2018年9月20日

業界初(※1)2018年12月1日からスタートする「新4K衛星放送」に対応(※2)

ブルーレイディスクレコーダー新製品
業界初(※1)4Kチューナー内蔵モデル DMR-SUZ2060を発売

録画番組、CD楽曲、写真、動画をためていつでもスマートフォンで楽しめる

ブルーレイディスクレコーダー「DMR-SUZ2060」

品名ブルーレイディスクレコーダー
品番DMR-SUZ2060
ハードディスク容量2 TB
チューナー数3BS4K・110度CS4K放送、地上デジタル放送、BS・110度CSデジタル放送:1
地上デジタル放送、BS・110度CSデジタル放送:2
Ultra HD ブルーレイ再生
メーカー希望小売価格オープン価格
発売日2018年11月16日
月産台数3,000台

パナソニック株式会社は、業界で初めて(※1)「新4K衛星放送」に対応した(※2)ブルーレイディスクレコーダーの新モデル、ディーガ「DMR-SUZ2060」を11月16日より発売します。

新4K衛星放送は、従来放送よりも高精細かつ色彩豊かでダイナミックなコントラスト表現が魅力です。本製品は、新4K衛星放送番組の視聴・録画に対応しており、ブルーレイディスクへの放送画質でのダビングも可能(※3)なので、お気に入りの新4K衛星放送番組をアーカイブしておくのに便利です。また、次世代ブルーレイディスク規格の「Ultra HD ブルーレイ」の再生(※4)や4K/HDR(ハイダイナミックレンジ)を含むインターネット動画に対応(※5)しており、1台でさまざまな4Kコンテンツをお楽しみいただけます。

さらに本製品では、録画番組や放送中の番組だけでなく、ディーガにためた写真・動画やCD楽曲などのコンテンツをスマートフォンやタブレットで楽しめる(※6)(※7)(※8)(※9)(※10)(※11)と、ご好評いただいている「おうちクラウド機能」にも対応しています。

当社は本製品で、「新4K衛星放送」からインターネット動画(※5)まで幅広く4Kコンテンツがお楽しみいただける環境を提供します。

加えて、来年1月から順次、4Kチューナーを内蔵した4Kテレビ「ビエラ」の発売を予定しており、お客様に4Kの高画質コンテンツをご満喫いただける環境をご提供して参ります。

