パナソニックの高精細LEDビデオボードがフィラデルフィア・イーグルスのファンに感動体験を提供

2014年9月17日
LEDビデオボードが設置されたリンカーン・フィナンシャル・フィールド

2014年9月3日、パナソニック ノースアメリカ傘下のパナソニック エンタープライズ ソリューションズ カンパニーは、最新鋭の高精細LEDビデオボードをNFL (ナショナル・フットボール・リーグ)フィラデルフィア・イーグルスの本拠地であるリンカーン・フィナンシャル・フィールドに設置しました。来場したファンは、NFLの情熱と興奮を、かつてないほどの近さで体験することが可能になります。今回、改装されたリンカーン・フィナンシャル・フィールドでは、会場の熱気を体験しながら、鮮明な映像でも試合を楽しめます。

▼[動画]フィラデルフィア・イーグルスとパナソニック
(日本語字幕をONにしてご覧ください)
https://www.youtube.com/watch?v=4CJ2gTYnMlw

リンカーン・フィナンシャル・フィールドの2カ年再活性化計画の一環として、よりすぐれたネットワーク能力と、高精細なビデオボードを求めるファンの声に応え、イーグルスはパナソニック エンタープライズ ソリューションズと提携し、スタジアムをハイビジョン対応にリフォームしました。今回設置されたHD LEDビデオボードの面積は、以前の3倍となる24,000平方フィート超。最新鋭の10mm SMD(Surface Mount Device:表面実装部品)LED技術を活用することで、プロアメリカンフットボールリーグにおける最高精細のSMDビデオボードを実現。そこで、クリエイティブ、かつインパクトのあるメッセージを発信します。

「高品質なLED商品、プロ仕様のフラットパネルディスプレイボード、そして制御技術を含む、プロスポーツ向けのハードウェア群によって、私たちは広範囲におよぶ顧客のニーズに応えています。本プロジェクトにおける課題は、データと映像情報を一元化した上で、かつてない高解像度を実現し、シームレスに複数の機能を実行するソリューションを提供することでした。ファンの皆様には、今シーズンからビデオボードがより明るくなったこと、そして色再現性や視野角が改善されたことに気づかれるでしょう」とパナソニック エンタープライズ ソリューションズ カンパニー社長のジム・ドイルは語っています。

また、パナソニックは、スタジアムに設置された39枚のLEDビデオボードを一つのネットワーク上で統合するグラフィックヘッドエンドシステムも納入。制御室のオペレーターがコンテンツのプログラミングや同期を行う際、より柔軟で優れた操作性を提供します。スタジアムに設置されたすべてのカメラを制御する技術によって、リプレイ、クローズアップ、そしてスローモーション映像も楽しむことができます。

「私たちは常にファンの観戦環境を改善することを第一に考えています」とイーグルスのドン・スモレンスキ社長は語りました。「シーズンチケットを購入いただいたファンの声に耳を傾け、それに基づいたアクションプランを通じて、スタジアムにおける観戦環境を格段に向上させました。その実現にあたって、パナソニックは必要不可欠なパートナーでした。新しいビデオボードの高精細な映像は、ファンに選手の感情やエネルギーまで伝えてくれます。ここにさらにファンの熱意が加わることで、試合・選手・ファンとの一体感を促進することができます。」

「この最新のシステムを活用することで、アニメーションや、ファンに応援のアクションを促すためのキュー出し、マルチスクリーン映像、ソーシャルメディアリプレイ、試合のハイライト、字幕、3Dグラフィックス、野球やカレッジフットボールなど他のスポーツの試合結果など、最適のコンテンツを組み合わせてファンを魅了することができます。」

700mを超えるサイズのリボン状大型映像装置が、試合の残り時間やボール保持率などの詳細を含む、リーグの最新データやスコアを表示。そして競技場内のスイートルームやコンコース、売店エリアに設置された1,500台以上のHDテレビが、来場したファンに常に情報を発信しています。

「リーグの強豪チームであるイーグルスのキーパートナーとして、パナソニックの技術力とエンジニアリングノウハウを活用し、カスタムメイドの映像ソリューションを提供できたことを非常に嬉しく思っています」とドイル社長は述べています。「イーグルスはファン、チーム、施設、そして地域コミュニティーに投資を行っている実にすばらしいチームです。その偉業を称えるとともに、今回の高精細ビデオボードの採用がスポンサー、ファン、そして最終的な収益にも大変革をもたらすというチームの判断に感服しています。」

パナソニック エンタープライズ ソリューションズは、ギネスブックに認定されたテキサス・モーター・スピードウェイの「ビッグホスTV」、そしてチャーチルダウンズの超高精細4K LEDビデオボード、そして2011年にシャーロット・モーター・スピードウェイに設置された当時世界最大のビデオボード、そしてオハイオ州立大学に設置されたカレッジスポーツ最大のビデオボードを含む、世界最大級のHD LEDボードを提供してきました。

「パナソニックは、熱意を持ったプロフェッショナルなすばらしいパートナー。数多くの企業の中から同社を選んだのも、このプロジェクトは私たちにとって非常に重要だったからです。ここは私たちの本拠地で、ファンは私たちにとってとても大切な存在です。パナソニックとのパートナーシップにより、ここリンカーン・フィナンシャル・フィールドを訪れるファンにふさわしい、一流のエンターテインメントを提供していきます」とスモレンスキ社長はコメントしました。

▼写真
https://plus.google.com/photos/102894371789579256396/albums/6055062584526367793
▼パナソニック ノースアメリカ(英語)
http://www.panasonic.com/us
▼パナソニック エンタープライズ ソリューションズ カンパニー(英語)
http://www.panasonic.com/business/pesna/av-solutions/

  • LEDビデオボードが設置されたリンカーン・フィナンシャル・フィールド
  • リンカーン・フィナンシャル・フィールドでパナソニックが感動体験を提供

企業・法人向けソリューション ニュース

らくらくクラウドサービス「RaCvice」提供開始~クラウド基盤を使ったシステム構築と運用サポートをトータルで支援~

2016年7月29日

店舗演出用LED照明「TOLSO」で「カラーオーダーメイド」サービス開始

2016年7月27日

CityNOWプロジェクト:北米・デンバー市とともに

2016年7月27日

※記事の内容は発信時のものです。
商品・サービスの販売・提供終了や、組織の変更等、最新の情報とは異なる場合がありますのでご了承ください。

RSS

Copy and paste this code.

x