プレスリリース

2008年1月18日

地上デジタル放送の普及に貢献

CATVデジタルセットトップボックス 累計出荷台数300万台を達成

採用局も順調に増加


松下電器産業株式会社 パナソニック システムソリューションズ社(代表者:遠山敬史)は、2000年9月より発売を開始して以来、業界で初めてデジタル放送対応CATVデジタルセットトップボックス(STB)の累計出荷台数300万台を2007年12月末に達成しました。

日本国内においては、地上デジタル放送受信機の累計出荷台数は、3,000万台を超える見通し(2007年12月〜2008年1月ごろ※1)です。当社のCATVデジタルSTBはその約10%を占めることになります。また、CATVデジタルSTBの累計出荷シェアも当社製品が60%以上を獲得(当社調べ)するなど好評を得ています。

当社は2000年9月に発売したTZ-DCH100を皮切りに、ケーブルモデム内蔵モデル、OFDMチューナー内蔵モデル、HDD(ハードディスクドライブ)内蔵モデル、STB専用外付けHDDレコーダーなど、常に市場ニーズにマッチした様々なタイプの商品を提供してきました。
現行の全機種※2でHDMI端子とi.LINK端子を標準搭載し、高画質・高音質なデジタルハイビジョン番組を、そのままの美しさで視聴・録画することが可能です。また、豊富な家電製品のラインナップを持つ松下電器の総合力を活かし、テレビや録画機器、ホームシアター機器との機能・操作連携を可能にするなど、快適なデジタルテレビライフを提案しています。
これからも、加入者様とケーブルテレビ事業者様の要望にあわせたセットトップボックスおよび関連製品を積極的に提供していきます。

当社は、ケーブルテレビ業界のリーディングメーカーとして、VODなどのさまざまな双方向ソリューションや、局設備や制作機器のデジタル放送対応・HD化のご提案、全国規模での保守サポート体制の提供など、「END to END」でケーブルテレビ業界の発展と、地上デジタル放送の浸透・定着に貢献していきます。

※1: 社団法人 電子情報技術産業協会「地上デジタルテレビ放送受信機国内出荷実績調査(2007年11月分)」(2007年12月20日発表)に基づき、当社が推計。
※2: 機器品番:TZ-DCH520/TZ-DCH820/TZ-DCH1520/TZ-DCH1820/TZ-DCH2000/TZ-DCH2800/TZ-DCH2810
HDMI、HDMIロゴ及びHigh-Definition Multimedia Interface はHDMI Licensing LLCの商標または登録商標です。
CATVデジタルSTBのご利用(レンタル・購入)については、各ケーブルテレビ事業者様にお問い合わせ下さい。

【お問合せ先】

<報道関係者様>
松下電器産業株式会社
  パナソニック システムソリューションズ社 ブロードメディア本部
   広報宣伝担当    常山/持田  電話045-540-5898(代表)
                                E-MAIL  cbmd@gg.jp.panasonic.com
<お客様>
お客様ご相談センター            電話フリーダイヤル0120-878-410
                               (受付:9時〜18時 土・日・祝日除く)
【ホームページ】http://panasonic.biz/broad/