2017年3月17日

豊富な認証機能により、セキュアなネットワーク構築が可能に

ボックス型レイヤ3スイッチングハブ「ZEQUO 4500DL」を新発売

全ポートギガビット(※1)に対応し、10Gbpsアップリンクポート(※2)も実装可能

ボックス型レイヤ3スイッチングハブ「ZEQUO 4500DL」

品名 ZEQUO 4500DL
品番 PN36241C
希望小売価格(税抜・工事費別) 247,000円
発売日 2017年5月31日
販売目標 500台/2017年度

パナソニック株式会社の100%出資連結会社であるパナソニックESネットワークス株式会社(本社:東京都港区 社長:村瀬耕太郎)は、大規模ネットワークの多様なニーズをカバーするボックス型ハイエンドスイッチングハブ「ZEQUO」シリーズとして、豊富な認証機能を搭載し、スタック接続(※3)や電源冗長化対応により大規模ネットワークも構築可能で、アップリンクポート(※2)として10Gbpsモジュール(SFP+(※4))も実装可能なボックス型レイヤ3スイッチングハブ(※5)「ZEQUO 4500DL」を2017年5月31日に発売します。

当社では「ZEQUO」シリーズとして、すでに6機種発売していますが、今回、豊富な認証機能を搭載し、スタック接続(※3)や電源冗長化に対応した本製品を開発、製品ラインアップの拡充を行います。

本製品は、3つの認証機能(MACアドレス認証機能(※6)、WEB認証機能(※7)、IEEE802.1Xユーザ認証機能等(※8))に対応。ポート単位で複数の認証が可能な「トリプル認証」や、ユーザ認証と端末認証を段階的に行える「ステップ認証」にも対応し、よりセキュアなネットワーク構築が可能です。また、スタック接続(※3)電源冗長化に対応することで、大規模なネットワーク構築を低コストで実現します。さらに、冗長化構成を組むことで耐障害性も向上するため、拠点間接続や構内LANのコアスイッチにも最適です。

<特長>

  1. 豊富な認証機能により不正なアクセスを制限、より強固なセキュリティの確保が可能
  2. スタック接続(※3)により、大規模ネットワークの構築も可能
  3. 豊富な設定方法で、ネットワーク技術者からエンドユーザまで設定変更が容易に可能
  • ※1 全ポートギガビット:全てのポートが1Gbpsの通信速度に対応
  • ※2 アップリンクポート:上位のスイッチングハブやルータ等の機器に接続するポート
  • ※3 スタック接続:複数台のスイッチングハブを接続し、仮想的な1つのスイッチングハブとして利用すること
  • ※4 SFP+ : Small Form Factor Pluggable Plusの略。10Gbps通信に使うネットワーク機器に接続する着脱可能なモジュール
  • ※5 レイヤ3スイッチングハブ :ネットワーク上の機能を表現するOSI参照モデルにおいて、IPなどのレイヤ3(ネットワーク層)のプロトコルを使ってデータ(パケット)の転送処理を行う装置。
  • ※6 MACアドレス認証:パソコン等に内蔵のネットワークカード(ポート)が持つ固有のMACアドレスをアクセス制御に利用する認証方式
  • ※7 WEB認証:Webブラウザによるユーザ認証。さまざまな端末が混在した環境でもユーザー認証が可能
  • ※8 IEEE802.1Xユーザ認証:ネットワーク内のユーザ認証の方式を定めた規格。認証されたユーザのみ通信を許可

【お問い合わせ先】

パナソニックESネットワークス株式会社 マーケティングセンター
電話:03-6402-5301(受付(平日のみ) 8:30~17:00)

【特長】

(1) 豊富な認証機能により不正なアクセスを制限、より強固なセキュリティの確保が可能

本製品は標準で、MACアドレス認証機能(※6)、WEB認証機能(※7)、IEEE802.1Xユーザ認証機能(※8)を搭載しているため、不正ユーザや不正PCの社内システムへの不正接続を遮断できます。
パソコンやタブレット端末などのMACアドレスを使用した認証方式(MACアドレス認証(※6) )により、 端末のアクセスを制限できますが、これだけでは不正ユーザが認証許可された端末を使用すると、社内システムに接続できるため、ユーザ認証機能(WEB認証機能(※7) 、IEEE802.1Xユーザ認証機能(※8) )に より、不正ユーザのアクセスを制限することで、より強固なセキュリティの確保が可能です。また、ポート単位で複数の認証が可能な「トリプル認証」や、ユーザ認証と端末認証を段階的に行える「ステップ認証」にも対応し、よりセキュアなネットワーク構築が可能です。

(2)スタック接続(※3)により、大規模ネットワークの構築も可能

本製品は、SFP+スロットを使用して最大2台までスタック接続(※3)することが可能です。小規模から大規模なネットワークまで柔軟に対応します。また、スタック接続(※3)している装置のうち、全体を管理するマスタ装置に障害が発生しても、即座に別の装置にマスタを変更し、通信を復旧します。さらに、リンクアグリゲーション機能(※9)を組み合わせることで、容易に冗長化構成を構築できるので、耐障害性の高いネットワークを実現できます。また、ファンレスながら電源二重化にも対応、電源周りのトラブル時でもネットワークを停止することなく運用が可能です。
また、スイッチ配下でループ接続(※10)が起きると、該当するポートをLEDで知らせるとともに、そのポートのみシャットダウンする「ループ検知・遮断機能」を搭載しています。ループ障害を最小限に抑え、現場対応の迅速化を図ることができます。

  • ※9 リンクアグリゲーション:複数の物理リンクを束ねて、1つの論理リンクとして扱うことのできる技術
  • ※10 ループ接続:ネットワークをループ状に接続すること。ループ接続をしてしまうと、環状の部分でパケットがぐるぐると回ってしまうため、ネットワークに負担がかかり、ネットワークがダウンしてしまいます

(3)豊富な設定方法で、ネットワーク技術者からエンドユーザまで設定変更が容易に可能

本製品は、「ZEQUO assist Plus」というサポート機能が付いており、CLI(Command line interface の略)とWeb画面による設定方法に対応しています。CLIの場合、コマンド入力により多くの設定を素早く設定可能なため、ネットワーク技術者などネットワーク機器を使い慣れている方に向いています。また、Web画面は日本語によるグラフィカルな設定画面のため、エンドユーザなどネットワーク機器を使い慣れていない方でも設定変更などを容易に行えます。

【ご参考】

■仕様一覧

品名 ZEQUO 4500DL
品番 PN36241C
ポート 10/100/1000BASE-T×24ポート
SFP+拡張スロット×4ポート
FAN なし
消費電力・電源・定格 定常時最大 37.7W
(AC100V 50/60Hz)
質量{重量} 4,600g
サイズ(mm) 幅440×高44×奥行312

以上

ページトップへホーム