2016年09月29日

4KやHDRの映像が楽しめるUltra HD ブルーレイ再生に対応(※1)

Ultra HD ブルーレイ再生対応
DIGA(ディーガ)DMR-UBZ2020/UBZ1020 を発売

「新番組/特番おしらせ」で話題の番組の録り逃しを防ぐ

Ultra HD ブルーレイ再生対応 DIGA(ディーガ)DMR-UBZ2020/UBZ1020

品名 ブルーレイディスクレコーダー
品番 DMR-UBZ2020 DMR-UBZ1020
HDD容量 2TB 1TB
チューナー数 地上デジタル:3 BS/110度CS:3
メーカー希望小売価格 オープン価格
発売日 2016年11月下旬
月産台数 3,000台 4,000台

パナソニック株式会社は、ブルーレイディスクレコーダーDIGA(ディーガ)の新モデル「DMR-UBZ2020」「DMR-UBZ1020」を、11月下旬より発売します。

本製品は、次世代ブルーレイディスク規格の「Ultra HD ブルーレイ」の再生に対応し(※1)、4K解像度で高精細なだけでなく、Ultra HD ブルーレイならではの「HDR(ハイダイナミックレンジ)」や「BT.2020」による鮮やかで立体感のある美しい映像をお楽しみいただけます。
また、15年秋モデルで好評いただいた「新番組おしらせ」機能が進化した「新番組/特番おしらせ」を搭載しました。新番組(※2)だけでなく、不定期放送の特番(※3)や映画などの初放送番組(※4)もお知らせします。リモコンのボタン1つで新番組や特番を一覧表示でき、録画予約もワンボタンでできるので録り逃しを防げます。さらに、本製品で視聴している放送番組、BD、DVDや保存したCDや録画した番組の音質をハイレゾ相当にアップコンバート(※5)する「ハイレゾリマスター」を搭載しました。CDの音楽をハードディスクに取り込める「CDリッピング」にも対応(※6)していますので、いつもの番組や映画だけでなく、お気に入りの音楽も高音質でお楽しみいただけます。

当社は、レコーダーとしての使いやすさを追求しながら、次世代ブルーレイディスク規格やハイレゾリマスターに対応した本製品で高画質・高音質が楽しめるAVライフを提案します。

<主な特長>

  1. 4KやHDRの映像が楽しめるUltra HD ブルーレイ再生に対応(※1)
    ・4K(高解像度)/HDR(高輝度)/BT.2020(広色域)の美しい映像が楽しめる
  2. 見やすい番組表で話題の番組も録り逃さない
    ・「新番組/特番おしらせ」で話題の番組の録り逃しを防げる
    ・見やすくわかりやすい新番組表で気になる番組も探しやすい
  3. サウンド機能の強化で“音”も楽しめる
    ・本製品で視聴している放送番組、BD、DVDや保存したCDや録画した番組の音質をハイレゾ相当(※5)にアップコンバートするハイレゾリマスター搭載
    ・最大でCD約2,300枚分(※7)の音楽をHDDに保存できるCDリッピング(※6)

【お問い合せ先】

ディーガ・オーディオご相談窓口
フリーダイヤル 0120-878-982(9時から20時まで)
  • ※1:Ultra HD ブルーレイを再生するためには、著作権保護のために、ディスクによっては本機をインターネットに接続していないと再生できない場合があります。
    ・4K/HDRで視聴するためには、HDCP2.2、4K/60p/4:4:4、Ultra HD ブルーレイ規格のHDR信号に対応する機器(ディスプレイ)や端子に接続してください。HDCP2.2に対応していない機器や端子に接続した場合、2K解像度で、HDR信号をダイナミックレンジ変換して出力します。また、ディスクによっては正しく再生できない場合があります。4K/60p/4:2:0まで対応の機器や端子に接続した場合、60p素材の再生はHDR信号をダイナミックレンジ変換して出力します。4K/60pに対応していない機器や端子に接続した場合、2K解像度で出力します。HDRに対応していない機器や端子に接続した場合、HDR信号をダイナミックレンジ変換して出力します。また、ディスクによっては2K解像度での出力、または正しく再生できない場合があります。
    ・その他、Ultra HD ブルーレイの再生に関する情報は http://panasonic.jp/support/bd/ でご確認ください。
    ・4K/60pをお楽しみになりたい場合は、18Gbps対応のケーブル(別売)が必要です。
  • ※2:番組名に /“新”/“新番組”/“新シリーズ”が含まれるものが対象。
  • ※3:18時から23時59分までに放送開始される1時間45分以上の地上デジタルの番組が対象。
  • ※4:番組名および番組内容に”初放送”/”TV初”/”テレビ初” /”地上波初”/”BS初”/” CS初”を含む[映画]が対象。
  • ※5:最大192kHz/24bitまでアップコンバート
  • ※6:Gracenote MusicID®に対応して自動でアルバム情報を取得。CDによっては情報を取得できない場合があります。
    番組の録画中はCDのハードディスクへの取り込みができません。また、CDのハードディスクへの取り込み中は録画が実行されません。取り込み完了後に録画を開始します。
  • ※7:ハードディスク容量2TB(UBZ2020の場合)、ハードディスク容量1TB(UBZ1010)の場合は約1100枚。CD1枚=11曲として算出。

