2019年7月2日

業界初(※1)「新4K衛星放送」の4K長時間録画モードに対応(※2)(※3)

ブルーレイディスクレコーダー新製品
4Kチューナー内蔵ディーガ 3モデルを発売

業界初(※1)「新4K衛星放送」の2番組同時録画に対応(※2)(※3)(DMR-4W400/4W200)

「DIGA」ブルーレイディスクレコーダー

品名ブルーレイディスクレコーダー
品番DMR-4W400DMR-4W200DMR-4S100
ハードディスク容量4TB2TB1TB
合計チューナー数3
 BS4K・110度CS4K、
地上デジタル、BS・110度CSデジタル
21
地上デジタル、BS・110度CSデジタル12
Ultra HD ブルーレイ再生(※4)
メーカー希望小売価格オープン価格
発売日2019年7月19日
月産台数3,500台7,500台8,000台

パナソニック株式会社は、業界で初めて(※1)「新4K衛星放送」の長時間録画モードに対応した(※2)(※3)ブルーレイディスクレコーダーの新モデル、ディーガ「DMR-4W400」 「DMR-4W200」 「DMR-4S100」を7月19日より発売します。

新4K衛星放送は、従来放送よりも高精細かつ色彩豊かでダイナミックなコントラスト表現が魅力です。本シリーズは、新4K衛星放送番組の視聴、ハードディスクへの録画に加え、放送画質のままブルーレイディスクにダビングが可能(※3)です。新たに4K長時間録画モードに対応し、高精細な新4K衛星放送番組をより多く残すことができます。また、 「4W400」 「4W200」は新4K衛星放送対応チューナーを2基搭載しているので、録りたい番組が重なっても2番組同時録画ができます。
さらに録画番組の視聴だけでなく、ディーガにためた写真・動画や音楽をスマートフォンで楽しめる(※5)(※6)(※7)(※8)(※9)(※10)ご好評の「おうちクラウド機能」も進化しました。本シリーズでは、新たに写真・動画にメッセージを付けることができ(※11)、大切な思い出を家族と共有し、より楽しむことができます。また、ブルーレイディスクを本体にセットし、設定すれば、写真・動画を手間なくブルーレイディスクに自動で保存できるようになりました(※12)

当社は本シリーズにより、新4K衛星放送の様々な番組が楽しめる新しいAVライフを提案します。

<特長>

1. 業界初(※1)「新4K衛星放送」の4K長時間録画モードに対応(※2)(※3)

  • ・4K長時間録画モード対応で高精細な「新4K衛星放送」の番組をより多く残せる(※3)
  • ・ブルーレイディスクにも4K長時間録画モードでたっぷりダビングできる(※3)

2. 業界初(※1)「新4K衛星放送」の2番組同時録画に対応(※2)(※3)(DMR-4W400/4W200)

  • ・新4K衛星放送対応チューナーを2基搭載。録りたい番組が重なっても録り逃しを防げる

3. 録画番組、CD楽曲、写真・動画をためて、いつでもスマホで楽しめる(※5)(※9)「おうちクラウド機能」

  • ・録画番組や写真・動画・音楽も、スマートフォンで楽しめる(※5)(※6)(※7)(※8)(※9)(※10)
  • ・写真・動画にメッセージを付けて送れる(※11)
  • ・写真・動画を自動でブルーレイディスクに保存できる(※12)

【お問い合わせ先】

ディーガ・オーディオご相談窓口
フリーダイヤル 0120-878-982(9時から18時まで)

