高効率/高放熱/小型 照明用白色LEDの商品化

2013年2月21日

トピックス

照明用白色LED

パナソニック株式会社 デバイス社は、発光効率と放熱性能を改善した照明用途向け白色LEDを商品化します。商品化にあたり新材料技術など照明器具メーカーの日本コルモ株式会社と共同開発を行っており、今回共同で事業化を行います。
省エネ/長寿命の観点から電球をはじめ照明用途でのLED化が進んでおり、LEDにはさらなる省エネ/長寿命が求められています。省エネには少ない消費電力で明るく光る発光効率の向上、長寿命には発熱による出力低下や断線などの故障を防ぐための放熱性の向上がLEDに求められています。
また、LED照明のデザイン性向上のため、LEDの小型化が求められています。当社は、これらのニーズに応える照明用白色LEDを開発し、商品化します。

【LED照明の省エネ化と高コストパフォーマンス化に貢献する照明用白色LED(LNJ0300シリーズ)の特長】
1.光取り出し効率の改善により高効率化
発光効率:150 lm/W (0.18Wクラス、外気温:25℃時)
※当社従来品比(※1) 10%向上 (従来品(※1) 135 lm/W)
※色温度[1] 5000K(Ra[2]≧80)

2.フラット形状パッケージの採用により高放熱化・小型化を実現
熱抵抗[3]:10 ℃/W
※当社従来品比(※1) 66%低減 (従来品(※1) 30 ℃/W)
製品サイズ:L3.2×W3.0×H0.6 mm
※当社従来品比(※1) 面積39%低減 (従来品(※1) 5.6×2.8mm)
※当社従来品比(※1) 厚み25%低背 (従来品(※1) 0.8mm)

3.独自の硫化バリア技術により高信頼性を実現(知財出願済み)
※2013年11月に量産化予定

※1 当社従来品 LNJ05604シリーズとの比較。

【販売計画】
量産開始:2013年4月
サンプル価格:数量により異なるため個別相談
月産数量:1億個/月以上 順次増強予定

【用 途】
LED照明用の光源
(直管型LEDランプ、シーリングライト、LED電球、街路灯、看板照明 など)
【備 考】
今後、高出力化製品や色温度展開品を取り揃え、各種照明用に対応した新製品を展開します。

▼本件に関するお問合せ先
●報道関係お問合せ先
デバイス社 経営企画グループ 広報・調査チーム
TEL:06-6904-4732 
●商品に関するお問合せ先
http://panasonic.net/id/jp/contact/
●パナソニック株式会社 デバイス社 ホームページ
http://panasonic.net/id/jp/

<商品情報>
http://www.semicon.panasonic.co.jp/jp/products/opto/leds/white/


----------------
【特長の説明】
1.光取り出し効率の改善により高効率化が可能 
高出力LEDチップを搭載し、光取り出し効率を改善したパッケージを採用することで高効率を実現し、当社従来品(※1)に比べ、10%の効率向上を達成しました。高効率化によりLEDを電力効率よく発光することが可能になり、LED照明の低消費電力化が可能です。
色温度は5000K(Ra≧80)を軸に、色温度展開を進めていきます。

2.フラット形状パッケージの採用により高放熱化・小型化を実現
LEDチップから発生する熱を直接基板側へ放熱できるフラット形状パッケージを採用し、当社従来品(※1)に比べ、66%低減を実現しました。
LEDの発熱が最大定格を超えると、著しい出力低下やワイヤーの断線などの故障を引き起こしますので、LEDの長寿命化のためにはLED照明の製品設計において、放熱対策が必要となります。本LEDを使用することにより、熱抵抗が低いことでLED照明の設計容易化が可能です。
また、パッケージサイズを当社従来品(※1)に比べ、面積は39%低減、厚みは25%低背を実現しました。LEDを小型化することで、LED照明の製品設計において、LEDレイアウトの自由度が向上し、デザイン性を重視した設計を可能にします。また、形状を正方形に近づけたことで、LEDを等間隔に配置することやアウターレンズの小型化が可能になります。

3.独自の硫化バリア技術により高信頼性を実現
当社は日本コルモ株式会社と共同開発した硫化バリア技術を用いた高信頼性LEDを開発中です。硫化対策として銀メッキの代わりに金メッキを用いるなどの方法がありますが、銀メッキの方が光反射率が高く明るくなること、金メッキに比べ安価であることなどから、銀メッキを用いるのが一般的です。しかし、銀メッキは硫化しやすいため対策をしていないLED照明では、通常使用1万時間で約30%の輝度低下をもたらす場合があり、対策が必要です。車の排気ガスや温泉地など硫黄分が多い条件下ではさらに早い出力の低下が懸念されます。また急激な硫化は断線を起こす可能性もあります。本LEDでは硫化バリア技術を用いることにより銀メッキの硫化を防ぎ、高信頼性を実現します。通常LED照明器具にて硫化対策をしますが、本LEDを使用することにより、LED照明器具での対策をせずにLED照明器具の設計することが可能になります。
2013年7月サンプル出荷を開始し、2013年11月に量産化予定です。

【用語の説明】
[1]色温度
光の色を黒体を加熱したときの色と比較して、その温度で表示されるものです。単位には熱力学的温度のK(ケルビン)を用います。

[2]Ra(平均演色評価数)
照明光による物の色の見え方に及ぼす光源の特性で白昼の太陽光が最大の100です。

[3]熱抵抗
温度の伝えにくさを表す値で、単位時間当たりの発熱量あたりの温度上昇量を意味します。

[4]硫化
LEDは経年劣化により、LEDチップの台座の銀メッキ部分が硫黄分により劣化し黒化がおきるため輝度の低下が起こります。

<商品情報>
http://www.semicon.panasonic.co.jp/jp/products/opto/leds/white/

  • 照明用白色LED
  • 暫定仕様
発表年月
発表年月