Panasonic Newsroom トッププレスリリーステクニクス「ネットワークオーディオアンプ」SU-G30を発売

2016年03月08日

プレーヤーとアンプを一体化

テクニクス「ネットワークオーディオアンプ」SU-G30を発売

シンプルさと高いパフォーマンスを両立

ネットワークオーディオアンプ「SU-G30」

品名 ネットワークオーディオアンプ
品番 SU-G30
-S(シルバー)
希望小売価格(税抜) 400,000円
発売日 4月22日
月産台数 受注生産

パナソニック株式会社はテクニクスブランドにおいて、ネットワークプレーヤー内蔵のアンプSU-G30を4月22日に発売します。

近年、ハイレゾ音源の普及やCDリッピングの高精度化にともなって、音楽データを高音質で手軽に聴くスタイルに注目が集まっています。
本製品は、ネットワークプレーヤーに、JENO Engine、GaN-FET Driverなどを搭載したアンプを一体化させ、音楽データを最短シグナルパスでパワー段まで伝送することで、音質劣化を排除することが可能になりました。さらに当社独自のスマートフォン用アプリ「Technics Music App」により、再生・音量調整・選曲などをアプリ一つでコントロールできるよう工夫し、快適な操作性を実現しました。

当社は本製品を、音にこだわり、使いやすさにもこだわるハイエンドオーディオユーザーに提案していきます。

<特長>

  1. JENO Engine、GaN-FET Driverなどテクニクス最上級クラス(リファレンスクラス)直系の高音質技術を搭載
  2. ネットワークオーディオプレーヤーとデジタルアンプの一体化により、フルデジタル処理で高音質を実現
  3. 先端のハイレゾ音源・配信サービスからアナログ入力まで、多彩なソースに対応した高品位再生

【お問い合わせ先】

お客様ご相談センター
フリーダイヤル 0120-878-365 (受付9時から20時)

【特長】

1.JENO Engine、GaN-FET Driverなどテクニクス最上級クラス(リファレンスクラス)直系の高音質技術を搭載

テクニクスのリファレンスクラスR1シリーズが誇る様々な要素技術を継承。音声信号をフルデジタルのまま、入力からパワー段まで低ジッター伝送・処理するJENO Engineをはじめ、高速かつ最小限のロスでスイッチングを行う超低ON抵抗のGaN-FET Driver、幅広い種類のスピーカーを理想的な振幅・位相特性でドライブするスピーカー負荷適応処理LAPCを搭載。さらに、負荷変動によるスイッチング周波数の変動を抑えるとともに、後段にリニアレギュレーターを配することにより出力電圧の安定化を図るSU-G30専用設計の低ノイズスイッチングパワーサプライを採用。これらにより、テクニクスが理想とするより忠実な信号増幅を実現しました。

2.ネットワークオーディオプレーヤーとデジタルアンプの一体化により、フルデジタル処理で高音質を実現

徹底したジッター・ノイズ対策を施したネットワークオーディオ回路をデジタルアンプと一体化したシンプル構成。音楽データをデジタルのまま、最短のシグナルパスでパワー段まで伝送することにより音質劣化を排除し、妥協のない音質を追求。さらに、基本的な操作をタブレット、スマートフォン用アプリ「Technics Music App」ひとつで、シームレスに行うことができる快適なユーザーインターフェースを実現しました。

3.先端のハイレゾ音源・配信サービスからアナログ入力まで、多彩なソースに対応した高品位再生

デジタル入力(DLNA/USB/Bluetooth®)はもちろん、アナログ入力(LINE/PHONO)など、多彩な音楽ソースに対応。さらに、世界中の様々なジャンルのラジオを聴くことができるインターネットラジオ(vTuner)(※1)にも対応予定です。多彩な音楽ソースを、テクニクス独自の高音質技術で処理することにより、高品位な音で楽しむことができます。さらにハイレゾ再生においても、最大でPCM 384kHz/32bit、DSD 11.2MHzに対応(※2)しています。

  • ※1:インターネットラジオ(vTuner)はファームウェアによるアップデート対応です。アップデート時期は決まり次第ホームページでご案内します
  • ※2:PC入力使用時のみ

【主な仕様】

  SU-G30
総合 電源 AC 100V、50/60 Hz
消費電力 96 W
寸法(幅×高さ×奥行) 430×98×424 mm
質量 約11.5 kg
アンプ部 定格出力 50 W + 50 W
(1kHz、T.H.D. 0.5%、8Ω、20kHz LPF、JEITA)
100 W + 100 W
(1kHz、T.H.D. 0.5%、4Ω、20kHz LPF、JEITA)
推奨負荷インピーダンス 4Ω-16Ω
周波数特性 PHONO(MM):20Hz-20kHz
(RIAA DEVIATION ± 1dB、8Ω)
LINE:5Hz-80kHz(-3dB、8Ω)
DIGITAL:5Hz-90kHz(-3dB、8Ω)
端子部 入力端子 USB接続端子×1、PC入力端子×1、
光デジタル入力端子×1、同軸デジタル入力端子×2、
アナログ音声入力端子(PHONO)×1、
アナログ音声入力端子(LINE IN)×1、LAN端子×1
出力端子 ヘッドホン端子(ステレオ、6.3mm)
Wi-Fi ○( IEEE802.11a(※3)/b/g/n 準拠)
Wi-Fi周波数帯域 2.4GHz帯 (1-13 チャンネル)、
5GHz帯 (36、40、44、48 チャンネル)
DLNA
AirPlay
Bluetooth® ○(対応コーデック:aptX® Low Latency、AAC、SBC)
対応
フォーマット
同軸デジタル入力 PCM:最大 192kHz/24bit
光デジタル入力 PCM:最大 96kHz/24bit
DLNA
USB(タイプA)
FLAC/WAV/AIFF/ALAC:最大 192kHz/24bit
AAC:最大 96kHz/320kbps
WMA/MP3:最大 48kHz/320kbps
DSD:2.8MHz/5.6MHz
PC入力(USBタイプB) PCM:最大 384kHz/32bit
DSD:2.8MHz/5.6MHz/11.2MHz
  • ※3:従来の11a(J52)のみの対応機器とは接続できません

以上

RSS