プレスリリース

2006年7月12日

新『PEAKS』で、残像を低減したくっきり鮮やかで深みのある映像を実現

地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ
「VIERA(ビエラ)」 LX65シリーズ2機種を発売

『VIERA Link』搭載により、ビエラのリモコン1つでディーガ(*1)、AVアンプ(*2)を快適操作


(約80KB) TH-32LX65(TH-32LX65 約78KB) TH-26LX65(TH-26LX65 約74KB)

品名 地上・BS・110度CSデジタル ハイビジョン液晶テレビ
品番 TH−32LX65 TH−26LX65
サイズ 32V型 26V型
本体希望小売価格(税込) オープン価格 オープン価格
発売日 9月1日
月産台数 25,000台 15,000台

パナソニックマーケティング本部は、高画質システム新『PEAKS』に、広視野角(上下左右178度(*3))『IPSαパネル(*4)』、残像を低減する「クリアフォーカス動画」、映像に奥行き感を広げる「クリアピクチャー」などを搭載し、地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ「VIERA(ビエラ)」LX65シリーズ2機種を9月1日より発売します。

本モデルは、上下左右からだけでなく斜め上、斜め下から見ても色が薄くならない『IPSαパネル(*4)』を搭載。ハイコントラストで、様々な角度からも、よりキレイな映像をお楽しみいただけます。また、従来から好評の、動画ボヤケを大幅に低減し動きの速い映像もくっきり描写する「クリアフォーカス動画」、コントラスト感を高め奥行き感を広げる「クリアピクチャー」なども搭載。くっきり色鮮やかで深みのある映像美を実現しました。

また、簡単操作が大変好評の『VIERA Link(ビエラ リンク)』も搭載。対応するディーガ(*1)やAVアンプ(*2)とHDMIケーブルで接続すれば、ビエラのリモコン1つで、ディーガ(*1)などを操作することができます。例えば、ディーガ(*1)に録画した番組を見る時や、5.1chサラウンドに音声を切り換えたい時なども、ビエラのリモコン1つで、快適に操作可能です。さらに、大きなボタンや見やすい文字など、ユニバーサルデザイン思想を採り入れた好評の「新らくらくリモコン」や、画面で操作手順を手軽に確認できる「ビエラ操作ガイド」など、徹底して「見やすさ」、「使いやすさ」を追求しました。

当社は、液晶の弱点とされる動画性能、視野角特性を克服するとともに、ラインナップを拡充し、薄型デジタルテレビ市場を牽引してまいります。

  1. 『IPSαパネル(*4)』 搭載の 新『PEAKS(ピークス)』 で くっきり鮮やかな映像表現
  2. リモコン1つで快適操作 『VIERA Link(ビエラ リンク)』搭載
    ・VIERA(ビエラ)のリモコン1つで、ディーガ(*1)やAVアンプ(*2)を簡単操作
  3. 使いやすく簡単・便利な機能を満載
    ・デジタルカメラ写真(JPEG)再生<写真モード新設>・「電子操作ガイド」・「テレビ番組ガイド」・
      「Tナビ」・「新らくらくリモコン」
*1:DMR-EX550、EX350、EX250V、EX150、2006年7月12日現在。ビエラリンクで出来ない操作もあります。*2:SU−XR57、2006年7月12日現在。ビエラリンクで出来ない操作もあります。*3:JEITA測定法による。コントラスト比10:1が確保できる角度。*4:IPSアルファテクノロジ社製のパネル名称。

【お問い合わせ先】

お客様   お客様ご相談センター    フリーダイヤル 0120-878-365 (受付9時から20時)
ホームページURL http://viera.jp

【発売の背景と意図】

液晶テレビは、プラズマテレビと共にレイアウトフリーを実現する薄型テレビとして、需要が急速に拡大しています。大画面化、高精細化、低価格化も進み、国内における10V型以上の液晶テレビの国内市場規模は、2006年度は約560万台(当社推定)と見込まれ、急激にブラウン管から薄型テレビへの需要が拡大、主力のカテゴリーとなっています。
こうした中、当社は、本製品を液晶テレビの弱点である視野角、動画をカバーした高画質ベーシックモデルとして、薄型テレビのラインナップを拡充し、積極的に市場に提案してまいります。

