2017年7月18日

業界に先駆けて(※1)、全シリーズ(※2)に環境性と省エネ性に優れた新冷媒HFC32(R32)を採用

オフィス・店舗用エアコン新製品
「XEPHY(ゼフィ)」 全5シリーズを発売

かんたん・あんしんサポート「 datanavi(データナビ) 」もサービス開始

オフィス・店舗用エアコン新製品「XEPHY(ゼフィ)」

品名 オフィス・店舗用エアコン「XEPHY(ゼフィ)」
品番数 全5シリーズ合計830品番
希望小売価格(税抜・工事費別) 592,000円~2,912,000円
発売日 2017年10月発売予定

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は、オフィス・店舗用エアコンにおいて、全5シリーズ合計830品番(※2)に、環境性と省エネ性に優れた新冷媒HFC32(R32)を採用した新製品「XEPHY(ゼフィ)」を、2017年10月より発売します。

現在、業務用空調機市場では、新たな省エネ基準や、フロン排出抑制法の施行に伴い、より地球環境に配慮した省エネ性の高い製品が求められています。また、少子高齢化に伴い、施工技術者の人手不足・高齢化により、施工性の向上やサービス面での配慮も不可欠です。

本製品は、新冷媒HFC32(R32)を、「高効率タイプ」「標準タイプ」「寒冷地向け」「冷房専用」「中温用」のすべてのシリーズに採用。業界に先駆け(※1)、オフィス・店舗用エアコンの全シリーズ(※2)の新冷媒化を実現しました。また、標準タイプの「Hシリーズ」では、高効率圧縮機の採用や薄肉熱交換器の採用などによって、室外機の軽量・コンパクト化を実現し、従来品に比べ設置・施工性を大幅に向上しました。

さらに、新製品の発売に合わせて、かんたん・あんしんサポート「datanavi(データナビ)」のサービスを開始します。本サービスは、オフィス・店舗用エアコンのリモコンに、利用者がお手持ちのスマートフォンをかざすだけで(※3)、運転状況や省エネ機能の使い方など、必要とする情報を容易に取得することができます。また、試運転データの自動入手や、施工・サービス時のサポート情報への簡単なアクセスなど、施工者・サービス業者にもお役立ちできる機能を搭載しています。

当社は、本製品により省エネ性・快適性が向上した空間を提供するとともに、今後も、オフィスや店舗における多様なニーズに幅広く対応した製品を提案していきます。

<特長>

  1. 業界に先駆けて(※1)、全シリーズ(※2)に環境性と省エネ性に優れた新冷媒HFC32(R32)を採用
  2. 【標準タイプ:Hシリーズ】室外機の小型・軽量化により、設置自由度・施工性を大幅に向上
  3. 光ID(※4)技術を活用した、かんたん・あんしんサポート「datanavi(データナビ)」により、欲しい情報がスマートフォンで手軽に入手可能
  • ※1:オフィス・店舗用エアコンにおいて。2017年6月現在、当社調べ。
  • ※2:HシリーズP224形・P280形、KシリーズP160形はR410A冷媒。
  • ※3:専用アプリケーションが必要となります。
  • ※4:光ID:パナソニック独自の可視光通信技術。

【お問い合わせ先】

お客様ご相談センター
フリーダイヤル 0120-878-365(受付 9:00~20:00)
空調110番
電話:0570-087-911 (受付:24時間365日)

【特長】

1. 業界に先駆けて(※1)全シリーズ(※2)に環境性と省エネ性に優れた新冷媒HFC32(R32)を採用

地球温暖化防止に向け、2015年4月にフロン排出抑制法が施行されました。フロン排出抑制法では、機器使用者の定期点検や製造業者に対する冷媒GWP値(※5)の本体表示の義務付け、および2020年からのGWP値750未満の総量規制等を定めています。
このような背景の中、本製品では、GWP値(※5)が従来比約1/3のHFC32(R32)冷媒を、業界に先駆け(※1)、オフィス・店舗用エアコン全シリーズ(※2)に採用。環境負荷の低減に貢献します。

  • ※5 GWP:地球温暖化係数(Global Warming Potential)。大気中で100年間にわたって及ぼす温室効果の強さを二酸化炭素との比で表した値。

2. 【標準タイプ:Hシリーズ】室外機の小型・軽量化により、設置自由度・施工性を大幅に向上

少子高齢化により、施工技術者の高齢化や人手不足が進行しています。
標準タイプのHシリーズでは、当社従来品に比べ小型・軽量化を実現した室外機を採用し、この問題に対応します。
P80形では、高効率圧縮機や薄肉熱交換器の採用、冷媒量の低減により、当社従来品比約40%の軽量化で本体重量約39㎏と業界最軽量を実現(※6)。一人での運搬・設置が可能となり、施工技術者不足や、作業の負担軽減に貢献します。
また、P40形~P160形までを1ファンユニット化することにより、外形高さ寸法1メートル以下を実現。
P112形~P160形においては、業界最低背(※7)となりました。P112形では、高さ996mmと、従来品Xシリーズの1,416mmから大幅な低背化を達成しました。これにより、従来は設置が困難だった窓下や2段置きなどにも対応し、設置自由度も大幅に拡大しました。

