2021年10月7日

業界初※1 準天頂衛星システム「みちびき」経由の災害・危機管理通報サービス※2に対応

一般用/業務用GPS付き ETC2.0車載器を発売

ETC2.0車載器(一般用)CY-ET2620GD、ETC2.0車載器(業務用)CY-ET5020GD

品名 ETC2.0車載器(一般用) ETC2.0車載器(業務用)
品番 CY-ET2620GD CY-ET5020GD
希望小売価格 オープン価格
発売日 2021年11月上旬
月産台数 1,000台 500台

パナソニック株式会社 オートモーティブ社は、ETC2.0車載器の新ラインアップとして、一般用と業務用の単体発話型ETC2.0車載器2機種を2021年11月上旬に発売します。

本製品は、業界初※1の災害・危機管理通報サービス※2に対応しています。準天頂衛星システム「みちびき」を利用して災害・危機管理省庁から発表された情報をいち早く受信、音声で再生します。また、高速道路だけでなく、一般道を含めた屋外で受信できます。

従来機種(CY-ET2610GD/CY-ET5010GD)と同様、カーナビと接続しなくても単独で使用でき、GPS一体アンテナは音声案内用スピーカー内蔵で、また、カード挿入状態を確認できるLEDインジケータを搭載しています。アンテナ設置位置は、フロントガラス※3とダッシュボード上から選択できます。

CY-ET5020GDは上記特長に加え、従来機種(CY-ET5010GD)と同様、デジタルタコグラフ、タクシーメーターなどの外部機器との接続が可能です。また、「特車ゴールド」制度に対応していますので、特殊車両通行許可を簡素化できます。

特長

<CY-ET2620GD/CY-ET5020GD共通>

1. 業界初※1 災害・危機管理通報サービス※2対応で、いち早い情報取得が可能

2. 本体の小型化(奥行寸法が従来機種より10 mm短い)で、取り付け性が向上

<CY-ET5020GDのみ>

3. デジタルタコグラフとの連携で、より詳細な運行管理が可能

4. 「ETC2.0装着車への特殊車両通行許可簡素化制度(特車ゴールド)」に対応

  • ※1 発売時期2021年11月、当社調べ。ETC2.0車載器として。
  • ※2 詳細は内閣府 宇宙開発戦略推進事務局のホームページでご確認いただけます。
    URL:https://qzss.go.jp/overview/services/sv08_dc-report.html
  • ※3 従来機種CY-ET5010GDのアンテナはフロントガラス設置に対応していません。

【お問い合わせ先】

お客様ご相談センター
電話:フリーダイヤル 0120-50-8729(受付時間 9:00~17:00 365日)

【特長】

1. 業界初※1 災害・危機管理通報サービス※2に対応で、いち早い情報取得が可能

準天頂衛星システム「みちびき」経由で、地震や津波発生など、防災機関から発表された災害・危機管理情報を高速道路だけでなく、一般道を含む屋外で受信、案内します。みちびきから4秒間隔で送信している信号を安定して受信できるため、災害・危機管理省庁から発表された情報をいち早く受け取ることで、避難行動を迅速に行うことが可能です。

高速道路、一般道を含む屋外で受信、案内イメージ図

CY-ET2620GD/CY-ET5020GDは以下の情報を
お知らせします。

  • ●緊急地震速報
  • ●津波警報
  • ●気象情報
    • ・特別警報:大雨(土砂災害、浸水害)、
      大雪、暴風、暴風雪、波浪、高潮
    • ・記録的短時間大雨情報
    • ・土砂災害警戒情報
    • ・竜巻注意情報

2. 本体の小型化で、取り付け性が向上

奥行寸法を小さくしました。従来機種(CY-ET2610GD/CY-ET5010GD)より10 mm短く、今までできなかった、又は、難しかった取り付けが容易になります。

従来機種と新機種の画像、運転席足元の取り付け例イメージ●CY-ET5010GD、CY-ET5020GDはそれぞれCY-ET2610GD、CY-ET2620GDと同じ奥行寸法です。

3. デジタルタコグラフとの連携で、より詳細な運行管理が可能(CY-ET5020GDのみ)

