2016年03月07日

Android™ベースOpenPort PLATFORM™を搭載

アプリケーションプラットフォーム搭載ディスプレイを発売

サイネージのシステム構成簡素化に貢献

OpenPort PLATFORM(TM)搭載液晶ディスプレイ

パナソニック株式会社は、Android™ベースのOpenPort PLATFORM™を搭載した業務用ディスプレイ「AF1」シリーズを、2016年3月下旬より国内法人向けに発売いたします。

本製品は、サイネージプレーヤーソフトの開発がしやすいAndroid™ベースのOpenPort PLATFORM™をアプリケーションプラットフォームとしてディスプレイ本体に内蔵しました。国内外で活用されているサイネージソフトウェアをディスプレイにインストールしていただくことで、多彩なデジタルサイネージシステムへ柔軟に対応でき、さらに、パソコンやセットトップボックス(STB)などの外部接続機器を使うことなく、有線または無線のネットワーク経由で簡単に広告・情報データの更新や管理を行う環境を作ることが可能になります。Android上ではHTML5対応のブラウザも搭載。次世代サイネージとして注目を集めるHTML5による「Webベースサイネージ」にも対応します。
また、メディアプレーヤー機能内蔵により、パソコンやSTBなど外部機器との接続が不要になるため設置・施工時の手間が軽減されます。メディアプレーヤー機能も含めたディスプレイの基本設定はリモコンひとつで操作※1できるため、アプリケーションも手間なくインストールできるかんたん設置を実現しました。
さらに、当社は、本製品によって、より高品質で安心してお使いいただけるソリューションを提供するため、国内外のソフト開発会社とパートナーアライアンスを組み、CMS(コンテンツマネジメントシステム)からのディスプレイ制御を可能とする技術仕様(API※2)を公開し、活用いただくことで、ディスプレイの機能拡張・カスタマイズを実現し、公共・商業施設での使用のみならず、ビジネスや教育の現場など多彩なシーンでのニーズにお応えしていきます。

本製品は、3月8日(火)~11日(金)に東京ビッグサイト東1・2ホールで開催されるリテールテックJAPAN 2016の当社ブースに出展を行います。(ブース番号:RT1402)
今後も当社は、新しいディスプレイソリューションの提案など最先端の技術でお客様の多様なニーズにお応えする製品やサービスを提供してまいります。

<主な特長>

  1. OpenPort PLATFORM™搭載で、多彩なデジタルサイネージシステムに対応
  2. メディアプレーヤー機能内蔵によるシンプル設置・かんたん操作
  3. ディスプレイ制御や周辺機器拡張を実現するシステム拡張性
  • ※1 本体の設定やアプリ操作でリモコン操作が出来ない場合があります。その場合は、USBマウスをご使用ください。
  • ※2 Application Platform Interface。OSなどの汎用的プログラムの機能を、外部プログラムから呼び出して利用するための手順やデータ形式を定めたもの。

【お問い合わせ先】

パナソニック システムお客様ご相談センター
電話フリーダイヤル0120-878-410
(受付:9時~17時30分<土・日・祝日は受付のみ>)

【開発の背景】

屋外や店舗での広告・情報表示媒体として需要が拡大しているデジタルサイネージ市場では、効率的に広告や情報を配信・管理するための総合ソリューションが求められつつあります。また、表示用ディスプレイへのサイネージ配信には、パソコンやSTBなどの外部接続機器が必要なため、システム構成や施工の簡素化要望も増大しています。さらに、多彩なシーンでお使いいただけるよう、ディスプレイの機能拡張、カスタマイズニーズも増えつつあります。
このような中、当社は、Android™ベースのOpenPort PLATFORM™をアプリケーションプラットフォームとしてディスプレイ本体に内蔵したことによりパソコンやSTBなどの外部接続機器を使うことなくネットワーク経由で簡単に広告・情報データの更新や管理ができ、メディアプレーヤー内蔵により設置・施工時の手間を軽減し、ディスプレイの機能拡張・カスタマイズにも対応できる製品を開発いたしました。

