Panasonic Newsroom トッププレスリリース小便の飛び跳ね汚れを泡で抑制する「新型アラウーノ」発売

プレスリリース

2014年3月24日

全自動お掃除トイレがさらに美しく進化

小便の飛び跳ね汚れを泡で抑制する「新型アラウーノ」発売

着座小便率が50%突破(※1) 好みのスタイルで用を足せるトイレ

品名 タンクレストイレ 新型アラウーノ
希望小売価格
(税抜き・工事別)
便器単体(タイプ2、標準タイプ、床排水セット込み):300,000円
新型アラウーノ カウンタープラン
(新型アラウーノタイプ1、トイレ手洗い・収納、アクセサリー込み):813,000円
発売日 2014年6月2日
販売目標 36,000台/年(2015年度)

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は、新築、リフォームいずれにも対応する、当社ならではの技術により、小便の飛散による汚れを徹底的に抑えたタンクレストイレ「新型アラウーノ」を2014年6月2日より発売します。

当社従来製品は主に便器内を中心に、お掃除ラクラク機能を搭載していますが、当社調査により、便器内以外の汚れを気にされている方が多いことが分かりました。また、その汚れの主な原因は、小便の「ハネ・タレ・モレ」であることが分かりました。特にこの小便の汚れは放置すると不快な臭いの原因にもつながります。最近ではきれいに掃除する道具を活用し、トイレをきれいに保ちたいと思う人が増えていますが、忙しい現代人にとって、掃除に時間を割くことが難しいことも事実です。

そこで本製品は、トイレを掃除する人の悩みに応え、少しでもお手入れを楽にし、快適なトイレ空間とするために、お掃除機能として流すたびに「2種類の泡」と「水流」を活用した自動洗浄機能に加え、新しく小便の飛び跳ね汚れを泡で抑えるようにしました。また、便座にはパナソニック独自の工法を採用し、隙間がない「スキマレス形状」を開発。便座の隙間の汚れを解消し、掃除の負担を低減させました。また、省エネ性能については、節水(大4.8L、小3.6L)で年間約14,000円、節電(消費電力68kwh)で約6,000円と約20年前のトイレと比較し、合計で約20,000円(※2)の節約が見込めます。

さらに、軽量・低水圧・排水位置変更が求められるリフォームにおいても、座りながら用を足しても、立ちながら用を足しても、トイレ掃除を楽にしてくれる、進化したアラウーノが新しいトイレ空間を実現します。

<特長>

  • (1)新機能「トリプル汚れガード」により、汚れの飛散を抑制(※3)
  • (2)約20年前の当社製品トイレと比較して、節水、節電で年間約20,000円(※2)節約(タイプ1、2のみ)(※4)
  • (3)低水圧対応や配管部材の充実でリフォームにも最適
  • (4)お客様の声をもとに開発した7つのポイント(詳細後述)

【お問い合わせ先】

お客様ご相談センター フリーダイヤル 0120-878-365(受付9時〜20時)
エコソリューションズ社代表 06-6908-1131(受付 8:45〜17:30)
エコソリューションズ社 マーケティング本部 住環境商品営業企画部 水廻り商品グループ
パナソニック アラウーノのホームページURL:http://sumai.panasonic.jp/toilet/


(1)新機能「トリプル汚れガード」により、汚れの飛散を抑制(※3)

「ハネガード」では、従来のアラウーノで便器内の自動洗浄に使用していた激落ちバブルを、小便のハネの抑制にも活用。便座をあげると自動で水位が下がり、泡を投入することで、主に男性が立ちながら用を足した時のハネを抑制します。「タレガード」では便器の周囲に3mmの縁の立ち上がりを設け、便器周囲へのタレを抑制。「モレガード」では、便座裏に突起をつけることで座り小便時の小便漏れにも配慮しました。この三つのこだわりでトイレ空間の悩み事の原因となる汚れを防ぎます。

■従来より好評いただいている自動お掃除機能も搭載しました。
流すたびに、2種類の「泡」と少ない水で一気に流しきる「新スパイラル水流」でしっかり自動洗浄します。

■万一汚れてもふき取りやすい「スキマレス形状」を随所に採用しました。

(2)約20年前の当社製品トイレと比較して、節水、節電で年間約20,000円(※2)節約(タイプ1,2のみ)(※4)

節水については、新しい便器内の形状と、ターントラップを組み合わせることで、約20年前の当社製品(サイホンゼット便器)と比較し、年間約14,000円の節約が見込まれます(ハネガード使用時は年間約13,500円節約)。
また、節電については、従来アルミ素材を使用していた便座表面を冷たく感じにくい樹脂素材に変更。
高出力ヒーターとの組み合わせにより、使うときだけすぐに暖める「あったか速暖便座」を採用、約20年前の当社製品(DL-C55 )と比較し、年間約6,000円の節約(瞬間給湯とあわせ年間消費電力を68kwh)が見込めるようになりました。(タイプ1,2のみ)(※4)

