2021年9月29日

自動で録画されたドラマ・アニメを約90日間(※1)お録りおき「ドラマ・アニメお録りおき」(※2)

ブルーレイディスクレコーダー新製品
4Kチューナー内蔵ディーガ 2モデルを発売

Bluetooth®搭載(※3)で、スマホとの連携(※4)がさらに便利に

ブルーレイディスクレコーダー おうちクラウド4Kディーガ DMR-4S202、DMR-4S102

品名 ブルーレイディスクレコーダー
品番 DMR-4S202 DMR-4S102
ハードディスク容量 2 TB 1 TB
合計チューナー数 3
 

 

BS4K・110度CS4K、
地上デジタル、BS・110度CSデジタル
1
地上デジタル、BS・110度CSデジタル 2
Ultra HD ブルーレイ再生(※5)
メーカー希望小売価格 オープン価格
発売予定日 2021年10月29日(*)
月産台数 500台 1,500台

パナソニック株式会社は「ドラマ・アニメお録りおき」機能を採用した新4K衛星放送チューナー搭載(※6)(※7)ブルーレイディスクレコーダーの新モデル、おうちクラウド4Kディーガ「DMR-4S202」「DMR-4S102」を10月29日(*)より発売します。

インテリアになじむように白いカラーでコンパクトな筐体にまとめた「おうちクラウドディーガ」シリーズは従来モデルより「おうちクラウド機能」(※8)の使用率が他のモデルより高い傾向にありました。
本シリーズではBluetooth®信号を検知し、自動でスマートフォンの写真の一括保存や、持ち出し予約をした録画番組、音楽をスマートフォンに自動転送できる「ただいま転送」(※4)に対応し、「おうちクラウド機能」(※8)をより快適に利用できます(※9)(※10)(※11)(※12)。また本シリーズに搭載した、テレビの画面がなくてもスマートフォンからレコーダーの設置設定ができる「スマホで設置設定」(※13)を利用する方にも、写真や動画を自動でディスクに残す「かんたんディスク保存」の設定手順を、「どこでもディーガ(無料)(※8)」アプリの画面で案内を追加しました。また、自宅で過ごす時間が増えた昨今、番組をまとめて見たいというニーズが高まっています。そこで本シリーズは指定したジャンル(ドラマ/アニメ)、時間帯(ゴールデンタイムや深夜など)で約90日分自動録画する「ドラマ・アニメお録りおき」機能を搭載しました。番組のまとめ視聴はもちろん、新シーズンを迎えたドラマやアニメ、番組改編期のスペシャルドラマの録り逃しを防ぐことができます。もちろん、4K放送番組の録画も可能です。4K長時間録画モードにも対応し、高精細な新4K衛星放送番組を4K解像度/HDRのままブルーレイディスクに残せます(※6)(※7)

当社では本シリーズで新4K衛星放送への対応や録画機能はもちろん、設置性、デザイン、スマホとの連携を高めて新たなレコーダー像を提示します。

<特長>

1. 自動で録画されたドラマ・アニメを約90日間(※1)お録りおき「ドラマ・アニメお録りおき」(※2)

2. どこでも見られる「どこでもディーガ(無料)(※8)」がさらに進化

・写真の保存や番組持ち出しも帰宅時に自動でできる「ただいま転送」(※4)

3. テレビが無くても、番組や写真・動画・音楽も楽しめる「おうちクラウド機能」(※8)(※9)(※10)(※11)(※12)(※14)(※15)

【お問い合わせ先】

ディーガ・オーディオご相談窓口
フリーダイヤル 0120-878-982(9時から18時まで)

