Panasonic Newsroom トッププレスリリースデジタルカメラ 「ルミックス」 DMC‐GX8発売

プレスリリース

2015年7月16日

■訂正内容:
2015年7月22日 ページ下部注釈内
<誤>
・オリンパスイメージング(株)
<正>
・オリンパス(株)

新開発 「高精細20M Live MOSセンサー」と世界初(※1)6コントロール手ブレ補正システム「Dual I.S.」搭載

デジタルカメラ DMC‐GX8発売

広角から望遠まで広範囲なブレを補正して、より高画質に

DMC-GX8,DMC-GX8H

品名 デジタル一眼カメラ
品番 DMC-GX8 DMC-GX8H
キット名称 ボディ 高倍率ズームレンズキット
(高倍率ズームレンズ付属)
-K(ブラック)/-S(シルバー)
希望小売価格 オープン価格
発売日 8月20日
月産台数 2,000台

パナソニック株式会社は、新開発「20M Live MOSセンサー」と世界初(※1)の6コントロール手ブレ補正システム「Dual I.S.」を搭載したデジタルカメラ LUMIX DMC-GX8 を8月20日より発売します。

近年、中高年層を中心に街角や日常風景の撮影を楽しむストリートスナップが流行しています。
本製品は、新たに開発した20M Live MOSセンサーを搭載し、解像力アップと低感度撮影時のより立体感のある画を実現しました。さらにレンズ内手ブレ補正2軸とボディ内手ブレ補正4軸を組み合わせた6コントロールによる新たな手ブレ補正技術「Dual I.S.」を世界で初めて(※1)搭載しました。これにより小さなブレから大きなブレまでこれまで以上に強力に補正をおこない、手ブレの発生しやすい暗い場所や望遠時の撮影をサポートします。
秒間30コマを連写する独自の機能「4K PHOTO」は、撮影シーンに合わせた3つのモードを搭載し撮影シーンに合わせて使いやすく便利にしました。
また、本体のダイヤルやボタンの配置を見直すことで操作性を向上させるとともに、剛性の高い素材に防塵・防滴仕様を施し、アウトドアの幅広い撮影シーンに対応させました。

当社は、高品質とサービスを両立し、本製品を本物志向のユーザーに提案していきます。

<特長>

  1. 新開発20M Live MOSセンサー&世界初(※1)6コントロール手ブレ補正システム「Dual I.S.」で、より高画質を実現
    ・レンズ(2軸O.I.S.)とボディ(4軸B.I.S.)
  2. 秒間30コマ連写で決定的瞬間をとらえる「4K フォト」に3つのモードを搭載撮影シーンに合わせ より使いやすく便利に
    ・4K連写/4K連写(S/S)(※2)/4Kプリ連写
    ・スライドフォトセレクトで簡単操作
  3. 優れた操作性と堅牢性で幅広い撮影シーンに対応
  1. ※1:レンズ交換式デジタルカメラとして。2015年8月20日発売予定
  2. ※2:S/SはStart/Stopの略

【お問い合わせ先】

LUMIXご相談窓口
フリーダイヤル 0120-878-638 (受付9時~20時)
ホームページURL:http://lumix.jp/

【特長】

1.新開発20M Live MOSセンサー&世界初(※1)6コントロール手ブレ補正システム「Dual I.S.」で、より高画質を実現

●新開発 高精細20M Live MOSセンサー

20M Live MOSセンサーを搭載し、さらなる高画質を実現。有効画素数を2,030万まで向上したことにより、解像力がアップ。低感度撮影時ではより立体感のある画を撮ることができます。またS/N比の改善により、高ISO感度による撮影では低ノイズで高精細な写真撮影が可能になりました。

●世界初(※1) レンズ(2軸O.I.S.)とボディ(4軸B.I.S.)の6コントロールによる手ブレ補正機能「Dual I.S.」が小さなブレも大きなブレも強力に補正

レンズ内手ブレ補正2軸とボディ内手ブレ補正4軸の組み合わせによる新たな手ブレ補正技術「Dual I.S.」を世界で初めて(※1)実用化。上下左右の角度ブレ(Yaw、Pitch)と上下左右の並進ブレ(x、y)の大きなブレを広く補正するボディ内手ブレ補正と、上下左右の角度ブレの細かなブレを補正するレンズ内手ブレ補正を連動させることで、さまざまな手ブレを強力に補正します。手持ち撮影の際や、手ブレの発生しやすい暗い場所や望遠時でも、ブレの少ないきれいな写真が撮れます。

