2017年6月1日

空気調和の4要素である温度・湿度・清浄度・気流を比較体感

さまざまな空気質を体感できる体験型実験住宅
「IAQ(※1) Labo」をオープン

さまざまな空気質を体感できる体験型実験住宅「IAQ Labo」

パナソニック エコシステムズ株式会社は、愛知県春日井市の春日井事業場敷地内に、体験型実験住宅:「IAQ Labo」を、2017年6月1日にオープンしました。これは、近年の住宅トレンドである高気密・高断熱化や、更なる省エネルギーの追求、また健康への配慮など、住宅の高性能化に呼応する新たな室内空気質(IAQ:Indoor Air Quality)を体験できる実験住宅です。

当社は、住宅全体が省エネルギーで、かつ快適な空気質を提供する商品開発を進めるため、2011年11月に「IAQハウス」をオープン。主に住宅の設計・施工を行う専門会社に、室内空気質(IAQ)の重要性を訴求してきました。さらに、近年では、ゼロエネルギーハウス(※2)や、健康に配慮したウェルネス住宅(※3)が注目を集め、住宅の高性能化が進展する中で、室内空気質(IAQ)への関心がより一層高まっています。

このたびオープンした「IAQ Labo」は、住宅を設計・施工するお客様に対して、空気調和4要素である「温度」「湿度」「清浄度」「気流」の違いによる空気質を体感いただくことがコンセプトです。
同時に、体感いただいたお客様の感じ方を収集し、当社の今後の製品開発につなげるデータを蓄積していきます。

< 「IAQ Labo」展示概要 >

  1. 換気方式の違いによる空気質の差異を比較体感できる「比較体感コーナー」
    部屋の間取りや容積、外気など同一条件において、換気方式の異なる空間を3室設置。
    換気方式の違いによる空気質の差異を「温度」「湿度」「清浄度」を中心に比較体感できます。
  2. 生活シーンを想定した空間で心地よさを体感できる「実空間コーナー」
    リビング・ダイニングキッチン(LDK)を想定した空間では、「気流」の差異で感じる違いを体感することができ、加えて換気の促進効果を体験できます。
    さらに、入眠を促進する寝室の空気質に関しても提案しています。
  • ■ 「IAQ Labo」建築概要
    ・所在地:愛知県春日井市鷹来町字下仲田4017番 パナソニック エコシステムズ(株) 構内
    ・延床面積:230.93m² (2階建)
    ・設計施工:パナホーム株式会社
  • ※1:健康に影響を及ぼす可能性のある環境因子を含めた建物内の空気の質。IAQ(Indoor Air Quality)
  • ※2:「快適な室内環境」と「年間で消費する住宅のエネルギー量が正味で概ねゼロ以下」を同時に実現する住宅
  • ※3:住宅と設備の性能向上で、健康に影響を与える可能性がある温度差などを抑え、健康と省エネに配慮した住宅

【お問い合わせ先】

パナソニック エコシステムズ株式会社 経営企画室・広報担当
電話:0568-81-1161

【展示内容の詳細】

1. 換気方式の違いによる空気質の差異を比較体感できる「比較体感コーナー」

「比較体感コーナー」は、換気方式の異なる3つの空間を設けています。1つは、給気及び排気に機械換気を使用した第1種換気の部屋。2つ目は、排気のみを機械換気とした第3種換気の部屋。3つ目は、給気及び排気に機械換気を使用するとともに、給気と排気との間で温度と湿度の回収を行う全熱交換形換気を使用した第1種換気の部屋となっています。

来場時期に合わせて、夏期・冬期・中間期など任意の外気を作り出し、それぞれの部屋で換気運転を行った場合の換気方式の違いによる「温度」「湿度」「清浄度」等の空気質の差を体感することができます。

2. 生活シーンを想定した空間で心地よさを体感できる「実空間コーナー」

リビング・ダイニングキッチン(LDK)と寝室では、全身受風による新しい受風感覚を体感できます。
また、実際の生活シーンを想定した部屋、および部屋の間を流れる「気流」を、VR技術(※4)による立体視を通じて体験することができます。

「気流」や「香り」などを付加した新たな室内空気質(IAQ)の各種提案において、体感と同時に、個々人の感じ方の違いを収集し、そのデータを蓄積・解析することで、今後の新製品開発や、室内空気質(IAQ)のさらなる研究開発につなげていきます。

  • ※4:「みかけや形は原物そのものではないが,本質的あるいは効果としては現実であること」を人工的に作り出す技術の総称

以上