(3)低水圧対応や配管部材の充実でリフォームに最適

○2階など、水圧の低い場所への設置も可能な、最低水圧0.05MPa(流水時)への対応も可能になりました。

○リフォームで課題となる排水位置も床排水では120・200・305〜470mm、壁排水では120・155mmと幅広い対応が可能となりました。

○便器本体の重さも約20kgのため、施工時の持ち運びも楽です。

(4)お客様の声をもとに開発した7つのポイント

2006年の「アラウーノ」発売以来、お客様から頂いたご意見・ご要望をもとに細部にもこだわりました。
(1)洗剤の投入位置を投入しやすい上部へと変更しました
(2)停電時でも排水可能な電池式の停電ボタンを搭載しました
(3)リモコンのボタンを大きくすることで押しやすく変更しました
(4)足腰に負担をかけないアームレストも握りやすく変更しました
(5)便座も長時間使用しても疲れにくいヒップラク形状にしました
(6)間接照明も便フタが開くのに合わせふんわりと点灯するよう変更しました(タイプ1のみ)
(7)新しく自動で「ナノイー」を放出する機能も搭載しました(タイプ1のみ)

(5)その他

「新型アラウーノ」の発売と同時に、「アラウーノカウンター」も発売します。
アラウーノと同じ「有機ガラス系新素材のカウンター」で、水アカ汚れが付きにくく、掃除の手間が省けます。
カウンターは一体型カウンタータイプもしくは、ベッセルボールタイプの2種類から選べます。
収納キャビネットも、収納量など、お好みにあわせてベースキャビネットとフロートキャビネットの2種類をラインアップしました。

新型アラウーノ製品一覧

品揃え
タイプ1(CH1301) タイプ2(CH1302) タイプ3(CH1303)
あったか速暖便座
オート便フタ開閉
オート便器洗浄
脱臭
温風乾燥
ナノイー
LED照明
価格(税抜・標準タイプ) 335,000円 300,000円 275,000円

注釈一覧

  1. ※1 2013年8月当社調べ
※2 ○約14,000円節水の算出条件については、水道代は約20年前の当社サイボンセット式トイレ(CH43)との比較。室温15℃、水温15℃、男性2人、女性2人の4人家族が1日16回(大4回、小12回)、365日使用した場合で計算。ハネガード使用の場合、1日16回(大4回+小6回+小<ハネガード使用>6回)で計算。シミュレーションの計算は2013年12月時点。消費税は5%で計算。
算出基準料金(5%税込):上下道/下水道料金目安単価265円/m²(東京都)[省エネ防犯住宅推進アプローチブックより]
○約6,000円の節電の算出条件については、年間消費電力量は、4人家族(男性2人・女性2人)で使用の場合。おしり洗浄の使用1日4回、ビデ洗浄使用1日8回、男性小用1日4回とし、便座部は季節別、温水部は年平均で算出したものです。
()内は、タイマー節電機能を使用しない場合の年間消費電力量。
  1. ※3 効果は使用状況によって異なります。直接飛び散る汚れは、抑制できません。
  2. ※4 新型アラウーノは 1,2,3タイプを品揃え
  3. ※5 泡洗浄後、3時間以内であれば+0.9Lは使用しません。
  4. ※6 1日あたり最大30分まで放出。脱臭効果は、周囲環境(温度・湿度)、運転時間、臭気・繊維の種類などによって異なります。

【ご参考】

■男性の小便姿勢の実態調査

近年、男性の用を足す姿勢に変化が表れていることが、当社の調査により分かりました。
これまで圧倒的に多かった立位で用を足すスタイルから、着座スタイルへと移行しています。
これは、便器自体やその周辺を汚すことを避けるためだと考えられます。

N=1030 単数回答 2013年度 弊社インターネット調査による

■新機能「ハネガード」実証実験

トビハネで汚れていたトイレも、新型アラウーノならハネを抑えます。

光っているところが
飛び跳ねた跡(当社調べ)

■トイレの清掃性を改善して欲しい部位 (N=721 複数回答 2014年度弊社インターネット調査による)

■汚れの原因

以上

仕様一覧

  1. ※1 省エネ(2012年度基準)の区分。
  2. ※2 水圧0.2MPa(流動時)。
  3. ※3 水圧が0.10MPa(流動時)以下では、おしり・ビデ洗浄の洗浄水量が少なくなる場合があります。
  4. ※4 0℃近い温度、及び40℃近い温度では、機器の保護のためエラーとなり、ノズル洗浄できません。
    特に屋外出配管は、断熱材を巻くなどの処理をお願いします。凍結防止ヒーターで加熱しすぎた場合も保護機能が作動し、ノズル動作できないことがありますのでご注意下さい。

RSS