  • ※1:国内市販のブルーレイディスクレコーダーとして。2019年7月19日発売予定。
  • ※2:新4K衛星放送(BS4K・110度CS4K放送)およびBS・110度CSデジタル放送の受信には視聴する放送に対応した衛星アンテナおよび受信設備が必要です。有料放送は加入申し込みと契約が必要です。8K放送の受信および録画機能は搭載されていません。本製品は、株式会社ACCESSのNetFront Browser BE v2 DTV Profileを搭載しています。
  • ※3:新4K衛星放送の録画・視聴・再生について
  • ●「新4K衛星放送」の番組は、USB2.0のUSB-HDDまたはブルーレイディスクへの直接録画、DVDへの直接録画はできません。4KDRモード/4K長時間録画モードの番組は、SeeQVaultフォーマットのUSB-HDDへのダビング、お引越しダビング、1.3倍速再生、ゆっくり/はっきり再生はできません。
  • ●4KDRモード/4K長時間録画モードのブルーレイディスクに記録した番組は、他機器では再生できない場合があります。
  • ●4K長時間録画モードで録画する場合は、一旦、放送画質(4KDRモード)で録画後に指定した録画モードに自動変換します。複数の音声信号を含む番組を録画する場合、4K長時間録画モードで記録できる音声は最大2つまでです。
  • ●DMR-4S100は新4K衛星放送の複数同時録画はできません。新4K衛星放送対応チューナーを使用して地上デジタル放送やBS/CS放送を録画中の場合、新4K衛星放送の視聴・録画はできません。
  • ●DMR-4W400/200で新4K衛星放送の2番組同時録画中は、他の新4K衛星放送を視聴することはできません。USB3.0対応のUSBハードディスクに新4K衛星放送2番組を含む同時3番組録画中は、USBハードディスク内の録画済み番組の再生はできません。
  • ※4:Ultra HD ブルーレイを再生するためには、著作権保護のために、ディスクによっては本機をインターネットに接続していないと再生できない場合があります。
  • ・4K/HDRで視聴するためには、HDCP2.2、4K/60p/4:4:4、Ultra HD ブルーレイ規格のHDR信号に対応する機器(ディスプレイ)や端子に接続してください。HDCP2.2に対応していない機器や端子に接続した場合、ハイビジョン解像度で、HDR信号をダイナミックレンジ変換して出力します。また、ディスクによっては正しく再生できない場合があります。4K/60p/4:2:0まで対応の機器や端子に接続した場合、60p素材の再生はHDR信号をダイナミックレンジ変換して出力します。4K/60pに対応していない機器や端子に接続した場合、ハイビジョン解像度で出力します。HDRに対応していない機器や端子に接続した場合、HDR信号をダイナミックレンジ変換して出力します。また、ディスクによってはハイビジョン解像度での出力、または正しく再生できない場合があります。
  • ・その他、Ultra HD ブルーレイの再生に関する情報は(https://panasonic.jp/support/bd/)でご確認ください。
  • ・4K/60pをお楽しみになりたい場合は、18 Gbps対応のHDMIケーブル(別売)が必要です。
  • ※5:スマートフォンアプリ「どこでもディーガ」 (無料)のダウンロードが必要です。iOS10.3以降、Android(TM)5.1以降に対応。
  • ※6:保存・再生できる写真はJPEG、動画はMP4となります。
  • ※7:スマートフォンアプリ「どこでもディーガ」 (無料)で再生できる音楽データは、AAC/FLAC/WAV形式です。
  • FLAC/WAVファイルを再生するにはディモーラのプレミアム会員登録(有料)が必要です。
  • ※8:ネットワーク環境によっては、撮影動画を安定して再生できない場合があります。撮影動画はスマートフォンに持ち出して再生することをおすすめします。
  • ※9:ディーガにためたコンテンツは定期的にブルーレイディスクやUSBハードディスクへバックアップすることをおすすめします。
  • ※10:
    ●放送中番組/録画済み番組の宅外リモート視聴
    スマートフォンやタブレットと本シリーズを宅内ネットワークに接続してアプリにて機器登録(ペアリング)が必要です。90日間、宅内ネットワークに接続して使用しなかった場合はペアリング期限の更新が必要です。放送制限により視聴できないチャンネルがあります。
  • ●CD楽曲、写真・動画の宅外リモート視聴
    スマートフォンやタブレットと本シリーズを宅内ネットワークに接続してアプリにて機器登録(ペアリング)が必要です。ペアリング期限の更新は不要です。
  • ●本シリーズに登録できる端末は最大6台ですが、外出先から同時に視聴できるのは1台のみです。本シリーズの使用状況によっては視聴できない場合があります。本シリーズを日本国内に設置のうえ、私的使用の範囲でお使いください。ご利用のネットワーク環境により、ファイアウォールや無線LANブロードバンドルーターの設定が必要になる場合があります。IPv4(PPPoE等)の接続環境でご使用ください。 「v6プラス」 、 「transix」等のIPv4 over IPv6環境では正常動作しない場合があります。共用設備などでセキュリティレベルが高く設定されている環境ではご利用になれない場合があります。LTEや3Gの携帯電話回線での宅外視聴では多くのパケットが必要となります。パケット料金にご注意ください。海外で視聴する場合は、上記の他、お使いの端末が各国の規制基準を満たしておらず使用が認められない場合がありますので、端末の仕様と各国の法規をご確認ください。ネットワーク環境によっては視聴できない地域があります。詳しくはサポートページ(https://panasonic.jp/support/av/d_diga/)を参照ください。
  • ※11:ディーガ本体のソフトバージョンアップ、およびスマートフォンアプリ「どこでもディーガ」 (無料)のバージョンアップが必要です。バージョンアップは2019年9月下旬を予定しています。
  • ※12:保存・再生できる写真はJPEG、動画はMP4、撮影ビデオはAVCHDとなります。対応メディアはBD-R、BD-REです。パナソニック製のディスクの使用をおすすめします。保存用のディスクは、高湿度、高温、直射日光などを避け、できるだけ外部からの力がかからない環境で保管してください。