【特長】

1.『IPSαパネル(*4)』 搭載の新『PEAKS(ピークス)』でくっきり鮮やかな映像表現

(1)設置場所を選ばない!『IPSαパネル(*4)』搭載

広視野角(上下左右178度(*3))で好評のIPSパネルをさらに進化させた『IPSαパネル(*4)』を搭載。
斜めから見ても正面から見る色との差が少なく、色が薄く見えないので、設置場所を選びません。
さらに、『IPSαパネル(*4)』では、斜め上・下45度方向からみた時のコントラスト比の低下率を従来品(LX500)比約20%良化させるとともに、正面から見たコントラストも従来品(LX500)比10%以上向上させています。

(2)『クリアフォーカス動画』で動画もくっきり

当社は、液晶テレビの動画ボヤケ低減に早くから積極的に取り組み、液晶パネル自体の応答速度の 改善や映像信号のオーバードライブなどの取り組みをしてきました。
しかしながら、液晶デバイスは次の映像信号が来るまで直前の映像を表示し続ける特性(ホールド表示)があるため、パネル自体の応答速度改善やオーバードライブの手法だけでは動画残像の低減には限界がありました。仮に、応答速度が限りなく0msecに近いパネルを使用したとしても、原理的に動画ボヤケは発生してしまいます。
当社では従来のLX500シリーズから好評の『クリアフォーカス動画』により、動画残像の原因となる映像のホールド時間を低減させ、動画ボヤケを大幅に低減させています。これにより、液晶テレビでも、動きの速い映像もくっきり描写することが可能になりました。
例えば、テレビの“人が歩く速さ(テレビの端から端まで4秒間で物体が移動速度)”における視覚的動画解像度は、従来のモデル(当社従来品LX30)においては、約70%も低下してしまいます。本モデルLX65には「クリアフォーカス動画」を搭載しているので、低下率は23%となり、動きのある映像もより高精細に映し出すことができます。
この『クリアフォーカス動画』は、「フレームクリエーション」 「バックライトスキャン」 から構成されます。

(1)「フレームクリエーション」

当社独自の動きベクトル解析技術を用い、前後の映像フレーム(コマ)から新たに映像コマを作成・補間することで、動画残像の原因となるホールド時間を短くし、残像を低減します。
※図は概念図です。
通常テレビは1秒間に60フレーム(コマ)を表示する為、液晶テレビのホールド時間は1/60秒(約16.7ミリ秒)になります。
『フレームクリエーション』では動画残像の原因となるホールド時間を短くする為に、映像コマを60コマ/秒⇒90コマ/秒に増やし、ホールド時間を約30%短縮して1/90秒(約11.1ミリ秒)にします。

(2)「バックライトスキャン」

各映像コマ間でバックライトの一部を順次消灯させることで、残像を低減します。
※図は概念図です。
コマとコマの間にバックライトを消してホールド時間をさらに約30%短縮させます。

『フレームクリエーション』と『バックライトスキャン』の効果を合わせて ホールド時間をさらに7.8ミリ秒(11.1ミリ秒×70%)にしました。

(3)「クリアピクチャー」で色鮮やかで奥行き感のある映像表現

「クリアピクチャー」は、液晶テレビが苦手とする深みのある鮮やかな映像表現を実現する当社独自の
技術です。1フィールドごとの制御に加え、さらにきめ細やかに絵柄毎の制御を行い、奥行き感のある 鮮明な映像を再現します。

「クリアピクチャー」は、以下の技術で構成されています。

●「コントラストマネジメント」で深みのある映像表現

1フィールドごとの制御に加え、新開発の「コントラストマネジメント」は、前後の映像との整合を図りながら絵柄ごとの制御を行い、最適なコントラストに調整します。
これにより、映像全体の奥行き感を向上させます。

