2017年7月24日

トピックス

パナソニックが吹田スタジアムで開催される「大阪ダービー プロジェクションナイト」を総合演出

パナソニックが吹田スタジアムで開催される「大阪ダービー プロジェクションナイト」を総合演出

パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は2017年7月29日(土)、市立吹田サッカースタジアム(大阪府吹田市、以下、吹田スタジアム)でのガンバ大阪対セレッソ大阪戦(通称:大阪ダービー)試合終了後にガンバ大阪が実施する「大阪ダービー プロジェクションナイト」をテクニカルパートナーとして総合演出いたします。

パナソニックはこれまでの世界各国におけるビッグイベントでのプロジェクションマッピングの技術サポートの経験を生かし、ファンエンゲージメントを観点に"音"と"光"を加えた大阪ダービーのフィナーレを主催するガンバ大阪「大阪ダービー プロジェクションナイト」の総合演出を手がけます。

前回(2017年3月11日)、吹田スタジアムで実施されたJリーグ初のフィールドプロジェクションマッピングでは、従来のゲームを見る・観戦する場としてのスタジアム体験を超えた、質の高い感動や興奮をガンバ大阪のサポーターの皆様と共有いたしました。当社は、リオオリンピック・パラリンピックの開閉会式でのスタジアム演出を手掛けた実績があり、今回も大規模映像演出ソリューション技術を駆使することで、サポーターとスタジアムがひとつになる新しいマッピング・ライブショーをご提案いたします。

今回の大阪ダービー プロジェクションナイトでのプロジェクションマッピングには、最新鋭の超高輝度プロジェクター「PT-RZ31K〔輝度(センター):31,000ルーメン〕」を合計15台使用し、約3700平方メートルという広大な敷地へ高輝度・高解像度でのマッピングを実現するとともに、音と光による演出、さらにはチアリーダーによるパフォーマンスも加わり、映像・音・光を一体化したスタジアム総合演出を手がけます。

ガンバ大阪 営業部長 伊藤慎次 様のエンドースメント
「大阪ダービーはチーム、ファン・サポーターにとって特別な試合であり、手に汗握る試合展開が予想されます。当日は、大阪ダービーのフィナーレを飾るに相応しいイベントをパナソニック様と実現することで、吹田スタジアムにご来場頂いたガンバ大阪ファン・サポーターの皆様にとって忘れられない感動体験空間を提供してまいります。」

パナソニックは、独自の映像や音、光の総合演出による最先端のマッピング技術を駆使し、ガンバ大阪のフィールドプロジェクションマッピングイベントで、お客様に質の高い感動や興奮をお届けするソリューションを通じて、エンターテインメント業界の発展に貢献していきます。

・パナソニック 業務用プロジェクター
http://panasonic.biz/projector/

・パナソニック 屋外向け照明器具 スポーツ照明
http://www2.panasonic.biz/es/lighting/okugai/sports/

<関連情報>
・吹田スタジアムで開催されるフィールドプロジェクションマッピングイベントをパナソニックが技術サポート(2017年3月6日)
http://news.panasonic.com/jp/topics/152505.html
・「ドバイ フェスティバル シティ」に高輝度プロジェクターを納入~常設としては世界最大規模のプロジェクションマッピングを実現(2016年12月28日)
http://news.panasonic.com/jp/topics/151178.html
・リオパラリンピックの閉会式に過去最大サイズのLED大型映像表示装置を納入(2016年9月19日)
http://news.panasonic.com/jp/topics/148672.html
・[プレスリリース] リオオリンピック・パラリンピックに過去最大規模のAV機器ソリューションを納入(2016年5月19日)
http://news.panasonic.com/jp/press/data/2016/05/jn160519-1/jn160519-1.html

  • パナソニックが吹田スタジアムで開催される「大阪ダービー プロジェクションナイト」を総合演出
発表年月
発表年月