*Dual I.S.に非対応のレンズの場合、手ブレ補正機能に対応したレンズならレンズ内手ブレ補正のみ、手ブレ補正機能に非対応のレンズはボディ内手ブレ補正のみが働きます

●チルト可動式の倍率約0.77倍OLEDファインダー

ファインダーには、0.5型に大型化したファインダー倍率約0.77倍(35mm判換算)の約236万ドット有機EL(OLED)を採用。応答速度が速いので動きの速い被写体もしっかりとらえ、コントラストが高いのでハイライトからシャドーまではっきりと確認できます。ファインダー倍率は、約0.77倍と約0.7倍を切り換え可能。画角を確認するときには約0.7倍にするなど、用途に応じて表示できます。また、上に向かって90度可動するチルト機構を採用。ローアングルでも無理のない姿勢で撮影に集中できるうえ、角度を少し変えれば普段とは違う構図の撮影が楽しめます。

●思いどおりのアングルで撮れるタッチパネル搭載OLEDフリーアングルモニター

モニターには、約104万ドット静電容量方式タッチ有機EL(OLED)を採用。左右に約180度、上下に約250度回転するフリーアングルモニターで、自由度の高いフレーミングを実現しました。

2.秒間30コマ連写で決定的瞬間をとらえる「4K フォト」に3つのモードを搭載撮影シーンに合わせ より使いやすく便利に

連続した秒間30コマ連写で撮影し、撮影後にお好みのコマを選び出す撮影スタイル「4K PHOTO」で撮影できる「4K フォト」モードを搭載。写真撮影中に背面のカーソルボタンから素早く選択できます。動きの速い被写体や、予期できない出来事など、街中で出合う貴重な一瞬を高精細な写真で残せます。以下の3種類の「4K フォト」から用途に合わせて選べます。

■3つの「4K フォト」モード

  1. ※3:操作音を発しないサイレントモードでも撮影できます
  2. ※4:ファイルサイズが4GBを超える場合は、一時中断することなく撮影を続けることができますが、ファイルは分かれて保存・再生されます
  3. ※5:Ver.2.0以上へのファームウェアアップデートが必要です

●タッチ操作で快適に決定的瞬間を選び出すスライドフォトセレクト

写真を選び出す再生画面は、スライドフォトセレクトで写真を1枚1枚確認しながらタッチ操作で快適に選ぶことができます。

●撮影後にフォーカス位置を変更できる「フォーカスセレクト」をソフトウェアファームアップで搭載(予定)

「フォーカスセレクト」は、これまでの「4K フォト」を進化させた新しい機能です。撮影後にフォーカスポイントを自由に変更することができるようになり、ピント位置が決まらない失敗写真を防いだり、これまでとは異なる写真表現を楽しんだりできます。操作方法もシンプルで、撮影後にタッチ操作で再生画面を見ながら好きな場所にフォーカスを変更して1枚の写真として保存することができます。

3.優れた操作性と堅牢性で幅広い撮影シーンに対応

●ダイヤル、ボタンの配置をリニューアルし、操作性の向上を実現

撮影に集中できるよう、操作性に配慮しました。露出補正ダイヤルを天面のダイヤル部分に独立して設け、モードダイヤルと2段重ねで搭載。露出補正の操作や、補正値の確認がしやすくなりました。前後2ダイヤルを搭載することにより、ダイレクトな操作が可能となり、さらに後ダイヤルの中心にあるボタンを押すと、一時的に前後ダイヤルの割り当てを変更することもできます。例えば、前後ダイヤルをホワイトバランスとISO感度にそれぞれ割り当てれば、ファインダーから目を離さずに割り当てた設定を変えることもできます。
また、[AF/AE LOCK]ボタンを右寄りに配置。カメラを浅く握っていても押しやすく、誤操作も防げます。

●防塵・防滴仕様&高い剛性で堅牢ボディを実現

カメラボディには各部シーリング構造による防塵・防滴設計、マグネシウム合金の採用など、過酷な条件下での撮影にも耐えうるタフネス構造となっています。

4.素早く被写体をとらえる空間認識AF

当社独自の空間認識技術(DFD〈Depth From Defocus〉テクノロジー)と精度の高いコントラストAFによる「空間認識AF」を搭載。AF合焦速度は0.07秒(※6)の高速で、一瞬のシャッターチャンスを逃すことなく、快適な写真撮影を楽しめます。
※6:CIPA基準。AFS、H-FS14140使用時

