2017年02月08日

競技場内でさまざまな角度のライブ映像をスマートフォンに配信

VOGO社とマルチ動画配信システムの日本市場での独占販売契約を締結

短期イベントに対応可能な可搬型システム

VOGO社開発のアプリケーション「VOGO Sport」がインストールされたスマートフォン

パナソニック株式会社(以下、パナソニック)の子会社であるパナソニック インフォメーションシステムズ株式会社と、VOGO SAS(以下、VOGO社)は、VOGO社が開発するマルチ動画配信システムの日本市場での独占販売契約を締結しました。

今回販売契約を行ったシステムは、VOGO社の開発したアプリケーション「VOGO Sport」がインストールされた観客のスマートフォンやタブレットに、競技場内のみで使えるWi-Fiスポットを通じてさまざまな角度のライブ映像や解説動画を配信するものです。配信映像はカメラアングルの選択、リプレイ再生、スローモーション、ズームアップの操作が可能で、観客はスタジアムの臨場感を感じながら、自分の好みに応じて選択したさまざまな映像を閲覧することで、競技観戦をより楽しむことができます。VOGO社は、2014年の柔道ヨーロッパ選手権に初めてサービスの提供をして以来、テニス、サッカー、陸上、カーレース、アーチェリーなど、本システムによって様々な競技映像の配信を行ってきました。

パナソニックは、これまでも大規模な競技場に向け、様々なスタジアムソリューションを提供してきました。2020年に向けてスポーツへの関心が高まるなか、熱気あるスタジアム観戦を実現していくために、小規模会場や短期イベントでも新たな観戦体験を創出・提供することが求められています。VOGO社のシステムは設置が簡易な可搬型であることから、競技場への仮設をしやすく、パナソニックのスタジアムソリューションのメニュー拡張に最適と判断しました。2016年12月に秩父宮ラグビー場で開催されたジャパンラグビー トップリーグの公式戦での実証実験で有用性を検証の上、日本での独占販売契約にいたりました。

パナソニックは、今後も様々なスポーツシーンを盛り上げていくため、スタジアム向けの幅広いソリューションを提案・提供していきます。

【パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社について】

パナソニック インフォメーションシステムズ株式会社は、幅広いお客さまに高付加価値のシステム・サービスをお届けするIT"サービス"企業です。パナソニックグループのIT中核会社として、パナソニックのグローバルな事業展開を多様な業務システムで支援しています。また、その中で培った経験とノウハウを強みに、IT事業会社としてパナソニックグループ以外のお客さまに対してもトータルソリューションを提供しています。

【VOGO SASについて】

VOGO社は2013年6月に設立された、フランス モンペリエに本社を構える、モバイルソリューション分野のスタートアップ企業です。イベント会場内の観客に魅力的なメディア体験を提供し、特にモバイル向けのアプリケーションである「VOGO Sport」は、スポーツやファッションショーなどのイベントをより臨場感のあふれる体験ができるサービスとして、フランスを皮切りに、欧米各国、そしてアジアへと世界展開を行っています。

以上

ページトップへホーム