2020年5月12日

業界初※1全国の市街地を100%カバーする「全国市街地図」※2を搭載

SSDポータブルカーナビゲーション Gorilla 3機種を発売

従来の「部分地図更新」に加え、「全地図更新」の無料サービスに新たに対応※3

SSDポータブルカーナビゲーション Gorilla 3機種

品名 SSDポータブルカーナビゲーション
愛称 Gorilla(ゴリラ)
品番 CN-G1400VD CN-G740D CN-G540D
タイプ 7V型/16 GB/VICS WIDE/無料地図更新 7V型/16 GB 5V型/16 GB
希望小売価格 オープン価格
発売日 2020年6月中旬
月産台数 3,500台 3,000台 4,000台

パナソニック株式会社 オートモーティブ社は、SSDポータブルカーナビゲーション「ゴリラ」の新製品3機種を2020年6月中旬に発売します。

「ゴリラ」は、カーナビゲーション専用機ならではの基本性能の高さと豊富なデータ量、簡単で使いやすい操作性でご好評をいただき、累計出荷台数は529万台を突破※4、2020年で発売25周年を迎えました。
本シリーズは、ゼンリンの住宅地図を基にした全国の市街地を100%カバーする「全国市街地図」※2を搭載。全国の市区町村1,741エリアをカバーし、建物の形状や道幅までわかる詳細な地図表示が都市部だけでなく地方でも充実。リアルな交差点拡大図やピクトグラムに対応した方面看板など、実際の道路案内に即したひと目で分かる案内図を充実させ、画面を注視する「ながら運転」の抑制も期待できます。また、一時停止などの標識の見落としや高速道路の逆走を警告する「安全・安心運転サポート」機能を搭載し、交通事故や交通違反の未然防止を促します。
最上位機種のG1400Vは最大3年間の「部分地図更新」に加え、全国市街地図※2やガイドブック情報を含む全情報を更新できる「全地図更新」の無料サービスに新たに対応※3。走るクルマの情報(プローブ情報)を活用する※5道路交通情報サービス「VICS WIDE」に対応した「スイテルート案内」機能で渋滞を回避して案内します。
「ゴリラ」は専用機ならではの豊富な地図情報や分かりやすい案内で、安全・安心なドライブをサポートします。

<特長>

1. 業界初※1全国の市街地を100%カバーする「全国市街地図」※2を搭載
最大3年間無料の部分地図更新/全地図更新で最新地図データに更新可能※3(G1400Vのみ)

2. 走るクルマの情報を活用した「プローブ情報」の提供エリアが拡大※5
精度の高い「VICS WIDE」の情報をもとに「スイテルート案内」機能で渋滞回避(G1400Vのみ)

3. ドライブのヒヤリハットを注意喚起する「安全・安心運転サポート」機能搭載

  • ※1 国内市販カーナビゲーションとして。2020年4月27日現在、当社調べ。
  • ※2 ゼンリン製地図採用。調査終了時期:2019年7月、収録エリア:1,741都市、無人島など一部離島を除く。
  • ※3 「全地図更新」は1回、「部分地図更新」は2ヶ月毎、2023年7月末まで無料でデータが更新可能。(G1400Vのみ)
  • ※4 2020年3月31日時点。
  • ※5 VICSセンターによる「プローブ情報を活用した道路交通情報サービス」の実証実験。2020年4月開始。

【お問い合わせ先】

オートモーティブ社 お客様ご相談センター
フリーダイヤル 0120-50-8729(受付時間 9:00~17:00 365日)

【特長】

1. 業界初※1全国の市街地を100%カバーする「全国市街地図」※2を搭載

緻密さで定評のあるゼンリン住宅地図2,163冊分のデータを基にした「全国市街地図」※2を搭載。日本全国の市区町村1,741エリアをカバーし、全国の市街地を100%カバーします※2。これまで未収録だったエリアでも建物の形状や道幅までわかる詳細な地図表示が可能となり、都市部だけでなく地方でも詳細な地図が利用できます。

市街地地図全国カバーエリア比較

建物の形状や道幅までわかる詳細な地図表示

●最大3年間無料の部分地図更新/全地図更新で最新地図データに更新可能※3(G1400Vのみ)

最上位機種のG1400は、2023年7月末までの最大3年間に、2カ月に1度の「部分地図更新」で、新規開通道路をカバーできます。「全地図更新」は全国市街地図※2やガイドブック情報を含む全情報を、期間中に1度更新でき、3年後も最新版データで利用することができます。

