Panasonic Newsroom トッププレスリリース[住宅用] 太陽光発電システム「HIT(R) 240α/245α」「HIT(R) ハーフタイプ120α」受注開始

プレスリリース

2013年6月5日

[住宅用] 太陽光発電システム
「HIT® 240α/245α」「HIT® ハーフタイプ120α」受注開始

「HITシリーズ」の出力、モジュール変換効率がさらに向上


【設置イメージ】

【太陽電池モジュール「HIT240α/245α」】 【太陽電池モジュール「HITハーフタイプ120α」】
品名 太陽電池モジュール
HIT240α
HIT245α 受注生産品(※1)
HITハーフタイプ120α
品番 VBHN240SJ21 VBHN245SJ21 VBHN120SJ21
公称最大出力(※2) 240W 245W 120W
モジュール変換効率(※3) 18.7% 19.1% 18.1%
希望小売価格(税込・工事費別) 139,650円 168,000円 69,825円
販売目標 80,000セット/年

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は、出力、モジュール変換効率をさらに向上させた住宅用太陽光発電システムの太陽電池モジュール「HIT240α(アルファ)/HIT245α(アルファ)」と、当社従来品よりも設置可能な屋根材の種類を拡大した「HITハーフタイプ120α(アルファ)」を2013年6月27日より受注開始します。

国内の住宅用太陽光発電システム市場は、国や地方自治体からの補助金制度や再生可能エネルギーの固定価格買取制度などにより、依然好調に推移しています。

当社では、独自のハイブリッド構造や低反射ガラスの採用などにより、面積(m²あたり)でもシステム容量(kWあたり)でも発電量トップクラス(※4)の太陽電池モジュール「HITシリーズ」を拡充し、この度、標準サイズモジュールでは、さらに出力をアップした「HIT240α/245α」を発売します。また、ハーフサイズモジュールでは当社従来品に比べて、搭載可能な屋根材が増えた「HITハーフタイプ120α」も併せて発売します。高出力の標準サイズとハーフサイズのモジュールを組み合わせることで、設置面積の限られた狭小屋根や複雑な形状の屋根においても、高容量の太陽電池の搭載が可能になり、より多くの発電量が期待できます。

当社はこれからも、太陽光発電システムの高効率化に向けてさらなる技術開発を進めるとともに、使い勝手の良い周辺機器のラインアップを充実してまいります。

<特長>

  1. 標準サイズモジュールの出力、変換効率がさらにアップした「HIT240α/245α」で面積(m²あたり)でもシステム容量(kWあたり)でも発電量トップクラス(※4)
  2. 「HITハーフタイプ120α」の設置方法が「4工法6方式」へ拡大し、さまざまな屋根に設置可能
  1. ※1:納期につきましては、販売店にお問合せ下さい。
  2. ※2:公称最大出力の数値は、JIS C8918で規定するAM1.5、放射照度1,000W/m²、モジュール温度25℃での値です。
※3: 太陽電池のモジュールの変換効率(%)は
モジュール公称最大出力(W)×100
モジュール面積(m²)×1,000W/m²
の計算式を用いて算出しています。
変換効率とは、太陽光エネルギーを電気エネルギーに変換する割合を表します。
  1. ※4:国内の住宅用太陽光発電システム業界において。当社調べ。太陽光発電システム容量1kWあたりの年間推定発電量1,188kWh/kW(大阪市、パワー コンディショナ:VBPC255A4の場合)2013年5月現在。一般社団法人太陽光発電協会基準「年間推定発電量計算式」に基づく。
  2. *HITはパナソニックグループの登録商標であり、オリジナル技術です。

【お問い合わせ先】

お客様ご相談センター
フリーダイヤル 0120-878-365(代表 受付9時〜20時)
パナソニック 住宅用太陽光発電システム ホームページURL:http://sumai.panasonic.jp/solar/

【特長】

(1)標準サイズモジュールの出力、変換効率がさらにアップした「HIT240α/245α」で面積(m²あたり)でもシステム容量(kWあたり)でも発電量トップクラス(※4)

新発売の「HIT240α/245α」では、薄膜アモルファスシリコンと単結晶シリコンウエハの接合技術の改善などにより、HIT太陽電池セルをさらに最適化。「HIT245α」では、公称最大出力245W、モジュール変換効率19.1%(※3)を達成しました。
また、「HIT」独自のハイブリッド構造により、夏場の高温時にも出力低下を抑えることができるので、限られた面積で高い年間発電量を得ることが可能です。
フレームには「ウォータードレインコーナー」を採用し、汚れがたまりにくい形状になっています。

(2)「HITハーフタイプ120α」の設置方法が「4工法6方式」へ拡大し、さまざまな屋根に設置可能

新発売の「HITハーフタイプ120α」では、当社従来品のハーフタイプに比べて、屋根材の適用範囲が広がり、陶器瓦、金属屋根にも設置可能となりました。据付方式の拡大により、パネルを屋根の野地に直接設置する当社独自の「野地ぴたFタイプ」も選択できます。標準サイズのモジュールに組み合わせることで、標準サイズモジュールだけでは無駄になってしまうスペースにおいても太陽電池の搭載が可能になり、より多くの発電が期待できます。

  1. ※5:【発電電力の1日の変化の試験条件】○神戸市 2007年7月24日 南向き 傾斜30度 ○同じシステム容量にて比較 ○試験実施機関:パナソニック株式会社
  2. ※6:【温度による効率変化について】このグラフは25℃の時の発電電力を1.0とした時の出力比の効率変化を表したものです。
  3. ※7:適用可能なアスファルトシングル材はお問合せ下さい。
  4. ※8:金属横葺きの場合、100mm以上のフラット部(野地板と接しているところ)が必要です。なお、金属横葺き屋根専用アンカー方式(70mm)は対応できません。

■仕様一覧

商品名 HIT240α
HIT245α 受注生産品
HITハーフタイプ120α
品番 VBHN240SJ21 VBHN245SJ21 VBHN120SJ21
公称最大出力 240W 245W 120W
モジュール変換効率 18.7% 19.1% 18.1%
公称最大出力動作電圧 43.6V 44.3V 21.8V
公称最大出力動作電流 5.51A 5.54A 5.51A
公称開放電圧 52.4V 53.0V 26.2V
公称短絡電流 5.85A 5.86A 5.85A
外形寸法
(幅×奥行×高さ)
1580×812×35mm 1580×812×35mm 818×812×35mm
質量(kg) 15.0kg 15.0kg 8.0kg

RSS