Panasonic Newsroom トッププレスリリースパーソナルメモリーマネージャーを発売

プレスリリース

2016年1月14日

スマホで撮った写真をカンタンらくらく保存・共有

パーソナルメモリーマネージャーを発売

BN-SDPAP3

品名 パーソナルメモリーマネージャー
品番 BN-SDPAP3
本体希望小売価格 オープン価格
発売日 4月22日

パナソニック株式会社は、スマートフォンやデジタルカメラで撮影した写真データを簡単に保存して「らくらく管理」できる、家庭内での据え置き型のパーソナルメモリーマネージャー(BN-SDPAP3)を発売します。
本製品は、「家族の各自がスマートフォンやデジタルカメラで撮った写真を一元管理して保存したい」といった要望や、「スマートフォン内に溜まった多くの写真を別のストレージに保存したい」などの要望に対応して、パソコンに詳しくない方でも簡単に写真の保存ができるようにしたものです。
本製品は32GBの内蔵メモリーのほか、SDメモリーカードスロット※1を搭載しているので、デジタルカメラで撮影した写真をSDメモリーカード経由で本体のメモリーに簡単に移すことが可能です。さらにWi-Fi接続にも対応しているので、無線LAN環境下ではスマートフォンやWi-Fi対応のパナソニック製デジタルカメラから直接無線で本製品へ写真や動画を転送して保存することもできます。
加えて、クラウド型ストレージサービス※2との連携により、写真や動画をクラウド型ストレージに保存することも可能です。これにより、クラウド型ストレージに保存した写真や動画を離れて暮らす家族がスマートTVで閲覧するといった使い方も可能になります。

当社は本製品により、スマートフォンやデジタルカメラなどで撮影した写真や動画を簡単に保存・共有して家族で楽しむ新しいライフスタイルを提案していきます。

<主な特長>

  1. スマートフォンの写真をプライバシー管理
    スマホの写真を専用アプリケーションで個別フォルダー管理
  2. デジタルカメラ画像をかしこく管理
    スマホやデジカメの写真のシンクロ保存、写真オートリサイズ機能
  3. クラウドにもかんたんにアップロード
    外出先からパソコンからの読み出しもかんたん
  1. ※1.SDメモリーカードは別売です。
  2. ※2.クラウド型ストレージサービスの利用には別途契約が必要です。

●本機は、無線LANルーターへの接続および、インターネットへの接続環境が必要です。

●本機の設定・操作はスマートフォンの専用アプリ「メモリーマネージャー」(以下、アプリ)を使って行います。

●アプリを使った本機の設定・操作の詳細については、アプリ内の「マニュアル」をご覧ください。

●アプリの入手方法は、【iOS用】 App Store®より入手してください。「メモリーマネージャー」の名称で登録されております。
【Android™用】 Google Play™ストアより入手してください。「メモリーマネージャー」の名称で登録されております。

【お問い合わせ先】

P3カスタマーサポートセンター
ホームページURL:http://panasonic.jp/p3/memory/manager

【開発の背景】

スマートフォンやデジタルカメラの普及により、個人で簡単に写真や動画を撮影する機会が増えています。しかし、データの管理が面倒なことから、撮りためたデータはスマートフォンやデジタルカメラのメモリーに保存したままといったケースが多いのが現状です。また、内蔵メモリーだけのスマートフォンもあり、本体内のメモリーがすぐにいっぱいになるといった課題もありました。このような中、「デジタルカメラやスマートフォンの写真を簡単に保存して一元管理したい」、「写真を家族で共有したいが、プライバシーも守りたい」、「クラウド型ストレージに保存して必要なときに遠隔地からでも写真を見たい」という要望が多くありました。このような要望に対応して、当社はプライバシーも保護しながら家族で簡単に写真や動画を共有でき、クラウド型ストレージサービスと連携することでデータのバックアップとともに離れた場所からスマートTVなどで動画の視聴も可能な、データの「保存」「共有」が簡単にできる「パーソナルメモリーマネージャー」を開発し、発売します。

【主な特長】

1.スマートフォンの写真をプライバシー管理

スマホの写真を専用アプリケーションで個別フォルダー管理

本製品は、本体内蔵の32GBのメモリーと拡張用SDカードスロットを搭載しています。このため、デジタルカメラやスマートフォンで撮影した写真を随時本体メモリーや拡張用SDメモリーカードにかんたんに保存することができます。撮影した写真でメモリーがいっぱいになりがちなスマートフォンやデジタルカメラのバックアップ用として便利に使用できます。また、フォルダー管理として、スマートフォンの映像や画像は最大5ユーザーまでの個別フォルダーで管理できるので、家族共用のフォルダーと個人のフォルダーを分けることで、家族の間でもプライバシーを守りながら使用することができます。なお、デジタルカメラの画像については共有フォルダーへの保存となります。

