2020年8月19日

間接照明による空間演出

上質で居心地の良い空間を追求した
ホームエレベーター「1414ソフィーネH」を発売

会社設立15周年記念製品

「1414ソフィーネH」単体画像、大型窓タイプ画像、設置イメージ

品名 ホームエレベーター「1414ソフィーネH」
駆動方式 ロープ式(巻胴式)
定員/積載上限 3名/200 kg
最高速度 上昇時:毎分20 m、下降時:毎分30 m
昇降行程(最大停止数) 13 m以下(5ヶ所)
ルーム内サイズ(間口×奥行×高さ) 950×1150×2000(※1)
希望小売価格(※2)(税抜き) 3,480,000円~
ルーム内カラー/乗り場ドアカラー 2柄/7柄
受注開始予定日 2020年9月1日

パナソニック エレベーター株式会社は、上質で居心地の良い空間を追求した個人住宅向けホームエレベーターの新製品「1414ソフィーネH」を2020年9月1日に受注開始します。本製品は光や内装デザインなどにこだわり、上質で居心地の良い空間を目指して開発。会社設立15周年記念製品として発売します。

当社は、2005年7月1日に設立以来(※3)、「2階建てや3階建ての住宅をフロアフリー®(平屋感覚)で過ごすためのご家族みんなの乗り物」として、ホームエレベーターを提案してきました。

今回、新製品として発売するホームエレベーター「1414ソフィーネH」は、ライン型のLEDを間接照明として採用し、柔らかく陰影のある光により上質で居心地の良い空間を演出しています。万一昇降中に停電になった場合でも、このライン型のLEDを通常時と同じ明るさで点灯させたまま、最寄り下方階まで運転(※4)を行います。また、大型窓タイプのドアをオプションに追加。搭乗時に閉塞感を感じにくく、エレベーターの外からルーム内の様子を伺うことも可能です。さらに、脱臭効果に優れた天井埋込形ナノイー発生機「エアイー」を標準装備。併せて、エレベーターの利用者がよく触れる手すりや床、大型操作ボタンには抗菌処理(※5)を施しました。

当社は今後もエレベーターを通じて、「バリアフリーからフロアフリー®へ」のコンセプトのもと、快適な住まいづくりに貢献していきます。

<特長>

1. 間接照明の柔らかく陰影のある光により、上質で居心地の良い空間を演出

2. 大型窓タイプのドアをオプションに追加し、エレベーターの意匠性をさらに向上

3. 天井埋込形ナノイー発生機を標準装備、併せて手すりや大型操作ボタンなどを抗菌処理(※5)

  • ※1:一方向出入口の場合の寸法です。踏込み部分を含みます。なお、ルーム内奥行き最大寸法は、建築基準法上の寸法とは異なります。
  • ※2:メーカー希望小売価格は、エレベーター本体(標準装備)と参考据付費の税抜価格を足した額です。「メーカー希望小売価格」以外に、「諸官公署等手続費」が別途必要です。建物側工事費、オプション装備品、遠隔地費用は含まれません。その他、メンテナンス契約料金が継続的に必要です。
  • ※3:当時の社名は「松下ホームエレベーター株式会社」。2020年4月1日に「パナソニック ホームエレベーター株式会社」から現在の社名に変更。
  • ※4:エレベーターの停電時自動着床装置用バッテリーが適切な状態で保たれてる状態に限ります。停電時には、標準装備されている「停電時自動着床装置」により、自動的にバッテリー電源で最寄り下方階へ運転し、到着後ドアを開きます。電源が復旧すれば通常運転に自動復帰します。
  • ※5:非常通報ボタンを除く。なお、抗菌とは製品の表面における細菌の増殖を抑制する状態を言います。試験機関:押しボタンカバー「(株)衛生微生物研究センター」、手すり・床「(一財)日本食品分析センター」試験方法:JIS Z 2801に基づき、フィルム密着法による生菌数を測定。
    シャーレにて24時間、静置培養した後の菌数を測定する。対象:付着した一般細菌 試験結果:99%以上抑制(試験は2種類のみの菌で実施)