  • ※1:19時~22時台に放送開始する地上デジタル放送のドラマを設定した場合。お録りおき日数は、1日あたり3時間分の番組を録画した時の日数です。お録りおき録画の設定が必要です。搭載チューナー数を超える同時録画はできません。
  • ※2:地上デジタル/BSデジタル放送のみ、お録りおきが可能です。
    ●お録りおき設定でドラマ・アニメのお録りおき時間帯を設定できます。設定したジャンル/時間帯の組み合わせによって、お録りおき日数は変動します。ドラマとアニメを設定した場合、お録りおきできる日数が短くなります。設定できるのは、「ドラマで2つの時間帯」、「アニメで2つの時間帯」、「ドラマとアニメで1つずつの時間帯」のいずれかになります。
    ●搭載チューナー数を超える同時録画はできません。
  • ※3:すべてのBluetooth® 機能対応機器とのBluetooth®無線通信を保証するものではありません。Bluetooth® Ver.5.0。音声(A2DP)には対応していません。スマートフォンアプリ「どこでもディーガ」(無料)のダウンロード、インターネット環境および無線LANブロードバンドルーターが必要です。
  • ※4:スマートフォンアプリ「どこでもディーガ」(無料)のダウンロード、インターネット環境および無線LANブロードバンドルーターが必要です。
    端末とのBluetooth®接続が必要です。
  • ※5:Ultra HD ブルーレイを再生するためには、著作権保護のために、ディスクによってはインターネットに接続していないと再生できない場合があります。
    ・4K/HDRで視聴するためには、HDCP2.2、4K/60p/4:4:4、Ultra HD ブルーレイ規格のHDR信号に対応する機器(ディスプレイ)や端子に接続してください。HDCP2.2に対応していない機器や端子に接続した場合、ハイビジョン解像度で、HDR信号をダイナミックレンジ変換して出力します。また、ディスクによっては正しく再生できない場合があります。4K/60p/4:2:0まで対応の機器や端子に接続した場合、60p素材の再生はHDR信号をダイナミックレンジ変換して出力します。4K/60pに対応していない機器や端子に接続した場合、ハイビジョン解像度で出力します。HDRに対応していない機器や端子に接続した場合、HDR信号をダイナミックレンジ変換して出力します。また、ディスクによってはハイビジョン解像度での出力、または正しく再生できない場合があります。
    ・その他、Ultra HD ブルーレイの再生に関する情報は(https://panasonic.com/jp/support/recorder/)でご確認ください。
    ・4K/60pをお楽しみになりたい場合は、18 Gbps対応のHDMIケーブル(別売)が必要です。
  • ※6:新4K衛星放送(BS4K・110度CS4K放送)およびBS・110度CSデジタル放送の受信には視聴する放送に対応した衛星アンテナおよび受信設備が必要です。有料放送は加入申し込みと契約が必要です。8K放送の受信および録画機能は搭載されていません。
    本製品は、株式会社ACCESSのNetFront Browser BE v2 DTV Profileを搭載しています。
  • ※7:新4K衛星放送の録画・視聴・再生について
    ●「新4K衛星放送」の番組は、USB2.0のUSBハードディスクまたはブルーレイディスクへの直接録画、DVDへの直接録画はできません。4KDRモード/4K長時間録画モードの番組は、SeeQVaultフォーマットのUSBハードディスクへのダビングはできません。
    ●4KDRモード/4K長時間録画モードの録画番組のお引越しダビングに対応しています。ダビング元とダビング先の両方の機器が対応している必要があります。対応していない機器は、ハイビジョン画質(1.5倍~15倍録モード)に録画モード変換するとダビング可能です。
    ●4KDRモード/4K長時間録画モードでブルーレイディスクにダビングした番組は、他機器では再生できない場合があります。再生確認情報はサポートページ(https://panasonic.com/jp/support/recorder/)をご覧ください。
    ●4K長時間録画モードで録画する場合は、一旦、放送画質(4KDRモード)で録画後に指定した録画モードに自動変換します。複数の音声信号を含む番組を録画する場合、4K長時間録画モードで記録できる音声は最大2つまでです。
    ●「新4K衛星放送」録画中は、他の「新4K衛星放送」を視聴することはできません。
    ●「新4K衛星放送」対応チューナーを使用して地上デジタル放送やBS/110度CS放送を録画中の場合、「新4K衛星放送」の視聴・録画はできません。
    ●録画モードを「4K 4.5倍録」から「4K 8~12倍録」に設定して[BD-RE][BD-R]に画質変更ダビングはできません。
    いったん「録画モード変換」で「4K 4.5倍録」から「4K 8~12倍録」に変換したあと、高速ダビングしてください。
  • ※8:スマートフォンアプリ「どこでもディーガ」(無料)のダウンロードが必要です。iOS12.3以降、Android™5.1以降に対応。
    サービスのご利用には、CLUB Panasonicへの会員登録(無料)と、インターネットサービス「ディモーラ」への機器登録(無料)が必要です。一部サービスの利用には、「ディモーラ」のプレミアム会員登録(有料)が必要です。
  • ※9:●放送中番組/録画済み番組の宅外リモート視聴
    スマートフォンやタブレットと本シリーズを宅内ネットワークに接続してアプリにて機器登録(ペアリング)が必要です。90日間、宅内ネットワークに接続して使用しなかった場合はペアリング期限の更新が必要です。放送制限により視聴できないチャンネルがあります。
    「新4K衛星放送」番組を録画中は、放送中の新4K衛星放送の番組はスマートフォンアプリ「どこでもディーガ」(無料)で視聴できません。
    ●CD楽曲、写真・動画の宅外リモート視聴
    スマートフォンやタブレットと本シリーズを宅内ネットワークに接続してアプリにて機器登録(ペアリング)が必要です。ペアリング期限の更新は不要です。
    ●本シリーズに登録できる端末は最大6台ですが、外出先から同時に視聴できるのは1台のみです。本シリーズの使用状況によっては視聴できない場合があります。本シリーズを日本国内に設置のうえ、私的使用の範囲でお使いください。ご利用のネットワーク環境により、ファイアウォールや無線LANブロードバンドルーターの設定が必要になる場合があります。IPv4(PPPoE等)の接続環境でご使用ください。「v6プラス」、「transix」等のIPv4 over IPv6環境では正常動作しない場合があります。共用設備などでセキュリティレベルが高く設定されている環境ではご利用になれない場合があります。LTEや3Gの携帯電話回線での宅外視聴では多くのパケットが必要となります。パケット料金にご注意ください。海外で視聴する場合は、上記の他、お使いの端末が各国の規制基準を満たしておらず使用が認められない場合がありますので、端末の仕様と各国の法規をご確認ください。ネットワーク環境によっては視聴できない地域があります。詳しくはサポートページ(https://panasonic.jp/support/av/d_diga/)を参照ください。
  • ※10:スマートフォンアプリ「どこでもディーガ」(無料)で再生できる音楽データは、AAC/FLAC/WAV形式です。
    FLAC/WAVファイルを再生するにはディモーラのプレミアム会員登録(有料)が必要です。
  • ※11:スマートフォンから保存・再生できる写真はJPEG、動画はMP4となります。
  • ※12:ディーガにためたコンテンツは定期的にブルーレイディスクやUSBハードディスクへバックアップすることをおすすめします。
  • ※13:スマホで設置設定について
    ●テレビと接続しない場合下記の制約があります。
    ・ブルーレイディスク/DVD・CD等のディスク再生や、ディスクへのダビング等のディスクトレイを使った機能は使用できません。ただし音楽CDのディーガへの取り込み(CDリッピング)は使用できます。
    ・USB-HDDの使用はできません。
    ・その他一部使用に制限があります。詳しくはサポートページをご覧ください。(https://panasonic.jp/support/av/diga126/
    ●本機能のご使用にはデジタル放送を受信する環境とディーガ本体へのアンテナケーブルの接続が必要です。
    ●スマートフォンアプリ「どこでもディーガ」(無料)のダウンロード、インターネット環境および無線LANブロードバンドルーターが必要です。
  • ※14:ネットワーク環境によっては、撮影動画を安定して再生できない場合があります。撮影動画はスマートフォンに持ち出して再生することをおすすめします。
  • ※15:詳しくはサポートページ(https://panasonic.jp/support/av/d_diga/)を参照ください。
    *新型コロナウイルス感染症の影響により、発売の延期や供給が遅れる可能性があります。発売時期は確定次第、当社ホームページに掲載いたします。

