2020年4月28日

令和2年春の褒章において「黄綬褒章」を受章

パナソニックAP空調・冷設機器株式会社で吸収式冷凍機の製作に従事する水野雅裕(みずのまさひろ)が、令和2年春の褒章において、黄綬褒章を受章することとなりましたのでお知らせします。

黄綬褒章は、農業、商業、工業等の業務に精励し、他の模範となるような技術や事績を有する個人に授与されるものです。このたびの受章は、金属溶接・溶断分野において卓越した技能を有し、生産性及び品質の向上に寄与するとともに、後進技能者の指導・育成に貢献したことなどが評価されました。

1. 業績概要

  • ・大規模施設の空調に用いられる吸収式冷凍機では、内部の蒸発器を真空状態にする必要があり、気密性を確保するために高度な溶接技術が要求されます。受章者はアーク溶接において、必要な治工具選定や溶接施工など特殊製品が完成に至るまでの工程で卓越した技能を有し、つくり易さと品質を追及した工法を確立し、国内外のグループ会社の標準化に貢献してきました。また、高度技能者の指導や溶接競技大会出場者の指導を通じ、これまで数多くの全国大会出場者を輩出するなど、社内での後進の育成に尽力してきました。
  • ・社外でも溶接講師を長年務め、地域溶接産業の社員教育を担うとともに、厚生労働省から「ものづくりマイスター」にも認定され、県内の工業高校の生徒への溶接技術の指導を現在も行っています。これらを通じて、若年層や業界の底上げ、地域社会へも貢献しています。

2. 受章者

  • 氏名:水野雅裕(みずのまさひろ)
  • 所属:パナソニックAP空調・冷設機器株式会社 空調機工場
  • 空調機製造部 吸収式製造課 シニアパートナー

3. 過去の主な受賞歴

  • ・平成22年度 群馬県優秀技能者表彰(ぐんまの名工)
  • ・平成26年度 ものづくりマイスター
  • ・平成28年度 卓越した技能者表彰(現代の名工)

以上