プレスリリース

2009年2月26日

当社独自 スパイラル方式「プラチナパラジウム触媒」の強化

家庭用生ごみ処理機「生ごみリサイクラー」2機種を発売

脱臭能力がさらにアップ※1


MS-N53(MS-N53 データ容量:72KB) MS-N23(MS-N23 データ容量:65KB)

品名 家庭用生ごみ処理機
品番 MS-N53 MS-N23
愛称 生ごみリサイクラー
希望小売価格(税込) オープン価格
発売日 2009年4月25日
月産台数 5,000台

ホームアプライアンスマーケティング本部は、当社独自のスパイラル方式を採用した「プラチナパラジウム触媒」を強化することにより、脱臭能力がさらにアップ※1した家庭用生ごみ処理機 2機種を4月25日より発売します。

昨今、ごみ問題を中心とした環境意識の高まりを背景に、生ごみ処理機の購入は、新規ユーザーはもちろん、買い替えの割合が増加しています(当社調べ)。特に近年は集合住宅の増加やキッチンスペースの多様化・気密化に伴い、「脱臭能力の強化」というニーズが高まっています。

温風乾燥式を採用した当社の「生ごみリサイクラー」は、約130℃の温風で乾燥除菌※2し、生ごみを約7分の1まで減容します。処理時に発生するにおいは、本体後方にある独自のスパイラル方式「プラチナパラジウム触媒」で化学的に分解し脱臭します。
本製品では、熱を加えることで、においの成分を二酸化炭素と水(水蒸気)に化学的に分解する「プラチナパラジウム触媒」の塗布面積を、従来品※3に比べ約1.2倍※4にすることで脱臭能力をさらに高めました。

さらに、大容量タイプで好評の「ソフト乾燥モード」を、小容量タイプMS-N23にも搭載しました。
「生ごみリサイクラー」で作った乾燥処理物は、土と混ぜ合わせ、有機質肥料として家庭菜園やガーデニングに利用できます。「ソフト乾燥モード」で処理した場合、「標準モード」で処理した場合に比べ、肥料の速効性があるので、野菜や草花の栽培用に適しています。

当社は本製品の発売により、家庭用生ごみ処理機を清潔キッチンの必需品として、またリサイクル社会形成に寄与する商品として提案し、市場の活性化と普及拡大を図っていきます。

<特長>

  1. 当社独自スパイラル方式 「プラチナパラジウム触媒」の強化で、脱臭能力がさらにアップ※1
  2. 当社独自「ソフト乾燥モード」を、小容量タイプMS−N23にも新搭載
  3. スペースの限られたキッチンにもすっきり置けるコンパクトサイズ※5
※1: MS-N53のみ。<抑制の手段>プラチナパラジウム触媒 <測定対象>標準試験生ごみ700gを標準モードで処理した時の本体からの排気。<測定方法>臭気判定士による官能試験。臭気強度0.9(従来機種MS-N48は1.9)<試験機関>臭気測定認定事業所(株式会社 日吉)にて実施。
※2: <試験機関>(財)日本食品分析センター。<試験方法>寒天平板培養方式。除菌の方法:温風乾燥式。<試験効果>99%以上の除菌効果。<除菌の対象>庫内乾燥処理物
※3: 2006年発売機種 MS-N48
※4: プラチナパラジウム触媒塗布面積。MS-N53:482.1cm2 (従来機種MS-N48は402.5cm2
※5: 本体寸法(幅26.8cm×奥行36.5cm)

【お問い合わせ先】

お客様ご相談センター
フリーダイヤル 0120-878-365(受付9時〜20時)
携帯電話・PHSでのご利用は 電話 06-6907-1187(受付9時〜20時)
ホームページ:http://panasonic.jp/garbage/


