プレスリリース

2009年11月25日

パナソニック株式会社
パナソニック電工株式会社
SEAS-NVE

パナソニック及びパナソニック電工は、
デンマーク電力会社(SEAS-NVE社(※1))と共同でスマートグリッド(※2)
連携ホームエネルギーマネジメントシステムの実験を開始。
デンマークでCOP15(※3)にあわせてデモ展示(※4)も実施




パナソニック株式会社、パナソニック電工株式会社とデンマークの電力会社SEAS-NVE社は、共同でデンマークにおいて、SEAS-NVE社が展開するスマートグリッド・スマートメータと連携したホームエネルギーマネジメントシステムの実験を12月1日より開始します。実施する実験内容は、電力消費の見える化、センサーによる照明制御・暖房機器制御、創エネ・蓄エネ連携などです。

また、デンマークのコペンハーゲンで開催されるCOP15にあわせて、SEAS-NVE社の展開するスマートグリッドの取り組みと今回実施する実験内容、パナソニックの環境取り組み(※5)などモデルハウスにてデモ展示紹介を行います。

SEAS-NVE社は、すでに、デンマークのロラン島にて、洋上の風力発電の余剰電力により水素を発生させ、その水素を活用した燃料電池による給湯・暖房の実証実験などの先進的取り組みを実施しています。このたびSEAS-NVE社は、スマートグリッドへの取り組みとして全ユーザに対し、スマートメータ(※6)の設置を計画し、すでに2009年5月より設置を開始しています。
このスマートメータと連携してパナソニック電工のホームエネルギーマネジメントシステム「ライフィニティ(※7)」によるエネルギーマネジメントの実験を開始します。

■SEAS-NVE社とパナソニック・パナソニック電工連携による実験内容

*2009年12月1日より、スマートメータとライフィニティ連携の実験開始

<第1ステップ>

  • 電力消費の見える化
  • センサーによる照明器具の省エネ制御
  • 照明器具や各種機器の遠隔制御

<第2ステップ>

  • センサーによる暖房機器の省エネ制御
  • 創エネ・蓄エネ機器連携活用

■SEAS-NVE社のスマートグリッド実証実験の経過

(1) 1990年からロラン島の洋上風力発電設置開始
(現在75基、ロラン島全体の150%の電力供給)
(2) 2008年から風力発電での余剰電力で水素を生成し、燃料電池で暖房・給湯供給の
実証実験を開始(現在5家庭⇒将来35家庭へ拡大予定)
(3) 2009年5月よりスマートメータを各家庭に設置開始、
2011年に全顧客世帯(約35万所帯)設置完了予定

【お問い合わせ先】

パナソニック電工株式会社情報機器事業本部TEL:06-6908-1131(大代表)


(1)SEAS-NVE社の取り組み

(1)風力発電

 

(2)電気分解で水素生成

 

(3)水素貯蔵

(6)各家庭にスマートメータ設置
(5軒で実証実験⇒35軒に拡大予定)

 

(5)燃料電池で給湯・暖房

 

(4)水素をパイプラインで家庭へ分配

       

(2)パナソニック・パナソニック電工・SEAS-NVE社によるホームエネルギーマネジメント
システム実験及びCOP15でのデモ展示

ホームエネルギーマネジメントシステム導入実験
(2009年12月から実験開始予定)

■実験概要図

(※1)

SEAS-NVE社:

1912年設立のデンマーク第2位の送電・配電の電力会社で、顧客加入者数35万顧客。
デンマークロラン島の風力発電からの水素プロジェクト展開などEUにおける再生エネルギー活用促進の中で、デンマークは他国に先駆けて各種の取り組みを実践。

(※2)

スマートグリッド:

IT技術を活用したインテリジェントな送・配電網で、電力検針の効率化から再生エネルギー活用拡大にともない、従来の火力・水力・原子力発電などの集中発電から再生エネルギー(太陽光・風力発電など)を活用した分散発電の電力管理を行う。

(※3)

COP15:

COPは、締約国会議(Conference of Parties)の略です。COPは、国連気候変動枠組条約(UNFCC)を受けて設置された会議で、年に一度、各国の環境に関わる省庁の大臣が集まり、同条約の成果について話し合います。2009年のこの会議は、第15回で12月7日から18日までの2週間にわたり、デンマークの首都コペンハーゲンで行われる予定です。会議の目的は、京都議定書に定めのない2013年以降の地球温暖化対策を決定し、各国の同意を求めることにあります。

(※4)

デモ展示:

COP15に合わせ、モデルハウスにてデモ展示紹介

場所 デンマーク ソーレ
期間 2009年12月7日〜12月18日

(※5)

パナソニックの環境に対する取り組み:

当社は、「地球環境への配慮無くして企業の存続はない」との強い認識で事業活動に取り組んでいます。2007年には「エコアイディア戦略」を発信し、収益を伴った着実な成長と環境負荷削減の両立をめざした経営を進めています。グローバル全生産拠点から排出されるCO2を2009年度に2006年度比で30万トン削減することをコミットメントし、徹底して省エネ商品をご提供する「商品のエコアイディア」、すべての生産プロセスのCO2を削減する「モノづくりのエコアイディア」、環境活動をグローバルに展開する「ひろげるエコアイディア」を重点取り組みとして推進しています。2009年には省エネ・創エネ・蓄エネを活用し、3年から5年後に「家まるごとCO2±0(ゼロ)のくらし」を実現する「エコアイディアハウス」を設立しました。今後は、全事業活動の基軸にエコを置き、「心豊かで持続可能なくらし」の実現に貢献して参ります。

(※6)

スマートメータ:

双方向通信機能や機器の管理機能をもつ高機能の電力量計及びそのシステム

(※7)

ライフィニティ:

パナソニック電工が展開するホームネットワークシステム。
ライフィニティECOマネシステムは、電気使用量の見える化を核にしたホームエネルギーマネジメントシステムで新築住宅中心に展開を実施している。

■ご参照:

日本で展開する「ライフィニティ」システム図
(電気使用量の見える化を核に新築住宅中心に展開)

以上