プレスリリース

2009年6月22日

多拠点のエネルギー使用量を一元管理

「エコ見える化システム」を発売

映像ソリューションとの連携で省エネを強力サポート


品名 エコ見える化システム
本体希望小売価格 オープン価格
発売日 2009年7月1日 受注開始
年間販売台数 50セット

パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 岩佐次夫)は、各拠点からエネルギー使用量を一括収集し、企業全体のエネルギー使用量を管理するとともに、その分析に適したグラフ等により、省エネ実現に向けた一連のサイクルをサポートする「エコ見える化システム」を2009年7月1日より受注開始します。

2010年4月からは、省エネ法の改正(※1)が施行され、企業においては、グループ全体でのエネルギー使用量の把握と合理化が求められています。本システムは、最大2,000ヶ所までの多拠点のエネルギー使用量を多回路エネルギーモニタ(パナソニック電工電路株式会社製)等で一括集計し管理を行うとともに、導入直後からすぐに見える化を実現する「かんたんエコ」、しっかり分析を行う「しっかりエコ」などをコンセプトに、エコの見える化を実現します。

さらに本システムは、パナソニック株式会社製のネットワークカメラ・ネットワークディスクレコーダー(i-proシリーズ)との連携やプラズマディスプレイなどを利用した映像・情報配信システムとの連携により高付加価値なソリューションを提供します。

なお本システムは、当社主催のシステム展示会「SOLUTION Japan 2009」(2009年6月24日〜25日 仙台・夢メッセみやぎ を皮切りに全国7箇所で開催予定)に出展します。

【システムの主な特長】

  1. 多拠点(最大2,000ヶ所)のエネルギー使用量を一括集計/管理
  2. 導入直後から省エネに着手できるエネルギー使用状況の見える化機能【かんたんエコ】
  3. 多拠点間のエネルギー使用量の違いやムダをしっかり分析できるエネルギー使用状況の見える化機能【しっかりエコ】
  4. エコ状況・環境コンテンツのリアルタイム配信機能【映像・情報配信システム】
  5. エネルギー使用量の超過原因をカメラ映像で確認【アラーム連動・映像蓄積システム】

【お問い合わせ先】

システムお客様ご相談センター
TEL:0120-878-410(受付:9時〜17時30分<土・日・祝日除く)

※1 省エネ法(エネルギー使用の合理化に関する法律)の2008年改正。2010年4月の改正施行から企業全体(本社、工場、支店、営業所など)の年間エネルギー使用量(原油換算)が合計で1500kl以上であれば、エネルギー使用量等の報告が義務づけられました。この報告には、2009年4月から1年間分のエネルギー使用量の記録が必要となります。

【システム概要図】

※拠点〜センター間のネットワークは無線(FOMAパケット)にも対応

【特長の解説】

1. 多拠点のエネルギー使用量を一括集計/管理

多拠点のエネルギー使用量(電力/ガス等の流量等)を自動的に収集/管理する機能に加え、各拠点からwebブラウザ等でエネルギー使用量を手動入力/一括集計し、経済産業省への報告を容易にする帳票出力等により、環境ご担当者の負担を軽減いたします。また、原油換算係数の変更にも柔軟に対応します。

2. 導入直後から省エネに着手できる見える化機能【かんたんエコ】

リアルタイムにエネルギー使用量が把握できるとともに、空調や照明、コンセントなどのカテゴリ別表示や時間別推移表示などさまざまな角度から見える化できるため、導入直後から省エネに着手でき、その効果も瞬時に把握することが可能です。例えば、オフィスにおいて、カテゴリ別表示により「照明」の割合が多い場合には、昼休みの照明OFFの効果を時間別推移画面等で定量的に把握することができます。

カテゴリ別表示 時間別推移画面

3. 拠点間のエネルギー使用量の違いやムダをしっかり分析できる見える化機能【しっかりエコ】

エネルギー削減には、拠点間のエネルギー使用量を比較する機能や様々な角度からムダが見える分析機能が必要です。
本システムは

(1)各拠点のエネルギー使用量を原単位(面積/人員あたりの使用量)で表示する機能

(2)エアコンのムダ使いがわかるPMV(※2)を表示する機能

などの機能を駆使することにより、さらなる省エネ活動(しっかりエコ)をサポートします。例えば、単位面積当たりの拠点間比較で、他の拠点と比べてエネルギー使用量が多い拠点を抽出し、当該拠点のPMV表示を確認することで「エアコン」使用のムダを把握することが可能となります。

※2 PMV(Predicted Mean Vote)とは、温度環境の快適性を表す指数。温度環境に関する要素の組み合わせで快適度を求める

4. エコ状況・環境コンテンツのリアルタイム配信機能【映像・情報配信システム】

電力使用状況や目標に対する達成率などを視覚的に分かりやすく配信することで、リアルタイムで電力量を把握することができ、環境取り組み事例や環境Q&Aなどのコンテンツをスケジュール的に配信することで、環境に対する意識啓発を現場へ促すことができます。

5. エネルギー使用量超過と連動したカメラシステム【アラーム連動・映像蓄積システム】

電力使用量が閾値を超えた場合などのアラーム発報時に、カメラシステムと連動することで、対象の現場を映像で蓄積することができます。また、電力使用量の時間別推移やアラーム一覧から映像を再生することで、使用量超過の原因を映像で分析することができます。

【主な機能】

  機能名 内容
1 エネルギー使用量
一括管理
各拠点側からwebブラウザ等でエネルギー使用量を入力/一括集計/帳票出力
2 カテゴリ別表示 照明、空調、コンセントのカテゴリ毎の割合をグラフ化
表示は、拠点、棟、フロアなど階層毎に閲覧が可能
3 時間別推移表示 年、月、日、毎の電力使用量の推移を閲覧することが可能
表示は、拠点、棟、フロアなど階層毎に閲覧が可能
4 データ出力 センサ毎の電力使用量をexcel形式にて出力
5 温湿度表示 温度・湿度に加えてPMVを表示
6 帳票出力 エネルギー使用量(各拠点/全拠点)の集計帳票出力
7 MAP表示 MAPの取り込み及び使用量のMAP表示
8 原単位表示 面積または人数あたりのエネルギー使用量を拠点別に表示
9 アラーム通知 デマンド通知・リアルタイム使用超過通知

【本システムの構成機器(標準:20拠点/拠点当たり主幹:1回路+分岐4回路)の場合】

機器名 品番 員数 備考
多回路エネルギーモニタ BT3720 20台  
CT(50A) BT37065 80式  
CT(250A) BT37062 40式  
CTケーブル(5m) BT37235 60式  
本体コントローラM BCRN2500 20台  
エコ見える化システムサーバ(本体) - 1式  
エコ見える化システムサーバ(ソフト) - 1式  
プラズマディスプレイ - 20台 映像配信システムを追加する場合必要
(1拠点1台を想定)
NMコントローラ AF-NMCT30R 20台 映像配信システムを追加する場合必要
(1拠点1台を想定)
ネットワークカメラ DG-NS202A 20台 アラーム連動・映像蓄積システムを追加する場合必要
(1拠点1台を想定)
ネットワークディスクレコーダー DG-ND400 1台 アラーム連動・映像蓄積システムを追加する場合必要