●新「液晶ビビッドカラークリエーション」でさらに鮮やかな色表現

上位モデルのLX600にも搭載している新「液晶ビビッドカラークリエーション」を搭載。従来(LX500シリーズ)の約3倍の色空間で色あいと明るさを独立に検出し、自然な肌色の再現に加え、赤と青の色再現性を向上しています。さらに、赤色については、LX600と同じく液晶パネルに高演色カラーフィルターを採用。紅でも朱色でもない一層深みのある赤色を実現しました。これにより、澄んだ青色などとあわせ、鮮やかな色表現をお楽しみいただけます。

●「サブピクセルコントローラー」で鮮鋭感が向上

ノイズを抑えながら鮮鋭感を向上させる「2次元エンハンサ」に加え、細かい画像領域での鮮鋭感を向上させるため、1ドット単位でのエンハンサ(輪郭補正)技術「サブピクセルコントローラー」を引き続き採用。1画素(1画素=赤、緑、青の3ドット)単位でのエンハンスに比べ、3倍の精度で制御するので、原理上、水平解像度が視覚的に約30%向上し、細やかなシーンもクッキリ描写します。

(4)「アドバンスト液晶AI」 で ハイコントラスト映像を実現

「アドバンスト液晶AI」は、液晶ディスプレイの輝度とコントラストを左右する「バックライトの明るさ」と「液晶パネルの光シャッターの開口度合い」を、シーンに応じてリアルタイムに連動させて制御する当社独自の技術です。暗いシーンでは、光量そのものを最大約3分の1まで低減させるので、引き締まった「黒」再現を実現しています。
「アドバンスト液晶AI」は、以下の技術で構成されています。

●リアルタイムシーン検出

画面全体の情報を一画素単位でピックアップ。最大・最小輝度、明るさの平均値、輝度分布などの映像情報を高速演算し、1フィールドごとに映像シーンの特徴をリアルタイムに検出します。

●シーン適応型バックライト制御

検出した映像シーンの特徴に応じて、バックライトの明るさをリアルタイムに制御。暗いシーンでは、バックライトを制御し、光量そのものを最大約3分の1まで低減させます。この技術でにより、一層引き締まった黒を表現するとともに、電力ロスを低減。バックライトを明るくする必要のない暗いシーンにおいては、消費電力を最大約50%低減させることができます。

●シーン適応型コントラスト・ガンマ補正

検出した映像シーンの特徴に適した階調性、色の濃さとなるよう、リアルタイムにガンマカーブを補正。黒潰れ、白飛びを抑えた細やかな階調性を実現し、ハイコントラストで鮮明な映像を実現します。

(5)「インテリジェントエンハンサー」で、 映像のディテールまで繊細に表現

映像パターンを高い精度で検出し、多様な映像パターンそれぞれに適したデジタル画像処理を行います。また、高度な補正技術を導入することにより、文字の輝きから木々の葉一枚一枚の細やかな表現に至るまで、自然でくっきりと切れ味のよい映像表現を実現します。

(6)デジタルゴーストリダクションで地上波も高画質で再現

地上アナログ放送電波のゴースト除去基準信号を検出し、都市部や山間部に多いゴースト障害を大幅に低減するとともに、色ゴーストなども最低限に抑えることで、クッキリした輪郭の鮮鋭度の高い見やすい映像を再現します。

2.リモコン1つで快適操作 『VIERA Link(ビエラ リンク)』搭載

本シリーズは、快適操作が好評の 『VIERA Link(ビエラリンク)』 を搭載しました。
『VIERA Link』とは、ビエラと対応する機器をHDMIケーブルで接続することで、デジタル伝送による高画質・高音質をお楽しみいただけるとともに、ビエラのリモコン1つで、「録る」、「見る」、「聴く」の操作を簡単に行うことができる、パナソニックならではの快適ソリューションです。一般的に、テレビ、DVDレコーダー、AVアンプの操作には3つのリモコンが必要ですが、『VIERA Link』なら、ビエラのリモコン1つで快適な操作が可能です。
また、配線もディーガ(*1)とならHDMIケーブル1本だけ、AVアンプ(*2)を含めても、わずか3本だけなので、どなたでも簡単に行うことができます。
『VIERA Link』で行える代表的な操作は下記の通りです。下記以外にも『VIERA Link』では、簡単操作で、快適なAVライフをお楽しみいただけます。

[1]ビエラのリモコンで 録る!