【特長】

1. 自動で録画されたドラマ・アニメを約90日間(※1)お録りおき「ドラマ・アニメお録りおき」(※2)

本シリーズでは、ジャンル(ドラマ/アニメ)と時間帯(朝/午後/ゴールデンタイム/深夜)を指定する事で、好きなジャンル、時間帯の番組を自動録画することができます。本機能では1つのジャンルだけでなく、ドラマとアニメ両方のジャンルを選択できるので、家族みんなが使えます。さらに、単発で放送されるスペシャルドラマの録画にも対応していますので、話題のドラマも録り逃しません。
また、本機能で録画をした番組はレコーダー内のお録りおき領域に最大約90日間(※1)お録りおきされます。ドラマであれば初回から最終話まで丸々自動録画できるので、シリーズを1クール分イッキ見する事が出来ます。加えて期間が過ぎると自動で消去するので、消去の手間も減らせ、ハードディスク容量が満杯になる心配もありません。

ドラマ・アニメお録りおきイメージ画像

●AIおすすめ

お録りおき番組の再生履歴からユーザー嗜好をAIが分析し、好みに合わせた番組を表示します。
「ドラマ・アニメお録りおき」で録画した番組の中から自分の好みの番組に出会うことができます。

●新・ジャンル別録画一覧

「ドラマ・アニメお録りおき」機能の搭載に合わせてより見やすく、使いやすい録画一覧画面にリニューアルしました。

  • (1)表示領域/表示番組数の拡大
    表示領域と表示番組数を拡大したことで、より視認性が高まり、見やすく進化しました。
    録画番組情報を表示する文字数も40文字に増え、番組の内容も一目でわかるようになりました。
  • (2)表示タブ数の増加
    新たに最大で表示できるタブ数が17個に増えました。さらに8つのタブを自由に変更できますので、12のジャンル、100種類を超えるサブジャンルの中からお好みのジャンルを選択し、カスタマイズできます。

従来品の録画一覧、新製品の録画一覧イメージ画像

●早見再生(1.3倍速/1.6倍速)

番組の再生中にリモコンの「再生ボタン」を押すと音声付きで録画番組を1.3倍速もしくは1.6倍速で再生できます。1.6倍速だと1時間の番組を約38分で再生できます(※16)。業界で初めて(※17)、4K放送の録画番組の1.6倍速早見再生に対応しました。