  • ※6:2017年6月現在、P50形~P112形室外機において。当社調べ。
  • ※7:2017年6月現在、P112形~P160形室外機において。当社調べ。

3. 光ID(※4)技術を活用した、かんたん・あんしんサポート「datanavi(データナビ)」により、欲しい情報がスマートフォンで手軽に入手可能

オフィス・店舗用エアコンをはじめとする業務用空調機では、製品本体の快適性や省エネ性といった利用者への付加価値だけでなく、販売から、施工、メンテナンス、サービスといったさまざまなシーンでのソリューション価値の提供が求められます。
一方、施工技術者の高齢化や人手不足が進行する中で、地球環境を守るとの視点から、フロン排出抑制法など法的要求の変化に対応する必要があり、管理する現場の負荷が高まってきているのが現状です。かんたん・あんしんサポート「datanavi(データナビ)」は、機器の運転状況や省エネ機能の使い方、試運転データの自動入手や、施工・サービス時のサポート情報への簡単なアクセスなど、利用者から施工/サービス業者まで、さまざまなユーザーに必要な情報の入手をサポートします。
専用回線や専用部材、使用料や手数料は不要(※8)で、お手持ちのスマートフォンを、機器のリモコンにかざすだけで、かんたん・手軽にさまざまな情報が入手できるサービスです。

  • ※8:スマートフォンの通信料は利用者負担となります

(1)光ID(※4)対応により、お手持ちのスマートフォンで、欲しい情報が手軽に入手可能

  • ・スマートフォンで、リモコンのLCDバックライトをスキャンするだけで、機器に関連する情報を簡単に取得。
  • ・利用者・管理者から施工/サービス業者まで、さまざまなユーザーに必要な情報を提供。
■利用者・管理者向けサービス・サポート内容の事例
  • ◎フロン排出抑制法で義務付けられている簡易定期点検サポート
    ・簡易点検時期(3ヶ月毎)をメールでお知らせします。
    ・スマホの簡単な操作で、いつでも対象機器の簡易点検の記録、点検履歴が確認できます。
  • ◎故障発生時のサポート
    ・不具合発生時の対応のしかたやサービス業者の連絡先が簡単にわかります。
  • ◎省エネ運転サポート
    ・すばやく取扱説明書を確認することができ、省エネ機能の使い方をわかりやすく提供します。
    ・消費電力モニタをスマホに見やすく表示。履歴を保存・管理することが出来ます。

<アプリの画面イメージ>

■施工・サービス業者向け サービス・サポート内容の事例
  • ◎施工時の試運転サポート
    ・試運転データを自動入手、保存も簡単にでき、施工業者の負担を軽減します。
    ・試運転時のQ&A集を簡単に閲覧。確実な施工で、利用者に安心して引渡しができます。
  • ◎施工・サービス時のサポート
    ・機種名を入力しなくても、施工説明書などの資料に、簡単にアクセスができ、作業時間の削減に貢献します。

<アプリの画面イメージ>

(2)使用料や手数料は一切不要。専用回線や専用部材も不要でサービスを利用可能

  • ・「datanavi(データナビ)」の利用に際しては、専用回線や専用部材は不要です。
  • ・使用料や登録料も不要。無料で利用できます。
    (ただし、スマートフォンの通信料は利用者負担となります)

(3)ユーザー登録・機器登録・試運転データ登録を頂いた利用者はメーカーサービス保証を3年間へ延長

  • ・オフィス・店舗用エアコンを、より一層安心してお使いいただけるよう、下記の条件に該当する利用者には、メーカー保証を従来の1年間から、3年間に延長します。
【メーカー保証延長の条件】
  • ・2017年10月に新発売のオフィス・店舗用エアコンを購入いただき、ユーザー登録・機器登録・試運転データ登録を頂いたご利用者
  • *ビル用マルチエアコン、並びにオフィス・店舗用エアコンの従来品は、延長保証の対象外です。
  • *その他の延長保証対象外の詳細条件につきましては、カタログ(2017年9月発行予定)等でお知らせ致します。