【特長】

1.当社独自スパイラル方式 「プラチナパラジウム触媒」の強化で、脱臭能力がさらにアップ※1

温風乾燥式を採用した当社の「生ごみリサイクラー」は、約130℃の温風で乾燥除菌※2し、生ごみを約7分の1まで減容します。処理時に発生するにおいは、本体後方にあるスパイラル方式の「プラチナパラジウム触媒」で化学的に分解し脱臭する仕組みです。
「プラチナパラジウム触媒」は、熱を加えることで、においの成分を二酸化炭素と水(水蒸気)に化学的に分解します。触媒を当社独自のスパイラル形状にすることで、におい成分が脱臭ユニットの中を通過する時間が長くなり、より高い脱臭効果を発揮します。
本製品では、従来品※3に比べ、「プラチナパラジウム触媒」の塗布面積を約1.2倍※4にすることで、脱臭能力を高め※1、臭気判定士による官能試験では、臭気強度が従来品※3 1.9に対し、0.9に下げることができました。

【臭気判定士による官能試験】

人の嗅覚を用いて、
臭気の強さを6段階で
数値化する方法

0: 無臭
1: やっと感知できるにおい
(検知閾値濃度)
2: 何のにおいであるか
わかる弱いにおい
(認知閾値濃度)
3: 楽に感知できるにおい
4: 強いにおい
5: 強烈なにおい

2.当社独自「ソフト乾燥モード」を、小容量タイプMS-N23にも新搭載

「生ごみリサイクラー」で作った乾燥処理物は、土と混ぜ合わせ、有機質肥料として家庭菜園やガーデニングに利用できます。
特に、大容量タイプで好評の「ソフト乾燥モード」は、「標準モード」で処理した乾燥処理物と比べて肥料の速効性があります。今回、この「ソフト乾燥モード」を、新たに小容量タイプのMS-N23にも搭載しました。

「ソフト乾燥モード」は「標準モード」約130℃に対し、約105℃の低い温風で処理するので、処理中のにおいを低減する効果もあります。さらに、生ごみの中のたんぱく質が熱変性しにくく、土中での微生物による分解を速めるので、短期間に窒素肥料成分を土中へ供給できるため、野菜や草花の栽培用に適しています。一方、「標準モード」で処理した処理物は、長期に亘り、窒素肥料成分を徐々に供給できるので、樹木の栽培用に適しています。

3.スペースの限られたキッチンにもすっきり置けるコンパクトサイズ※5

触媒などの要素部品の小型化と、排気部を本体に内蔵しているので、2機種とも幅26.8cm×奥行36.5cmの設置スペースに置けるコンパクト設計です。狭いキッチンなどにもすっきりと収まります。
キッチンに置いて、調理中に出た生ごみをその都度捨てて、最後にまとめて処理でき、ごみ箱感覚で使えます。
設置イメージ

【需要動向】

年度 2006年度 2007年度 2008年度見通し 2009年度予測
総需要(台数) 9万台 7万台 7万台 7万台
普及率 4% 4% 4.2% 4.3%

【定格仕様】

品番 MS-N53 MS-N23
処理方式 温風乾燥式
最大
処理量
1回 約2 kg(約6 L)/回 約1 kg(約3 L)/回
1日 約8 kg(約24 L)/日 約6 kg(約18 L)/日
電源 AC100 V(50-60 Hz)
定格消費電力 800 W
    標準モード ソフト乾燥モード 標準モード ソフト乾燥モード
処理
時間※6
約400g 約1時間40分 約2時間10分 約1時間45分 約2時間45分
約700g 約2時間15分 約3時間30分 約2時間40分 約3時間50分
約1000g 約3時間 約4時間30分 約3時間40分 約5時間15分
約2000g 約5時間40分 約8時間30分
電気代の
目安※7
約400g 約16円 約19円 約17円 約22円
約700g 約24円 約30円 約29円 約32円
約1000g 約33円 約42円 約37円 約45円
約2000g 約66円 約78円
外形寸法 幅268mm×奥行365mm×高さ550mm
(ふたを開けたときの高さ770mm)
幅268mm×奥行365mm×高さ470mm
(ふたを開けたときの高さ690mm)
本体質量 12 kg 11 kg
運転予約タイマー 2段階(3時間後、6時間後)
ソフト乾燥モード
設置場所 屋内外設置タイプ
付属品 アース線(2.2m 1本)
※6: 標準試験生ごみを処理した場合
※7: 電気代は電力料金目安単価22円/kWh(税込)で計算

以上