  • ※16:録画や配信などの同時動作の組み合わせによっては、早見再生(1.3倍速/1.6倍速)ができない場合があります。
  • ※17:国内市販のブルーレイディスクレコーダーとして。2021年10月29日(*)発売予定。

2. どこでも見られる「どこでもディーガ(無料)(※8)」がさらに進化

「どこでもディーガ(無料)」(※8)は外出先から録画予約、番組視聴をお楽しみ頂けるアプリですが、その中でも「番組持ち出し」による番組視聴が好評です。「番組持ち出し」はディーガと同じネットワークに接続し、無線LAN経由で番組をダウンロードできるので、パケット通信料がかかりません。また、スマートフォンやタブレットのストレージに保存して再生するので、快適に視聴できます。
さらに「番組持ち出し」なら、番組にチャプターマークが打たれるので、不要なシーンをスキップしたり、見たいシーンだけを視聴したりと、忙しい方でも効率的に番組が楽しめます。

●写真の保存や番組持ち出しも帰宅時に自動でできる「ただいま転送」(※4)

帰宅後、本シリーズがスマートフォンのBluetooth®信号を検出すると、持ち出し予約をしておいた録画番組を自動でスマートフォンに転送します。すべて自動で完了するので、忙しい朝の時間にダウンロードする手間がかかりません。テレビ番組以外にもスマホの写真をディーガに一括保存したり、音楽をスマホに持ち出すことができます。また、スマートフォンで本シリーズに保存した番組を楽しむために必要な3ヶ月に1度のスマートフォンとのペアリング期間の更新も自動でおこないます。

ただいま転送イメージ図

●1080pのフルハイビジョン画質「番組持ち出し」に対応(※18)

「番組持ち出し」で選べる画質に新たに1080pフルハイビジョン画質が追加されました。映画やドラマなど綺麗な映像で楽しみたい番組をスマートフォンやタブレットでもフルハイビジョンの高画質で楽しめます。

  • ※18:最高画質(1080p)の番組は端末によっては再生できない場合があります。

●新4K衛星放送のリアルタイム視聴

放送中の新4K衛星放送の番組をスマートフォンやタブレットでリアルタイム視聴ができるようになりました。新4K衛星放送でしか放送していないスポーツや音楽ライブイベント中継などもリアルタイムで視聴できます。

●テレビをつながなくても、スマートフォンでディーガ本体の設置設定ができる「スマホで設置設定」(※4)(※13)

本シリーズはBluetooth®を介して(※3)、スマートフォンで設置設定をおこなうことができます。本体にアンテナ線と電源を接続しておけば、スマートフォンやタブレットにインストールした「どこでもディーガ」(無料)(※8)を使ってディーガ本体のネットワーク設定やチャンネル受信設定などの設置設定をおこなえます。テレビ画面がなくても、録画予約や再生はもちろんのこと、写真や動画・音楽もためて楽しめる、自分専用レコーダーとしてお使いいただけます。

スマホで設置設定イメージ画像

●「かんたんディスク保存」(※19)の設定手順を、「どこでもディーガ(無料)」(※8)アプリの画面で案内を追加

Bluetooth®を介して、スマートフォンで設置設定(※4)(※13)をおこなうことができる「おうちクラウドディーガ」シリーズでは、多くのお客様が「おうちクラウド機能」(※8)を使用されています。
「スマホで設置設定」をおこない、本シリーズを使用する場合でも写真や動画を自動でディスクに残す「かんたんディスク保存」(※19)の設定手順を、「どこでもディーガ(無料)(※8)」アプリの画面で案内を追加しました。ブルーレイディスクを本体にセットし、取込ボタンを押すだけで写真や動画をかんたんにブルーレイディスクに保存できます。

  • ※19:保存用ディスクを作成すると自動で保存機能が「入」に設定されます。
    ●かんたんディスク保存用のディスクを入れておく必要があります。
    ●保存用ディスクには、放送番組の録画/ダビングはできません。また、他機器でファイルを編集すると保存用ディスクとして使えなくなる場合があります。
    ●プライベートモードで受信した写真/動画は、かんたんディスク保存できません。
    ●保存・再生できる写真はJPEG、動画はMP4、ビデオカメラやデジタルカメラで撮影したAVCHD動画となります。対応メディアはBD-R、BD-REです。当社製ディスクはパナソニック製品取扱店でお買い求めいただけます。保存用のディスクは、高湿度、高温、直射日光などを避け、できるだけ外部からの力がかからない環境で保管してください。

●バックグラウンド再生とピクチャ・イン・ピクチャ再生

アプリを閉じながらでも番組の音声再生が続けられる「バックグラウンド再生」に対応。移動中でもラジオ感覚で音声だけを再生し続けることができます。さらにiOS対応機器(※8)であれば小窓で番組を再生しながら他のSNSなどのアプリが楽しめる「ピクチャ・イン・ピクチャ再生」にも対応しています。

