Panasonic Newsroom トッププレスリリースFacebookと連携して光ディスクを使ったデータセンター用データアーカイブシステムを開発

プレスリリース

2016年1月6日

貴重なデータを長期間、安全に保存

Facebookと連携して光ディスクを使ったデータセンター用データアーカイブシステムを開発

データセンターのコスト削減に貢献

パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は本日、光ディスクを使ったデータアーカイブシステム「freeze-ray」をFacebook, Inc.(米国、以下Facebook)と連携して開発したことを発表いたしました。

同社との連携により、パナソニックは世界中のデータセンターにおけるコールドデータ、すなわちアクセス頻度が低いあるいはアクセスされることがないものの長期間保存が必要なデータの保存とアクセスにおいて、高効率で持続可能なシステムへのニーズに応えることができる「freeze-ray」を開発しました。

「freeze-ray」は、データセンター運営の経費やエネルギー消費量を削減させることができます。このデータアーカイブソリューションでは、光ディスクシステムの特性である長寿命性、不変性、ドライブの後方互換性、低消費電力、環境変化への耐性などにより、データ完全性の保護とデータセンターのコスト削減を同時に実現する最適なコールドストレージを提供することが可能です。両社はさらに、今後、この数百枚の光ディスクを組み込んだデータアーカイブソリューション「freeze-ray」が拡大することにより、データセンター業界に経済的なメリットをもたらすことができると考えています。

この連携において、パナソニックは主に高密度光学技術、主要装置(光ディスク、ドライブ、関連ロボット)、そしてデータセンターでのシステム制御を容易にするライブラリーソフトの開発で貢献しています。Facebookは、データセンターのストレージシステムの設計、配備、管理、整備に関する比類のない専門知識の提供という形で「freeze-ray」の開発に協力しています。
Facebookはさらに、技術面や実際のデータセンターからの広範なフィードバック情報も開発の各段階で提供してきました。両社は2つの世代で「freeze-ray」ソリューションを検討しています。Facebookは現在、同社のデータセンターに第1世代となる100GBのBlu-rayディスクによるアーカイブシステム「freeze-ray」を配備し、2016年後半には第2世代の300GBディスクによるアーカイブシステムをFacebookデータセンターに配備する予定です。

「Facebookが成長を継続するためには、当社の求めるスピードやエクサバイトものデータ量に対応可能な高効率的で低コスト、持続的なソリューションにより、基礎技術面でのチャレンジに取り組んでいく必要がある」と、Facebookのインフラ担当副社長であるジェイソン・テイラー氏は語っています。「Facebookにアップロードされる写真やビデオは飛躍的に増え続けています。そのような中、パナソニックと連携して進めてきた取組みの素晴しい点は「freeze-ray」に使われる光ディスクには不変性があること、すなわち一度書き込んだものには上書きができないということです。この特徴は長期間にわたり保存データにアクセスし続ける人の助けになるでしょう」

「データストレージ市場で強固な地位と影響力を持ち、実際のデータセンター環境で実証しながら光ディスクによるデータアーカイバーを開発するために必要な専門性を備えたFacebookと連携する機会を得られたことは、パナソニックにとって非常に喜ばしいことです」と、パナソニック AVCネットワークス社 社長の榎戸 康二(えのきど やすじ)は語っています。「このデータアーカイバーにより、データストレージ業界は一般消費者向け市場とBtoB用途の両方でパナソニックが30年間にわたって磨きをかけてきた光学技術の恩恵を得られることになるでしょう」

両社は、エンドユーザーにとっての利益をさらに高めると同時に、データ産業業界にとっても今以上の便益をもたらす数ペタバイトのコールドストレージアーカイブシステムを実現するために、500GBあるいは1テラバイトというさらに高密度のアーカイブディスクを使用した次世代システムの研究および開発に向け、協力関係を継続してまいります。

以上

RSS