プレスリリース

2012年8月30日

パナソニック エイジフリーライフテック株式会社

シャワーキャリーと入浴台の機能を1台で実現

個浴での自立支援と介助負担・リスク軽減をサポートする
可動式入浴台『アクアムーブ』新発売

被介護者の身体状況にあわせた利用が可能

PN-L14001D

品名 可動式入浴台 アクアムーブ
品番 PN-L14001D
希望小売価格(税込) 126,000円
発売日 2012年9月1日

パナソニック株式会社ヘルスケア社の子会社である、パナソニック エイジフリーライフテック株式会社(本社:大阪府門真市、社長:山崎 智司)は、高齢者介護施設における個浴での自立支援と介助負担・リスク軽減をサポートする入浴介護用品「可動式入浴台 アクアムーブ」を2012年9月1日より発売します。

近年、高齢者介護施設においては従来型の集団ケアから個別ケアへの移行が求められており、入浴においても、これまでの特殊浴槽や大浴槽を使用した入浴介助に変わって、家庭的な浴槽で被介護者一人ひとりに入浴していただく個浴が普及しつつあります。
本製品は、簡単操作でひじ掛けを座面と同じ高さまで下げることができ、シャワーキャリーと入浴台の機能を1台で実現する可動式入浴台です。
被介護者の身体状況にあわせて浴槽まわりの入浴しやすい位置に自由に横づけしてそのまま入浴できるため、被介護者の自発的な入浴を促し、動作能力の維持に繋がります。また、シャワーキャリーと入浴台をそれぞれ使用する場合と比べて移乗回数が減り、被介護者・介護者の負担や移乗に伴うリスクを軽減できます。
ブレーキの解除・ロックがひじ掛けの昇降と連動する、安全性の高い構造を採用しています。

当社は、本製品を通じて、被介護者の能力を最大限に引き出すことで自立支援に繋げ、また被介護者と介護者双方の負担を軽減し、人々の健やかで心豊かなくらしに貢献してまいります。

【主な特長】

  1. 被介護者の身体状況にあわせて浴槽まわりの入浴しやすい位置に自由に横づけ可能
  2. シャワーキャリーと入浴台の2つの機能を1台で実現
  3. ブレーキ解除・ロックがひじ掛けの昇降と連動する安全性の高い構造

【お問い合わせ先】

パナソニック エイジフリーライフテック株式会社
TEL:06-6908-8122(受付:平日のみ 8:50〜17:30)

【特長】

1.被介護者の身体状況にあわせて浴槽まわりの入浴しやすい位置に自由に横づけ可能

360°回転するキャスターにより、浴槽まわりで幅寄せ・切り替えをしなくても、被介護者の状態に合わせた入浴しやすい位置に横づけできます。

2.シャワーキャリーと入浴台の2つの機能を1台で実現

ブレーキを踏むと4隅の脚が下がり、キャスターが浮いて固定されます。ストッパーを引くと、ひじ掛けが座面と同じ高さまで下がって浴槽壁との隙間が埋まり、入浴台として利用できます。
座面の高さは、浴槽壁にあわせて調整が可能です。(35〜45cm 9段階)

ブレーキを踏むと4隅の脚が
下がり、キャスターを浮かせます
ひじ掛けは座面高さまで下がり、
浴槽とフラットになります
ひじ掛けが浴槽壁との隙間を
埋めるので、移乗しやすくなります

シャワーキャリーと入浴台をそれぞれ使用する場合に比べて移乗回数が2回減るので、被介護者・介護者の負担や移乗に伴うリスクが軽減できます。また、占有スペースが小さくできます。

ひじ掛けを同じ高さにそろえた場合の座面サイズは、介助者が隣に座れる1.5人分のスペース(46×62cm)を確保しているため、横移乗での介助がしやすくなります。また、浴槽への出入りを介助する際、介助者が片膝を付くことができるので、腰への負担を軽減できます。

3.ブレーキ解除・ロックがひじ掛けの昇降と連動する安全性の高い構造

ブレーキをかけないとひじ掛けは座面の高さまで下がりません。同様に、ひじ掛けを上げないとブレーキは解除できません。入浴台として利用する際のブレーキのかけ忘れ、シャワーキャリーとして利用する際のひじ掛けの上げ忘れを防ぎます。

【仕様一覧】

品名 可動式入浴台 アクアムーブ
品番 PN-L14001D
サイズ 座面:幅46×奥行46×高さ35〜45(cm)(ブレーキ時)
ひじ掛:幅7.5×奥行46×高さ21(cm)
全体:幅62(ひじ掛幅含む)×奥行72×高さ75〜85(cm)
材質 ひじ掛・座面・背もたれ:EVAクッション
背もたれシート:ナイロン製(2枚付属)
質量 16Kg

【取替用部品】 ・座面クッション ・背もたれシート

以上