【開発の背景】

近年、4K/HDRに対応した映像表現力の高いディスプレイが市場に浸透しつつある中で、その能力を活かせるコンテンツとして次世代ブルーレイディスク規格「Ultra HD ブルーレイ」が登場し、当社は世界で初めてその再生に対応したBDレコーダー「DMR-UBZ1」を2015年11月に発売しました。さらに、同規格対応プレーヤーの「DMP-UB900」「DMP-UB90」を発売し対応機の拡充を図ってまいりました。各映画スタジオからはUltra HD ブルーレイ作品が相次いで登場しており、今後4K Ultra HD ブルーレイのさらなる普及が予想されています。
今回、より多くのお客様に次世代の高画質を体験していただけるように、ディーガの新たなモデルとしてUltra HD ブルーレイ対応モデルを開発しました。また、ハイレゾリマスターを搭載し音質機能も強化させ、さらに録画機能の向上や初期設定の改善によりレコーダーとしての使いやすさも進化した本製品で次世代のAVライフを提案いたします。

【特長】

1. 4KやHDRの映像が楽しめるUltra HD ブルーレイ再生に対応(※1)

●Ultra HD ブルーレイ再生

本製品は次世代のブルーレイディスク規格である「Ultra HD ブルーレイ」の再生に対応しました。
これにより従来のブルーレイディスクを超える美しい映像がお楽しみいただけます(※1)

【Ultra HD ブルーレイ規格とは】

新しいブルーレイディスクの規格で、従来のブルーレイから4つの点で進化をしています。

(1)「4K/60p」対応
フルハイビジョンの4倍の解像度を有する4K(3,840x2,160画素)映像を、1秒間に60コマで高速表示し、緻密で動きが滑らかな映像を実現します。
(2)高輝度「HDR」(ハイダイナミックレンジ)対応
輝度ピークを従来の100nitから最大1,000~10,000nitまで大幅に拡大することで、映像のダイナミックレンジ(※8)を飛躍的に向上させる技術。これまで表現が難しかった明るい光源(ライトや太陽光など)や反射光(金属表面や水面の輝きなど)まで、質感豊かに表現できます。
※8:映像信号(RGB)の最大値と最小値の比率。
(3)広色域「BT.2020」対応
4K/8K放送に向けて策定されたITU-R BT.2020の広色域信号に対応。従来のブルーレイディスク(BT.709準拠)では表現できなかった豊かで鮮やかな色彩表現が可能になります。
(4)「HEVC(H.265)/10bit/100Mbps」対応
最新の高効率動画圧縮技術HEVC(H.265)による最大100Mbpsの映像信号に対応。従来のブルーレイディスク (MPEG-4・AVC(H.264)、最大40Mbps)を大幅に超える圧縮効率と高ビットレートにより、4K/60p、HDR、BT.2020などによる高品位な映像を余すところなく再現します。また、従来のブルーレイディスクは、マスターグレードビデオコーディングで収録されたソフトを除き、色差信号(Y、Cb、Cr)を各8bit(256段階)で表現していましたが(※9)、これを各10bit(1,024段階)まで拡張することで、より微小な信号まで忠実に再現し、質感豊かな映像を実現します。

  • ※9:「マスターグレードビデオコーディング」はパナソニック株式会社の登録商標です。「マスターグレード」は(株)バンダイの登録商標です。

さらに本製品はULTRA HD PREMIUM認証を取得しました当社4KビエラDX950シリーズと組み合わせると、ハイコントラストで、リアルな明暗と色を表現した高画質の映像をお楽しみいただけます。

