2021年9月22日

ダウンフローで清潔・快適な空気環境を提供する
「エアリーソリューション(ブースタイプ)」を受注開始

エアリーソリューション(ブースタイプ)、エアリーソリューション(ブースタイプ)、ダウンフローの気流イメージ、エアリーソリューション設置イメージ(オフィス)、エアリーソリューション設置イメージ(オフィス)、エアリーソリューション設置イメージ(ショップ)、エアリーソリューション設置イメージ(ショップ)

パナソニック株式会社は、オフィスなどでの空間で清潔・快適な空気環境を提供する「エアリーソリューション(ブースタイプ)」を2021年10月より受注開始します。この「エアリーソリューション」は、気流コントロールを行うことにより、清潔・快適な空気環境を提供します。今回の製品では、天井のルーバーからダウンフローを発生させることで均一な気流制御を実現し、HEPAフィルターで浄化することでクリーンな空気循環を実現します。

近年の働き方改革に加え、COVID-19発生後は新しいワークスタイルに対応したオフィスの形が模索されています。在宅勤務やサテライトオフィスでの勤務、ワーケーションなど働き方の多様化やワークプレイスの分散化が定着する中で、社内コミュニケーションの円滑化やチームでの共同作業のためにオフィスに出社する必要性も再認識されています。一方、オフィスで複数の人が一箇所に集まって対話する空間では、フロア内での局所的な密エリアの発生、円滑なコミュニケーションへの支障、ソーシャルディスタンスを意識した距離の確保による空間効率低減などの問題が新たに見えてきました。

今回発売する「エアリーソリューション(ブースタイプ)」は、天井のルーバーから下方向に流れるダウンフローによって周辺の空気を巻き込み(誘引気流)、下方向への均一なダウンフロー(面気流)を発生させます。それにより、会話によって発生したエアロゾルが空間中に滞留することを抑制します。更に、HEPAフィルターで浄化した毎分12,000リットルの清浄な空気をルーバーから空間内に循環させます。併せて、設置エリアの空気環境を常時モニタリングします。この気流循環を活用し、清潔・快適な空気環境を提供することで、オフィスをはじめ各施設でのコミュニケーションの円滑化などに貢献します。

この「エアリーソリューション(ブースタイプ)」は、空間ソリューション事業推進の一環として、ニューノーマル時代のワークプレイス創造に向け「『働く』を実験する」をテーマとしたライブオフィス「worXlab(ワークスラボ)」に約1年間設置し、その間お客様から様々な用途展開に対する要望をいただきました。今後、会議室、コミュニケーションエリア、執務スペースなど様々な部位に、今回のダウンフロー(面気流)を活用した気流ソリューションを展開していきます。

<主な特長>

1. 誘引気流技術を活用した均一なダウンフロー(面気流)によりエアロゾルの滞留を抑制

2. 毎分12,000リットルの浄化された空気をブース内に供給

3. 設置エリアの空気環境を常時モニタリング

【お問い合わせ先】

ライフソリューションズ社 マーケティング本部 空間ソリューション事業推進部 マーケティング推進部
電話:06-6908-1131(代表 受付9:00~17:30)

【主な特長】

1. 誘引気流技術を活用した均一なダウンフロー(面気流)によりエアロゾルの滞留を抑制

  • ・天井に設置されたルーバーから流れる空気は、周辺の空気を巻き込み(誘引気流)、下方向の均一なダウンフローを発生させ、空間内に浮遊するエアロゾルを床に落とします。
  • ・ダウンフローにより、ルーバーからの風量に対して約2倍の均一な気流となります。
  • ・ダウンフローを発生させることにより、滞留しがちなブース内のCO2濃度の上昇を抑制できます。
  • ・緩やかな気流により、ブース内部にいる人はほとんど風を感じず、風切り音などの騒音も気にならない程度です。

ダウンフローの気流イメージ、ダウンフローによるエアロゾル滞留抑制実験イメージ

2. 毎分12,000リットルの浄化された空気をブース内に供給

  • ・このブースでは0.3 µm以上の粒子を99.97%以上捕集する高性能のHEPAフィルターを5枚搭載。
    12,000 L/min(720 m3/h)もの空気をHEPAフィルターで浄化しルーバーから吹き出します。
    大風量の気流により、ブース内はもちろん、ブース外の空間に対しても清浄空気を供給することが可能です。
  • ・本体下部から吸い込む空気はブース内だけでなくブースの周囲の空気も吸引し、花粉やPM2.5などの汚れを浄化。オフィス全体の空気を循環させ清浄します。​

ブースタイプの空気吸引イメージ、ブースタイプの空気循環イメージ

3. 設置エリアの空気環境を常時モニタリング

  • ・機器内部に設置された各種センサにより設置エリアの空気環境(CO2濃度・温湿度センサ)や利用状況(人感センサ)を常時計測しています。また、定期的にレポートを発行し、問題点の発見や改善提案を行います。現状を理解することでお客様の空気環境をより良いものへと変え、満足度や生産性向上につなげていきます。

設置エリア 空気環境 モニタリングのイメージ図

〇ブースタイプ(標準プラン)システム構成

【外形寸法】幅:2.2 m 奥行:3.6 m 高さ:2.2 m
【電源】100 V、50/60 Hz(※オプション別)

ブースタイプ(標準プラン)システム構成イメージ

エアリーソリューションシステム構成図

以上