●HDペットカメラやペット活動を記録する「プラスサイクル」の活動量計と連携

当社製のHDペットカメラ(別売品)で撮影された動画を取り込んでディーガの内蔵ハードディスクに手軽に保存できます。おうちでお留守番中のペットの意外な姿やかわいいしぐさをたくさん保存できます。さらに、その日の様子を1分間の「ダイジェスト再生」で確認もできます。また、撮影した動画をスマートフォンやテレビに映して楽しむこともできます。
さらにペットの活動量を測定する犬猫用活動量計「プラスサイクル」と連携できるようになりました。プラスサイクルのデータをディーガが自動で取得するので手間なく活動量データを保存できます。また、ディーガに保存した写真や動画と撮影時間帯のペットの活動量データを組み合わせて確認することができます。

HDペットカメラのご利用には無線LAN、インターネット接続環境および、スマートフォンアプリ「ホームネットワークW」のダウンロードが必要です。対応OSやインターネット環境については、HDペットカメラのカタログ、ホームページをご確認ください。
ネットワークカメラで撮影した映像は、合計で最大40,000ファイルまで本機に記録することができます。

*「プラスサイクル」について詳細はこちら(https://pluscycle.jp/)をご参照ください。

3. テレビが無くても、番組や写真・動画・音楽も楽しめる「おうちクラウド機能」(※8)(※9)(※10)(※11)(※12)(※14)(※15)

●録画番組や写真・動画・音楽も、スマートフォンで楽しめる(※8)(※9)(※10)(※11)(※12)(※14)(※15)

■スマートフォンアプリ「どこでもディーガ(無料)」(※8)でできること

スマートフォンアプリ「どこでもディーガ(無料)」イメージ図

  • ※20:写真・動画・音楽ファイルの合計が最大40,000まで。また、DIGA Drive領域に記録可能なフォルダとファイルの合計は最大60,000まで。
    撮影ビデオ(AVCHD)にはメッセージを付けることはできません。
  • ※21:保存・再生できる写真はJPEG、動画はMP4、ビデオカメラやデジタルカメラで撮影したAVCHD動画となります。対応メディアはBD-R、BD-REです。当社製ディスクはパナソニック製品取扱店でお買い求めいただけます。保存用のディスクは、高湿度、高温、直射日光などを避け、できるだけ外部からの力がかからない環境で保管してください。
  • ※22:スマートフォンと「おうちクラウドディーガ」をペアリングするには登録番号を相手先に連絡し、登録を承認する必要があります。
  • ※23:写真・動画の自動分類の精度は100%を保証するものではありません。内容によって正しく分類されない場合があります。
  • ※24:ハードディスク容量2 TB(DMR-4S202)の場合は最大約2,300枚。1 TB(DMR-4S102)の場合は最大約1,100枚。
    CD1枚=11曲として算出。Gracenote MusicID®に対応して自動でアルバム情報を取得。CDによっては情報を取得できない場合があります。
  • ※25:スマートフォンアプリ「どこでもディーガ」(無料)でCD音質やハイレゾ変換された音質の再生にはディモーラ プレミアム会員登録(有料)が必要です。ハイレゾ再生にはハイレゾ対応のスマートフォンや、DAC、ヘッドホン等の接続が必要です。スタンダード会員(無料)の場合は「スマホ再生用ファイル(AAC形式)」のみ再生できます。
  • ※26:ハイレゾ保存されたファイルは、スマートフォンやオーディオ機器により再生できない場合があります。初期設定ではハイレゾリマスター保存はオフになっています。

●おうちクラウド機能(※8)を活用したオンライン帰省

昨今、オンラインでの写真/動画共有サービスを活用した「オンライン帰省」を楽しむ人が増えていますが、本シリーズではおうちクラウド機能(※8)を活用した「オンライン帰省」も楽しむことができます。
離れた場所に設置をしているディーガ(※15)にスマートフォンやタブレットから写真や動画を送ることができ、大画面で子供や孫の成長した姿を見ることができます(※22)

おうちクラウド機能(※8)を活用したオンライン帰省のイメージ画像1

さらに、離れた家族のスマートフォンやタブレット、4Kビエラと写真を共有できる機能を追加する機能アップデート(※27)を今後実施予定です。

  • ※27:
    • ●スマートフォン/タブレットへの送信
      21年12月にアップデート予定。共有したくない写真・動画は、プライベートモードで送信すると両親のスマートフォンやタブレットから見えなくなります。
    • ●4Kビエラへの送信
      21年秋に対応予定。対応する4Kビエラ等の詳細は後日ご案内予定。
おうちクラウド機能(※8)を活用したオンライン帰省のイメージ画像2

4. 「新4K衛星放送」チューナー搭載で、4K放送番組の録画にも対応(※6)(※7)

