プレスリリース

2012年12月13日

太陽電池の旺盛な需要に対応

マレーシアのHIT®太陽電池工場が生産開始

グローバル年間生産能力900MWに

パナソニックは、本日、マレーシアで建設を進めていた太陽電池の新工場で、生産を開始しました。同工場では、世界最高レベルの変換効率を誇るHIT®太陽電池を生産し、年間生産能力は300MWの予定です。国内の旺盛な需要に応えるとともに、コスト競争力のさらなる強化を図ります。

太陽電池市場は、世界的な環境意識の高まりや、日本を中心とした各国の電力買取制度や補助金などの優遇制度の導入などによって、今後も拡大が見込まれています。

新工場の稼働により、このような旺盛な需要に応えるとともに、当社としては初めて、ウエハから、セル、モジュールまでの一貫生産体制を構築していくことで、輸送費用の削減、現地部材の活用などにより、コスト競争力のさらなる強化を図ります。

現在当社は、HIT®太陽電池セルの生産を、二色の浜、島根の2拠点、モジュールの生産を、国内では二色の浜、滋賀、海外ではハンガリーにて行っており、セル、モジュールそれぞれの年間生産能力は600MWです。これにマレーシア工場が加わることで、年間生産能力は900MWとなり、現在の1.5倍に拡大します。

今後は、モジュールに、パワコン、架台、蓄電池などを組み合わせたシステムソリューションの提供を強化し、お客様の多様な要望に対応することで、事業の拡大を図ってまいります。

■新工場概要

【所在地】 マレーシア ケダ州 クリム ハイテクパーク工業団地
【竣工】 2012年12月
【生産品目】
HIT®太陽電池の生産(ウエハ、セル、モジュールの一貫生産)
【建屋面積】 約7万平米
【従業員数】 1,500名程度
【生産能力】 年産300MW


マレーシア新工場