2017年4月6日

ネットワークの設定、運用の負担を軽減できる

SDN(※1)アプリケーション「PPS(Power to Progress SDN)」
を新発売

他社システムとの連携により、セキュアな運用を強化

PPS(Power to Progress SDN)ロゴ

品名 PPS-AL20他
品番 PN10002他
希望小売価格(税抜) 40,000円(管理端末数が20ノードまで)
※ご参考の価格表参照
発売日 2017年6月28日
販売目標 5,000ライセンス/2017年度

パナソニック株式会社の100%出資連結会社であるパナソニックESネットワークス株式会社(本社:東京都港区 社長:村瀬耕太郎)は、ネットワークの設定や運用の負担を軽減し、他社システムとの連携によりセキュアな運用も可能になる、SDN (※1)アプリケーション「PPS(Power to Progress SDN)」を2017年6月28日に発売します。

当社ではSDN (※1)アプリケーションとして「ZEQUO assist Plus」をすでに無償提供していますが、今回開発したアプリケーションは、機能を大幅に拡大しています。ZEQUOシリーズをはじめ、当社スイッチングハブやパートナー製品と連携してネットワークの設定や運用の負担を軽減し、環境変化に迅速かつ柔軟に対応するシステムを実現します。

本製品は、ネットワークのトポロジー(※2) (構成)を自動でマップ上に表示し、そのマップ上でネットワークの状態を確認することが可能です。また、オフィス移転やレイアウト変更時、通常ではスイッチング ハブそれぞれの設定変更が必要でしたが、マウス操作で簡単に設定変更ができます。さらに、他社システムと連携し、様々な機能を提供します。例えば、株式会社PFU (※3)のネットワークセキュリティ製品「iNetSec Smart Finder (※4)」と連携し、「iNetSec Smart Finder (※4)」が検出した不正接続端末をマップ上に表示し、迅速なセキュリティ対策が可能となります。

<特長>

  1. ネットワークのトポロジー(※2)を自動でマップ上に表示し、ネットワークの状態を視覚的に確認できます
  2. マウス操作でネットワークの設定変更が簡単にできます
  3. 他社システムと連携し、より迅速なセキュリティ運用が可能に
  • ※1 SDN:Software Defined Networkingの略。ソフトウェアによりネットワークを制御すること。またはそのためのコンセプト
  • ※2 トポロジー:接続形態のこと。ネットワークにおいてPC、サーバ、スイッチングハブ等の機器がどのように接続されているのかを表します
  • ※3 株式会社PFU:ドキュメントスキャナやセキュリティなどのハードウェアおよびソフトウェア、ITインフラ構築や他企業と提携したマルチベンダーサービスなど、ICTに関する製品・サービスをトータルにご提供している会社です
  • ※4 iNetSec Smart Finder:接続を許可していないPCやスマートデバイス(スマートフォン、タブレット)の不正接続を検知し、遮断する機器です
    「iNetSec Smart Finder」ホームページ URL:https://www.pfu.fujitsu.com/inetsec/products/sf/

【お問い合わせ先】

パナソニックESネットワークス株式会社 マーケティングセンター
電話:03-6402-5301(受付(平日のみ) 8:30~17:00)

【特長】

(1)ネットワークのトポロジー(※2)を自動でマップ上に表示し、ネットワークの状態を視覚的に確認できます

本製品はネットワークのトポロジー(※2)を自動でマップ上に表示し、そのマップ上でネットワークの状態を確認することが可能です。従来のSNMPマネージャソフト(※5)のようなシステム構成の作り込みが不要です。また、ネットワーク機器に障害が発生した場合、マップ機能でネットワークカメラやスイッチングハブなどの障害箇所を視覚的に確認し、迅速な障害切り分けを実現します。さらにネットワークトラフィック(※6)を可視化(データ通信量が増えるにつれて、黄色から赤色に変化)、ネットワーク帯域超過も簡単にチェック可能です。警告灯連携では、グラフィック表示や音声発信、メール通知などの手段で、機器の異常を直ちに知ることができます。


<ネットワークの自動表示>


<故障箇所、トラフィックの可視化>

  • ※5 SNMPマネージャソフト:SNMP(Simple Network Management Protocol:ネットワーク監視、ネットワーク管理を行うためのプロトコル)に対応した機器(ルータ、スイッチングハブ、サーバ等)を管理するためのソフト
  • ※6 ネットワークトラフィック:ネットワーク上で送受信される情報やその情報量

(2)マウス操作でネットワークの設定変更が簡単にできます

本製品はPC画面上のマウス操作でネットワークの設定変更が可能です。例えばオフィス移転やレイアウト変更時、通常はスイッチングハブそれぞれの設定変更が必要でしたが、マウス操作で簡単に設定変更ができます。従来のように高度なネットワークスキルは不要になります。


<設定変更画面例>

(3)他社システムと連携し、より迅速なセキュリティ運用が可能に

本製品は他社システムと連携し、様々な機能を提供します。例えば、株式会社PFU (※3)のネットワークセキュリティ製品「iNetSec Smart Finder (※4)」と連携し、「iNetSec Smart Finder (※4)」が検出した不正接続端末をマップ上に表示し、迅速なセキュリティ対策が可能になります。


<設定変更画面例>

【ご参考】

■基本システム構成

  • ※7:各ソフトウェアは当社ホームページよりダウンロード可能です(別途ライセンスの購入が必要です)
  • ※8:ファームウェアのアップデートが必要です
  • ※9:他拠点管理(WAN越え)をする場合はZEQUOシリーズレイヤ3スイッチングハブが必要です

■価格表

品名 品番 仕様 希望小売価格
(税抜)
PPS-AL20 PN10002 管理端末数~20ノード(1年) 40,000円
PPS-AL50 PN10005 管理端末数~50ノード(1年) 99,000円
PPS-AL100 PN10010 管理端末数~100ノード(1年) 196,000円
PPS-AL200 PN10020 管理端末数~200ノード(1年) 388,000円
PPS-AL300 PN10030 管理端末数~300ノード(1年) 576,000円
PPS-AL500 PN10050 管理端末数~500ノード(1年) 950,000円
PPS-AL1000 PN10100 管理端末数~1000ノード(1年) 1,800,000円
PPS-AL2000 PN10200 管理端末数~2000ノード(1年) 3,200,000円
PPS-AL10-ADD-1M PN11001 管理端末数10ノード追加(1ヶ月) 2,000円
  • ◇管理端末:PPS対応の当社スイッチングハブ、及びIP端末(IPアドレスを持つ機器)です

以上