<特長>

  1. 業界初(※1)「新4K衛星放送」番組の視聴に加え、放送画質での録画・ダビングに対応(※3)
    • ・新4K衛星放送対応チューナー搭載。ハードディスクへの録画に対応(※3)
    • ・放送画質のままブルーレイディスクにダビング可能(※3)
    • ・さまざまなテレビに接続できる自動映像フォーマット切り替えに対応。
  2. 豊富な4K映像対応で楽しみ広がる
    • ・Ultra HD ブルーレイ再生に対応(※4)し、高精細かつ鮮やかな美しい映像が楽しめる。
    • ・4K/HDRのインターネット動画(※5)も楽しめる。
  3. 録画番組、CD楽曲、写真・動画をためて、いつでもスマホで楽しめる(※6)(※10)「おうちクラウドディーガ」
    • ・外出先からスマートフォンで録画予約、番組視聴ができる(※11)
    • ・「おうちクラウドディーガ」で番組だけでなく、写真や動画、音楽も保存し、家族と共有して楽しめる。
  • ※1:国内市販のブルーレイディスクレコーダーとして。2018年11月16日発売予定。
  • ※2:新4K衛星放送(BS4K・110度CS4K放送)およびBS・110度CSデジタル放送の受信には視聴する放送に対応した衛星アンテナおよび受信設備が必要です。有料放送は加入申し込みと契約が必要です。番組表に8K放送の放送局も表示されますが、受信・録画はできません。
    本製品は、株式会社ACCESSのNetFront Browser BE v2 DTV Profileを搭載しています。
  • ※3:新4K衛星放送は、放送画質(4KDRモード)または従来のハイビジョン画質(1.5倍~15倍録モード)で録画可能です。従来のハイビジョン画質で録画する場合は、一旦、放送画質で録画後に指定した録画モードに自動変換します。新4K衛星放送の番組を放送画質(4KDRモード)でダビングしたブルーレイディスクは、他機器では再生できない場合があります。再生確認情報はサポートページをご覧ください(http://panasonic.jp/support/bd/)。
    新4K衛星放送の複数同時録画はできません。新4K衛星放送対応チューナーで地上デジタル/BSデジタル/110度CSデジタル放送を録画中は、新4K衛星放送の視聴/録画はできません。
  • ※4:Ultra HD ブルーレイを再生するためには、著作権保護のために、ディスクによっては本機をインターネットに接続していないと再生できない場合があります。
    • ・4K/HDRで視聴するためには、HDCP2.2、4K/60p/4:4:4、Ultra HD ブルーレイ規格のHDR信号に対応する機器(ディスプレイ)や端子に接続してください。HDCP2.2に対応していない機器や端子に接続した場合、ハイビジョン解像度で、HDR信号をダイナミックレンジ変換して出力します。また、ディスクによっては正しく再生できない場合があります。4K/60p/4:2:0まで対応の機器や端子に接続した場合、60p素材の再生はHDR信号をダイナミックレンジ変換して出力します。4K/60pに対応していない機器や端子に接続した場合、ハイビジョン解像度で出力します。HDRに対応していない機器や端子に接続した場合、HDR信号をダイナミックレンジ変換して出力します。また、ディスクによってはハイビジョン解像度での出力、または正しく再生できない場合があります。
    • ・その他、Ultra HD ブルーレイの再生に関する情報は http://panasonic.jp/support/bd/ でご確認ください。
    • ・4K/60pをお楽しみになりたい場合は、18Gbps対応のHDMIケーブル(別売)が必要です。
  • ※5:アプリは提供事業者の都合により、予告なく変更・停止・終了する場合があります。アプリの変更や終了にかかわるいかなる損害、損失に対しても当社は責任を負いません。また、記載内容は発表時点の対応予定であり、一部アプリをご利用の際には後日にディーガ本体のバージョンアップが必要な場合がございます。
  • ※6:スマートフォンアプリ「どこでもディーガ(無料)」のダウンロードが必要です。iOS10.0以降、Android™4.4以降に対応。
  • ※7:保存・再生できる写真はJPEG、動画はMP4となります。
  • ※8:スマートフォンアプリ「どこでもディーガ」で再生できる音楽データは、AAC形式のみになります。
  • ※9:ネットワーク環境によっては、撮影動画を安定して再生できない場合があります。撮影動画はスマートフォンに持ち出して再生することをおすすめします。
  • ※10:スマートフォンやタブレット、パソコンなどの端末と本製品を宅内ネットワークに接続して視聴アプリにて機器登録(ペアリング)が必要です。90日間、宅内ネットワークに接続して使用しなかった場合はペアリング期限の更新が必要です。本製品に登録できる端末は最大6台ですが、外出先から同時に視聴できるのは1台のみです。本製品の使用状況によっては視聴できない場合があります。本製品を日本国内に設置のうえ、私的使用の範囲でお使いください。放送制限により視聴できないチャンネルがあります。ご利用のネットワーク環境により、ファイアウォールや無線ブロードバンドルーターの設定が必要になる場合があります。IPv4(PPPoE等)の接続環境でご使用ください。「v6プラス」、「transix」等のIPv4 over IPv6環境では正常動作しない場合があります。共用設備などでセキュリティレベルが高く設定されている環境ではご利用になれない場合があります。LTEや3Gの携帯電話回線での宅外視聴では多くのパケットが必要となります。パケット料金にご注意ください。海外で視聴する場合は、上記の他、お使いの端末が各国の規制基準を満たしておらず使用が認められない場合がありますので、端末の仕様と各国の法規をご確認ください。ネットワーク環境によっては視聴できない地域があります。詳しくはサポートページ(http://panasonic.jp/support/av/d_diga/)を参照ください。使用状況によっては視聴できない場合があります。
  • ※11:新4K衛星放送はスマートフォンでの番組の録画予約、視聴には非対応です。

【お問い合わせ先】

ディーガ・オーディオ ご相談窓口
フリーダイヤル 0120-878-982(9時から18時まで)

【特長】

1. 業界初(※1)「新4K衛星放送」番組の視聴に加え、放送画質での録画・ダビングに対応(※3)