●ビエラで見ている番組をディーガで録画する
ビエラリモコンの「サブメニュー」ボタンを押し、「見ている番組を録画」を選ぶだけの、わずか2回の操作で、ディーガ(*1)への録画が開始されます。 この2回の操作で、ディーガ(*1)の電源オンや録画チャンネルの選局などの操作が全て自動で行なわれます。

●ビエラのリモコンで、ディーガの録画予約する
ビエラの番組表を表示して、録画したい番組を選ぶだけで簡単に録画予約ができます。『VIERA Link』なら、従来のIrシステムケーブルによる録画予約と異なり、ケーブルの設置方法などの問題で録画予約を失敗することもありません。

[2]ビエラのリモコンで 見る!

●ディーガに録画した番組を見る
ビエラリモコンの「操作一覧」ボタンを押し、「ディーガを操作する」を選ぶだけで、自動的にディーガ(*1)の電源が入り、テレビの入力切り換えも行われます。あとは「再生する」を選び、見たい番組を選ぶだけで、録画した番組をすぐに楽しめます。
この操作画面からはディーガ(*1)のほとんどの操作を行うことができ、ビエラとディーガ(*1)があたかも1つの機器であるかのように操作することができます。

●ディーガでDVD再生して見る
ビエラリンクなら、ディーガ(*1)のディスクトレイを開け、DVDビデオディスクをセットし閉じるだけで、リモコンの操作をしなくても、DVDビデオの映像と音声をビエラから自動的に出すことも可能です。ビエラの電源ONや入力切替など面倒な操作も不要なので、とても簡単にお楽しみいただけます。

[3]ビエラのリモコンで 聴く!

●5.1chサラウンドを楽しむ
ビエラリモコンの「操作一覧」ボタンを押し、「音声をAVアンプから出す」を選択するだけで、音声が自動的にサラウンドシステムに切り換わり、迫力のサウンドを楽しめます。AVアンプ(*2)の電源オンや音声出力切り換えも自動で行なわれ、ビエラからの音声も消音されるので、簡単にサラウンドシステムを楽しめます。また、ビエラリモコンの音量ボタンでAVアンプ(*2)の音量を調整できるほか、ビエラリモコンの消音ボタンでAVアンプ(*2)の消音もできるので、音量の調節もリモコン1つの操作で可能です。

●全ての電源を切る
見終わったとき、ビエラリモコンで電源をオフにすると、ディーガ(*1)、AVアンプ(*2)の電源も連動して自動的にオフになります。今までのように3つのリモコンで1つ1つ電源をオフにする必要がなく、電源の切り忘れも防げるので、とても便利です。

3.使いやすさを追及した簡単・便利機能を搭載

(1)デジタルカメラ「ルミックス」などで撮影した写真を大画面で簡単に楽しめる「デジタルカメラ写真再生」

写して、映す。テレ写

「ルミックス」などのデジタルカメラなどで撮影し、SDメモリーカードに保存した写真(JPEG静止画(DCFフォーマット準拠))を、テレビの画面で簡単に表示できます。さらに、当社「ルミックス(*5)」で撮影した16:9モードの写真なら、テレビのWIDE画面に16:9の画角で表示でき、家族揃って写真を見る楽しみも広がります。また、テレビ画面で1枚づつ画像をお楽しみいただけるほか、2回の操作でスライドショー再生もできます。
さらに、本シリーズでは、新たに映像モードに「写真モード」を搭載。写真画像をテレビで、より一層キレイにお楽しみいただけます。