外部機器※3と接続※4することにより、高速道路の利用有無や高速道路料金の内訳等のデータを記録できますので、より詳細な運行管理が可能です。

  • ※3 デジタルタコグラフ、タクシーメーター等の対応機種に限られます。
  • ※4 外部機器接続端子付き電源ケーブル(3.5 m)、及び変換コードを同梱しています。

4. 「ETC2.0装着車への特殊車両通行許可簡素化制度(特車ゴールド)」に対応(CY-ET5020GDのみ)

大型特殊車両は事前に通行する経路許可を申請(渋滞や事故発生時を想定した複数経路の大量な申請)し、道路管理者の許可を受けるように、道路法で定められています。「特車ゴールド」制度に定められた要件を満たす業務支援用ETC2.0車載器装着車は手続きが簡素化できます。起終点情報を搭載した当商品は、「特車ゴールド」に対応しています。

【その他の主な特長】

●カーナビが無くても使用できる※5、GPS付き発話型ETC2.0車載器

カーナビを装着していない、又は、ETC2.0車載器との連動に対応していないカーナビを装着している車両もETC2.0のサービスを音声案内で受けることが可能です。

※5 カーナビとの接続はできません。

●スピーカー内蔵のGPS一体LED付きアンテナ

スピーカーを運転席に近いアンテナに内蔵しているため、音声案内※6が聞き取り易いです。また、LEDの点灯で、ETCカードの挿入状態をご確認いただけます。アンテナは、フロントガラス貼り付け、ダッシュボード上置き※7の両方に対応しています。

  • ※6 音声案内は、ITSスポット、災害・危機管理情報を除き、
    声優:日高のり子さんの音声です。
  • ※7 付属のアンテナ取付ブラケットを使用します。

アンテナ取付位置(例)フロントガラス、ダッシュボード上のイメージ画像

●「新セキュリティ規格」※8準拠なので、セキュリティ規格の変更後も使用可能

ETCをご使用されるユーザーの決済情報をより安全に保護するために、国土交通省はセキュリティ規格の変更を予定しています。本製品は新セキュリティに対応しており、規格の変更後もご使用いただけます。

  • ※8 詳細は、国土交通省のホームページ・ページ内検索「新セキュリティ」で確認いただけます。
    URL:http://www.mlit.go.jp/index.html

●「内部突起保安基準」※9に対応しているので、乗車人員にとってより安全

自動車が衝撃を受けた時、ドライバーや同乗者を傷つけないよう国土交通省が定める内部突起に係る保安基準に準拠し、安全に配慮した形状となっています。

  • ※9 詳細は、国土交通省のホームページ・ページ内検索「内部突起」で確認いただけます。
    URL:http://www.mlit.go.jp/index.html

●DC12 V/DC24 V対応

バッテリー電圧24 Vの大型車にもご使用いただけます。

【主な定格】

電源電圧/消費電流 DC12 V/160 mA・DC24 V/90 mA
本体寸法(突起部除く) 幅70 mm×高さ19 mm×奥行96 mm
アンテナ寸法(突起部除く) 幅32 mm×高さ18 mm×奥行38 mm
アンテナ取付け角度
(水平面基準)
フロントガラス 20°~60°
ダッシュボード上 -10°~15°(付属ブラケット使用時)
コード長さ 電源コード3.5 m/アンテナコード3.5 m
質量 本体85 g/アンテナ62 g(コード含む)
インジケータ表示 本体:ETC青、エラー橙/アンテナ:青
音量設定 5段階(OFF含む)
音声案内 アンテナ内蔵スピーカーから出力

消費電流・寸法・質量はおおよその数値です。

○無線特性

無線送信周波数 5815 MHz、5820 MHz、5825 MHz、5830 MHz、
5835 MHz、5840 MHz、5845 MHz
無線受信周波数 5775 MHz、5780 MHz、5785 MHz、5790 MHz、
5795 MHz、5800 MHz、5805 MHz
変調方式 ASK変調、QPSK変調
変調信号速度 1024 kbps(ASK変調)、4096 kbps(QPSK変調)
占有周波数帯域幅 4.4 MHz
空中線電力 10 mW

○案内・操作・表示

ASL-ID(車載器の個体識別番号)の案内に対応

以上