●ダイナミックレンジ変換

Ultra HDブルーレイのHDR映像を再生した場合に、HDR非対応のテレビに対しても、当社独自のダイナミックレンジ変換を自動で行い、高画質でお楽しみいただけます(※10)。さらに、お使いのテレビに合わせて最適な変換に手動で調整することも可能です。

  • ※10:Ultra HD ブルーレイ規格のHDR信号に対応していないテレビをお使いの場合、ディスクによっては再生できない場合があります。

●2系統HDMI出力

AV分離出力可能な2系統HDMI出力を搭載しました。HDMIの音声端子に接続することでHDCP2.2、4K、HDRに非対応のAVアンプもお使いいただけます。また、映像と音声の信号を分離することで互いの信号の干渉を最低限に抑えることができ、より低ノイズに信号を伝送できます。

★また、本製品をお買い上げいただき、発売日~2017年1月31日に弊社会員サイトのCLUB Panasonicでご愛用者登録の上、ご応募いただいた方全員にもれなく「インデペンデンス・デイ リサージェンス」「インデペンデンス・デイ」の2枚組Ultra HD ブルーレイソフトと人気のアニメ2作品(Ultra HD ブルーレイ)から1作品をプレゼントするキャンペーンを実施いたします。
詳細はキャンペーンページをご参照ください。

URL:http://panasonic.jp/diga/campaign/uhd_16a/

※11: パッケージ画像は変更される場合があります。アニメ2作品は限りがございます。先着順のため、ご希望の作品をお選びいただけない場合があります。あらかじめご了承ください。

2. 見やすい番組表で話題の番組も録り逃さない

●「新番組/特番おしらせ」で話題の番組の録り逃しを防げる

番組表を開くと、地上デジタルやBS/CSの話題の新番組(※2)や不定期放送の特番(※3)、さらには映画の初放送番組(※4)をポップアップでお知らせします。リモコンの「新番組」ボタンを押すと一覧で番組内容や出演者情報などを確認でき、そのままワンタッチで録画予約もできるので録り逃しを防げます。さらに、リモコンの[赤]で画面に表示するジャンルの変更(※12)、[青]で放送波ごとの絞込み、さらに[緑]で新番組/特番/初放送番組ごとの表示が可能です。番組改編期に新ドラマやアニメ、特番もまとめてチェックできるので便利です。

  • ※12:[ドラマ][アニメ][バラエティ][映画][全ジャンル]に切換え可能

●番組内容が見やすくわかりやすい番組表で気になる番組も探しやすい

番組表の文字にメリハリをつけることで、番組タイトルと内容の区別がつきやすくなり情報量もアップしました。番組内容が確認しやすくなったので、気になる番組を探しやすくて便利です。さらに文字サイズも選ぶことができます。

3. サウンド機能の強化で“音”も楽しめる

●「ハイレゾリマスター」で録画番組やBDもハイレゾ相当(※5)の音質で楽しめる

本製品で視聴している放送番組、BD、DVDや保存しているCDや録画番組の音声を「ハイレゾリマスター」機能でハイレゾ相当(※5)にアップコンバートします。HDMI出力なら最大で192kHz/24bit(※13)で、テレビ番組や映画もより高音質でお楽しみいただけます。さらに、この処理は音楽再生時にも有効(※13)です。 ハイレゾ対応の「ディーガスピーカー DY-SP1」(別売、11月中旬発売予定)と組み合わせれば、ディーガで再生するお気に入りの映画や音楽BD、ハードディスクに保存した音楽も高音質でお楽しみいただけます。

  • ※13:ハイレゾ対応のアンプやテレビとの接続が必要です。光音声出力時は最大96kHz/24bit。

●CD音源の取り込み(CDリッピング)に対応(※6)

CDの音楽をディーガのハードディスクに取り込めます。2TBのハードディスクなら最大約25,000曲、CD約2,300枚分(※7)の音楽を保存しておくことができます。また、楽曲を取り込む際に曲のタイトルやアーティスト情報、アルバムジャケットも自動で一緒に保存されるので、再生の際に目当ての曲を探しやすくて便利です(※6)

