「国際物流総合展2018」パナソニックブースの展示概要とみどころ

2018年9月 4日

トピックス

パナソニックブースのイメージ

パナソニック株式会社は、2018年9月11日(火)~14日(金)に東京ビッグサイト東1~6・8ホールにて開催される「国際物流総合展2018」に出展します(パナソニックブース:東1ホール内 ブース番号:1-303)。

パナソニックブースでは、倉庫から配送といった物流の流れの中で、現場ごとに業務改革/業務効率化に「お役立ち」するソリューションやサービスをトータルにご提案すると共に、当社ならではの先進テクノロジーで実現する「未来」ソリューションを紹介します。

当社は、今回の「国際物流総合展2018」への出展により、当社が提唱する「現場プロセスイノベーション」(※)を発信していきます。

■パナソニックの出展ソリューション

<倉庫>
・3Dカメラで瞬時に荷物サイズを採寸できるモバイルデバイス
メジャーを当てて入庫する荷物サイズの3辺を測定する作業を行わず、撮影するだけで寸法の概算値を計測できるWindowsタブレットです。SDKも用意しておりますので、これをWMS(倉庫管理システム)などの業務システムと連携させることで、倉庫業務の効率化に貢献できます。

・プロジェクションマッピングを活用した荷仕分け支援システム(株式会社IHI物流産業システムとの共同展示)[参考出展]
「荷物の形状を認識する技術」と、ベルトコンベア上の荷物などの「動く物体にプロジェクションマッピングを行う技術」を活用したソリューションです。仕向け地情報をベルトコンベア上で移動する荷物に照射し続けることで仕分け作業の効率化に貢献します。

・ネットワークカメラを活用した欠品検知ソリューション[参考出展]
カメラで棚の欠品を自動検知しその情報を作業者に伝えることで、重点商品・高収益商品の優先的・効率的な品出しの自動指示を実現します。

<配送>
・物流現場の効率化にお役立ちするハンドヘルド、タブレット端末
さまざまな物流業界のお客様の現場で活躍中のTOUGHBOOK(タフブック)シリーズがさらに進化しました。現場のご要望を取り込み機能・性能を向上させたパナソニックの多彩な業務用モバイル端末を手に取ってご確認ください。

・最新Android(TM)活用でTCO(Total Cost of Ownership)削減とセキュリティ両面の効果をご提案
Android(TM)8.1搭載のハンドヘルドであれば、高いセキュリティと効率的な端末の調達、配備、運用のライフサイクル管理の実現が可能になります。古いプラットフォームで運用されているシステムからの移行相談をお受けいたします。

・配送進捗見える化クラウドサービス[参考出展]
欧州で実績豊富な配送進捗管理のシステム(ゼテス クロノス)を展示します。光英システム株式会社の配送計画システムと連携させたデモンストレーションを実施します。

【国際物流総合展2018 概要】
http://www.logis-tech-tokyo.gr.jp/index.html
会期:2018年9月11日(火)~14日(金) 10:00~18:00 (最終日のみ17:00)
会場:東京ビッグサイト 東1~6・8ホール
パナソニックブース:小間番号 1-303

【お問い合わせ先】
パナソニック システムお客様ご相談センター
電話:0120-878-410 (受付:9時~17時30分<土・日・祝日は受付のみ>)

※「現場プロセスイノベーション」:
世の中が便利になればなるほど、支える現場の課題は増えていきます。
そのような中、業務プロセスの改革こそが、「現場」の複雑な課題を根本から解決していくと私たちは考えています。
パナソニックは、製造業で積み重ねてきた現場の知見やノウハウで、変化し続けるお客様の事業成長と拡大を支え、「現場」へのお役立ちを通じて、より良い社会とくらしを実現していきます。

  • パナソニックブースのイメージ
  • 3Dカメラ搭載頑丈タブレット FZ-M1
  • ゼテス クロノス
発表年月
発表年月