【特長】

1. 業界初(※1)「新4K衛星放送」の4K長時間録画モードに対応(※2)(※3)

●4K長時間録画モード対応で高精細な「新4K衛星放送」の番組をより多く残せる(※3)

本製品では、2018年12月からスタートした「新4K衛星放送(BS4K・110度CS4K) 」の4K長時間録画モード(4K 1.5倍~4K 4倍録モード)に業界で初めて(※1)対応しました。当社独自の4K HEVCエンコーダーにより、新4K衛星放送の特長である「4K高解像度(3,840×2,160) 」 、 「広色域規格BT.2020」 、 「10bitの細やかな階調表現」 、 「高輝度化技術HDR」や「滑らかな60p表示」といった要素を残しながら映像圧縮をするので、高精細かつ色彩豊かでダイナミックなコントラスト表現を長時間録画モードでもお楽しみいただけます。4K 4倍録モードなら、 「新4K衛星放送」を4W400(4TB)で最大約1040時間〔4W200(2TB)は約520時間、4S100(1TB)は約260時間〕録画できるので、気になる番組をたっぷり残しておくことができます。

●ブルーレイディスクにも4K長時間録画モードでたっぷりダビングできる(※3)

4K長時間録画モードで録画した番組をブルーレイディスクにダビングすることもできます。4K 4倍録モードなら50GBディスクに約12時間分ダビングできるので、残しておきたいお気に入りの番組をよりたくさんアーカイブしておくことができて便利です。
また従来同様、新4K衛星放送を放送画質そのままにブルーレイディスクへのダビングができる4K DRモードにも対応しています。

2. 業界初(※1)「新4K衛星放送」の2番組同時録画に対応(※2)(※3)(DMR-4W400/4W200)

●新4K衛星放送対応チューナーを2基搭載。録りたい番組が重なっても録り逃しを防げる

DMR-4W400/4W200は「新4K衛星放送」対応チューナーを2基搭載し、業界で初めて(※1)「新4K衛星放送」の2番組同時録画に対応しました。 「新4K衛星放送」の裏番組録画にも対応しているので、見たい・録りたい番組が重なっても録り逃しを防げます。
もちろん、従来のハイビジョン放送にも対応しており、新4K衛星放送2番組に、ハイビジョン放送1番組を加えて、最大3番組同時録画することもできます。

