2017年10月13日

i-PRO(アイプロ) EXTREME(エクストリーム) シリーズ ネットワークディスクレコーダー
WJ-NX300シリーズを発売

i-PRO EXTREME シリーズ ネットワークディスクレコーダー WJ-NX300シリーズ

品名 ネットワークディスクレコーダー カメラ拡張キット RAID拡張キット
品番 WJ-NX300シリーズ
全4品番
WJ-NXE30JW
WJ-NXE31JW
WJ-NXR30JW
本体希望小売価格 オープン価格
発売時期 2018年1月

パナソニック株式会社は、本年3月に発表したセキュリティシステム i-PRO(アイプロ) EXTREME(エクストリーム) シリーズの新製品としてネットワークディスクレコーダー WJ-NX300シリーズを 2018年1月より発売します。

レコーダーの基本的な役割として、カメラが捉えた映像をもれなく記録、その映像を指定された期間保存し、いつでも再生できる環境を提供することが求められます。本シリーズは、レコーダー単体でRAID(1/5/6)を構成※1し、録画データを正確に保持して安心して運用できる環境を提供することができます。RAIDによる運用でも、書込み、再生のパフォーマンス低下を防いでいます。例えば消耗品であるHDDに障害が発生した場合でも、記録を止めたり、記録済の映像を消失させることなく、最短の時間で復旧することができます。接続できるカメラは最大32台※2、HDD容量は最大88TB※3までの運用が可能で、金融機関など、高解像度で長期間の映像データの保存が求められる環境での活用を推奨する製品です。

当社は、今後もセキュリティ関連製品をさらに強化し、ますます多様化・進化するお客様のニーズにあったさまざまなソリューションを提供していきます。

<主な特長>

  1. 「簡単操作・簡単設定(PCレス)」、最大88TBの大容量HDD
  2. RAID1/5/6に対応、高速復旧を実現する「TURBO-RAID」機能(オプション、別売)
  3. 高い信頼性をもつレコーダー本体設計
  4. 「リアルタイム顔照合機能」を搭載可能(オプション、別売)
  • ※1:RAID拡張キット(オプション、別売)が必要。
  • ※2:標準仕様のカメラ接続台数は9台迄です。カメラ拡張キット(オプション、別売)の追加で最大32台まで拡張可能。
  • ※3:レコーダー単体に内蔵できるHDDは最大で16TB(WJ-NX300/16)。別売の増設ユニット(WJ-HXE400) 2台の追加で最大88TBを実現。

【お問合せ先】

パナソニック システムお客様ご相談センター
電話 0120-878-410(受付:9時~17時30分<土・日・祝日は受付のみ>)

【主な特長】

1. 「簡単操作・簡単設定(PCレス)」、最大88TBの大容量HDD

・本製品にモニター画面(HDMI接続)、マウス(USB接続)を直接接続し、ネットワークやカメラの設定を行うことができます。パソコンを介すること無く、自動で設定を行う「らくらくスタート」を活用するとネットワークやカメラを自動で認識し、簡単な操作で設定を完了できます。2つのHDMIインターフェースを持ち、メイン、サブの2台のモニターでの運用も可能です。
・接続できるカメラは、H.265対応i-PRO EXTREMEシリーズカメラの他、当社従来シリーズのi-PRO SmartHDシリーズカメラにも対応。標準仕様で9台のカメラが接続でき、別売のカメラ拡張キットを追加することで最大32台のカメラを接続、録画することができます。
増設ユニット(WJ-HXE400、別売)を2台まで接続でき、最大22個のHDDを使用した88TBのシステム構築が可能。カメラの映像を高解像度、長期間にわたって保存することができます。

2. RAID1/5/6に対応、高速復旧を実現する「TURBO-RAID」機能(オプション、別売)

・レコーダー本体にHDD 4台を内蔵し、1台のレコーダー単体でRAID1だけでなくRAID5、6まで組むことができます※4。RAIDにより、消耗品であるHDDに障害が発生しても、映像が完全に消失することを防げます。RAIDシステムを構築した場合でも録画/再生のパフォーマンスを落とすこと無く運用することが可能です。
・HDDに障害が発生した場合でも、復旧にかかる時間、手間を大幅に削減します。(従来機WJ-NV300シリーズとの比較で1/30に短縮)

  • ※4:RAID拡張キット(オプション、別売)が必要。

3. 高い信頼性をもつレコーダー本体設計

・当社独自ファイルシステム(シーケンシャル・アクセス)の採用により、HDDのヘッドを極力動かさないことで負荷を軽減することができ、HDD故障による映像ロスを軽減します。
・電源断検知機能を搭載し、瞬時電圧低下(瞬低)対策目的のUPS設備を導入することなく記録継続ができます。日本国内で発生する瞬低の95%をカバーし、200ms以上の電源断が発生した場合は本体を安全にシャットダウンすることで、HDDの故障を未然に防ぎます。
・レコーダー本体に振動対策を施しています。事務机の上などに設置し、エアコン、周辺を歩く人などの振動を受けても安定して記録を継続できます。※5

  • ※5:地震などの強い振動や衝撃といったすべての振動・衝撃に対して保証するものではありません。

4. 「リアルタイム顔照合機能」※6を搭載(オプション、別売)

・あらかじめ登録した顔をリアルタイム映像の中から検出すると、ブザーを鳴らすなどのアラートを発するとともに画面上に検出結果を表示します。
・映像に写る人の年齢性別を判定し、人数をカウント。どの時間帯にどの場所にどのような年齢、性別の人が集まるのかといった情報を自動で取得可能です。

  • ※6オプション、別売のビジネスインテリジェンス拡張キット(WJ-NXF02JW)が必要です。

5. 「データセキュリティ・高信頼性」:認証局が承認したデバイス証明書を搭載可能(オプション、別売)

・IoT/M2M 化が進む中、大きな課題となりつつある「ハッキング」や「なりすまし」などの「サイバー攻撃※7」対策として、SSL通信、データ暗号(AES256bit)に対応。証明書で世界的シェアを誇るシマンテック コーポレーションと協業し、オプションのセキュア拡張キットを使用することで、「デバイス証明書」の搭載が可能です。i-PRO EXTREMEネットワークカメラとエンドto エンド(入り口から出口まで)で暗号化通信ができるようになり、システムトータルで高いセキュア性を確保します。
・共通脆弱性データベースを元にカメラ、レコーダーの脆弱性対策を行い、巧妙化するサイバー攻撃の脅威に対応します。

  • ※7:DOS 攻撃、中間者攻撃(なりすまし)、データ/ファイル改ざん等・セキュア対応

<品番一覧>

・ネットワークディスクレコーダー WJ-NX300シリーズ

品番 HDD容量
WJ-NX300/4 4TB (1TB x 4)
WJ-NX300/8 8TB (2TB x 4)
WJ-NX300/12 12TB (3TB x 4)
WJ-NX300/16 16TB (4TB x 4)

・RAID拡張キット

品番 概要
WJ-NXR30JW ライセンス追加によりRAID1/RAID5/RAID6機能を使用可能

・カメラ拡張キット

品番 概要
WJ-NXE30JW 接続できるカメラの台数を標準仕様9台から1ライセンス毎に16台、24台、32台に拡張
WJ-NXE31JW ライセンス追加で、接続できるカメラの台数を標準仕様9台から32台に拡張

以上