2017年5月29日

トピックス

サービスロボット開発技術展に、離床アシストロボット「リショーネPlus」を出展

離床アシストロボット「リショーネPlus」

パナソニック株式会社は、2017年6月8日(木)、9日(金)の2日間、インテックス大阪で開催されるサービスロボット開発技術展に、ベッドが縦半分に分離して車いすになる離床アシストロボット「リショーネPlus」を出展し、介護現場の負担軽減や、利用者の生活の質向上を目指した、新発想の「介護ロボット」を提案します。

パナソニックは介護現場でニーズの高いベッド・車いす間の移乗介助に着目し、2006年より離床アシストロボットの開発を開始しました。2014年2月には、パーソナルケアロボット(生活支援ロボット)の安全性に関する国際規格ISO13482認証(※1)を世界で初めて取得し、離床アシストベッド「リショーネ」として、2014年6月より高齢者施設などに向けて発売しました。その後、介護事業を担うパナソニック エイジフリー株式会社が介護用ベッドで培った技術を応用。利用者の声を反映して、利便性、安全性、デザイン性などを向上させた離床アシストロボット「リショーネPlus」を開発、2017年1月20日から発売を開始しました。さらに、介護が必要なご家庭でも利用いただけるように2017年2月1日より順次、レンタルを開始しています(※2)。

また、パナソニック エイジフリー株式会社は、「介護現場のニーズを上手に採用して介護ロボットを開発し、その普及・定着を進め、次世代の介護を実現した」点が高く評価され、平成28年度「介護ロボット導入好事例表彰事業」においてメーカー部門で「優秀賞」を受賞しています。

※1: ISO13482:パーソナルケアロボット(生活支援ロボット)の安全性に関する国際規格。2014年2月に国際規格(IS)として発行されました。
※2: 介護保険の適用については各自治体によって異なります。

【サービスロボット開発技術展 開催概要】
会期:2017年6月8日(木)~9日(金)10時~17時
会場:インテックス大阪 5号館
パナソニックブース:4-22

▼パナソニックのエイジフリー
http://sumai.panasonic.jp/agefree/
▼「サービスロボット開発技術展」公式サイト
http://www.srobo.jp/index.html

【出展商品】
・離床アシストロボット「リショーネPlus」

※「リショーネPlus」のほかに、パナソニックの社内ベンチャー会社 株式会社ATOUN(http://atoun.co.jp/)製の下記ロボットも出展予定。
1. パワードスーツ KOMA
2. パワーアシストアーム MODEL K
3. パワーアシストスーツ TABITO
4. パワーアシストスーツ MODEL A
5. パワーアシストスーツ MODEL As
6. アシストスーツ ZUI

▼離床アシストロボット「リショーネPlus」 商品ページ
http://sumai.panasonic.jp/agefree/products/resyoneplus/

▼パナソニック エイジフリー株式会社が「介護ロボット導入好事例表彰事業」において、メーカー部門で「優秀賞」を受賞(2017年3月2日)
http://news.panasonic.com/jp/topics/152402.html

【お問い合わせ先】
パナソニック エイジフリー株式会社 ケアプロダクツ事業部
エイジフリー総合フリーダイヤル:0120-874-872(はなしはパナに) 受付 9:00~18:00 年中無休

<関連情報>
・[プレスリリース] 離床アシストロボット「リショーネPlus(プラス)」を発売(2016年10月7日)
http://news.panasonic.com/jp/press/data/2016/10/jn161007-1/jn161007-1.html
・離床アシストロボット「リショーネPlus」がISO13482に基づく認証を取得(2017年1月20日)
http://news.panasonic.com/jp/press/data/2017/01/jn170120-2/jn170120-2.html
・「介護ロボットフォーラム2016」公式サイト
http://kaigo-robotaward.jp/

発表年月
発表年月