■同時録画の組み合わせ

3. 録画番組、CD楽曲、写真・動画をためて、いつでもスマホで楽しめる(※5)(※9)「おうちクラウド機能」

本シリーズの「おうちクラウド機能」は、録画番組の視聴だけでなく、ディーガにためた音楽や写真・動画をスマートフォンアプリ「どこでもディーガ」 (無料)1つで、かんたんに楽しめます。(※5)(※6)(※7)(※8)(※9)(※10)(※11)

●外出先でもスマートフォンで録画予約ができる

スマートフォンアプリ「どこでもディーガ」 (無料)(※5)を使えば外出先でも録画予約ができます。また、本シリーズではスマートフォンからの「新4K衛星放送」の録画予約にも対応しますので(※13)、気になる番組を録り逃す心配を減らせます。番組を探す際にも、番組表から探せるだけでなくキーワードでの検索にも対応しているので、気になる番組もすぐに見つけることができます(※14)

  • ※13:新4K衛星放送の番組録画予約には、ディーガ本体のソフトバージョンアップ、およびスマートフォンアプリ「どこでもディーガ」 (無料)のバージョンアップが必要です。バージョンアップは2019年9月下旬を予定しています。
  • ※14:「新4K衛星放送」番組は、番組表の「人名」による検索、注目番組には非対応です。

●外出先からスマートフォンで番組視聴が可能

スマートフォンアプリ「どこでもディーガ」 (無料)(※5)を使えば、録画した番組やリアルタイムの放送の視聴も可能です(※15)。スマートフォンやタブレット端末を使って家の中だけでなく、出先からでも番組を視聴でき、その時の通信状況によって画質や通信モードを自由に選べます。また、番組持ち出し機能にも対応しています。
さらに、話題のドラマやアニメの番組ニュース(※16)をアプリでお知らせ。記事に関連する番組をその場で視聴や録画予約をすることもできます(※10)

  • ※15:放送中の新4K衛星放送番組の放送視聴はできません。4KDRモード/4K長時間録画モードの録画番組の再生、番組持ち出しには、ディーガ本体のソフトバージョンアップ、およびスマートフォンアプリ「どこでもディーガ」 (無料)のバージョンアップが必要です。バージョンアップは2019年9月下旬を予定しています。
    詳しくはサポートページ(https://panasonic.jp/support/av/d_diga/)を参照ください。
  • ※16:番組ニュースのドラマは東京ニュース通信社、アニメはアニメハックより送られてきます。

●シーン一覧表示で、見たいシーンから再生(※11)(※17)

スマートフォンで番組を再生中、画面の「シーン一覧」ボタンをタップすると視聴中の番組のシーンが一覧表示されるので、見たいシーンを選ぶとそこからすぐに再生できます。また、スマートフォンで番組を選んでテレビで再生中でも、画面で見たいシーンを選ぶことができるので、スマートフォンをリモコン代わりに使えます。さらに、シーン一覧にネタバレの詳細が含まれている時は、一旦表示を隠しているので、詳細を確認してから見るか、そのまま見るかを選んでいただけます。

  • ※17:ディモーラ プレミアム会員登録(有料)が必要です。

●外出先で見終わった番組を「一括削除」 、 「録画モード変更」(※18)(※19)

「新4K衛星放送」を録画していると気になるのが、ハードディスクの残量。外出先でもスマートフォンアプリ「どこでもディーガ」 (無料)(※5)を使えば、視聴済の番組を番組名から検索して一括削除することができます。また、録画番組の録画モードを変更することもできます。さらに設定した録画モードでハードディスクの残量を毎日通知させることもできます。

