ベッドからの移動を支援する「自立支援型起立歩行アシストロボット」とベッドの上の状態を見守る「みまもりシステム」を開発

2014年9月24日
自立支援型起立歩行アシストロボット

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は、ベッドからの起立と歩行を支援する「自立支援型起立歩行アシストロボット」とサービス付き高齢者住宅などでの各居室の高齢者の動作状況を検知する「みまもりシステム」の2製品を開発しました。2016年度中の製品化と発売を目指します。

なお、本製品につきましては、「第41回 国際福祉機器展 H.C.R.2014 (会期:2014年10月1日(水)~3日(金) 会場:東京ビッグサイト)」に参考出品します。また、エコソリューションズ社のエイジフリービジネスユニットが取り扱うポータブルトイレ「ラフィーネ」や離床アシストベッド 「リショーネ(R)」をはじめとする介護福祉用品もあわせて出展します。

高齢化の進展により、2025年には高齢化率が30%を越える見込みです(出典:国立社会保障・人口問題研究)。これに伴い、介護施設、在宅においても自立を促進し高齢者のQOL(Quality of life)を向上させるための機器が求められています。
 
この 「自立支援型起立歩行アシストロボット」は、高齢者の起立・着座・静止(衣服着脱時)の状態を検知し、足りない力をモータでアシストすることで移動、移乗、排泄時などの高齢者の自立的動作を支援します。さらに、認知症(日常生活自立度II以上)の高齢者は2025年に470万人となり(出典:厚生労働省)、特に65歳以上の高齢者の12.8%(人口比)となる見込みです。パナソニックは、電波センサの技術を活用し、非接触で動作状況や離床を検知する「みまもりシステム」により、高齢者や介護者が夜間でも安心して生活できる環境の提供を支援します。

【品名】自立支援型起立歩行アシストロボット
【発売予定日(年度)】2016年度

【品名】みまもりシステム
【発売予定日(年度)】2016年度

【特長】
■自立支援型起立歩行アシストロボットの特長
1.被介助者の起立・着座・静止(衣服着脱時)などの動作状況を検知し、被介助者の自立的動作を支援
2.小型・軽量のため、トイレへの移動、移乗、排泄時などの自立的動作を支援。介護者の負担が軽減
3.スリングの着脱が容易なため、急な利用にも対応(スリング:吊り具)

■みまもりシステムの特長
1.ベッドの上での呼吸数、体動の検知による夜間の異常の早期発見を支援
2.センサをベッド下に設置することで、被介助者の心理的負担を軽減

【お問い合わせ先】
パナソニック株式会社 エコソリューションズ社 エイジフリーBU 新規事業推進 電話:06-6908-2026
▼介護総合サイト
http://panasonic.biz/healthcare/elderlycare/
▼パナソニック エコソリューションズ社 公式Facebook「住まい広報部」
http://www.facebook.com/Panasonic.sumai

  • 自立支援型起立歩行アシストロボット
  • 自立支援型起立歩行アシストロボット
  • みまもりシステム
  • みまもりシステム 画面イメージ
  • みまもりシステム 画面イメージ

住宅関連 ニュース

施設用LED照明向け 無線調光システム「PiPit+(ピピッとプラス)」発売

2016年5月25日

「パナソニック エイジフリーケアセンター湘南ライフタウン」を6月に開設

2016年5月24日

快適な夏の過ごし方を提案する展示会「夏の暑さ対策展2016」にパナソニックが出展

2016年5月24日

※記事の内容は発信時のものです。
商品・サービスの販売・提供終了や、組織の変更等、最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

RSS

Copy and paste this code.

x