  • ※地図データの更新はゼンリンのホームページからインターネット経由となります。URL:www.zenrin.co.jp/go/updnavi
    配信スケジュールは変更される場合があります。
  • ※無料更新サービスを利用するにはインターネット環境やSDHCメモリーカード(部分地図更新は4 GB以上、全地図更新は16 GB以上)などが必要です。インターネット環境整備に関する費用及び通信費などはお客様のご負担となります。

最大3年間無料の部分地図更新/全地図更新で最新地図データに更新可能

●リアルな交差点拡大図やピクトグラムに対応した方面看板など、実際の道路案内に即したひと目で分かる案内図が充実

方面看板表示は約31,500画像、リアル3D交差点拡大図は約6,040画像と、リアルな案内表示を充実させ、ルート案内で重要な分岐点の情報が直感的に認識できるようにしています。
※ピクトグラムは東京都の一部エリアで対応。

方向看板表示

リアル3D交差点拡大図/高速道路出口案内

2. 走るクルマの情報を活用した「プローブ情報」の提供エリアが拡大※5
精度の高い「VICS WIDE」の情報をもとに「スイテルート案内」機能で渋滞回避(G1400Vのみ)

交通情報サービス「VICS WIDE」に対応し、別売品や通信費なしで渋滞を回避する「スイテルート案内」機能。交通状況の変化に合わせて新たなルートを自動で再探索し、新旧ルートの距離や所要時間を比較して選択できます。また、「VICS WIDE」の渋滞情報を「プローブ情報」と区別した分かりやすい表示や、渋滞回避レベルを3段階に調整できるなど、「ゴリラ」だけ※6の機能も搭載しています。
2020年4月から関東エリア1都6県内※7で「プローブ情報をビッグデータ※8として活用した道路交通情報サービス」の実証実験※9がVICSセンターにより実施されています。「プローブ情報」を活用できる対象エリアが拡大され、到着予想時刻のズレ改善やルートの最適化が期待されます。

「プローブ情報」_1

「プローブ情報」_2

  • ※6 国内市販ポータブルカーナビゲーションとして。2020年4月27日現在、当社調べ。
  • ※7 茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県。
  • ※8 道路を走行するクルマの匿名化された位置などの情報。
  • ※9 実証実験の詳細は一般財団法人 道路交通情報通信システムセンターのホームページをご参照ください。
    URL:https://www.vics.or.jp/everyone/special/

3. ドライブのヒヤリハットを注意喚起する「安全・安心運転サポート」機能搭載

見落としがちな道路標識情報などを音声や画面表示で事前に知らせ、初めての場所や不慣れな道での走行をサポートします。また、高速道路※10ではサービスエリア/パーキングエリアから出発する際に音声と画面表示で注意喚起し※11、逆走すると検知して音声と画面表示で警告します。サービスエリア/パーキングエリア入口部など逆走の起こりやすい箇所で対応。

  • ※10 高速道路とは東名高速道路等の主要な高速自動車国道を指します。首都高速道路等の自動車専用道路は対象外です。逆走を検知できる道路や状況は限られます。
  • ※11 サービスエリア/パーキングエリアによっては案内されない場合があります。

「安全・安心運転サポート」機能搭載_1

「安全・安心運転サポート」機能搭載_2

高速道路の逆走をダブルでお知らせ

4. 高精度な現在地測位を実現する「Gロケーション」搭載

GPS衛星、ロシアの衛星「グロナス」、日本の準天頂衛星「みちびき」※12からの信号を現在地測位に活用。衛星信号が届きにくい高架下などでは、「Gジャイロ」で継続測位が可能です。
高精度測位システム「Gロケーション」を搭載し、高速道路と一般道の上下並走や一般道から高速道路への進入など、都市部の複雑な道路網でも正確に現在地を測位し、高いナビゲーション精度を実現。

