2019年11月1日

M8シリーズに幅60 cmモデルが新登場

ビルトイン食器洗い乾燥機
カゴとノズルが進化した、幅60 cm新ワイドタイプを発売

約14年ぶりのフルモデルチェンジ

ビルトイン食器洗い乾燥機カゴとノズルが進化した、幅60 ㎝新ワイドタイプを発売

品名 ビルトイン食器洗い乾燥機
品番 【ワイドタイプ】NP-60MS8S/NP-60MS8W
本体希望小売価格 224,000円(税抜・工事費別)
発売予定日 2020年2月1日
販売目標 1万台/年(60MS8シリーズ全体)

パナソニック株式会社 ライフソリューションズ社は、食器のセット性を追求した「ムービングラックプラス」や、立体的に隅々まで洗える「3Dプラネットアームノズル」を搭載した、幅60 cm新ワイドタイプのビルトイン食器洗い乾燥機の2機種を2020年2月1日より発売します。

食器洗い乾燥機の国内市場は、従来の節水・省エネ志向に加えて共働き世帯の増加により、家事のさらなる負担軽減が求められる中、需要が増加傾向にあり、2018年度には年間約77万台の出荷実績になっています。

幅60 cmワイドタイプのビルトイン食器洗い乾燥機は、多数の食器や調理器具などをまとめて洗えることから、今回、多様化するユーザーニーズにお応えするため、幅60 cmタイプを約14年ぶりにフルモデルチェンジしました。本製品は、M8シリーズ(幅45 cmタイプ)で好評の機能を幅60 cmタイプに展開。洗い物に応じて形を変えたり左右にスライドできる上カゴ、立体的に庫内の隅々まで洗えるノズルを搭載し、使い勝手が大きく向上しました。

当社は、本製品により、食器洗いの負担を軽減し、家族とのゆとりの時間創出に貢献していきます。

<特長>

1. 食器のセット性を追求した「ムービングラック プラス」

2. 立体的に隅々まで洗える「3Dプラネットアームノズル」

3. 節水&省エネを自動で最適制御する「エコナビ」

【お問い合わせ先】

照明と住まいの設備・建材 お客様ご相談センター
0120-878-709(受付9:00~18:00)
ライフソリューションズ社 マーケティング本部 商品営業企画部 電化商品部
電話:06-6908-1131(代表 受付 9:00~17:30)

1. 食器のセット性を追求した「ムービングラック プラス」

上カゴは、洗う物に合わせて「フルフラット」「フラット」「スライド」「フルフラップ」の4種類に可変。食器や調理器具のセット性が向上しました。

2. 立体的に隅々まで洗える「3Dプラネットアームノズル」

「3Dプラネットアームノズル」の採用により、洗浄力を強化。上下段ノズルと、4つの洗浄モードを自動ローテーションする上カゴ専用のセンターノズルを搭載。食器や調理器具を多数セットしても、立体的にくまなく洗浄します。

【3Dプラネットアームノズル】

●掲載のCG合成、イラストは全てイメージです。

3. 節水&省エネを自動で最適制御する「エコナビ」

食器や調理器具の量や汚れの度合いをセンサーで自動判別。パナソニック独自の「エコナビ」機能搭載により、食器などの量や汚れが少なければ、自動的に節水・省エネします。

【その他特長】

【仕様一覧】

品番 M8シリーズ ワイドタイプ
NP-60MS8S NP-60MS8W
本体希望小売価格
(税抜・工事費別)
224,000円 224,000円
タイプ ドアパネル型 ドア面材型
ムービングラック プラス
3Dプラネットアームノズル
エコナビ
除菌※2
フルトップオペレーション
標準収納容量 食器点数:50点/約7人分 食器点数:50点/約7人分
  • ※1 NP-60MS8シリーズでエコナビ運転した場合としない場合の比較。
    ●エコナビ運転した場合:使用水量約10 L、消費電力量約0.55 kWh、運転時間約96分。
    ●エコナビ運転しない場合:使用水量約12.5 L、消費電力量約0.65 kWh、運転時間約115分
    ●日本電機工業会自主基準「食器洗い乾燥機の性能測定方法(2008年3月5日改正)」に基づき、給湯温度60℃、50 Hzで測定。
  • ※2 ●除菌の試験内容(NP-60MS8シリーズ)
    ●試験機関名:一般財団法人日本食品分析センター
    ●試験方法:寒天平板培養法
    ●試験成績書発行年月日:2019年10月31日
    ●試験成績書発行番号:第19112124001-0101号
    ●除菌の方法:加熱高温水噴射方式
    ●除菌の対象:庫内食器類
    ●試験結果:99%以上の除菌効果(1種類の菌のみで実施。除菌効果は食器の量や位置、汚れの程度により異なります)

以上