2017年11月20日

工場や制御盤内などの高温な環境下でも、60度まで対応可能

レイヤ2(※1)スイッチングハブ「EMiシリーズ」3機種を発売

ファンレス設計でより静かに

PN28240i (GA-EMi22T)、PN28160i (GA-EMi14T)、PN28080i (GA-EMi8T)

品名 GA-EMi22T GA-EMi14T GA-EMi8T
品番 PN28220i PN28140i PN28080i
希望小売価格
(税抜・工事費別)
97,800円 79,800円 60,000円
発売日 2018年1月 2018年1月 2018年1月
販売目標 200台/2018年度 300台/2018年度 200台/2018年度

パナソニック株式会社の100%出資連結会社であるパナソニックESネットワークス株式会社(本社:東京都港区 社長:村瀬耕太郎)は、動作環境温度が60℃でも対応ができ、かつ、騒音のないファンレス設計の、レイヤ2(※1)スイッチングハブ「EMiシリーズ」全3機種を2018年1月に発売します。

本製品は工場や盤内など、一般オフィス向けのスイッチングハブが使用できないような高温で過酷な環境下でも60℃まで動作が可能です。また、ファンレス設計にすることで騒音を減らすだけでなく、本体の電子回路の小型化により本体もコンパクトになり、盤内などの狭い場所にも設置が可能となりました。さらに、ループ接続(※2)が起きると、該当するポートをLEDで知らせるとともに、そのポートのみシャットダウンする「ループ検知、遮断機能」を搭載。その他、3つの認証機能(MACアドレス認証機能(※3)、WEB認証機能(※4)、IEEE802.1Xユーザ認証機能(※5))や、ポート単位で複数の認証が可能な「トリプル認証」にも対応することで、よりセキュアなネットワークの構築を可能としました。

当社は今後も、スイッチングハブを核としたお客様に最適なソリューション、ネットワーク機器・サービスを提供していきます。

<特長>

  1. 動作環境温度60℃まで対応、高温な環境下でも動作可能
  2. ループ接続(※2)によるネットワーク障害を最小限に抑える「ループ検知、遮断機能」を搭載
  3. 豊富な認証機能により不正なアクセスを制限、より強固なセキュリティの確保を実現
  • ※1 レイヤ2スイッチングハブ:ネットワーク上の機能を表現するOSI参照モデルにおいて、IPなどのレイヤ3(ネットワーク層)のプロトコルを使ってデータ(パケット)の転送処理を行う装置
  • ※2 ループ接続:ネットワークをループ状に接続すること。ループ接続をしてしまうと、環状の部分でパケットがぐるぐる回ってしまうため、ネットワークに負担がかかり、ネットワークがダウンしてしまいます
  • ※3 MACアドレス認証:パソコン等に内蔵のネットワークカード(ポート)が持つ固有のMACアドレスをアクセス制御に利用する認証方式
  • ※4 WEB認証:Webブラウザによるユーザ認証。さまざまな端末が混在した環境でもユーザー認証が可能
  • ※5 IEEE802.1Xユーザ認証:ネットワーク内のユーザ認証の方式を定めた規格。認証されたユーザのみ通信を許可

【お問い合わせ先】

パナソニックESネットワークス株式会社 マーケティングセンター
電話:03-6402-5301(受付(平日のみ) 8:30~17:00)

【特長】

(1)動作環境温度60℃まで対応、高温な環境下でも動作可能

本製品は工場や、機械・生産ラインを制御・操作するための各種電気機器を納めた制御盤内など、一般オフィス向けのスイッチングハブが使用できないような高温で過酷な環境下でも60℃まで動作が可能です。また、ファンレス設計にすることで騒音を減らすだけでなく、本体の電子回路の小型化により本体もコンパクトになり、盤内などの狭い場所にも設置が可能となりました。

(2)ループ接続(※2)によるネットワーク障害を最小限に抑える「ループ検知、遮断機能」を搭載

本製品は、スイッチ配下でループ接続が起きると、該当するポートをLEDで知らせるとともに、そのポートのみシャットダウンする「ループ検知、遮断機能」を搭載。ループ障害を最小限に抑え、現場対応の迅速化が図れます。また、LED表示をループヒストリーモードにすると、ループ接続(※2)が発生したポートをループ解消後3日間LEDで表示します。ネットワーク管理者がループ接続(※2)が発生したポートを特定できるので、障害の原因究明、対策実施に役立ちます。


<ループ検知・遮断機能のイメージ>

(3)豊富な認証機能により不正なアクセスを制限、より強固なセキュリティの確保を実現

本製品は標準で、MACアドレス認証機能(※3)、WEB認証機能(※4)、IEEE802.1Xユーザ認証機能(※5)を搭載しているため、不正ユーザや不正PCの社内システムへの不正接続を遮断できます。
通常はパソコンやタブレット端末などのMACアドレスを使用した認証方式(MACアドレス認証(※3))により端末のアクセスを制限できます。しかし、これだけでは不正ユーザが認証許可された端末を使用すると社内システムに接続できるため、ユーザ認証機能(WEB認証機能(※4)、IEEE802.1Xユーザ認証機能(※5))により不正ユーザのアクセスを制限することで、より強固なセキュリティの確保を可能としました。また、ポート単位で複数の認証が可能な「トリプル認証」にも対応しています。


<トリプル認証>

【ご参考】

■仕様一覧

品名 GA-EMi22T GA-EMi14T GA-EMi8T
品番 PN28220i PN28140i PN28080i
ポート 10/100/1000BASE-T×24ポート
SFP拡張スロット×2ポート
(排他)
10/100/1000BASE-T×16ポート
SFP拡張スロット×2ポート
(排他)
10/100/1000BASE-T×8ポート
SFP拡張スロット×1ポート
動作環境温度 0~60℃ 0~60℃ 0~60℃
消費電力・電源・定格 定常時最大 14.8W
(AC100V 50/60Hz)
定常時最大 11.7W
(AC100V 50/60Hz)
定常時最大 5.9W
(AC100V 50/60Hz)
質量{重量} 2,300g 2,200g 1,100g
サイズ(mm) 幅330×高44×奥行230 幅330×高44×奥行230 幅210×高44×奥行130

以上