まるでスタジアムにいるかのような臨場感を体感~多拠点同時ライブビューイングをトライアル実施

2018年10月18日

トピックス

各会場における高臨場ライブビューイングの演出例

パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:片倉達夫、以下 パナソニック システムソリューションズ ジャパン)は、株式会社NTTぷらら(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:板東浩二、以下 NTTぷらら)と共同で、観客席空間映像と中継映像を組み合わせた生中継による高臨場多拠点同時ライブビューイングのトライアルを実施します。この取り組みは、会場までの距離や会場のキャパシティの問題でスポーツや音楽ライブなどの"現地"に足を運ぶことができない場合でも、友人やファン仲間と気軽にカラオケやバーなどの会場に集まり、高臨場ライブビューイングを楽しむ環境を提供するものです。

このたびのトライアルでは、実際に行われているスポーツ試合をカラオケ店など2カ所のライブビューイング会場に中継します。"スタジアムの臨場感"と"ライブビューイングの見やすさ/楽しみ"といった、同時には味わえない利点を一度に体験できる演出の実現を目指し、さまざまな検証を行います。ライブビューイングの会場には、試合中継映像に加えて、パナソニックのデジタルカメラで撮影した観客席の空間映像を投影することで、まるでスタジアムにいるかのような雰囲気を体感できる演出をします。また、試合状況に応じて、各選手の情報や加点方法(ボール保持率やシュート数など)といった試合情報をリアルタイムに表示することで、データの面からも深くスポーツを楽しめる演出を行います(※)。

※:試合情報データはデータスタジアム株式会社が提供するものです。

さらに、MCがライブビューイング会場の様子をリモートで確認しながら呼びかけを交えた実況・解説を行い、各会場とMCの間で一体感が持てるような演出で会場を盛り上げます。また、観戦者は試合結果を予想し、スマートフォンから投稿することで、プレゼントを獲得できるミニゲームを楽しむことができます。

本トライアルは、ライブビューイング用の素材(映像やデータなど)をNTTぷららのメディアセンター(以下 センター)に集約し演出を加え、光回線網を通じて各会場へ同時配信します。センターで情報集約および映像制作・演出を一括して行うことで、今後、より多くの会場での実施や会場に応じた複数種類の演出も効率的かつ柔軟に実現できると考えています。

NTTぷららおよびパナソニック システムソリューションズ ジャパンは、多くのお客さまに新しい映像体験を提供できるよう、スポーツや音楽ライブなど、さまざまなエンターテインメントにおけるライブビューイングの実現を目指していきます。

【トライアルの概要】
●実施日
2018年10月20日(土)
●会場
・ビッグエコー渋谷店 (株式会社第一興商協力)
・VREX渋谷宮益坂店 (株式会社フタバ図書協力)
●対象試合
2018明治安田生命J1リーグ 第30節 ガンバ大阪 vs 横浜F・マリノス (15:00キックオフ)
●参加者
一般応募から当選したサポーター 計40人(応募は締め切りました)

【お問い合わせ先】
パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社
IoT・サービス事業センター コンテンツ・メディアサービス部 スペースクリエイツ課 溝田、黎(れい)
電話:045-522-4987

<関連情報>
・パナソニックが「映像空間ライブ配信ソリューション」の実証を開始~没入感のある迫力の360度映像の遠隔配信による、新たな視聴体験の実現をめざして~(2018年6月14日)
https://news.panasonic.com/jp/topics/160838.html

  • 各会場における高臨場ライブビューイングの演出例
  • 撮影から配信までの構成イメージ
発表年月
発表年月