●「新4K衛星放送」について

高精細だけでなくあらゆる点が進化
  • 高精細:「新4K衛星放送」はフルハイビジョンの約4倍もの高解像度(3,840×2,160)で放映されます。加えて、さまざまな高画質技術が採用されております。
  • 色鮮やか:従来よりも表現できる色が飛躍的に広がった「BT.2020」規格を採用。より鮮やかな色彩が楽しめます。
  • 細かな色表現:階調表現も8bitから10bitに進化し、きめ細やかで豊かな色彩表現を実現しています。
  • 光の表現力アップ:高輝度化技術「HDR」に対応(「新4K衛星放送」では、放送波用に開発されたHLG方式(※12)を採用)。HDRは従来のSDRに比べ、明暗差をよりダイナミックに表現できます。
  • ※12:HLGはHybrid Log-Gammaの略。
  • 動きの情報量アップ:1秒間に60コマのプログレッシブ表示で、動きの情報量がさらに増え、スポーツなど動きの速い映像もより滑らかにお楽しみいただけます。
  • 高音質:オーディオフォーマットはMPEG-4 AACおよび、ロスレスオーディオ符号ツールであるMPEG-4 ALSが採用されます。MPEG-4 AACは最大22.2チャンネルサラウンドを含むマルチチャンネルの音声フォーマットです。また、MPEG-4 ALS(Audio Lossless Coding)はオリジナルのオーディオ信号をそのまま復元できるロスレスオーディオフォーマットです。再生時にはともにHDMIから最大5.1ch(PCM)に対応します。

●新4K衛星放送対応チューナー搭載。放送画質のままハードディスクへの録画やブルーレイディスクへのダビングに対応。(※3)

本製品は、新4K衛星放送を放送画質そのままにハードディスクへ録画することができます。高精細かつ色彩豊かでダイナミックなコントラスト表現の番組を、時間を気にせずいつでもお楽しみいただけます。また、ブルーレイディスクへのダビングにも対応していますので、残しておきたいお気に入りの番組をアーカイブしておくのに便利です。さらに、従来のハイビジョン放送にも対応しており、新4K衛星放送1番組に、ハイビジョン放送2番組を加えて、最大3番組同時録画することができます。

●さまざまなテレビに接続できる自動映像フォーマット切り替えに対応

本製品では、4K/HDR(HLG)で送られてくる新4K衛星放送番組を、お使いのテレビに合わせて自動で変換してHDMI出力します。例えば、HLG方式に対応していない4K/HDRテレビと接続した場合はHDR10方式に自動で変換するので、ダイナミックなコントラスト表現を損なうことなくお楽しみいただけます。また、フルハイビジョンテレビやHDR非対応のテレビと接続した場合でも、ハイビジョン解像度やSDRに変換して出力するので、お使いのテレビに関わらずお使いいただけます。

2. 豊富な4K映像対応で楽しみ広がる

●Ultra HD ブルーレイ再生に対応(※4)し、高精細かつ鮮やかな美しい映像が楽しめる。

本製品は、次世代のブルーレイディスク規格である「Ultra HD ブルーレイ」の再生に対応しており、高精細かつ鮮やかで立体感のある美しい映像をお楽しみいただけます(※4)。また、当社独自の4K対応エンジン「4Kリアルクロマプロセッサ」を搭載し、Ultra HD ブルーレイを再生する場合でも、より鮮度が高く、自然な質感と立体感にあふれた4K映像を実現します。
さらに本製品はULTRA HD PREMIUM認証を取得しました。当社4K有機ELビエラなどと組み合わせると、ハイコントラストで、リアルな明暗と色を表現した高画質の映像をお楽しみいただけます。

●4K/HDRのインターネット動画(※5)も楽しめる。

本製品はNETFLIX(※13)、Amazonプライム・ビデオ(※14)、dTV(※15)、ベルリン・フィル「デジタル・コンサートホール」(※16)、YouTubeの4K/HDRインターネット動画やアクトビラ(※17)の4K動画の再生に対応しています。これらの動画を再生する際にも独自の「4Kリアルクロマプロセッサ」で処理し、鮮度の高い美しい映像がお楽しみいただけます。
その他、DAZN(※18)、Hulu(※19)等、話題のインターネット動画もお楽しみ頂けます。