●新4K衛星放送対応チューナー搭載。ハイビジョン番組は録りたい番組が重なっても録り逃しを防げる

本シリーズは「新4K衛星放送」対応チューナーを搭載し、「新4K衛星放送」の録画にも対応しました。もちろん、従来のハイビジョン放送にも対応しており、新4K衛星放送1番組に、ハイビジョン放送2番組を加えて、最大3番組同時録画することもできます。

新4K衛星放送とハイビジョン放送の同時録画の組み合わせイメージ画像

●4K長時間録画モード対応(※6)で高精細な「新4K衛星放送」の番組をより多く残せる(※7)

本シリーズは新4K衛星放送の4K長時間録画モードに対応しています。当社独自の4K HEVCエンコーダーにより、新4K衛星放送の特長である「4K高解像度(3,840×2,160)」、「広色域規格BT.2020」、「10 bitの細やかな階調表現」、「高輝度化技術HDR」や「滑らかな60p表示」といった要素を残しながら映像圧縮をするので、高精細かつ色彩豊かでダイナミックなコントラスト表現を長時間録画モードでも楽しめます。倍率固定では最大4K 8倍録モード、さらに長時間の番組を残していただくための、「4Kおまかせ長時間“8~12倍録モード”」にも対応しています。残したい番組に適した画質や、残したい容量に合わせて任意で選択することができます。

4Kお任せ長時間録画のイメージ画像

●ブルーレイディスクにも4K長時間録画モードでたっぷりダビングできる(※7)

4K長時間録画モードで録画した番組をブルーレイディスクにダビングすることもできます。残しておきたいお気に入りの番組をよりたくさんアーカイブしておくことができて便利です。また、新4K衛星放送を放送画質(4KDRモード)で、そのままにブルーレイディスクへダビングもできます。

●録画したい番組を素早く探せる「快速番組表」

番組表のスクロール速度を当社従来比約2倍に高速化した(※28)「快速番組表」を搭載。より快適に番組を探せるようになりました。さらに、番組表の表示エリアも拡大し見易さを向上。これにより1時間の枠内の表示番組数を従来の2番組から最大4番組に拡張。従来では隠れていた短時間の番組も表示できるようになり一覧性が向上し、より使いやすく進化しています。表示するチャンネル数や文字サイズ、番組内容の表示/非表示の切り替えなど、お使いの環境に応じて細やかに設定できます。

※28:当社従来品DMR-4W300比。スクロール速度は表示されている番組により変わります。

快速番組表イメージ画像

5. 4Kビエラと一緒に使えば、さらに高画質&高音質で楽しめる

4Kビエラと本シリーズを組み合わせて使えば、さらに高画質・高音質で楽しめます。本シリーズに録画された番組の情報を独自の方式で伝送。4KビエラのAI(人工知能)がシーンに合わせて映像・音声を自動で最適化する「オートAI画質」「オートAI音質」の効果を高めます。

4Kビエラと4Kチューナー内蔵ディーガの組み合わせイメージ画像

6. インターネット動画配信サービス(※29)対応

アプリを利用して4Kネット動画を楽しむことができます。Netflix(ネットフリックス)(※30)、Amazon Prime Video(※31)、dTV(※32)などで増え続ける4K/HDRの再生にも対応しています。インターネット動画も独自の「4Kリアルクロマプロセッサ」で処理し、鮮度の高い美しい映像で楽しめます。さらに、ラジオ番組配信サービス「radiko(ラジコ)(※33)」にも対応しているので使用になるエリアで、放送中のラジオ番組を聴取できます。

●代表的なサービス

Netflixロゴ、Amazon Prime Videoロゴ、Huluロゴ、U-NEXTロゴ、ABEMAロゴ、dTV(R)ロゴ、DAZNロゴ、Paraviロゴ、TSUTAYA TVロゴ、DMM.comロゴ、デジタル・コンサートホール ロゴ、radikoロゴ

