率化に貢献します。

今後も両社はラインアップをさらに強化し、多様化・高度化するお客様のニーズに対応したさまざまな製品、ソリューションを提供してまいります。

<主な特長>

1. 映像の中からAIで人を認識、予め設定した人数を超える場合にアラームを通知

2. AIネットワークカメラに直接アプリケーションをインストール、サーバー不要でカメラ単体での混雑・行列検知が可能

3. 監視・防犯システムとして活用しながら、リアルタイムな混雑・行列検知で業務効率化に貢献

【主な特長】

1. 映像の中からAIで人を認識、予め設定した人数を超える場合にアラームを通知

AIネットワークカメラがAI機能により映像の中から「人」を認識することができます。映像内の設定されたエリアで予め設定した人数を超えた場合「混雑」として検知します。検知した結果はアラームとして、映像監視ソフトウェアWV-ASM300(W)やWJ-NXシリーズのネットワークレコーダーに「独自アラーム通知」として通知することができます。また、カメラの接点から直接出力し業務放送やデジタルサイネージなどのシステムと連携することも可能です。

2. AIネットワークカメラに直接アプリケーションをインストール、サーバー不要でカメラ単体での混雑・行列検知が可能

「AI混雑検知アプリケーション」はAIネットワークカメラに直接インストールし、アプリ設定画面で検知条件(検知エリア・人数・時間)を設定するだけで、すぐに使用することが可能です。AIネットワークカメラのエッジ処理により、カメラ単体での動作が可能で、アプリケーションを動作させるため専用のサーバーやコンピューターは不要、専用ウェブサイトでの申し込みなども不要です。

3. 監視・防犯システムとして活用しながら、リアルタイムな混雑・行列検知で業務効率化に貢献

AIネットワークカメラによる監視・防犯システムは、録画だけでなく、映像の中の情報をリアルタイムに活用することができます。混雑を検知した際の活用例として、業務放送と連携をした混雑状況のアナウンス、レジ前の混雑時におけるスタッフ応援の自動通知、店舗の入り口モニターでの混雑状況を注意喚起、工場や倉庫などでの作業時の密な状況のお知らせなど、様々なシーンで業務効率化に貢献します。

■AI混雑検知アプリケーション ウェブページ
https://biz.panasonic.com/jp-ja/products-services/security_software/lineup/wv-xae207w

■AI混雑検知アプリケーション
品名 機能拡張ソフトウェア
AI混雑検知アプリケーション
品番 WV-XAE207W
本体希望小売価格 オープン価格
発売時期 2021年3月
■仕様
混雑検知方法 対象エリアで設定人数が
設定時間以上になると検知
人物サイズ 肩幅32~1400 pixel(フルHD モデル)、
64~2800 pixel(4K モデル)
検出可能な画角 俯角45°以内
最大カウント人数 40人
設定エリア数 最大4個
検知人数 エリア毎に1~40人
検知までの時間 エリア毎に1~600秒
設置場所 屋内(軒下を含む)
照度 50 lux以上(被写体周囲)

■運用イメージ/活用例

パナソニックi-PROセンシングソリューションズ株式会社について

パナソニックi-PROセンシングソリューションズ株式会社は、セキュリティ監視、パブリックセーフティ、そして医療用イメージングの各分野に欠かせない、センシングソリューションの世界的なリーディングカンパニーです。パナソニックにおける60年以上にわたる数々のセンシング技術とイノベーションを継承し、2019年に設立されました。

私たちは、一瞬も見逃さない高度なセンシング技術とあらゆる環境に対応する信頼性の高いソリューションで、人々の命を守り救うプロフェッショナルをサポートし、より安心安全な社会の実現に貢献します。

<パナソニックi-PROセンシングソリューションズ株式会社の概要>

代表者 代表取締役社長 尾崎 祥平
本社所在地 福岡市博多区美野島4丁目1番62号
設立 2019年10月1日
事業内容 セキュリティ・医療・産業分野向け機器・モジュールの開発、製造、販売
システムインテグレーション、施工、保守、メンテナンス及び
これらに関するサービスを含む各種ソリューションの提供
URL https://ipro.panasonic.com/jp/

<パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社の概要>

代表者 代表取締役社長 片倉 達夫
本社所在地 東京都中央区銀座8丁目21番1号
設立 2017年4月1日
事業内容 システムインテグレーション等
URL https://www.panasonic.com/jp/company/pssj/company.html

【お問い合わせ先】

パナソニック システムお客様ご相談センター
電話:フリーダイヤル0120-878-410(受付:9時~17時30分<土・日・祝日は受付のみ>)

以上