4. その他の特長

■【高効率タイプ:Gシリーズ】機能部品の改善により、業界トップクラス(※9)の省エネを実現

オフィスや店舗向け空調機市場の中で高まっている省エネ・節電ニーズに対応し、室外機の熱交換器の容量アップや高性能化、コンプレッサー(圧縮機)の発生頻度の高い低負荷時の効率アップ等の技術で、高い省エネ性を実現。4方向天井カセット形接続では、業界トップクラス(※9)のAPFを達成しました。

■「ナノイーX」デバイスを搭載、室内の空気やユニット内部の清潔機能が向上(4方向天井カセット形のみ)

  • ・ナノイー(※10)を従来比10倍(※11)生成するナノイーXデバイスを搭載。
    カビ菌(※12)、ウイルス(※13)、花粉(アレル物質)(※14)などの目に見えない空気の汚れを抑制して空間を清潔に保ちます。
    (実使用空間での実証効果ではありません。また設置環境、使用状況により効果は異なります)
  • ・冷房、ドライ運転後に、自動で室内機内部の乾燥とナノイーXの循環を合わせることで、ファン、熱交換器、風回路などのカビの成長を抑制(※15)し、エアコン内部を清潔に保ちます。
    また、オフィス空間などの閉鎖空間において、カーテン等の付着臭の低減(※16)にも効果を発揮します。

■エコナビ機能により、快適性を保ちながらの節電を実現(4方向天井カセット形のみ)

  • ・人感、床温センサーに加え、湿度センサーを搭載。人の動きや床面温度、湿度を検知することで、部屋の環境に適した節電を自動化。部屋にいる人の活動量によって、適切な温度を自動で判断し節電運転を実施します。
  • ・さらに、人が不在の場合には、より強力な節電を自動で行う事で、冷房時には最大約28%(※17)、暖房時には最大約39%(※18)の省エネ効果を発揮します。
  • ※9:P140形を除く4方向天井カセット形室内機接続機種において業界最高のAPF(通年エネルギー消費効率)を達成。
    APF値はAPF(2015)/JIS B8616:2015による。2017年6月現在、当社調べ。
  • ※10:空気中の水に高電圧を加えて生成されるナノサイズの微粒子イオン。
  • ※11:ナノイーが生成するOHラジカルの量の比較。「ナノイー」:毎秒4,800億個に対して「ナノイーX」:毎秒4兆8,000億個
  • ※12:約8時間後。【試験依頼先】(一財)日本食品分析センター【試験方法】試験室(約6畳)において布に付着させてカビ菌の発育を確認
    【抑制の方法】ナノイーの放出【対象】付着したカビ菌【試験結果】8時間で抑制効果を確認。第13044083002-01号
  • ※13:【浮遊ウイルス】約6時間後【付着ウイルス】約8時間後。<浮遊ウイルス>【試験機関】(一財)北里環境科学センター
    【試験方法】試験室(約6畳)においてウイルスを浮遊させ空気中のウイルス感染値を測定【抑制の方法】ナノイーを放出【対象】浮遊したウイルス
    【試験結果】6時間で99%以上抑制。北生発24_0300_1号<付着ウイルス>【試験依頼先】 (一財)日本食品分析センター
    【試験方法】試験室(約6畳)において布に付着させたウイルス感染値を測定【抑制の方法】ナノイーを放出【対象】付着したウイルス
    【試験結果】8時間で99%以上抑制。第13001265005-01号(試験は1種類のみのウイルスで実施)
  • ※14:約8時間後。【試験機関】パナソニック(株)解析センター【試験方法】試験室(約6畳)において布に付着させたアレル物質をELISA法で測定
    【抑制の方法】ナノイーの放出【対象】付着した花粉アレル物質【試験結果】8時間で88%以上抑制。BAA33-130402-F01
  • ※15:【試験機関】環境生物学研究所【試験方法】室内ユニット内部にカビセンサーを設置、室温25度、湿度75%に維持した部屋(約95m²)、1日あたり2時間の冷房運転を9日間実施【防カビの方法】室内ユニット内部の乾燥とナノイーを放出
    【試験結果】カビセンサーによる菌糸成長抑制効果あり。(環境生物学研究所 No150901,150904)
  • ※16:【臭気分析機関】群馬分析センター(株) No.27055 【試験方法】試験室(約30畳)において6段階臭気強度表示法により検証【脱臭の方法】ナノイーを放出【対象】付着したタバコ臭【試験結果】2時間で臭気強度0.7低減。
  • ※17:エコナビ機能を無効にした場合の消費電力量と、有効にし不在を検知し2℃シフトした場合の消費電力量を比較。当社試算。
  • ※18:機能を無効にした場合の消費電力量と、有効にし0.5℃シフトした場合の消費電力量とを比較。当社試算。

【ご参考】

■仕様一覧(代表機種:Gシリーズ・Hシリーズ 4方向天井カセット形 4.0kW~16.0kW)

以上