【上記以外の主な特長】

●自然なノイズ感、立体的な解像感、滑らかな階調、自然な色再現を可能にしたヴィーナスエンジン

●高精細4K30p動画、なめらかなFHD60p動画を撮影可能

●被写体の動きを予測する機能を加え、追従性能が従来機GX7比で約200%に向上した「追尾AF」

●月明かり、ろうそく下でも合焦できる「ローライトAF」

●微小な光源を検出し、夜空の星までピントを合わせる「星空AF」

●パスワード入力を省略し、さらに接続・設定が簡単になった「Wi-Fi®」対応

●より広い範囲を撮影できる「パノラマ(ワイド)」

●P/A/S/Mやパノラマなど、どの撮影モードからもフィルター効果をかけられる「フィルター設定(22種類)」

●AFS 8コマ/秒、AFC 6コマ/秒のフル画素連写(20M時)

●動画撮影をアシストする充実の機能(シネライクガンマ、ゼブラパターン、センターマーカー)

【アクセサリーオプション品】

品名品番希望小売価格内容
ボディケース・ストラップキット DMW-BCSK5 オープン価格 本体同時発売
アイカップ DMW-EC3 オープン価格 本体同時発売

【仕様一覧】

【デジタルカメラ本体:DMC-GX8】

型式 レンズ交換式デジタル一眼カメラ
品番 DMC-GX8
カラー -K(ブラック) / -S(シルバー)
レンズマウント マイクロフォーサーズマウント
撮像素子形式 4/3型 Live MOS センサー
カメラ有効画素数/
総画素数
2030万画素 / 2177万画素
アスペクト比/
カラーフィルター方式
4:3 / 原色カラーフィルター
防塵対応 スーパーソニックウェーブフィルター(SSWF:超音波防塵フィルター)
記録メディア SDXCメモリーカード、SDHCメモリーカード、SDメモリーカード
(UHS-I UHSスピードクラス3対応)
記録形式静止画 JPEG(DCF/Exif2.3準拠)、RAW(Panasonic独自)、MPO(3D写真)
動画(※7) AVCHD Progressive / AVCHD / MP4
画像横縦比 4:3、 3:2、 16:9、 1:1
ファイル
サイズ
静止画 〔4:3〕 5184×3888(L)、3712×2784(M)、2624×1968(S)、
1824×1368(3Dレンズ装着時)
〔3:2〕 5184×3456(L)、3712×2480(M)、2624×1752(S)、
1824×1216(3Dレンズ装着時)
〔16:9〕 5184×2920(L)、3840×2160(M)、1920×1080(S)、
1824×1024(3Dレンズ装着時)
〔1:1〕 3888×3888(L)、2784×2784(M)、1968×1968(S)、
1712×1712(3Dレンズ装着時)
動画MP4(※8) 3840×2160(4K/30p:約100Mbps)
3840×2160(4K/24p:約100Mbps)
1920×1080(FHD/60p:約28Mbps)
1920×1080(FHD/30p:約20Mbps)
1280×720(HD/30p:約10Mbps)
640×480(VGA/30p:約4Mbps)
AVCHD
Progressive
1920×1080(FHD/60p:約28Mbps)、60p記録
AVCHD 1920×1080(FHD/60i:約17Mbps)、60i記録
1920×1080(FHD/30p:約24Mbps)、60i記録(センサー出力 30コマ/秒)
1920×1080(FHD/24p:約24Mbps)、24p記録
色空間 sRGB / Adobe RGB
クオリティ(圧縮率) ファイン / スタンダード / RAW / RAW+ファイン / RAW+スタンダード
別売3Dレンズ装着時は、MPO+ファイン、MPO+スタンダードのみ
ファインダー方式 約236万ドット OLED(有機ELディスプレイ)
視野率 / 倍率 約100% / 約1.54倍(35mm判換算:約0.77倍)*50mmレンズ・∞・-1m-1
アイポイント 21mm
視度調整範囲 -4.0~+3.0(dpt)
フォーカス フォーカスモード:映像検出によるTTL方式(コントラストAF(※9)
[AFS(シングル) / AFF(フレキシブル)] / [AFC(コンティニュアス)] / [MF]
(フォーカスレバー切換え、AFS / AFFはメニュー切換え)
オートフォーカスモード:顔・瞳認識 / 追尾 / 49点 / カスタムマルチ / 1点 /
ピンポイント(AFポイント移動可) / タッチAF / タッチパッドAF / ローライトAF / 星空AF
AFロック
測光方式 1728分割測光、マルチ測光 / 中央重点測光 / スポット測光
撮影モード インテリジェントオート / インテリジェントオートプラス(iA+) / プログラムAE(P) /
絞り優先AE(A) / シャッター優先AE(S) / マニュアル露出(M) / クリエイティブ動画 / カスタム(C1、C2、C3) / パノラマ / クリエイティブコントロール
ISO感度
(標準出力感度)
オート / インテリジェントISO / 100* / 200 / 400 / 800 / 1600 /
3200 / 6400 / 12800 / 25600 (1/3EVステップに変更可能)
* 拡張ISO設定時。
