2019年9月26日

パナソニックのパワーアシストスーツが
ワールド パラ・パワーリフティングを支援

東京2020パラリンピック「パワーリフティング」への提供決定

パラ・パワーリフティング競技大会で使用されたパワーアシストスーツ

パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、世界パラ・パワーリフティング(WPPO)競技大会にパワーアシストスーツを提供します。競技の補助員がパワーアシストスーツを着用することにより、バーのプレート(おもり)着脱などの作業負担を軽減します。また世界パラ・パワーリフティング(WPPO)は、東京2020パラリンピックでのパワーアシストスーツ採用を決定し、パナソニックとWPPOはオフィシャルサプライヤーとなるパートナーシップ契約を締結しました。

パラ・パワーリフティングは、下肢に障がいのある選手によるベンチプレス競技で、男子は49 kg級から107+ kg級、女子は41 kg級から86+ kg級までそれぞれ10階級あります。各階級に合わせてのプレートの交換・追加作業は補助員が行います。公式試合で使用されるプレートは、一つ10~50 kgの重さがあり、補助員は数人いますが、大きな大会となるとプレートの取り外しを1人で100回以上行わねばならない重労働です。

パワーアシストスーツは、作業をするひとの身にまとうロボットで、作業者の手足の動きをセンサーが感知し、それに応じてモーターが作動し筋力をサポートします。今回提供が決まったATOUN MODEL Yは、床面付近から腰の高さでの荷物の持ち上げ下げの際に、腰の負担を軽減するパワーアシストスーツです。空港や工場、物流・建設・農業現場など、重い荷物の上げ下げを頻繁に行う作業現場で活用されています。

パラ・パワーリフティングへの提供に向け、パナソニックはWPPOの協力のもと、パワーアシストスーツの実証実験を、2017パラ・パワーリフティング ジャパンカップや、北九州2018ワールドパラパワーリフティング アジア―オセアニアオープン選手権大会などで行い、下記の通りの効果を確認しました。

  • ・プレート着脱作業の安全性の向上
  • ・プレート着脱作業時間減少による大会時間短縮
  • ・補助員のパフォーマンス向上
  • ・補助員の筋肉痛や身体的負担の軽減
  • ・競技者の安心感の向上

パナソニックは、これからもパラリンピックのワールドワイドパートナーとして、最新のカテゴリー商品および関連技術やソリューションを通じ、パラリンピック大会の運営をサポートし、世界最高峰のスポーツイベントが生み出す情熱や感動を世界中の皆様と共有し、パラリンピック・ムーブメントの醸成に貢献していきます。

パナソニックグループのウェブサイトでは、アクセシビリティの品質向上に取り組んでいます。
この度、パナソニック公式パラリンピックサイトで日本工業規格に基づくアクセシビリティ試験を実施し、その結果を公表いたしました。
https://www.panasonic.com/global/olympic/ja/webaccessibility/190926.html

以上