2017年9月28日

直付けするだけで美しい間接光を実現

建築照明器具 SmartArchi(スマートアーキ) コーニス/コーブ タイプを発売

「建築に自由を与える。」をコンセプトに開発

SmartArchi Float Light Architectural Cornice/Cove Type

品名 SmartArchi (スマートアーキ)
Float Light(導光パネルシリーズ) Architectural Cornice/Cove Type
明るさタイプ LED L1200タイプ LED L600タイプ(連結端専用)
光色 5000K(昼白色)・4000K(白色)・3500K(温白色)・3000K(電球色)
演色性 Ra83
光源寿命 40,000時間(光束維持率85%)
品番数 16品番 8品番
希望小売価格(税抜) 58,000円 53,000円
発売日 2017年10月1日

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は、「建築に自由を与える。」をコンセプトに展開している建築照明器具SmartArchi(スマートアーキ)の品ぞろえを拡充、直付けするだけで美しい間接光を実現する「Architectural Cornice/Cove Type (コーニス/コーブ タイプ)」合計24品番を新たにラインアップし、2017年10月1日より発売します。やわらかな明るさ感が求められる廊下やエレベーターホールのほか、ショーウインドーなどにおすすめです。

フロートライト(導光パネルシリーズ)は、当社独自の導光パネルを採用し、LEDのまぶしさを抑えながら、より建築部材的なデザインで開放的な空間をつくるシリーズです。当社独自の光学設計技術による細かなレンズ(マイクロレンズ)を施した導光パネルで、理想的な配光を実現。新開発のコーニス/コーブ タイプは、直付けするだけで美しい間接光を実現できるため、器具の掘り込み造作が不要で、工期の短縮に貢献します。LEDのまぶしさを抑えながら、やわらかな明るさ感と照度確保を両立。器具連結部は目立たず、すっきりとしたおさまりになり、シームレスで美しい光環境を創出します。

SmartArchiは、ソフトとハードを両翼として、時代が求める快適でエコな光環境を追求していきます。

<特長>

  1. 器具幅わずか80mmで、直付けするだけで美しい間接光を実現。
  2. 当社独自の導光パネルの光学設計により、薄型でも伸びのある配光を実現します。
  3. シームレスで美しい光環境を創出。さまざまな空間に採用いただけます。

【お問い合わせ先】

照明と住まいの設備・建材 お客様ご相談センター
0120-878-709(受付9:00~20:00)
エコソリューションズ社 ライティング事業部 ライティング機器BU 営業推進部
電話:06-6908-1131(代表 受付 9:00~17:30)

【特長】

1. 器具幅わずか80mmで、直付けするだけで美しい間接光を実現。

SmartArchi コーニス/コーブ タイプは、直付けするだけで美しい間接光を実現し、空間に溶け込むデザインの照明器具です。器具幅はわずか80mmで、幕板に照明機能を付加し、建築と同化するノイズレスなデザイン。
一般的な間接照明をつくる際に必要な器具の掘り込み造作が不要で、工期短縮に貢献します。
光源の存在感を感じさせず、見上げても発光面が見えないため、グレア(まぶしさ)がありません。

2. 当社独自の導光パネルの光学設計により、薄型でも伸びのある配光を実現します。

理想的な配光をつくる、当社独自の光学設計技術による細かなレンズ(マイクロレンズ)を施した導光パネルにより、薄型でも伸びのある配光を実現。LEDのまぶしさを抑えながら、やわらかな明るさ感と照度確保を両立します。器具連結部は目立たず、すっきりとしたおさまりになります。

3. シームレスで美しい光環境を創出。さまざまな空間に採用いただけます。

設置方法によって、壁面を照らすコーニス照明や、天井部を照らすコーブ照明として廊下などに。その他、上部を照らすホリゾンタル照明(※1)でショーウインドーのあかりに。また、縦間接照明(※2)でエレベーターホールなどに採用いただけます。

  • ※1、2:ホリゾンタル、縦間接の場合は、安全のため、人が容易に触れない場所でご使用ください。

【SmartArchiについて】

SmartArchiは、「建築に自由を与える。」をコンセプトに、照明設計の科学的な方法論、デザイン、そして光の質という3つの視点から、建築の創造性を大きく広げることを目指す照明器具のシリーズです。統一された光のコンセプト、共有されたデザインテイスト、高い品質で、室内空間からパブリックな空間、そして屋外空間にいたるまで、さまざまな建築空間における統一された照明設計をサポートします。

【ご参考】 SmartArchiのコンセプト

建築に自由を与える。SmartArchi

SmartArchiは、照明設計の科学的な方法論、デザイン、そして光の質という3つの視点から、建築の創造性を大きく広げていく照明を開発していきたいと思います。人が感じる空間の明るさ感を数値化し、これまでの照度による照明設計から輝度で考える照明設計という新しい手法を切り開いたFeu(フー)の開発。LEDのまったく新しい性能を生かしながら建築と一体になれるデザイン。そして先進の光学技術を駆使しながら、人の心に豊かさや感動をもたらす光の質。SmartArchiは、ソフトとハードを両翼として、快適でエコな光環境を追求していきます。建築のひとつの素材でありながらも、むしろ建築に創造のヒントをもたらす存在でありたいと考えます。

Method(方法論)
輝度で考える照明設計を中心において。

省エネを考えながら、いかに効率的で快適な光環境を作っていくか。間接照明、建築化照明などをどうとらえるか。輝度で考える照明設計という新しい手法を時代に先駆けて進めてきました。そのソフトのひとつは、人が感じる空間の明るさ感を数値化するFeu(フー)という指標です。さらに輝度の分散を元に光のメリハリ度を表すV(ヴィー)という新しい指標を開発し、これまで難しかった屋外空間の定量的な雰囲気の設計をも可能にしました。SmartArchiはこのソフトによる科学的なデータを元にその性能と、空間の照明環境を高いレベルまで向上させます。

Philosophy(哲学)
4つのこだわり「光」「デザイン」「素材・品質」「空間」

人の心に快適さや感動を与える洗練された美しい光。エコを実現しながら、同時に最適な光を提供する機能的な光。照射面と発光面のそれぞれについて、高品位な光を先進の技術で追求していきます。また、SmartArchiは、建築と一体になるデザインを目指します。多くの制約を伴うのが建築であり、その制約を共に乗りこえて建築の創造性を広げていくのが照明デザインの役割だと考えるからです。建築へのスムーズな収まりにこだわり、空間の連続性に配慮した器具のあり方を追求しながら、照明の最高峰を目指して素材、品質にも徹底的に追求する姿勢を貫きます。

全体の空間を統一して計画する。

ひとつの建築物には様々なエリアがあります。それぞれの目的に合わせた機能や性能を持ちながら同時にひとつの環境として連続性を生み出していくのも、照明に与えられたテーマです。SmartArchiは、一貫したコンセプトに基づき、室内空間を想定した「Indoor Lighting」建築外構を想定した「Outdoor Lighting」というふたつの製品ジャンルを充実。統一された光のコンセプト、共有されたデザインテイスト、そして品質のクォリティで、さまざまな建築空間における統一された照明設計をサポートします。

以上