露出補正 1/3 EVステップ ±5 EV(動画撮影時は±3EV)
オートブラケット 1/3、2/3または1EVステップ 最大±3EV
撮影枚数 3枚 / 5枚 / 7枚、単写 / 連写選択可
ホワイトバランス オート / 晴天 / 曇り / 日陰 / 白熱灯 / フラッシュ /
ホワイトセット1、2、3、4 / 色温度設定(2500K-10000Kの間で100K単位)、
ホワイトバランス微調整(2軸方式)、ホワイトバランスブラケット
シャッター形式 フォーカルプレーンシャッター
シャッター速度 静止画:B(バルブ)最大約30分
60~1/8,000 秒(電子シャッターON:1~1/16,000秒)
動画:1/25~1/16,000秒
連写撮影連続撮影速度 メカシャッター時:高速(H): 約8コマ/秒(AFS時) / 約6コマ/秒(AFC時)、
中速(M): 約5.5コマ/秒(AFS時) / 約6コマ/秒(AFC時)、
低速(L): 約2コマ/秒(ライブビュー時)
電子シャッター時:超高速(SH): 約40コマ/秒、
高速(H): 約10コマ/秒(AFS時) / 約6コマ/秒(AFC時)、
中速(M): 約6コマ/秒(ライブビュー時)、低速(L): 約2コマ/秒(ライブビュー時)
連写コマ数 RAW/RAW+JPEG連写:30枚以上(速度が遅くなるまで、当社測定条件による)
JPEG連写:100枚以上(速度が遅くなるまで、当社測定条件による)
モニター アスペクト比3:2 / 3.0型 / 約104万ドット有機ELモニター(OLED) /
静電容量方式タッチパネル / 約100%
最低照度(※10) GX8H付属レンズ14-140mm / F3.5-5.6装着時 :
約9 lx(iローライト時、シャッタースピード1/30秒時)
外部
フラッシュ
発光モード TTL / マニュアル / ワイヤレス制御可
フラッシュモード オート* / 赤目軽減オート* / 強制発光 / 赤目軽減強制発光 / スローシンクロ /
赤目軽減スローシンクロ / 発光禁止 *iA、iA+のみ
フラッシュ
同調スピード
1/250秒以下
発光量調整 1/3EVステップ 最大±3EV、露出補正連動選択可
発光タイミング 先幕、後幕シンクロ(設定可能)
デジタルズーム 2倍 / 4倍
EXテレコン 最大 約2倍(記録画素数[EXS]選択時)
フォトスタイル スタンダード / ヴィヴィッド / ナチュラル / モノクローム / 風景 / 人物 / カスタム /
シネライクD* / シネライクV* *クリエイティブ動画選択時
クリエイティブ
コントロール
静止画 ポップ / レトロ / オールドデイズ / ハイキー / ローキー / セピア / モノクローム /
ダイナミックモノクローム / ラフモノクローム / シルキーモノクローム /
インプレッシブアート / ハイダイナミック / クロスプロセス / トイフォト / トイポップ /
ブリーチバイパス / ジオラマ / ソフトフォーカス / ファンタジー / クロスフィルター /
ワンポイントカラー / サンシャイン(画像効果の調整機能あり)
動画 ポップ / レトロ / オールドデイズ / ハイキー / ローキー / セピア / モノクローム /
ダイナミックモノクローム / インプレッシブアート / ハイダイナミック / クロスプロセス /
トイフォト / トイポップ / ブリーチバイパス / ジオラマ /
ファンタジー / ワンポイントカラー
マイク / スピーカー ○(ステレオ) / ○(モノラル)
表示言語 日本語
外部端子インターフェース AV出力(NTSC)、USB 2.0(High SPEEDマルチ)対応
HDMI microHDMI TypeD
ワイヤレス
転送部
準拠規格 IEEE 802.11b / g / n (無線LAN標準プロトコル)
使用周波数範囲
(中心周波数)
2412MHz~2462MHz (1ch~11ch)
暗号化方式 Wi-Fi準拠 WPA / WPA2
アクセス方式 インフラストラクチャーモード
電源 バッテリーパック(付属、7.2V) /(別売ACアダプター DMW-AC10 100~240V対応)
※別売DCカプラーDMW-DCC8が必要です。
静止画撮影可能枚数 CIPA規格(※11):約330枚(LCD ON) 約310枚(LVF ON)
(GX8H付属レンズ14-140mm使用時、付属バッテリーパック)
連続撮影可能時間 約120分(GX8H付属レンズ14-140mm使用時、AVCHD[画質設定:FHD/60p])
実撮影可能時間 約60分(GX8H付属レンズ14-140mm使用時、AVCHD[画質設定:FHD/60p])
寸法(W x H x D) 133.2×77.9×63.1mm(突起部除く)
質量 約435g(本体のみ)
約752g(GX8H付属レンズ14-140mm、本体、バッテリー、メモリーカード含む)
付属ソフト PHOTOfunSTUDIO 9.7 PE
SILKYPIX® Developer Studio 4.3 SE(RAW現像ソフト)
付属品 バッテリーパック(7.2V)、バッテリーチャージャー、アイカップ、ホットシューカバー、
ボディキャップ、USB接続ケーブル、CD-ROM、ショルダーストラップ
GX8Hのみ:交換レンズ、レンズフード、レンズキャップ、レンズリアキャップ