  • <提供> NETFLIX:Netflix株式会社、Amazonプライム・ビデオ:Amazon.com Int'l Sales, Inc.、dTV:株式会社NTTドコモ、デジタル・コンサートホール:Berliner Philharmoniker、YouTube:Google Inc.アクトビラ:株式会社アクトビラ、DAZN:Perform Investment Limited、Hulu:HJホールディングス株式会社
  • ※13:Netflix視聴プランのメンバーシップが必要です。詳細については、Netflix公式サイト(https://www.netflix.com/jp/)をご参照ください。
  • ※14:Amazonプライム・ビデオについて詳細は(http://www.amazon.co.jp/primevideo/)をご参照ください。
  • ※15:dTVの詳細については、公式サイト(https://video.dmkt-sp.jp)をご参照ください。dTVは株式会社NTTドコモの登録商標です。
  • ※16:デジタル・コンサートホールについて詳細は(https://www.digitalconcerthall.com/ja/home/)をご参照ください。
  • ※17:アクトビラについて詳細は(http://actvila.jp/)をご参照ください。
  • ※18:DAZNのサービスの詳細についてはhttps://www.dazn.com/ja-JP をご参照ください。
  • ※19:Hulu(フールー)の詳細については、公式サイトhttps://www.happyon.jp/をご参照ください。
  • ●アプリのご利用には別途契約が必要な場合があります。

●HDR映像の明るさ調整機能

  • ダイナミックレンジ調整
    HDR映像をHDR対応テレビで視聴する場合に、映像の明るさを調整できます。例えば明るいリビングで視聴するときでも、HDR映像の暗い部分を明るく調整することで、見やすい映像が楽しめます。
  • ダイナミックレンジ変換調整
    HDR映像をHDR非対応テレビで視聴する場合に、映像の明るさを調整できます。当社独自のダイナミックレンジ変換により、高画質の映像をお楽しみいただけます。

●AV分離出力可能な2系統HDMI出力搭載

●4K/60p/36bit出力対応(※20)

  • ※20:36bit階調=12bit(Y)+12bit(Cb)+12bit(Cr)。通常のブルーレイディスクの映像は24bit階調=8bit(Y)+8bit(Cb)+8bit(Cr)。

3. 録画番組、CD楽曲、写真・動画をためて、いつでもスマホで楽しめる(※6)(※10)「おうちクラウドディーガ」

本製品はこれまでのディーガからスマートフォンとの連携機能を大幅に強化し、録画番組の視聴だけでなく、本製品にためた音楽や写真・動画をスマートフォンでお楽しみいただけるようになりました(※6)(※7)(※8)(※9)(※10)(※11)。これらのコンテンツすべてをスマートフォンアプリ「どこでもディーガ」(※6)でかんたんに扱えます(※21)

  • ※21:ディーガにためたコンテンツは定期的にブルーレイディスクやUSBハードディスクへバックアップする事をおすすめします。

●外出先でもスマートフォンで録画予約ができる

スマートフォンアプリ「どこでもディーガ」(※6)を使えば、外出先でも録画予約ができるので、気になる番組を録り逃す心配を減らせます(※11)

●外出先からスマートフォンで番組視聴可能。話題のドラマやアニメも番組ニュースから再生・予約(※11)

スマートフォンアプリ「どこでもディーガ」(※6)は、「おうちクラウドディーガ」に録画した番組やリアルタイムの放送の視聴も可能です(※22)。本アプリをインストールしたスマートフォンやタブレット端末を使って家の中だけでなく、出先からでも番組を視聴でき、その時の通信状況によって画質や通信モードを自由に選べます。また、番組持ち出し機能にも対応しています。
さらに、話題のドラマやアニメの番組ニュース(※23)をアプリでお知らせ。記事に関連する番組をその場で視聴や録画予約をすることもできます(※11)

  • ※22:2013年秋以降のモデルに対応。
    詳しくはサポートページ(http://panasonic.jp/support/av/d_diga/)を参照ください。
  • ※23:番組ニュースのドラマは東京ニュース通信社、アニメはアニメハックより送られてきます。

●スマートフォンで撮影した写真・動画を送れる

スマートフォンアプリ「どこでもディーガ」(※6)を使えば、スマートフォンで撮影した写真・動画をSNSへアップするのと同じ感覚で自宅の本製品へ送信することができます(※7)。写真・動画・音楽データは最大合計40,000ファイルまで保存できます(※21)(※24)。保存した写真はスマートフォンでいつでも見られるのはもちろん、リビングの大画面テレビで、家族みんなでお楽しみいただくこともできます。
また、デジタルカメラで撮ったデータもUSB端子経由で本製品に保存して、スマートフォンやテレビで楽しむことができます。

