2020年3月16日

「LinkRay」を活用した「ARナビゲーション」機能搭載で目的地まで案内

『Osaka Metro Group案内アプリ』を開発・提供開始

時刻表ウィジェット、外国人向け多言語表示対応

パナソニック株式会社(本社:大阪府門真市、代表取締役社長:津賀 一宏)およびパナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:片倉 達夫/以下パナソニック)は、大阪市高速電気軌道株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:河井 英明/以下Osaka Metro)のスマートフォン用アプリ『Osaka Metro Group案内アプリ』を開発し、本日より提供開始します。

Osaka Metro Group案内アプリ

アプリ名 Osaka Metro Group案内アプリ
サービス開始日 2020年3月16日
サービス対応 App Store/Google Play
利用料金 無料(通信料はユーザーご負担となります)

Osaka Metroでは、GPSが届かない地下鉄駅構内からOsaka Metro Groupが運行する大阪シティバスのバスターミナル等への経路案内が課題となっており、パナソニックは光ID技術「LinkRay」を活用した「ARナビゲーション」機能搭載の鉄道アプリを開発しました。今回提供開始するスマートフォン用アプリ『Osaka Metro Group案内アプリ』により、これまで以上にOsaka Metroの地下鉄、BRT(バス・ラピッド・トランジット)、バスを快適にご利用いただけるようになります。

パナソニックは、今後とも新しい技術を活用し、Osaka Metroと共に本アプリの機能向上を通じて、利用者にとってより便利で快適な持続可能な社会を目指して取り組んでまいります。

【サービスの特長】

1. 「LinkRay」を活用した「ARナビゲーション」機能搭載

駅構内に設置されたARナビボード※1にスマートフォンをかざすと目的地に応じた出入口やバスターミナルまでの案内ルートをスマートフォン画面に「動く矢印」で表示し案内します。また、御堂筋線 梅田駅、四つ橋線 西梅田駅、谷町線 東梅田駅ではOsaka Metroや他電鉄への乗換案内、商業施設案内※2にも対応します。

ARナビボード <ARナビボードイメージ>
ARナビゲーションイメージ <ARナビゲーションイメージ>
  • ※1 ARナビボードは、Osaka Metroの以下駅構内に設置されております。
    (2020年3月現在)
御堂筋線 梅田駅、なんば駅
四つ橋線 西梅田駅、なんば駅
谷町線 東梅田駅
千日前線 なんば駅
長堀鶴見緑地線 ドーム前千代崎駅、大正駅
  • ※2 商業施設案内は、「Whityうめだ」、「ekimo梅田」、「グランフロント大阪」、「大丸梅田店」等に対応しております。ARナビゲーションにより出入口までの案内後は2Dマップで目的地まで案内します。

2. 時刻表ウィジェット対応

よく利用される駅を登録しておくと「平日」、「土・日・休日」の他、臨時ダイヤにも対応した時刻表をスマートフォンのウィジェットで表示します。

3. 外国人向け多言語表示対応

外国人向けにも英語、中国語(簡体字、繁体字)、韓国語と多言語表示対応し、訪日外国人においても大阪での観光をサポートします。2025年開催予定の「大阪・関西万博」においても活躍が期待されます。

【お問い合わせ先】

パナソニック システムお客様ご相談センター

電話

フリーダイヤル

0120-878-410(受付:9時~17時30分<土・日・祝日は受付のみ>)

■「LinkRay」について

光ID技術「LinkRay」は、LED光源から送信されるID信号をスマートフォンで受信して情報を素早く入手できるものです。街の中で使われている明かりや光(デジタルサイネージ、看板、「光ID」送信機能付きのLED照明)等から発信された光信号(ID)をスマートフォンのカメラで読み取る(専用アプリで撮影)だけで、さまざまな情報を入手することができます。
アプリを起動してカメラをかざすだけですぐにIDを読み取れる高速性、高カバレッジな対応端末、IDのコピーを防ぐためのセキュリティが特徴です。
なお、光ID技術「LinkRay」は、パナソニックがビジネスの現場で長年培ってきた先進コア技術とB2Bシステム提供ノウハウを活用したIoTサービス「μSockets(ミューソケッツ)」※3の一つとして提供いたします。

■「LinkRay」を活用した「ARナビゲーション」について

「ARナビゲーション」は、「LinkRay」によって取得したスタート地点の位置測位とスマートフォン搭載ARエンジンによる三次元空間内での推定移動量の積算により、地下街といったGPSが届かない空間においても、ビーコン等の追加ハードウェアをルート上に設置せずにシステム構築可能なナビゲーションサービスです。
画像認識による移動推定とスマートフォンのセンサー群を駆使した独自の位置補正技術により、高精度なルート案内を実現します。
また、ARで取得した移動量をスマートフォン搭載の気圧センサーや加速度センサーの情報を活用して補正することで、人ごみでの歩行や階段、エスカレーターでの上下移動にも精度よく追従することができます。

■2020年2月14日 Osaka Metro ニュースリリース

ARナビゲーション実装!「Osaka Metro Group案内アプリ」の配信を開始します ~目的地までの案内をサポート~
https://subway.osakametro.co.jp/news/news_release/20200214_arapp.php

以上