  • ※18:4KDRモード/4K長時間録画モードの録画番組の削除、録画モードの変更は、ディーガ本体のソフトバージョンアップ、およびスマートフォンアプリ「どこでもディーガ」 (無料)のバージョンアップが必要です。バージョンアップは2019年9月下旬を予定しています。
  • ※19:ディモーラ プレミアム会員登録(有料)が必要です。スタンダード会員(無料)の場合は個別削除のみ可能です。

●ディーガにリッピングしたCD楽曲をスマートフォンで聴ける(※5)

本シリーズではリッピングしたCD楽曲(※20)をスマートフォンアプリ「どこでもディーガ」 (無料)(※5)を使ってスマートフォンで聴くことができます。スマホ用ファイル(AAC)に加え、ディーガにCDを取り込むときに「ハイレゾリマスター保存」で作成したFLACやWAVのファイルの再生も可能なので、ネットワーク環境と再生機器に適した音質を選んで音楽をお楽しみいただけます(※21)(※22)。さらに、スマートフォンに取り込んで持ち出しもできるので、通信量が気になる場合や通信できない場所で聴きたい場合でも楽しめます。

  • ※20:ハードディスク容量4TB(4W400)の場合は最大約3,500枚分。2TB(4W200)の場合は最大約2,300枚。1TB(4S100)の場合は最大約1,100枚。CD1枚=11曲として算出。Gracenote MusicID®に対応して自動でアルバム情報を取得。CDによっては情報を取得できない場合があります。
  • ※21:スマートフォンアプリ「どこでもディーガ」 (無料)でCD音質やハイレゾ変換された音質の再生にはディモーラ プレミアム会員登録(有料)が必要です。ハイレゾ再生にはハイレゾ対応のスマートフォンや、DAC、ヘッドホン等の接続が必要です。スタンダード会員(無料)の場合は「スマホ再生用ファイル(AAC形式) 」のみ再生できます。
  • ※22:ハイレゾ保存されたファイルは、スマートフォンやオーディオ機器により再生できない場合があります。初期設定ではハイレゾリマスター保存はオフになっています。

●スマートフォンで撮影した写真・動画にメッセージを付けて送れる(※11)

スマートフォンアプリ「どこでもディーガ」 (無料)(※5)を使えば、スマートフォンで撮影した写真・動画をSNSへアップするのと同じ感覚で自宅のディーガへ送り、保存することができます(※6)。本シリーズでは新たに、写真・動画にメッセージを付けることができるようになります。大切な出来事や思い出の一枚にその時の気持ちやメッセージを文字として保存し(※9)(※23)、あとから振り返ったり、家族と共有したりすることができます。保存した写真はスマートフォンでいつでも見られるのはもちろん、リビングの大画面テレビで、家族みんなで楽しめます。

  • ※23:写真・動画・音楽ファイルの合計が最大40,000まで。また、ファイル共有領域に記録可能なフォルダとファイルの合計は最大60,000まで。撮影ビデオ(AVCHD)にはメッセージを付けることはできません。

●離れて暮らす家族に大切な写真・動画を送れる

本シリーズを離れて暮らすご家族のお宅に設置いただくと、スマートフォンアプリ「どこでもディーガ」 (無料)(※5)を使って、スマートフォンで撮影した写真・動画を離れて暮らすご家族のディーガに送ることができます。ディーガの電源が入っている時には、テレビの画面で写真・動画が届いたことをお知らせ。離れて暮らす家族とも写真・動画を大画面で楽しむことができます(※24) 。

  • ※24:スマートフォンと「おうちクラウドディーガ」をペアリングするには登録番号を相手先に連絡し、登録を承認する必要があります。

●写真・動画を自動でブルーレイディスクに保存できる(※12)

本シリーズでは、ハードディスクに保存した新着の写真・動画や撮影ビデオを、本体にブルーレイディスクを入れて設定しておくだけで、自動でブルーレイディスクに保存することができるようになりました(※12)。スマートフォンやデジタルカメラで撮った大切な家族の思い出を手間なく保存できます。また、ディスクがセットされていなかったり、容量が一杯になるとスマートフォンの画面でお知らせします。