●ハイレゾ音源を含む音楽ファイルの再生

ハードディスクに保存したハイレゾやCD音源などの音楽ファイルを、本製品で再生できます(※14)。再生画面には曲名、アーティスト名やジャケット写真が表示されるのでお気に入りの音楽を画像付きで楽しむことができます(※6)(※15)。また、e-onkyo musicで購入した楽曲を自動でハードディスクにダウンロードする機能(※16)にも対応していますので、PCレスでハイレゾ楽曲をお楽しみいただけます。
さらに、ミュージックサーバー機能にも対応。保存した音楽を当社製ワイヤレススピーカー「SC-ALL05」などのネットワークオーディオ対応機で家じゅうどこでも楽しめる「サウンドジャンプリンク」に対応しています(※17)

  • ※14:本製品で再生できる対応ファイルは、MP3/WAV/FLAC/AAC/DSD/ALAC。
  • ※15:ダウンロードしたハイレゾ音源は、ダウンロードサイトで入手した情報を表示します。
  • ※16:詳細についてはe-onkyo musicのホームページをご覧ください<http://www.e-onkyo.com/music/>
    e-onkyoサービスに関するお問い合わせ先:http://www.e-onkyo.com/support/beginner.aspx
    e-onkyoのメンバー登録と、「e-onkyo music」アカウントに関する情報の登録が必要です。また、本製品の動作状況によってダウンロードが一時停止する場合があります。
  • ※17:ネットワークオーディオ機器で再生する場合、対応ファイルはDLNAクライアント(再生機器)に依存します。
    CD音源はFLAC形式で取り込みます。再生にはFLAC再生に対応したネットワークオーディオ機器が必要です。
    サウンドジャンプリンクの詳細はhttp://panasonic.jp/compo/soundjumplink/でご確認ください。

4. 「2ステップらくらく設定」でかんたん初期設定

お買い上げ後の初期設定の手順を集約・自動化することにより、2ステップで設定が完了できるようになりました。郵便番号を入力してエリア設定し、ネットワーク設定をすれば初期設定が完了し、すぐに操作することができます。さらに、テレビがビエラの場合は、HDMI接続し、有線LANでネットワーク接続すれば自動で初期設定が完了するので、より、かんたんに使い始めることが可能です(※18)

  • ※18:2007年以降発売のビエラに対応。ビエラの設定でビエラリンクの機能が有効である必要があります。事前にビエラ側の郵便番号設定およびチャンネル設定が終わっている必要があります。

5. スマートフォンやタブレット、パソコンで録画した番組を楽しめる

本製品は「外からどこでもスマホで視聴」に対応しています。外出先やテレビの無い部屋にいても、スマートフォンやタブレット端末(※19)、パソコン(※20)からディーガにアクセスし、リアルタイムの放送や録画番組をお楽しみいただけます(※21)。その時の通信状況によって画質や通信モードを自由に選べます。

  • ※19:視聴アプリ「Panasonic Media Access(無料)」のダウンロードが必要です。iOS8以降、Android(TM)4.1以降に対応。
  • ※20:(株)デジオン社製のWindows用視聴アプリ「DiXiM Play for DIGA Windows版(有料。Windows8.1, Windows10に対応。WindowsPhoneは非対応)」のダウンロードが必要です。Windows用視聴アプリに関する詳細はhttp://www.digion.com/diximplay/diga/でご確認ください。
  • ※21:スマートフォンやタブレット、パソコンなどの端末と本機を宅内ネットワークに接続して視聴アプリにて機器登録(ペアリング)が必要です。90日間、宅内ネットワークに接続して使用しなかった場合はペアリング期限の更新が必要です。本機に登録できる端末は最大6台ですが、外出先から同時に視聴できるのは1台のみです。本機の使用状況によっては視聴できない場合があります。本機を日本国内に設置のうえ、私的使用の範囲でお使いください。放送制限により視聴できないチャンネルがあります。ご利用のネットワーク環境により、ファイアウォールや無線ブロードバンドルーターの設定が必要になる場合があります。共用設備などでセキュリティレベルが高く設定されている環境ではご利用になれない場合があります。LTEや3Gの携帯電話回線での宅外視聴では多くのパケットが必要となります。パケット料金にご注意ください。海外で視聴する場合は、上記の他、お使いの端末が各国の規制基準を満たしておらず使用が認められない場合がありますので、端末の仕様と各国の法規をご確認ください。ネットワーク環境によっては視聴できない地域があります。詳しくはサポートページ(http://panasonic.jp/support/bd)を参照ください。

●ピクチャ・イン・ピクチャ再生で外でも “ながら見”