【付属レンズ:DMC-GX8H】

品番 H-FS14140
レンズ名称 LUMIX G VARIO 14-140mm / F3.5-F5.6 ASPH. / POWER O.I.S.
レンズ構成 12群14枚(非球面レンズ:3枚、EDレンズ:2枚)
マウント マイクロフォーサーズ規格準拠
焦点距離 f=14mm~140mm(35mm判換算 28mm~280mm)
絞り形式 7枚羽根 円形虹彩絞り
開放絞り F3.5(W端)~F5.6(T端)
最小絞り F22
撮影距離範囲 0.30m~∞(f=14~21mm)(撮像面から)/
0.50m~∞(f=22~140mm)(撮像面から)
フィルター径 φ58mm
最大撮影倍率 0.25倍(35mm判換算:0.5倍)
光学式手ブレ補正 ○(Gシリーズに準じたMODE切換えが可能)
最大径×長さ φ67mm×約75mm
(レンズ先端より、レンズマウント基準面まで)
質量 約265g
  1. ※7:動画撮影時、周囲の温度が高かったり、連続で撮影を行った場合は、本機の保護のため、自動で撮影が停止する場合があります
  2. ※8:[画質設定]のサイズが[4K]のMP4動画の場合:ファイルサイズが4GBを超える場合は、一時中断することなく動画撮影を続けることができますが、動画ファイルは分かれて記録・再生されます
  3. ※9: 「コントラストAF」対応のレンズについてはルミックスホームページをご覧ください
  4. ※10: 最低照度は参考値です
  5. ※11: CIPA規格は、カメラ映像機器工業会(Camera&Imaging Products Association)が定める電池寿命測定方法についての統一規格です

・Adobeは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

・マイクロフォーサーズ™ 及びマイクロフォーサーズ ロゴマークはオリンパス(株)の日本・米国・EU・その他各国の商標または登録商標です。

・AVCHDおよびAVCHDロゴはパナソニック株式会社とソニー株式会社の商標です。

・HDMI、HDMIロゴ、及びHigh-Definition Multimedia Interfaceは、米国およびその他の国におけるHDMI Licensing LLCの商標または、登録商標です。

・Wi-Fi、WPA、WPA2はWi-Fi Alliance®の商標または登録商標です。

・SDXC/SDHCロゴはSD-3C,LLCの商標です。

・スマートフォン/タブレットでの操作、SNSへのアップロードには専用アプリ「Panasonic Image App」をスマートフォン/タブレットにインストールする必要があります。
対応OS(2015年6月現在)
Android 用: Android 4.0以上
iPhone用:iOS 6.0以上(ただしiPhone 3GS は除く)
詳しくはサポートサイトをご確認ください。http://panasonic.jp/support/software/image_app/index.html

・スマートフォン/タブレットアプリ「Panasonic Image App」はパナソニック株式会社の提供する、Wi-Fi搭載LUMIXから送信された写真や動画を受信したり、WEBサービスへ中継するアプリケーションです。

・「Panasonic Image App」(無料配布)は「Google Play™」または「App Store」より入手することができます。

・AndroidはGoogle Inc. の商標または登録商標です。

以上

RSS