●スマートフォンから写真を整理できる「アルバム機能」(※11)

写真をまとめて管理できる「アルバム機能」が進化しました。今まではディーガ本体で行っていたアルバムの作成や編集をスマートフォンからできるようになりました。スマートフォンアプリ「どこでもディーガ」 (無料)から写真をまとめてアルバムを作成したり、アルバムを消去したりできます。さらに、写真送信時にまとめておきたいアルバムを指定することもできるので、離れて暮らす家族のディーガに送るときにもアルバムとしてまとめて送ることができます(※24)

●ディーガに保存した写真・動画を気軽にSNSでシェアできる(※25)

スマートフォンアプリ「どこでもディーガ」 (無料)(※5)を使えば、ディーガに保存した写真・動画を簡単にSNSにアップできます(※25)。スマートフォン内に写真がなくても、今までためていた思い出を簡単な操作で気軽に友人にシェアすることができます。

  • ※25:スマートフォンアプリ「どこでもディーガ」 (無料)のバージョンアップが必要です。バージョンアップは2019年9月下旬を予定しています。使用するSNSアプリは事前に登録しておく必要があります。

【その他の特長】

  • ●コミュニケーションアプリ『LINE』から、気になる番組検索や録画予約ができる(※26)
  • ・CLUB PanasonicのLINE公式アカウントに友だち登録して、気になる番組検索や録画予約も可能。加えて録画番組の検索やスマートフォンアプリ「どこでもディーガ」 (無料)アプリでの再生も可能になりました(※11)
  • ※26:対象機種はこちらをご参照ください。 (https://dimora.jp/dc/pc/DESC/lineDeviceModel.html
  • ●「自動映像フォーマット切り換え」により、4K/HDR(HLG)方式で送られてくる「新4K衛星放送」番組を、お使いのテレビに合わせて自動で映像変換してHDMI出力
  • ●当社独自の4K対応エンジン「4Kリアルクロマプロセッサ」で、鮮度が高く自然な質感と立体感にあふれた4K映像を実現
  • ●HDR映像をHDR対応テレビで視聴する場合に、映像の明るさを調整でき、明るいリビングで視聴するときでも見やすい映像が楽しめる「ダイナミックレンジ調整」に対応
  • ●HDR映像をHDR非対応テレビで視聴する場合に、高画質映像で楽しめる当社独自の「ダイナミックレンジ変換調整」に対応(※27)
  • ※27:Ultra HD ブルーレイ規格のHDR信号に対応していないテレビをお使いの場合、ディスクによっては再生できない場合があります。
  • ●「お部屋ジャンプリンク」で録画番組や放送を家じゅうに2ヶ所(※28)同時配信。
  • ※28:本体で録画・ダビングが同時に行われている場合など、2ヶ所への転送ができない場合があります。4KDRモード/4K長時間録画モードの録画番組の再生について、詳細はホームページをご覧ください(https://panasonic.jp/support/bd/) 。放送中の新4K衛星放送番組の放送転送はできません。

(商標について)

  • ●Blu-ray Disc(TM) (ブルーレイディスク) 、 Blu-ray(TM) (ブルーレイ) 、Ultra HD Blu-ray(TM) (Ultra HDブルーレイ)及びその関連のロゴは、ブルーレイディスクアソシエーションの商標です。
  • ●DVDロゴはDVDフォーマットロゴライセンシング株式会社の商標です。
  • ●SeeQVaultおよびSeeQVaultロゴはNSM Initiatives LLCの商標です。
  • ●HDMI、High-Definition Multimedia Interface、およびHDMIロゴ は、米国およびその他の国におけるHDMI Licensing Administrator, Inc. の商標または、登録商標です。
  • ●Apple、Appleのロゴ、iPhone、iPod touch、iTunesは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。iPadはApple Inc.の商標です。
    iOSは、Apple Inc.のOS名称です。iOSは、米国およびその他の国における Cisco社の商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。
  • ●Android は、Google LLC の商標です。
  • ●Gracenote、Gracenoteロゴとロゴタイプ、Gracenote MusicID は、米国およびその他の国における Gracenote Inc.の登録商標または商標です。
  • ●ULTRA HD PREMIUM(TM)ロゴは、本製品が [DISTRIBUTION SPECIFICATION] に適合していることを示します。但し、本製品がULTRA HD PREMIUM(TM)ロゴが付されたUltra HD Blu-rayディスクを再生した場合に限ります。ULTRA HD PREMIUM(TM)ロゴはUHD Alliance,Inc.の商標です。
  • ●「LINE」はLINE株式会社の商標または登録商標です。
  • ●その他、本文で記載されている各種名称、会社名、商品名などは各社の商標または登録商標です。なお、本文中ではTM、®マークは一部明記していません。