対応アプリについては(https://panasonic.jp/diga/products/vod.html)をご参照ください。

  • <提供>Netflix:Netflix合同会社、Amazon Prime Video:Amazon.com Sales, Inc.、Hulu:HJホールディングス株式会社、
    U-NEXT:株式会社U-NEXT、ABEMA:株式会社AbemaTV、dTV:株式会社NTTドコモ、DAZN:DAZN Limited、
    Paravi:株式会社プレミアム・プラットフォーム・ジャパン、TSUTAYA TV:カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社、
    DMM.com:合同会社DMM.com、デジタル・コンサートホール:Berliner Philharmoniker、radiko:株式会社radiko
  • ※29:ネットサービス事業者が提供するアプリは提供事業者の都合により、予告なく変更・停止・終了する場合があります。アプリの変更や終了にかかわるいかなる損害、損失に対しても当社は責任を負いません。また、アプリをご利用の際には機器本体のバージョンアップが必要となる場合があります。
    サービスの利用には別途登録・契約や料金が必要な場合があります。
  • ※30:Netflix視聴プランのメンバーシップ(視聴契約)が必要です。4K視聴の可否についてはNetflix視聴プラン、インターネットサービス、デバイス機能、コンテンツによって異なります。詳細はNetflix利用規約(Netflix.com/TermsOfUse)をご参照ください。
  • ※31:Amazon、Prime Videoおよび関連する全ての商標はAmazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
    Amazon Prime Videoについて詳細は(https://www.amazon.co.jp/primevideo/)をご参照ください。
  • ※32:dTVの詳細については、公式サイト(https://video.dmkt-sp.jp)をご参照ください。dTVは株式会社NTTドコモの登録商標です。
  • ※33:「radikoプレミアム(エリアフリー聴取)」「タイムフリー聴取機能」「シェアラジオ」はご利用いただけません。「radiko」は株式会社radikoの提供するサービスです。
  • ※34:Huluのホームページにて、アカウント登録が必要です。詳細については(https://www.hulu.jp/)をご参照ください。
  • ※35:U-NEXTについて詳細は(https://video.unext.jp/introduction)をご参照ください。
  • ※36:ABEMAについて詳細は(https://abema.tv/)をご参照ください。
  • ※37:DAZNのサービスの詳細については(https://www.dazn.com/ja-JP)をご参照ください。
  • ※38:Paraviの詳細については、公式サイト(https://www.paravi.jp)をご参照ください。
  • ※39:TSUTAYA TVの詳細については、公式サイト(https://movie-tsutaya.tsite.jp/netdvd/vod/top.do)をご参照ください。
  • ※40:DMM.comのサービスについて詳細は(https://www.dmm.com/digital/tvapp_intro/app_tv.html)をご参照ください。
  • ※41:デジタル・コンサートホールについて詳細は(https://www.digitalconcerthall.com/ja/home/)をご参照ください。

7. 「かんたん設定引き継ぎ」に対応

今後、新たに機器を設置した際に既設の機器から情報を取得することで、簡単に設定を引き継ぐことができるようになります。パスワードの入力が面倒なネットワーク設定や地域情報が引き継げるので、買い替え、買い増し時に便利な機能です。

【その他の特長】

  • ●新4K衛星放送番組の4K/HDRでのお引越しダビングに対応
    新4K衛星放送の録画番組お引越しダビングの対応機器同士で接続をすれば、新4K衛星放送の録画番組を4K/HDRのままお引越しダビングすることができます。(※42)
    ※42:ダビング元、ダビング先の両方が4K衛星放送の録画番組のお引越しダビングに対応している必要があります。
    対応機種については(https://panasonic.com/jp/support/recorder/)をご覧ください。
  • ●新4K衛星放送のお部屋ジャンプリンクに対応(※43)
    4Kお部屋ジャンプリンク対応機器と接続すれば、ディーガで録画した新4K衛星放送の番組を離れた部屋の機器に4K解像度のまま転送することができます。また、4Kお部屋ジャンプリンクに対応していない機器と接続する場合でも、ディーガで録画した新4K衛星放送の番組を離れた部屋の機器にハイビジョン解像度に変換して転送することができます。
    ※43:詳しくは(https://av.jpn.support.panasonic.com/support/r_jump/)をご覧ください。
    4K解像度で再生を安定してご利用頂くためには、有線LANでの接続をおすすめいたします。
  • ●「お部屋ジャンプリンク」で録画番組や放送を家じゅうに2ヵ所(※44)同時転送
    ※44:本体で録画・ダビングが同時に行われている場合など、2ヵ所への転送ができない場合があります。
  • ●コミュニケーションアプリ『LINE』から、気になる番組の検索や録画予約ができる(※45)
    ・CLUB PanasonicのLINE公式アカウントに友だち登録して、気になる番組の検索や録画予約も可能。加えて録画番組の検索やスマートフォンアプリ「どこでもディーガ」(無料)(※8)アプリでの再生も可能になりました。
    ※45:対象機種はこちらをご参照ください。(https://dimora.jp/dc/pc/DESC/lineDeviceModel.html
  • ●「自動映像フォーマット切り換え」により、4K/HDR(HLG)方式で送られてくる「新4K衛星放送」番組を、お使いのテレビに合わせて自動で映像変換してHDMI出力
  • ●当社独自の4K対応エンジン「4Kリアルクロマプロセッサ」で、鮮度が高く自然な質感と立体感にあふれた4K映像を実現
  • ●HDR映像をHDR対応テレビで視聴する場合に、映像の明るさを調整でき、明るいリビングで視聴するときでも見やすい映像が楽しめる「ダイナミックレンジ調整」に対応
  • ●HDR映像をHDR非対応テレビで視聴する場合に、高画質映像で楽しめる当社独自の「ダイナミックレンジ変換調整」に対応(※46)
    ※46:Ultra HD ブルーレイ規格のHDR信号に対応していないテレビをお使いの場合、ディスクによっては再生できない場合があります。