  • ※24:写真・動画・音楽ファイルの合計が最大40,000まで。また、ファイル共有領域に記録可能なフォルダとファイルの合計は最大60,000まで。

●離れて暮らす家族に大切な写真・動画を送れる

本製品を離れて暮らすご家族のお宅に設置いただくと、スマートフォンアプリ「どこでもディーガ」(※6)を使えば、スマートフォンで撮影した写真・動画をディーガに送ることができます。ディーガの電源が入っている時には、テレビの画面で写真・動画が届いたことをお知らせ。離れて暮らす家族も写真・動画を大画面で楽しむことができます(※25)

  • ※25:スマートフォンと「おうちクラウドディーガ」をペアリングするには登録番号を相手先に連絡し、登録を承認する必要があります。

●ディーガにリッピングしたCD楽曲をスマートフォンで聴ける(※6)

本製品ではリッピングしたCD楽曲をスマートフォンアプリ「どこでもディーガ」(※6)を使ってスマートフォンで聴けるようになりました。
CDリッピング(※26)する際、「音楽取り込み」設定で「スマホ再生用」を選べば、宅内だけでなく宅外からもお気に入りのCD楽曲をいつでもストリーミング再生でお楽しみ頂けます。さらに、CDリッピングした音楽をスマートフォンに取り込んで持ち出しもできるので、通信量が気になる場合や通信できない場所で聴きたい場合でも再生することができます。

  • ※26:ハードディスク容量2 TB(SUZ2060)の場合は約2,300枚。CD1枚=11曲として算出。Gracenote MusicID®に対応して自動でアルバム情報を取得。CDによっては情報を取得できない場合があります。

●データをメディアにバックアップしておける(※21)

本製品に保存した音楽や写真・動画をブルーレイディスクや大容量のUSBハードディスク(※27)、SeeQVault規格(※28)のUSBハードディスクにバックアップすることができます(※29)。スマートフォンやデジタルカメラで撮った大切な写真・動画データをブルーレイディスクにバックアップしたり、ディーガを買い替えた際にUSBハードディスクを使ってデータ移動をしたりなど便利にお使いいただけます。
また、本製品ではブルーレイディスクにバックアップした4K MP4動画の直接再生に対応しました。ハードディスクに取り込みなおすことなく映像をご確認いただけます(※30)

  • ※27:お使いいただけるUSBハードディスク、SeeQVault対応USBハードディスクは、USB3.0対応またはUSB2.0対応・160 GB以上4 TB以下。USBハードディスクの場合は「写真・音楽用フォーマット」での登録が必要になります。「写真・音楽用フォーマット」をしたUSBハードディスクへは番組の録画やダビングはできません。USBハブはご使用になれません。
    • ・同時録画をするとき、新4K衛星放送は、USBハードディスク(USB3.0対応)で1番組のみ録画できます。新4K衛星放送の番組は、USB2.0のUSBハードディスクおよびブルーレイディスクには直接録画できません。一旦、内蔵ハードディスクに録画した後でダビングしてください。ハイビジョン画質(1.5倍~15倍録)に変換してダビングすると従来のレコーダーやプレイヤーでも再生することができます。
  • ※28:対応の機器についてはホームページをご確認ください。(http://panasonic.jp/support/bd/
    • ・SeeQVaultとは対応機器間での強固なセキュリティを実現する新たなコンテンツ保護技術の規格であり、放送番組を録画した機器のみでなく、対応ディーガで記録/再生できます。・SeeQVault対応USBハードディスクへの放送番組の直接録画はできません。
    • ・SeeQVaultフォーマットのUSBハードディスクの場合、新4K衛星放送の番組は録画・ダビングできません。ハイビジョン画質(1.5倍~15倍録モード)に変換後にダビングしてください。
  • ※29:SeeQVault対応USBハードディスクの動作確認情報は、(http://panasonic.jp/support/bd/)でご確認ください。
  • ※30:4倍速以上のBD-Rに記録する必要があります。ディスクの状態によって正しく再生できないときは、内蔵ハードディスクに取り込むと安定して再生することができる場合があります。

4. 番組ニュース記事からの番組検索&簡単予約

番組のニュース記事から簡単に番組を検索し、そのまま予約することができます。また再生した番組に関連した記事をポップアップでお知らせし、記事を読むことができます。一度検索したタイトルは検索履歴に登録されます。さらに登録されているタイトルを番組表から定期的に自動で検索し、タイトルに合致した番組が見つかればポップアップでお知らせするので、気になる番組の録り逃しを防ぐことができます。