【仕様】

品番DMR-4W400DMR-4W200DMR-4S100
ハードディスク容量4TB2TB1TB
チューナー数合計33
BS4K・110度CS4K放送・
地上デジタル放送・BSデジタル・110度CSデジタル放送
21
地上デジタル放送・BSデジタル・110度CSデジタル放送12
入出力端子●HDMI映像・音声出力:2系統
※映像・音声x1(4K/60p・30p・24p、1080/60p・60i・24p、480/60p)
※音声x1(1080/60p・60i・24p、480/60p)
●HDMI映像・音声出力:1系統
(4K/60p・30p・24p、
1080/60p・60i・24p、480/60p)
アンテナ端子地上デジタル入出力端子、BS・110度CSデジタル-IF入出力端子(右旋・左旋)
その他端子●USB2.0端子:前面1系統 ●USB3.0端子:後面1系統 ●LAN端子:1系統
消費電力約29 W約28 W約27 W
待機時消費電力クイックスタート「切」時
(節電待機「モード2」 )(※29)
約0.15 W(※30)
(時刻表示消灯時)
約0.15 W(※30)
(時刻表示消灯時)
約0.15 W(※30)
(時刻表示消灯時)
クイックスタート「入」時
(省エネモード)(※29)
約9.0 W
(時刻表示消灯時)
約9.0 W
(時刻表示消灯時)
約9.0 W
(時刻表示消灯時)
クイックスタート「入」時
(標準モード)(※31)
約11.0 W
(時刻表示点灯時)
約11.0 W
(時刻表示点灯時)
約11.0 W
(時刻表示点灯時)
外形寸法
(突起部含まず)
幅430 mm×高さ66 mm
×奥行199 mm
幅430 mm×高さ66 mm
×奥行199 mm
幅430 mm×高さ60 mm
×奥行199 mm
質量約2.6 kg約2.6 kg約2.3 kg
  • ※29:地上デジタルアッテネーター:入、BS・110度CSデジタル放送アンテナ電源:切、BS・110度CSデジタル放送アンテナ出力:切、外部接続端子(LAN、USB):未接続、無線LAN:未接続、の場合。
  • ※30:節電待機「モード1」の数値はお客様の設定により変わります。
  • ※31:地上デジタルアッテネーター:入、BS・110度CSデジタル放送アンテナ電源:切、BS・110度CSデジタル放送アンテナ出力:切、外部接続端子(LAN、USB):未接続、無線LAN:未接続、HDMI出力解像度:1080iの場合。
  • ◎画面はハメコミ合成です。◎機能説明写真、シーン写真、イラストはイメージです。◎製品の定格およびデザインは改善等のため、予告なく変更する場合があります。

【 「新4K衛星放送」を受信するには】

  • ●BS4K・110度CS4KおよびBS・110度CSデジタル放送の受信には視聴する放送に対応した衛星アンテナおよび受信設備が必要です。有料放送は加入申し込みと契約が必要です。BSによる8K放送の受信および録画機能は搭載されていません。
  • ●詳しくはA-PABのホームページやリーフレット等をご覧ください。

以上