(商標について)

  • ●Blu-ray Disc(TM)(ブルーレイディスク)、Blu-ray(TM)(ブルーレイ)、Ultra HD Blu-ray(TM)(Ultra HDブルーレイ)及びその関連のロゴは、ブルーレイディスクアソシエーションの商標です。
  • ●DVDロゴはDVDフォーマットロゴライセンシング株式会社の商標です。
  • ●SeeQVaultおよびSeeQVaultロゴはNSM Initiatives LLCの商標です。
  • ●HDMI、High-Definition Multimedia Interface、およびHDMIロゴは、米国およびその他の国におけるHDMI Licensing Administrator, Inc.の商標または、登録商標です。
  • ●Apple、Appleのロゴ、iPhone、iPod touch、iTunesは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。iPadはApple Inc.の商標です。
    iOSは、Apple Inc.のOS名称です。iOSは、米国およびその他の国におけるCisco社の商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。
  • ●Androidは、Google LLCの商標です。
  • ●Gracenote、Gracenoteロゴとロゴタイプ、Gracenote MusicIDは、米国およびその他の国におけるGracenote Inc.の登録商標または商標です。
  • ●ULTRA HD PREMIUM(TM)ロゴは、本製品が[DISTRIBUTION SPECIFICATION]に適合していることを示します。但し、本製品がULTRA HD PREMIUM(TM)ロゴが付されたUltra HD Blu-rayディスクを再生した場合に限ります。ULTRA HD PREMIUM(TM)ロゴはUHD Alliance,Inc.の商標です。
  • ●「LINE」はLINE株式会社の商標または登録商標です。
  • ●Bluetooth® ワードマークおよびロゴは登録商標であり、Bluetooth SIG, Inc.が所有権を有します。パナソニック株式会社は使用許諾の下でこれらのマークおよびロゴを使用しています。その他の商標および登録商標は、それぞれの所有者の商標および登録商標です。
  • ●その他、本文で記載されている各種名称、会社名、商品名などは各社の商標または登録商標です。なお、本文中ではTM、®マークは一部明記していません。

【仕様】

品番 DMR-4S202 DMR-4S102
ハードディスク容量 2 TB 1 TB
チューナー数 合計 3
BS4K・110度CS4K放送・
地上デジタル放送・BSデジタル・110度CSデジタル放送
1
地上デジタル放送・BSデジタル・110度CSデジタル放送 2
入出力端子 ●HDMI映像・音声出力:1系統
(4K/60p・30p・24p、1080/60p・60i・24p、480/60p)
アンテナ端子 地上デジタル入出力端子、BS・110度CSデジタル-IF入出力端子(右旋・左旋)
その他端子 ●USB2.0端子:前面1系統 ●USB3.0端子:後面1系統 ●LAN端子:1系統
消費電力 約26 W 約24 W
待機時消費電力 クイックスタート「切」時
(節電待機「モード2」)(※47)
約0.15 W(※48)
(時刻表示消灯時)
約0.15 W(※48)
(時刻表示消灯時)
クイックスタート「入」時
(省エネモード)(※47)
約9.0 W
(時刻表示消灯時)
約9.0 W
(時刻表示消灯時)
クイックスタート「入」時
(標準モード)(※49)
約11.0 W
(時刻表示点灯時)
約11.0 W
(時刻表示点灯時)
外形寸法(突起部含まず) 幅215 mm×高さ80 mm×奥行215 mm
質量 約2.1 kg 約1.8 kg
  • ※47:地上デジタルアッテネーター:「入」、BS・110度CSデジタル放送アンテナ電源:「切」、BS・110度CSデジタル放送アンテナ出力:「切」、外部接続端子(LAN、USB):未接続、無線LAN:未接続の場合。
  • ※48:節電待機「モード1」の数値はお客様の設定により変わります。
  • ※49:地上デジタルアッテネーター:「入」、BS・110度CSデジタル放送アンテナ電源:「切」、BS・110度CSデジタル放送アンテナ出力:「切」、外部接続端子(LAN、USB):未接続、無線LAN:未接続、HDMI出力解像度:1080iの場合。
  • ◎画面はハメコミ合成です。◎機能説明写真、シーン写真、イラストはイメージです。◎製品の定格およびデザインは改善等のため、予告なく変更する場合があります。

【「新4K衛星放送」を受信するには】

  • ●BS4K・110度CS4KおよびBS・110度CSデジタル放送の受信には視聴する放送に対応した衛星アンテナおよび受信設備が必要です。有料放送は加入申し込みと契約が必要です。BSによる8K放送の受信および録画機能は搭載されていません。
  • ●詳しくはA-PABのホームページやリーフレット等をご覧ください。

新4K衛星放送コールセンターお問い合わせ先の画像

以上