専用アプリ「Media Access」ならバックグラウンド再生に対応していますので、スマホやタブレットで視聴中にメールの確認や他のアプリを使いたい場合でも、再生を中断することなくお使いいただけます。
さらに、iPad(※22)なら「ピクチャ・イン・ピクチャ再生」に対応していますので、視聴画面を小画面表示にして他のアプリと同時にお使いいただけるので、外出先でも“ながら見”ができます。番組を視聴しながら出演者について調べたり、お店の情報を検索したりできるので便利です。

  • ※22:iOS9以上を搭載したiPad Pro、iPad Air以降、およびiPad mini2以降に対応

●オフラインでも番組を楽しめる「番組持ち出し」対応(※23)

専用アプリ「Media Access」が新たに「番組持ち出し」機能に対応しました。持ち出したい番組を「あとで見るリスト」に追加すると番組をスマホ、タブレットにダウンロードします(※23)(※24)。持ち出す際の画質も720p(※25)、VGA(1.5Mbps)、VGA(650kbps)(※25)の3種類から選択できるので、お手持ちのスマートフォンの空き容量に合わせた使い方ができます。持ち出した番組であれば、通信のできない場所でも視聴することができるので、トンネル通過中の電車内や飛行機の中でも途切れることなくお気に入りの番組を快適にお楽しみいただけます。

  • ※23:ディーガのバージョンアップが必要です。
  • ※24:ダウンロードの方法に関しては(http://panasonic.jp/support/av/m_access/)にてご紹介します。
  • ※25:720p、VGA(650kbps)の持ち出しをご利用にはディモーラの有料会員の登録が必要です。

★2017年3月末日まで、最長7ヶ月間「ディモーラ」の有料サービスを無料でお楽しみいただけるキャンペーンを実施いたします。キャンペーンの詳細については、HPなどでお知らせいたします

●Windowsパソコンで番組を楽しめる(※20)

Windows8.1以上を搭載したタブレットやパソコンでも放送中の番組や録画した番組を楽しめます。自宅の書斎や出張先のホテルなどでもパソコンの画面で気軽に番組をお楽しみいただけます。

<Windows版リモート視聴アプリについて>

(1)(株)デジオン社製の「DiXiM Play for DIGA Windows版」になります。
・対応OS:Windows8.1, Windows10に対応。WindowsPhoneは非対応
・月額200円(税抜)
・Windows用視聴アプリに関する詳細はhttp://www.digion.com/diximplay/diga/でご確認ください。
(2)「DiXiM Play for DIGA Windows版」は番組の再生のみ可能です。番組表やおすすめ機能はありません。

6. その他の機能

●「4Kリアルクロマプロセッサ」によるマルチタップクロマ処理

高画質ブルーレイディスクの研究開発拠点、パナソニックハリウッド研究所(PHL)で培った技術を応用し、新たに当社独自の4K対応エンジン「4Kリアルクロマプロセッサ」を搭載しました。デコードした4K(4:2:0)信号を独自の高精度マルチタップ処理で4K(4:4:4)に補間(※26)することで、鮮度が高く、自然な質感と立体感にあふれた4K映像を実現します。本処理は、Ultra HD ブルーレイの再生や4K解像度のインターネット動画にも有効です。Ultra HD ブルーレイに収録されたHDR映像にも適用されますので、当社のビエラDX950シリーズなどのHDR対応テレビで圧倒的に豊かな映像表現をお楽しみいただけます。

  • ※26:4K/60p/4:4:4対応テレビと18Gbps対応ハイスピードHDMIケーブル(別売)で接続する必要があります。
    Ultra HD ブルーレイの再生時は、再生素材が24pの場合は4:4:4/12bitで出力しますが、60pの場合は4:2:2/12bitで出力します。

●4K/60p/36bit出力対応(※27)

HDMI(ver2.0a)規格に準拠した4K/60p/4:2:2/36bit、4K/60p/4:4:4/24bit、4K/24p(30p)/4:4:4/36bitなど高スペックでの4K出力が可能です。さらにUltra HD ブルーレイ規格のHDR信号の出力にも対応します。

  • ※27:36bit階調=12bit(Y)+12bit(Cb)+12bit(Cr)。通常のブルーレイディスクの映像は24bit階調=8bit(Y)+8bit(Cb)+8bit(Cr)。

●4K超解像/W超解像(※28)