*5: DMC−F1,F7,FX1,FX2,FX5,FX7,FX8,FX9,FX01,LX1,FZ10,FZ20,FZ30,FZ1,FZ2,FZ3,FZ5,FZ7,LC1,
LC33,LC40,LC43,LC70,LZ2,LZ5,LS1,LS2,TZ1。2006年7月12日現在。

(2)4つの放送に対応した 見やすく、使いやすい「テレビ番組ガイド(EPG)」

4つの放送(地上・BS・110度CSデジタル、地上アナログ放送)に対応した「テレビ番組ガイド(EPG)」を搭載し、受信できる全ての放送の番組表を表示することができます。また、表示チャンネル数を3・5・7・9チャンネル分とお好みに応じて切り換えられるほか、最大8日間分まで番組表の表示が可能です。さらに、「ジャンル検索」に加え、「キーワード検索」「人名検索」でも番組検索が可能なので、見たい番組の検索や録画予約が大変便利です。番組表から直接、もしくは検索画面から、ビデオデッキやDVDレコーダーへの録画予約も簡単に行うことが可能です(*6)
さらに当社製DVDレコーダー「DIGA」との組合せなら、録画予約時に「番組タイトル」も同時記録できるので、手動でタイトル入力する面倒な手間も省け、録画した番組の再生や整理の際に非常に便利です(*7)
*6: 付属のIrシステムで赤外線信号伝送によるタイマー予約と連動予約の録画予約が可能。タイマー予約機能は95年以降発売の当社製タイマー予約機能付ビデオデッキ(NV-WV1、NV-WV10、NV-HV61、NV-H4Kは除く)、DVDレコーダーに対応。また連動予約機能は、当社・他社製のビデオデッキやDVDレコーダーに対応。一部対応しない機種もあります。
*7: G GUIDE2003年3月発売以降の「DIGA」(DMR-E90Hを除く)に対応。ただし番組タイトル情報に、[N][ニ][天]等の外字が含まれていると、DVDレコーダーでは表示されません。
※『Gガイド』とは、米Gemstar-TV Guide International, Inc.が知的財産権を保有する電子番組表(EPG)技術「G-GUIDE」をベースに、(株)インタラクティブ・プログラム・ガイド(IPG)が日本ビーエス放送と提携して日本国内で運用する電子番組表(EPG)サービス。米Gemstar-TV Guide International, Inc.は日本国内におけるGガイドデータ放送をIPG社に委託し、現在地上波アナログ、BSアナログ、地上・BS・110度CSデジタル放送全てをカバーするEPGサービスが行われております。Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは、米Gemstar-TV Guide International, Inc.の日本国内における登録商標です。

(3)テレビのインターネットサービス「Tナビ(*8)」に対応

本シリーズは、デジタルテレビ向けのインターネットサービス「Tナビ」に対応、便利な生活情報サービスを、テレビのリモコン操作ひとつで簡単に楽しめます(詳細は、http://tnavi.net/)。
ニュース・天気・株価・占い・ゲーム・スポーツ・旅行・映画など150を超えるサービス・コンテンツに加えて、オンライン決済機能を完備した「Tナビ」ショッピングや、メール・写真のやりとりやアルバム保存ができる「Tナビ」メール&フォトも好評です。また、住所や名前の入力を都度行わずに済むように「かんたんワンボタン入力」を採用するなど、より便利で使いやすいサービスへとどんどん進化し続けています。
今後も家族それぞれの生活に役立つ「テレビで楽しむインターネット」としてその量と質をますます充実させる予定です。
また、本シリーズは、LAN端子を装備しているので、昨今普及が進んでいるADSL回線やケーブルインターネット等に接続でき、スムーズな立ち上がりと快適な操作が可能です。

*8: 「Tナビ」をお楽しみいただくには、インターネットサービスプロバイダーとブロードバンド回線業者との契約が必要となります。接続可能な回線業者、使用可能機器については、当社webサイト http://panasonic.jp/support/tnavi/connect/index.html でご確認いただけます。

