プレスリリース

2014年12月1日

西日本旅客鉄道株式会社
株式会社タカラトミー
パナソニック株式会社

「500系新幹線こだま」「プラレール」「エボルタ」のコラボレーション

山陽新幹線「プラレールカー」の運行期間を延長します

サービス内容も一部リニューアル

西日本旅客鉄道株式会社(代表取締役社長 真鍋精志)、株式会社タカラトミー(代表取締役社長 富山幹太郎)、パナソニック株式会社(代表取締役社長 津賀一宏)の3社は、新たなお子様向けサービスの誕生を目指し、3社の連携により平成26年7月より山陽新幹線において「プラレールカー」を導入しました。

「プラレールカー」は、お子様連れを中心に大変多くのお客様にご利用いただいており、運行開始からの4ヶ月間で、延べ約17,000人のお子様にご乗車いただいております。来年3月までとしていました「プラレールカー」の運行期間についても、お客様から延長のご要望を数多くいただいています。

これを受けて、この度「プラレールカー」の運行期間を延長することといたしました。また、運行期間の延長に合わせてサービス内容の一部をリニューアルします。これからも、楽しみがいっぱいの「プラレールカー」を是非ご利用下さい。

1. 運行期間の延長

平成27年8月まで(運転日の詳細はJR西日本の四季毎の臨時列車プレスでお知らせします。)
※この間、平成26年12月17日~平成27年1月18日は、車両の定期検査のため長期間「プラレールカー」の運転がありません。運転日にご注意下さい。

2. サービス内容の一部リニューアル

運行期間の延長に伴い、平成27年3月までに順次以下のサービスをリニューアルします。(一部新規のサービスもあります。)

  • プラレールの大型ジオラマの改修
    (平成27年3月に開業する北陸新幹線と40周年を迎える山陽新幹線をモチーフにした改修を実施)
  • 記念キャラクタースタンプのデザイン変更
  • プレイゾーン内の動画コンテンツの内容変更
  • 記念キャラクターシール(ご乗車の記念に小学生以下のお子様に配布)のデザイン変更
  • 貸出し用プラレール・絵本に新しい種類を追加
  • モバイルバッテリー(スマートフォンの充電用)の貸出し ※新規

[参考]
「プラレールカー」は、山陽新幹線を運転する一部の500系「こだま」号に、お子様に人気の鉄道玩具「プラレール」と長もち乾電池「エボルタ」とタイアップした車両改造を施した、ご家族でお楽しみいただける車両です。

  1. ※© TOMY  「プラレール」は株式会社タカラトミーの登録商標です。

【お問い合わせ先】

西日本旅客鉄道株式会社 広報部 06-6375-8889
株式会社タカラトミー 広報部 03-5654-1280
パナソニック株式会社 コンシューマーマーケティング ジャパン本部 広報チーム 03-5781-4183