4K映像の輝度信号と色信号を画素単位で分析・補正し、4K映像の鮮鋭感や精細感を自在に調整することが可能です。輝度信号と色信号の両方に対して輪郭とテクスチャを補正することにより、圧縮や伝送で失われた成分をクリアに再現します。4K映像の再生に加えて、ハイビジョン映像を4Kアップコンバート出力する場合にも有効です。

  • ※28:インターネット動画再生時は対応していません。

●4Kダイレクトクロマアップコンバート

ハイビジョン領域の色信号補間を経ずに、デコードしたハイビジョン信号からダイレクトに4K信号に変換する独自の4Kダイレクトクロマアップコンバート方式を採用。高精細で自然な質感と立体感にあふれる4Kアップコンバート映像をお楽しみいただけます。

●4Kインターネット動画に対応(※29)

YouTube、NETFLIX(※30)、アクトビラ(※31)などの4Kインターネット動画に対応しました(※32)。インターネット動画も独自の「4Kリアルクロマプロセッサ」で処理し、鮮度の高い美しい映像がお楽しみいただけます。

  • ※29:アプリは提供事業者の都合により、予告なく変更・停止・終了する場合があります。アプリの変更や終了にかかわるいかなる損害、損失に対しても当社は責任を負いません。また、記載内容は発売時点のものです。
  • ※30:NETFLIX(ネットフリックス)を視聴するためには、Netflix社との契約が必要となります。サービスの詳細については、公式サイトをご覧ください。
    Netflix社公式サイト NETFLIX.JP Netflix 視聴プランのメンバーシップが必要です。NETFLIXのHDRコンテンツにも対応しています。
  • ※31:アクトビラについて詳細は(http://actvila.jp/)をご参照ください。
  • ※32:有料コンテンツをご利用の場合、コンテンツごとに利用料が必要です。

●4K撮影動画の保存・再生(※33)

4K撮影動画(MP4形式)の保存・再生に対応。4Kカメラや4Kムービーで撮影した4K動画(最大60pまで対応)を内蔵ハードディスクに保存できます。もちろん4Kテレビを接続すれば4K画質のまま再生することができるので、今までパソコンに保存していた方も、これからは本製品に保存すれば、高画質な4K動画をかんたんに思う存分お楽しみいただけます。

  • ※33:MPEG-4 AVC/H.264:High Profile 5.2以下。
    ビットレート:100Mbps以下。 解像度/フレームレート:1920×1080/120p、3840×2160/60p、4096×2160/60pまで。 対応の機器についてはホームページをご確認ください。http://panasonic.jp/support/bd/

●4K撮影動画や音楽ファイルをバックアップできる

ハードディスクに取り込んだ4K撮影動画やハイレゾ音源を含む音楽ファイルをブルーレイディスクや SeeQVault規格(※34)のUSBハードディスクへバックアップして保管することができます。そのため、ハードディスクがいっぱいになる心配もなく、大切なデータをブルーレイディスクに残しておけます。また、15年秋モデル(※35)以降のディーガであれば、例えば自宅と実家の機器など機器間でデータの共有・再生が可能です(※36)

  • ※34:対応の機器についてはホームページをご確認ください。< http://panasonic.jp/support/bd/>
    ・SeeQVaultとは対応機器間での強固なセキュリティを実現する新たなコンテンツ保護技術の規格であり、放送番組を録画した機器のみでなく、対応ディーガで記録/再生できます。
    ・SeeQVault対応のUSBハードディスクへの放送番組の直接録画はできません。
  • ※35:15年秋モデル・・・DMR-UBZ1、BRG2010、BRZ1010、BRW1010、BRW510
    16年春モデル・・・DMR-BRX7020、BRX4020、BRX2020、BRG2020
    16年秋モデル・・・DMR-UBZ2020、UBZ1020、BRZ1020、BRW1020、BRW520
  • ※36:BD-RE/BD-Rにバックアップした動画・音楽を再生するには、本体ハードディスクへの再取り込みが必要です。

●SeeQVault規格(※34)のUSBハードディスクに対応

●「テレビ操作ボタン」(※37)搭載リモコンを付属

  • ※37:他社製テレビを操作する場合リモコンのテレビ操作設定が必要です。接続先のテレビによってテレビ操作対応のボタンが異なります。登録したテレビのリモコンにないボタンは動作しません。また、機種によってはボタンの名称が異なる場合があります。三洋、JVC/ビクター、NEC、富士通ゼネラル、アイワ製のテレビは[テレビ電源]、[テレビ入力切換]、[チャンネルUp/Down]、[音量Up/Down] 以外は対応していません