(4)ユニバーサルデザイン視点で使いやすさ抜群の「新らくらくリモコン」

番組表ボタンなど、よく使うボタンを見やすい配色にするとともに、蓋内には、当社DVDレコーダー「ディーガ」の操作ボタンも設けています。
さらに、テレビ画面に「ビエラ操作ガイド」を表示する「ガイドボタン」や、5つの音声モードを切り換えられる「サウンド」ボタンも搭載。また、入力切り換えは画面に全ての入力が表示され、リモコンの上下ボタンや数字ボタンを用いて、簡単に行えます。

(5)操作に迷っても 画面で簡単に操作方法をガイドしてくれる便利な 「ビエラ操作ガイド」 機能

テレビの操作に迷った際、わざわざ取扱説明書を探さなくても、テレビ画面で簡単な操作を確認できる 便利な「ビエラ操作ガイド」機能を搭載しています。
画面表示に沿って、検索項目をリモコンで選択することで、簡単に詳しい基本操作方法が確認できるので大変便利です。

(6)見るコンテンツに適した音場を選べる5つのサウンドモードを搭載

スタンダード、スタジアム、ミュージック、シネマ、ニュースの5つのサウンドモードを搭載。例えば、スポーツを見る時は臨場感あるサラウンドサウンドの「スタジアムモード」で、映画を見る時は重低音を効かせた迫力サウンドの「シネマモード」でなど、見るコンテンツに適したサウンドモードをリモコンボタンでダイレクトに選択できます。
また、低音を補正するモードを新たに搭載。低音が影響を受けやすい壁際に設置した時など、モードを選択することで、人の声もクリアにお聴きいただけます。

(7)1080p入力対応 HDMI端子を1系統装備

1080pの信号にまで対応したHDMI端子を1系統装備、将来にわたって安心してお使いいただくことができます。またこのHDMI端子を通じて『VIERA Link』対応機器の操作が可能になります。

(8)チルト&スイーベル機構対応

本体及びディスプレイ部を前後左右見やすい角度に調節できます(左右各20°前3°後8°)。リビングはもちろん、寝室のベッドサイドや書斎のデスクトップなどで、お好みに応じた設置が可能です。さらに、セットスタンドを外し、別売の金具(TY-WK32LR2(32/26V用) 希望小売価格(税込)21,000円)を使用することにより、壁掛け設置も可能です。

4.コンパクトなニューデザイン

(1)薄さとワイド感が際立つニューフォルム

業界最小(*9)の横幅を実現した、コンパクトなニューフォルム。音孔が目立たないインビジブルスピーカーを採用し、シンプルなスタイルを追求、本体下部にチタン調のオーナメントで高質感も表現しました。また、安定感を高めた据え置き台や埃がたまりにくい天面のフラットスイッチなど、実用性にも配慮しています。

*9:同型のデジタルチューナー内蔵液晶テレビとして。2006年7月12日現在。

(2)安全面での配慮

耐震性に配慮し、転倒防止用バンドを付属しています。

5.環境にも配慮した設計

(1)バックライト寿命6万時間の長寿命(*10)

*10:スタンダードモード時での光源寿命の目安です。

(2)環境に配慮したモノづくり

(1) 環境負荷物質(*11)の不使用(*12)
製品廃棄後の環境負荷物質(*11)による汚染の可能性を抑え、よりリサイクルしやすい製品づくりを進めるために環境負荷物質(*11)を使用していません(*12)
*11 鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、ポリブロモビフェニル(PBB)、ポリブロモジフェニルエーテル(PBDE)。
これらの物質は、RoHS指令で2006年7月からEUで電気・電子機器での使用が禁止されます。
*12 2005年10月末時点で、EUに適用除外申請されている部品については対象外としています。
(2) 無鉛はんだの採用:プリント基板実装に無鉛はんだを採用しました。
(3) 再生紙、植物性大豆油インキの採用:取扱説明書に環境に配慮した再生紙と植物性大豆油インキを採用しています。
(4) 梱包用発泡スチロールの削減:従来32LX500よりも約42%削減しました。

