プレスリリース

2011年2月1日

湖南科力遠新能源股有限公司への車載用ニッケル水素電池事業の譲渡について

パナソニック株式会社は、社内分社であるエナジー社の湘南工場で行っている車載用ニッケル水素電池事業(以下、対象事業)の譲渡について、湖南科力遠新能源股有限公司(以下、湖南科力遠)と譲渡契約を2011年1月31日に締結しました。

1.譲渡の理由

当社は、三洋電機株式会社の子会社化に伴い車載用ニッケル水素電池の商品市場に競争法上の懸念が生じるとの中華人民共和国商務部(以下、中国商務部)の指摘を踏まえ、当該懸念を解消するための措置の一つとして対象事業の譲渡を行います。
湖南科力遠との譲渡契約締結に当たっては、譲渡先、対象事業の範囲、契約内容等について、中国商務部の審査・承認が必要であり、当社はその審査・承認を受けております。

2.譲渡の方法

当社は、対象事業に関連する資産を100%子会社である湘南エナジー株式会社(以下、湘南エナジー)に譲渡した後、湘南エナジーの全株式を湖南科力遠に譲渡します。
譲渡契約の締結日である1月31日から3ヶ月以内に譲渡を完了する予定です。

3.譲渡の対象

対象事業に関わる生産設備、販売、研究開発部門および顧客資源を含む資産を譲渡します。なお、当社が保有する対象事業に関する知的財産権については、その使用を許諾します。