●「お部屋ジャンプリンク」で録画番組や放送を家じゅうに2ヶ所(※38)同時配信

  • ※38:本体で録画・ダビングが同時に行われている場合など、2ヶ所への転送ができない場合があります。スマートフォンやタブレットへの転送には専用アプリ「Panasonic Media Access」が必要です。

●今まで使っていたレコーダーの内容を本製品に「お引越しダビング」

「引越し先」の本製品と、今まで使っていた「引越し元」のディーガや他社レコーダーをルーター経由で宅内LAN環境につなぐと、引越し元のレコーダー(※39)に保存している録画番組を本製品にかんたんにダビングできます(※40)。ディーガ同士の接続であれば撮影ビデオや写真(※41)もお引越しできます。ディーガなら買い換え、買い増しの際にもスムーズです。

  • ※39:ダビング元対応機種については当社ホームページをご確認ください
    http://av.jpn.support.panasonic.com/support/bd/connect/network/dubbing.html
  • ※40:放送番組はコピーカウント1つ分ダビングされます。プロテクト設定されている「1回だけ録画可能」の番組や、ダウンロードした番組などは、ダビングできない場合がございます。
  • ※41:他社製レコーダー、およびBZT9300/BZT830/BZT750/BZT730/BWT650/BWT630/BWT550/BWT530/BRT250は写真のお引越しダビングはできません。

●高速起動(1秒番組表示/1秒録画一覧表示/1秒トレイオープン)(※42)

  • ※42:ディーガの電源オフ、テレビの電源オン、入力切換をディーガに設定時、ディーガのクイックスタート「入」の場合。テレビの種類やディーガの動作状態(予約録画や録画モード変換中など)によって、表示時間が多少のびる場合があります。

(商標について)

  • ●本製品は4Kの放送は受信できません。4K放送を楽しむには別売のチューナーが必要です。
  • ●Blu-ray Disc(TM)(ブルーレイディスク)、Blu-ray(TM)(ブルーレイ)及びその関連のロゴは、ブルーレイディスクアソシエーションの商標です。
  • ●DVDロゴはDVDフォーマットロゴライセンシング株式会社の商標です。
  • ●SD、microSD、SDHC、microSDHC、SDXCロゴはSD-3C,LLCの商標です。
  • ●DTSの特許については、http://patents.dts.comをご参照ください。DTS Licencing Limited からの実施権に基づき製造されています。
    DTS、DTS-HD、シンボルマークおよびDTS とシンボルマークとの複合ロゴはDTS, Inc.の登録商標です。DTS-HDMaster AUdio、DTS-HD Master Audio|Essential およびDTS 2.0+DIgital Out は DTS, Inc.の商標です。© DTS, Inc. 無断複写・転載を禁じます。
  • ●Dolby、Dolby Audio、ドルビー及びダブルD記号はドルビーラボラトリーズの商標です。
  • ●Wi-FiはWi-Fi Allianceの商標です。
  • ●SeeQVault、およびSeeQVaultロゴは、NSM Initiatives LLCの商標です。
  • ●HDMI、High-Definition Multimedia Interface、およびHDMIロゴ は、米国およびその他の国におけるHDMI Licensing, LLC の商標または登録商標です。
  • ●Apple、Appleのロゴ、iPhone、iPod touch、iTunesは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標または登録商標です。
  • ●YouTube およびYouTube ロゴ、Android は、Google IncInc.の登録商標です。
  • ●「アクトビラ」とは、当社などが出資する(株)アクトビラが提供するデジタルテレビ向け映像配信サービス。全画面表示でハイビジョン画質の迫力ある 映像でお楽しみいただけます。「アクトビラ ビデオ・フル」のコンテンツは、一部を除き有料です。有料コンテンツをご利用の場合、コンテンツごとに利用料が必要です。
  • ●NETFLIXおよびNETFLIXロゴは、NETFLIX, Inc.の商標です。
  • ●e-onkyoの名称•ロゴは、オンキヨー株式会社の登録商標または商標です。
  • ●DSDはソニー株式会社の登録商標です。
  • ●Gracenote 及びGracenote ロゴとロゴタイプは、米国およびその他の国におけるGracenote Inc. の登録商標または商標です。
  • ●ULTRA HD PREMIUMロゴはUHD Alliance,Inc.の商標です。
  • ●その他、本文で記載されている各種名称、会社名、商品名などは各社の商標または登録商標です。なお、本文中ではTM、®マークは一部明記していません。

