2019年4月23日

ディスクリート半導体事業の一部譲渡について

パナソニック株式会社は本日、当社の連結子会社であるパナソニック セミコンダクターソリューションズ株式会社(以下、「PSCS」)のディスクリート半導体(単機能の半導体)事業の内、ダイオード及び小信号トランジスタ事業を、ローム株式会社(以下、「ローム」)に譲渡すること(以下、「本件譲渡」)について最終合意いたしました。

1. 背景および目的

現在、PSCSの半導体事業は、イメージセンサなどの「空間認識」技術とバッテリーマネジメント用ICやリチウムイオン電池保護回路用MOSFETなどの「電池応用」技術を注力分野と位置付けており、これらの分野にリソースを集中することで事業成長を目指しています。
このような中、ダイオード及び小信号トランジスタ事業については、業界大手のロームへ譲渡することで、顧客への供給責任を果たすことができるものと判断し、本件譲渡について最終合意に至りました。

2. 最終合意の内容

当社とロームとの最終合意事項の要旨は以下の通りです。

  • (1)PSCSは、ロームに対し、以下のダイオード及び小信号トランジスタ事業を譲渡する。
    • ・ダイオード:ショットキーバリア、TVS、ツェナー、スイッチング、ファストリカバリ
    • ・小信号トランジスタ:バイポーラ、抵抗内蔵型、接合型電界効果
  • (2)PSCSは、ロームが当該事業の生産体制構築までの一定期間、ロームより当該製品の生産を受託する。

3. 今後のスケジュール

本件譲渡は、関係当局の必要な承認の取得を条件として、2019年10月末の完了を予定しています。

(ご参考)

【パナソニック セミコンダクターソリューションズ株式会社の概要】

所在地京都府長岡京市神足焼町1番地
代表者の役職・氏名代表取締役社長 小山 一弘
事業内容半導体、電子部材の開発・製造・販売
資本金400百万円
設立2014年3月10日

【ローム株式会社の概要】

所在地京都市右京区西院溝崎町21
代表者の役職・氏名代表執行役社長 藤原 忠信
事業内容半導体、電子部品の開発・製造・販売
資本金86,969百万円(2018年3月31日現在)
設立1958年9月17日

以上