  • ※12 初号機のみに対応。みちびきからの電波を受信できる時間帯は限られます。サブメータ級測位補強サービス、センチメータ級測位補強サービスには非対応です。

【その他の主な特長】

  • ●G540に視野角が広くコントラスト比が高いIPS液晶パネルを新搭載し、従来品G530に比べ5V型の視認性を向上しました。
  • ●ゼンリン2020年4月版(2019年12月締め)を収録。2020年3月までに開通した「首都高速神奈川7号横浜北西線 横浜青葉JCT・横浜青葉出入口~横浜港北JCT・横浜港北出入口」、「新東名高速道路 伊勢原JCT~伊勢原大山IC」、「阪神高速6号大和川線 鉄砲出入口~三宅西出入口」など、主要道路データも収録。
  • ●大容量16 GB SSDメモリーを内蔵し、AV一体型カーナビゲーション同等の豊富なデータベースを収録。電話番号約2,420万件、住所約3,900万件、ジャンル/周辺施設約1,600ジャンル約320万件、あいまい検索約570万件など、検索用データも充実。建物のテナント情報や旅行に便利な「るるぶDATA」も収録しています。
  • ●7V型モデル(G1400V,G740)は、高級感あるシルバーフレームと両端を絞ったスタイリッシュな薄型ボディを実現し輸入車のインテリアにもマッチします。また5V型モデル(G540)は、狭いスペースでも設置がしやすく、運転視野が気になる車種にもおすすめです。
  • ●前回受信した位置情報と軌道情報を利用して、再起動時などに短時間で現在地を測位する「クイックGPS」搭載。
  • ●多少遠回りでも広い道を通りたい場合など、「道幅優先探索」で広い道路を優先したルート探索ができます。
  • ●ワンセグテレビの視聴ができます。
  • ●12 V/24 Vに対応したシガーライターコードを同梱し、多様な車種へ対応。
  • ●別売のリヤビューカメラ(CY-RC100KD)の接続に対応。(G1400Vのみ)
    ※接続には別売のリヤビューカメラ接続ケーブル(CA-PBCX2D)が必要です。

【仕様一覧】

ナビゲーション本体 外形寸法(幅×高さ×奥行き)
※突起物は除く
G1400V G740:176.5 mm×113.7 mm×21.5 mm
G540:129 mm×86 mm×17.8 mm
質量 G1400V:約360 g
G740:約355 g
G540:約200 g
電源 電源電圧 DC5 V(シガーライターコード使用時)
消費電流 G1400V G740:1.5 A
G540:1.2 A
消費電力
(ナビゲーション時)
G1400V G740:7.5 W
G540:6.0 W
液晶ディスプレイ 画面寸法(幅×高さ) G1400V G740:7V型 152 mm×91 mm
G540:5V型 108 mm×65 mm
画素数 1152000画素(横800×縦480×3)
有効画素数 99.99%
表示方式 透過型カラーフィルター方式
駆動方式 TFT(薄膜トランジスタ)アクティブマトリックス方式
使用光源 LEDバックライト
タッチパネル 抵抗感圧式アナログタイプ(フィルム+ガラス)
内蔵GPSアンテナ 形式 モノポールアンテナ
受信周波数 1575.42 MHz(GPS)/1598.0625~1605.3750 MHz(GLONASS)
受信可能衛星 GPS、QZSS(「みちびき」初号機のみ)、GLONASS
位置更新時間 約1秒(自律航法動作中:約0.5秒)
ワンセグ 受信可能放送 地上デジタル放送方式(日本)ワンセグ
受信周波数 470 MHz~710 MHz(13 ch~52 ch)
内蔵スピーカー 寸法・形状 φ28 mm 丸型
定格出力 1.0 W
最大出力 2.0 W
シガーライターコード 使用電源 DC12 V/DC24 V マイナスアース
ヒューズ 5 A
長さ 1.8 m
出力電圧 DC5 V
質量 約85 g
吸盤スタンド 吸盤寸法(直径) 70 mm
質量 約100 g(吸盤スタンド単体)
VICSアンテナ
(G1400Vのみ)
出力インピーダンス 75 Ω
コードの長さ 4 m

【主なオプション製品】

品名 品番 希望小売価格
(税抜・取付費別)
対象機種 発売
時期
ACアダプター CA-PAC22D 7,500円 CN-G1400VD/CN-G740D/CN-G540D 発売中
パーキングブレーキ
接続ケーブル
CA-PMBX1D 3,200円 CN-G1400VD/CN-G740D/CN-G540D 発売中
リヤビューカメラ※13 CY-RC100KD オープン価格 CN-G1400VD 発売中
  • ※13 接続には別売のリヤビューカメラ接続ケーブル(CA-PBCX2D)が必要です。

以上