2.デジタルカメラ画像をかしこく管理

スマホやデジカメの写真差分取り込み、写真オートリサイズ機能

本製品は「差分取り込み機能」を搭載しており、デジカメやスマホの写真を本製品に取り込む際、新しく追加された写真のみを認識してすばやく読み込みます。
専用スマホアプリは写真の「オートリサイズ」機能を搭載しています。これにより、XGAに縮小された画像をスマホ内に残しつつ、スマホ内のオリジナルサイズの画像を本製品に転送することが可能です。スマホ内のオリジナルサイズの画像を消去(手動)しても、スマホ内にはXGA(78.6万画素)に縮小された画像が残っており、スマホの空き容量の拡大が可能です。さらに、SDメモリーカードから本製品に保存したデジカメ画像についても、専用スマホアプリにて閲覧することにより、XGAに縮小された画像をスマホ内に保存するので、スマホ内の空き容量を圧迫することなくデジカメの画像を共有することもできます。(オリジナルがXGA未満のデータは縮小されません)

3.クラウドにもかんたんにアップロード

外出先からパソコンでの読み出しもかんたん

内蔵メモリーや拡張SDメモリーカードへの保存に加え、クラウド型ストレージサービスとの連携も可能です。このため、例えば運動会で撮影した写真や動画を本製品経由でクラウド型ストレージにアップすれば、パソコンへ取り込むことなく外出先のパソコンやスマートTVなどでの視聴が可能になります。また、クラウドサービスへ写真や動画を保存することで本製品のバックアップにもなり、大切なデータの消失を防ぐことができ、より安心です。
クラウド型ストレージに保存したデータは、スマホやパソコンから簡単にアクセスできるので、パーソナルやファミリーでの使用に加え、ビジネスシーンでも活躍します。

【主な仕様】

インターフェース SDカードスロット:2系統(取込用、拡張用)、
USB端子:USB3.0/USB2.0(DC5 V 最大 900 mA)
LAN端子:1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T
専用アプリ対応スマートフォン/タブレット iOS 8.0以降、Android 4.1以降
対応メディア 取込用SDカードスロットに装着可能なメディア:
SDXCメモリーカード(48 GB~128 GB)、SDHCメモリーカード(4GB~32 GB)、SDメモリーカード(8 MB~ 2 GB)

拡張用SDカードスロットに装着可能なメディア:
SDXCメモリーカード(48 GB~128 GB)、SDHCメモリーカード(32 GB)

USB端子に接続可能なメディア:
※USBメモリー(4 GB~128 GB)、USB-HDD(サポートサイトを参照)
※USB機器を記憶装置として認識するUSBマスストレージクラスデバイスを含む。

●SDカードスロットでmicroSD/microSDHC/microSDXCカードを使用する場合は、SDカードサイズへ変換するアダプターが必要です。
●上記のすべてのメディアでの動作を保証するものではありません。
対応フォーマット 取込用SDカード:FAT12/FAT16/FAT32/exFAT、
拡張用SDカード:独自(※本機でフォーマット)
取込用USBメモリー:FAT32/exFAT、
バックアップ用USB-HDD:独自(※本機でフォーマット)
取り込み対象 写真:JPEG 動画:MP4、MOV
内蔵メモリー 容量:32 GB、最大保存写真枚数:約7000枚(1200万画素)
●システムが容量の一部を使用するため、使用可能な容量は32 GBより少なくなります。
●保存可能な枚数については、おおよその目安です。
●写真と動画が混在している場合は、枚数が変わります。
無線LAN 接続方式:IEEE 802.11 b/g/n 準拠、周波数帯:2.4 GHz、データ転送速度:最大300 Mbps、同時接続:5台
電源 DC12 V(DC IN端子)
ACアダプター 入力:AC100 V、50/60 Hz、出力:DC12 V/3.0 A
消費電力 動作時:約 4 W(付属ACアダプター使用時)
外形寸法 41(幅)×82(高さ) × 129(奥行) mm(突起部含まず)
本体質量 約 160 g
使用条件 使用温度範囲:0~40 ℃(結露しないこと)

●本機は、無線LANルーターへの接続および、インターネットへの接続環境が必要です。

●本機の設定・操作はスマートフォンの専用アプリ「メモリーマネージャー」(以下、アプリ)を使って行います。

●アプリを使った本機の設定・操作の詳細については、アプリ内の「マニュアル」をご覧ください。

●アプリの入手方法は、【iOS用】 App Store®より入手してください。「メモリーマネージャー」の名称で登録されております。
【Android™用】 Google Play™ストアより入手してください。「メモリーマネージャー」の名称で登録されております。

以上

RSS