パナソニックが「Global Flow for SharePoint」の発売を開始~働き方改革を後押しする高機能ワークフローシステム

2017年8月29日

トピックス

パナソニックが「Global Flow for SharePoint」の発売を開始

パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社(以下、パナソニック)は、2017年8月から、ワークフローシステム「Global Flow」とマイクロソフト社のコラボレーションソフト「Microsoft SharePoint」(※)との連携を可能にするオプション製品「Global Flow for SharePoint」の発売を開始しました。これにより、「Microsoft SharePoint」の画面からシングルサインオンで高機能ワークフローシステムを利用できるようになります。
※「Microsoft SharePoint」は、Webベースのコラボレーションソフト。情報の共有やチームでの共同・協働作業を促すポータル、イントラネット、メール、オンライン・コミュニケーションツールなど豊富な機能を実装。

▼「Global Flow for SharePoint」詳細はこちら
http://www.panasonic.com/jp/business/its/globalflow.html

新しいワークスタイル、グローバル経営を支えるICT基盤として「Microsoft SharePoint」を導入する企業が増えています。「Microsoft SharePoint」の豊富なコラボレーション機能によって、情報共有、共同作業、プロジェクト・タスクの整理などが促進されています。

一方、パナソニックが約30年にわたり開発・販売を続ける「Global Flow」は、きめ細かい帳票作成・承認経路設定・セキュリティ機能など、日本の商習慣・文化に合ったワークフロー・電子決裁機能をもち、多くの企業に支持されています。
パナソニックでは、「Microsoft SharePoint」の利便性を生かしつつ、ワークフロー機能を拡充したいという、「Microsoft SharePoint」のユーザーや導入検討中の企業からの多くのリクエストを受け、本製品を開発しました。

【導入のメリット】
・「Microsoft SharePoint」の画面からシングルサインオンで「Global Flow」を利用可能
・「Microsoft SharePoint」の画面に書類名称や期限を表示。大切な書類や必要な処理の見落としを防止
・Webパーツを使うことで、「Microsoft SharePoint」と「Global Flow」の連携設定が簡単
・「Global Flow」の入力フォーム作成ツールで、レイアウト・インターフェイスに優れた帳票を作成

「Microsoft SharePoint」と「Global Flow」の機能・特長をうまく組み合わせ、活用することで、ユーザーは業務の内容・進捗状況を正確にとらえ、なおかつ、意思決定をスピードアップすることができます。

今後もパナソニックでは、ICT技術を生かし、お客様の生産性向上、働き方改革に貢献していきます。

▼Global Flow for SharePoint詳細はこちら
http://www.panasonic.com/jp/business/its/globalflow.html

【お問い合わせ受付窓口】
パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社
電話番号:0570-087870
受付時間:9時00分~17時30分(土・日・祝・パナソニック指定休業日を除く)

▼ Webサイトからのお問い合わせはこちらから
https://sec.panasonic.co.jp/pstc/sec-cgi-bin/inquiry_form/ccform.cgi?REQUEST_KEY=global_flow5
※「お問い合わせフォーム」よりお問い合わせください

<関連情報>
・パナソニックが「GlobalDoc5 MFP連携オプション」の発売を開始(2017年2月14日)
http://news.panasonic.com/jp/topics/151982.html

発表年月
発表年月