(3)環境に配慮した省電力機能

(1)消費電力切替モード: リモコンで画面メニューの「消費電力−減」を選べば、ピーク輝度を抑制し、消費電力を抑えながら自然な映像を再現します。
(2)無信号自動オフ機能: 10分間無信号状態が続くと自動的に電源が切れます。
(デジタル放送受信時は電源オフにはなりません。)
(3)無操作自動オフ機能: 3時間無操作状態が続くと自動的に電源が切れます。
(4)明るさオート: 部屋の明るさに応じて、バックライトの明るさを自動的に調整するので、節電につながります。さらに、当社独自の「アドバンスト液晶AI」技術との組み合わせにより、コントラスト感を損なうことなく快適にご覧いただけます。

<別売オプション>

品名 品番 発売日 希望小売価格(税込)
壁掛金具(32/26V型) (角度可変) TY−WK32LR2 発売中 21,000円

【需要動向】

地上デジタル放送の開始やDVDのハード/ソフトが浸透する中、10V型以上の液晶テレビの国内市場規模は、2006年度は約560万台の需要が見込まれています。

<国内液晶テレビ総需要推移>   (千台、10V型以上、当社調べ)
2003年度
(実績)
2004年度
(実績)
2005年度
(実績)
2006年度
(見込み)
2007年度
(予測)
1,420 2,700 4,300 5,600 6,500

【主な仕様】

品名 地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ
品番 TH−32LX65 TH−26LX65
サイズ
(アスペクト比)
32V型(16:9) 26V型(16:9)
質量
(テレビスタンド含む)
約20.0kg 約16.5kg
外形寸法 テレビ
スタンド含む
横幅:791mm
高さ:615mm
奥行:300mm
横幅:657mm
高さ:525mm
奥行:300mm
本体のみ 横幅:791mm
高さ:563mm
奥行:108mm
横幅:657mm
高さ:473mm
奥行:108mm
使用電源 AC100V(50/60Hz)
消費電力
(待機時消費電力)(*13)
150W
(リモコンで電源
「切」時 約0.1W)
109W
(リモコンで電源
「切」時 約0.1W)
年間消費電力量(*14) 166kWh/年 128kWh/年
画面有効寸法 横幅:698mm
高さ:392mm
対角:800mm
横幅:576mm
高さ:324mm
対角:661mm
画素数 水平1,366×垂直768
スピーカー フルレンジ:6cm×12cm 2個
音声実用最大出力 総合20W(JEITA)
受信チャンネル VHF:1-12ch UHF:13-62ch 地上デジタル:000-999(CATVパススルー対応)(*15)
BSデジタル:000-999 110度CSデジタル:000-999 CATV:c13−c38ch
接続端子 ・地上デジタル入力端子、地上アナログ入力端子、BS・110度CSデジタル−IF入力端子
・HDMI端子:1端子
・D4端子:2系統2端子
  音声入力(左、右)2系統
・ビデオ入力:4系統4端子
  (S2映像入力:3系統3端子)
  音声入力(左・右):4系統
・モニター出力:1系統1端子(S2モニター出力:1系統1端子)
  音声出力(左・右):1系統
・光デジタル音声出力端子
・Irシステム端子
・ヘッドホン/イヤホン端子
・モジュラー端子(電話回線)2400bps
・LAN端子(10BASE-T)
主な同梱物 リモコン、電池、取扱説明書、B-CASカード、各種申込書、Irシステムケーブル、モジュラーケーブル、モジュラー分配器、F型接栓、転倒防止用部品一式など
*13: 待機時消費電力はリモコン電源オフ時。
*14: 「エネルギーの使用の合理化に関する法律」(省エネ法)に準拠。スタンダードモードを標準状態として測定。
*15: 本機ではワンセグ放送は受信できません。

以上