【主な特長】

1.OpenPort PLATFORM™搭載で、多彩なデジタルサイネージシステムに対応

  • ・アプリケーションソフトを動作させる当社独自の、Android™ベースのプラットフォームであるOpenPort PLATFORM™を搭載。お客様やソフト開発会社様が作成されたアプリケーションをディスプレイにインストールしていただくことで、多彩なデジタルサイネージシステムへの対応が可能。
  • ・パソコンやSTBなどの外部接続機器を使うことなく、有線または無線のネットワーク経由で簡単に広告・情報データの更新や管理を行う環境を作ることが可能。

2.メディアプレーヤー機能内蔵によるシンプル設置・かんたん操作

  • ・メディアプレーヤー内蔵によるシンプル設置。WiFi機能内蔵で設置工数/コスト削減に貢献。
  • ・オリジナルホーム画面の採用によりディスプレイの主要な設定はリモコンひとつで完了。
  • ・アプリケーションのインストール用に、アプリサーバーを用意。サーバー経由で簡単にインストール可能。また、USBメモリーやmicroSDからのインストールも可能。

3.ディスプレイ制御や周辺機器拡張を実現するシステム拡張性

  • ・国内外の有力サイネージソフト開発会社とパートナーアライアンスを組み、CMSからのディスプレイ制御を可能とする技術仕様(API※2)を公開。遠隔からの操作によるスムーズな運用を実現。
  • ・キーボード、マウスはもちろんのこと、USBカメラ※3などの周辺機器に対応することにより、機能拡張が可能。
  • ・USBメモリーやmicroSDによる、ディスプレイのストレージの拡張が容易。

4.安定した運用をサポートする高い信頼性

  • ・運用導入もスムーズかつ安心してお使いいただけるよう、OpenPort PLATFORM™上で動作するアプリケーションは、アライアンスパートナーと当社の間で相互動作検証を実施済み。
  • ・OpenPort PLATFORM™ に採用しているAndroid™ OSは、Google社の認証を取得。
  • ・24時間連続運転対応※4かつ故障頻度の高いファンを削減したファンレス設計。交通機関や公共施設など、信頼性が求められる環境での設置に最適。
  • ※3 USB機器によっては、本機と接続して使用できないものがあります。
  • ※4 長時間の運転を行う場合は、動画での表示をおすすめします。静止画を長時間表示した場合、残像が発生することがありますが、残像は動画等を表示することで改善することができます。

【デジタルサイネージ システム構成図(イメージ)】

【主な仕様】

品番 TH-55AF1J TH-49AF1J TH-42AF1J
画面サイズ 55V型(1,388mm) 49V型(1,232mm) 42V型(1,065mm)
液晶パネル / バックライト IPS/エッジLED
画面有効寸法 (WxH) 1209x680mm 1073x604mm 927x521mm
解像度 (HxV) 1920x1080画素
輝度 500cd/m³
コントラスト 1300:1(typ)
応答速度 8ms(typ)(G to G)
視野角(上下/左右各) 178°/178°(CR ≧ 10)
パネル寿命 約 60000時間(typ)
OS Android™4.4.3
CPU Cortex-A9,1.0GHz(Quad)
メモリ / ストレージ RAM 1GB / ROM 8GB
使用電源 AC100V 50/60Hz
消費電力 190W 175W 155W
外形寸法
(横幅×高さ×奥行き)
(ハンドル部除く)
1,299×699×57mm 1,093×623×57mm 947×541×57mm
質量 約25kg 約19.3kg 約15.6kg
価格 オープン価格※ オープン価格※ オープン価格※
  • ※オープン価格商品の価格は、販売店にお問い合わせください。

(商標について)

  • Android™、Googleは、Google Inc.の商標です。
  • Wi-Fiは、Wi-Fi Allianceの商標または登録商標です。
  • OpenPort PLATFORM™は、パナソニック株式会社の登録商標です。
  • その他、本文中の社名や製品名は、各社の登録商標または商標です。

以上