【お問い合わせ先】

パナソニック エレベーター株式会社 事業企画担当
電話:06-6908-1131(代表 受付9:00~17:30)

【特長】

1. 間接照明の柔らかく陰影のある光により、上質で居心地の良い空間を演出

ルーム内の天井両サイドに幅8 mm、高さ10 mmのスリムなライン型のLEDを間接照明として採用し、温かみがある明るい空間を実現しました。万一昇降中に停電になった場合でも、このライン型のLEDを通常時と同じ明るさで点灯させたまま、最寄り下方階まで運転(※4)を行います。また、ルーム内の内装には、両サイドの間接照明に合わせてアクセントパネルを2面に設置し、シンメトリーなデザインを採用しました。間接照明の柔らかく陰影のある光との組み合わせにより、上質で居心地の良い空間を演出しています。

ルーム内デザイン(ブラック柄)操作パネル側/操作パネル反対側、ルーム内デザイン(メープル柄)操作パネル側/操作パネル反対側、パナソニックのライン型のLED「C Slim S08」を採用

乗り場ドア(標準扉:全7柄)ソフトウォールナット柄、ウォールナット柄、チェリー柄、オーク柄、メープル柄、フィプロホワイト柄、グリーシェル

2. 大型窓タイプのドアをオプションに追加し、エレベーターの意匠性をさらに向上

大型窓タイプの乗り場ドア、ルーム内ドア(※6)をオプションとして追加。外部の光を取り込めるため、搭乗時に閉塞感を感じにくく、意匠性も向上しました。さらに、エレベーターの外からルーム内の様子を伺うことも可能です。

  • ※6:大型窓のドアは、ルーム内・乗り場ともに変更となり、別途オプション料金が必要となります。なお、標準扉・大型窓タイプともに、ルーム内ドアは、フィブロホワイト柄のみとなり、乗り場ドアは全7柄からお選びいただけます。

オプション:大型窓タイプ ルーム内ブラック柄/ルーム内メープル柄、乗り場ドア(オプション:大型窓タイプ)ソフトウォールナット柄/ウォールナット柄/チェリー柄/オーク柄/メープル柄/フィプロホワイト柄/グリーシェル

3. 天井埋込形ナノイー発生機を標準装備、併せて手すりや大型操作ボタンなどを抗菌処理(※5)

脱臭効果に優れた天井埋込形ナノイー発生機「エアイー」を標準装備。パナソニック独自の「ナノイー」技術により、タバコ臭、体臭、ペット臭など、日常生活の様々な場面で利用するエレベータールーム内に付着した気になるニオイを脱臭します(※7)。また、手すりや乗り場・ルーム内の大型操作ボタン、床など、エレベーターのご利用者がよく触れる箇所に、抗菌処理(※5)を施しました。

  • ※7:試験機関:パナソニック エコシステムズ株式会社 試験方法:6畳の実験室においてFY-10Sを8時間運転後、6段階臭気強度表示法による検証
    脱臭の方法:FY-10Sを運転 対象:付着したタバコ臭、付着したノネナール(体臭)、付着したトリメチルアミン(ペット臭、生ごみ臭、調理臭)
    試験結果:8時間後、臭気強度1低減(自然減衰との差)。臭気強度が1下がるとは90%の低減を意味します。
    脱臭効果は周囲環境(温度・湿度)、運転時間、臭気、繊維の種類によって異なります。また、タバコに含まれる有害物質(一酸化炭素等)は除去できません。常時発生し続けるニオイ成分は、すべて除去できるわけではありません。
    本データは製造元のパナソニック エコシステムズ株式会社が実施した一定条件下での試験結果です。エレベータールーム内での試験結果ではありません。

6畳相当の空間での8時間後の脱臭効果

以上