【その他の特長】

●コミュニケーションアプリ『LINE』から、気になる番組検索や録画予約ができる(※31)

CLUB PanasonicのLINE公式アカウントに友だち登録して、気になる番組検索や録画予約も可能

●録画した番組をWindowsパソコン(※32)で楽しめる

  • ※32:(株)デジオン社製のWindows用視聴アプリ「DiXiM Play for DIGA Windows版(有料。Windows8.1, Windows10に対応。WindowsPhoneは非対応)」のダウンロードが必要です。新4K衛星放送を放送画質のまま録画した番組は再生できません。Windows用視聴アプリに関する詳細はhttp://www.digion.com/diximplay/diga/でご確認ください。

●4K撮影動画の保存・再生に対応(※33)

●ハイレゾ音源を含む音楽ファイル再生対応で音楽も楽しめる

  • ・MP3/WAV/FLAC/AAC/DSD/ALAC/AIFFの再生に対応
  • ・音楽ファイルのギャップレス再生も可能(WAV/FLAC/DSD/AIFF)

●「4Kダイレクトクロマアップコンバート」で自然な質感と立体感にあふれた4Kアップコンバート(※34)映像を実現

  • ※34:4K映像の視聴には、HDMI入力に対応した4Kディスプレイが必要です。
  • ●4K/24p、60pに対応。

●「テレビ操作ボタン」搭載リモコンを付属

●「お部屋ジャンプリンク」で録画番組や放送を家じゅうに2ヶ所(※35)同時配信

  • ※35:本体で録画・ダビングが同時に行われている場合など、2ヶ所への転送ができない場合があります。新4K衛星放送の放送画質(4KDRモード)の録画番組はどこでもディーガで再生できません。放送中の「新4K衛星放送」の番組は、どこでもディーガで視聴できません。「新4K衛星放送」の番組はどこでもディーガから録画予約できません。4KDRモードの録画番組は、他のお部屋ジャンプリンク対応機器から再生できません。

●今まで使っていたレコーダーの内容を本製品に「お引越しダビング」(※36)(※37)(※38)(※39)(※40)

  • ※36:ダビング元対応機種については当社ホームページをご確認くださいhttp://av.jpn.support.panasonic.com/support/bd/connect/network/dubbing.html
  • ※37:放送番組はコピーカウント1つ分ダビングされるので、プロテクト設定されている「1回だけ録画可能」の番組はダビングできません。
    また、ダウンロードした番組、動画(MP4)はダビングできません。
  • ※38:他社製レコーダー、およびBZT9300/BZT830/BZT750/BZT730/BWT650/BWT630/BWT550/BWT530/BRT250は写真のお引越しダビングはできません。
  • ※39:おうちクラウドディーガから本機へ写真/動画を移動するときは、写真・音楽用USBハードディスクを使用して行うことができます。
  • ※40:新4K衛星放送で録画した番組(4KDRモード)は、お引越しダビングに対応していません。ハイビジョン画質(1.5倍~15倍録モード)に変換後にダビングしてください。

●高速起動(1秒番組表表示/1秒録画一覧表示/1秒トレイオープン)(※41)

  • ※41:ディーガの電源オフ、テレビの電源オン、入力切換をディーガに設定時、ディーガのクイックスタート「入」の場合。テレビの種類やディーガの動作状態
    (予約録画や録画モード変換中など)によって、表示時間が多少のびる場合があります。

(商標について)