【仕様】

品番 DMR-UBZ2020 DMR-UBZ1020
ハードディスク容量 2TB 1TB
チューナー数 地上デジタル:3 BS/110度CS:3
録画可能ディスク ●内蔵HDD ●BD-RE Ver.2.1(片面1層/2層),Ver.3.0(片面3層)[Ver1.0は非対応]
●BD-R Ver.1.1/1.2/1.3(片面1層/2層),Ver.2.0(片面3層/4層),Ver.1.2LTH/1.3LTH(片面1層)
●DVD-RAM Ver.2.0/2.1/2.2 ●DVD-R Ver.2.0/2.1 ●DVD-R DL Ver.3.0 ●DVD-RW Ver.1.1/1.2
※8cmブルーレイディスク、8cmDVDディスクへは記録できません。
※カートリッジ付きのDVD-RAMは、カートリッジからディスクを取り出して録画可能です。
再生可能ディスク ●内蔵HDD ●BD-RE Ver.2.1(片面1層/2層), Ver.3.0(片面3層)[Ver1.0は非対応]
●BD-R Ver.1.1/1.2/1.3(片面1層/2層),Ver.2.0(片面3層/4層),Ver.1.2LTH/1.3LTH(片面1層)
●Ultra HD Blu-ray※1 ●BD-Video [Blu-ray 3D,BD-LIVE]、マスターグレードビデオコーディングに対応
●DVD-RAM ●DVD-RW/+RW(ファイナライズ済)
●DVD-R/+R(ファイナライズ済) ●DVD-R DL/+R DL(ファイナライズ済) ●DVD-Video
●音楽CD(CD-DAフォーマット) ●CD-R/RW(CD-DA、JPEG formatted discs)
※カートリッジ付きはディスクをカートリッジから取り出して再生可能。
※他機で記録されたディスクは、記録された機器でファイナライズ必要。
映像記録圧縮方式 MPEG-2(Hybrid VBR)、MPEG-4 AVC/H.264
音声記録圧縮方式 MPEG-2 AAC(最大5.1ch記録)、ドルビーデジタル(2ch記録)
受信チャンネル ●地上デジタル放送(CATVパススルー対応)
●BSデジタル放送 ●110度CSデジタル放送
入出力端子 ●光デジタル音声出力:1系統
●HDMI映像・音声出力:2系統 ※映像・音声x1(4K/60p・30p・24p、1080/60p・60i・24p、480/60p)
※音声x1(1080/60p・60i・24p、480/60p)
アンテナ端子 地上デジタル入出力端子、BS・110度CSデジタル-IF入出力端子
その他端子 ●SDメモリーカードスロット:1系統
●USB(USB2.0)端子:前面1系統 ●USB(USB3.0)端子:後面1系統
●LAN端子:1系統
消費電力 約33W 約32W
待機時消費電力 クイックスタート「切」時
時刻表示消灯時:約0.02W(※43)
クイックスタート「入」時
時刻表示点灯時:約10.0W(※44)(標準モード)
時刻表示消灯時:約8.0W(※45)(省エネモード)
外形寸法 幅 430mm
高さ 66mm
奥行 199mm
(突起部含まず)
質量 約3.0kg 約2.9kg
  • ※43:クイックスタート「切」/節電待機「モード2」(時計表示消灯)、地上デジタルアッテネーター:入、BS・110度CSデジタルアンテナ電源:切、BS・110度CSデジタルアンテナ出力:切、無線LAN:未接続、外部接続端子(LAN、USB):未接続の場合。
  • ※44:クイックスタート「入」(標準モード)、HDMI出力解像度:1080i、地上デジタルアッテネーター:入、BS・110度CSデジタルアンテナ電源:切、BS・110度CSデジタルアンテナ出力:切、無線LAN:未接続、外部接続端子(LAN、USB):未接続の場合。
  • ※45:クイックスタート「入」(省エネモード)、地上デジタルアッテネーター:入、BS・110度CSデジタルアンテナ電源:切、BS・110度CSデジタルアンテナ出力:切、無線LAN:未接続、外部接続端子(LAN、USB):未接続の場合。
  • ◎画面はハメコミ合成です。
  • ◎機能説明写真、シーン写真、イラストはイメージです。
  • ◎製品の定格およびデザインは改善等のため、予告なく変更する場合があります。

以上