  • ●Blu-ray Disc™(ブルーレイディスク)、 Blu-ray™(ブルーレイ)、Ultra HD Blu-ray™ (Ultra HDブルーレイ)及びその関連のロゴは、ブルーレイディスクアソシエーションの商標です。
  • ●DVDロゴはDVDフォーマットロゴライセンシング株式会社の商標です。
  • ●DTSの特許については、http://patents.dts.comをご参照ください。DTS, Inc. からの実施権に基づき製造されています。DTS、シンボルマーク、DTS とシンボルマークとの複合ロゴ、Digital Surround、DTS 2.0+Digital Outロゴは米国およびその他の国におけるDTS, Inc.の登録商標または商標です。© DTS, Inc. 無断複写・転載を禁じます。
  • ●Dolby、Dolby Audio、ドルビー及びダブルD記号はドルビーラボラトリーズの商標です。
  • ●SeeQVaultおよびSeeQVaultロゴはNSM Initiatives LLCの商標です。
  • ●HDMI、High-Definition Multimedia Interface、およびHDMIロゴは、米国およびその他の国におけるHDMI Licensing Administrator, Inc.の商標または、登録商標です。
  • ●Apple、Appleのロゴ、iPhone、iPod touch、iTunesは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標または登録商標です。
    iOSは、Apple Inc.のOS名称です。iOSは、米国およびその他の国における Cisco社の商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。
  • ●YouTube、Android、Google Home、Google Playは、Google Inc.の登録商標です。
  • ●「アクトビラ」マークおよび「acTVila」、「アクトビラ」は、(株)アクトビラの商標または登録商標です。
  • ●NETFLIXおよびNETFLIXロゴは、Netflix株式会社の商標です。
  • ●Gracenote、Gracenoteロゴとロゴタイプ、Gracenote MusicID は、米国およびその他の国における Gracenote Inc.の登録商標または商標です。
  • ●ULTRA HD PREMIUM™ロゴは、本製品が [DISTRIBUTION SPECIFICATION] に適合していることを示します。但し、本製品がULTRA HD PREMIUM™ロゴが付されたUltra HD Blu-rayディスクを再生した場合に限ります。ULTRA HD PREMIUM™ロゴはUHD Alliance,Inc.の商標です。
  • ●「LINE」はLINE株式会社の商標または登録商標です。
  • ●その他、本文で記載されている各種名称、会社名、商品名などは各社の商標または登録商標です。なお、本文中ではTM、®マークは一部明記していません。

【仕様】

品番DMR-SUZ2060
ハードディスク容量2 TB
チューナー数計3チューナー(※3)
BS4K・110度CS4K放送・地上デジタル放送・BSデジタル・110度CSデジタル放送:1
地上デジタル放送・BSデジタル・110度CSデジタル放送:2
入出力端子●光デジタル音声出力:1系統
●HDMI映像・音声出力:2系統
※映像・音声×1(4K/60p・30p・24p、1080/60p・60i・24p、480/60p)
※音声×1(1080/60p・60i・24p、480/60p)
アンテナ端子地上デジタル入出力端子、BS・110度CSデジタル-IF入出力端子(右旋・左旋)
その他端子●USB2.0端子:前面1系統 ●USB3.0端子:後面1系統 ●LAN端子:1系統
消費電力約28 W
待機時消費電力クイックスタート「切」時 時刻表示消灯時:約0.15 W(※42)(節電待機「モード2」)
クイックスタート「入」時 時刻表示点灯時:約11.0 W(※43)(標準モード)
時刻表示消灯時:約9.0 W(※44)(省エネモード)
外形寸法幅430 mm×高さ66 mm×奥行199 mm(突起部含まず)
質量約2.8 kg
  • ※42:地上デジタルアッテネーター:入、BS・110度CSデジタルアンテナ電源:切、BS・110度CSデジタルアンテナ出力:切、無線LAN:未接続、外部接続端子(LAN、USB):未接続の場合。
  • ※43:HDMI出力解像度:1080i、地上デジタルアッテネーター:入、BS・110度CSデジタルアンテナ電源:切、BS・110度CSデジタルアンテナ出力:切、無線LAN:未接続、外部接続端子(LAN、USB):未接続の場合。
  • ※44:地上デジタルアッテネーター:入、BS・110度CSデジタルアンテナ電源:切、BS・110度CSデジタルアンテナ出力:切、無線LAN:未接続、外部接続端子(LAN、USB):未接続の場合。
  • ◎画面はハメコミ合成です。◎機能説明写真、シーン写真、イラストはイメージです。◎製品の定格およびデザインは改善等のため、予告なく変更する場合があります。

【「新4K衛星放送」を受信するには】

  • ●BS4K・110度CS4KおよびBS・110度CSデジタル放送の受信には視聴する放送に対応した衛星アンテナおよび受信設備が必要です。有料放送は加入申し込みと契約が必要です。BSによる8K放送の受信および録画機能は搭載されていません。
  • ●詳しくはA-PABのホームページやリーフレット等をご覧ください。

新4K8K衛星放送コールセンター 0570-048-001

以上