パナソニック コネクト、米ラスベガスで開催される世界最大の放送機器展覧会「2022 NAB Show」に出展

2022年4月22日

トピックス

パナソニック コネクト株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 執行役員 社長・CEO:樋口 泰行、以下パナソニック コネクト)は、2022年4月24日から27日(現地時間)まで、米国ラスベガスで開催される国際放送機器展「2022 NAB(National Associations of Broadcasters)Show」に出展します。「Connecting it all together(すべてをつなげる)」をコンセプトに、先進のライブイベント制作、自動化されたスマートスタジオ、コネクテッドコミュニケーションを支援する最新の映像技術を提案し、新しい臨場感のある没入型の体験を創造するパナソニックのソリューションを紹介します。

パナソニック コネクトのブース(ラスベガス・コンベンション・センターのセントラルホール、ブース番号C3607)では、以下の5つのエリアに分けて、パナソニック コネクトの最新の映像技術やソリューションが展示される他、ライブ映像制作ワークフロー・システムの最新ラインアップや先進のスタジオおよびリモートカメラソリューションのデモンストレーションが行われます。

1. Connected Solutions
2. Connected Cloud
3. Immersive Live
4. Smart Studio
5. Remote Production

今回、展示される注目の製品は、以下となります。

・リモートカメラの最新ラインアップ:プロユースの画質・機能を提供する、リモート会議に最適なエントリーモデルから、独自開発の新ダイレクトドライブシステムによる優れた静音性を特徴とする、様々なイベント撮影に適したスタンダードモデルまで、新商品5機種を含む、幅広い映像制作現場のニーズに応える豊富なラインアップを展示します。

・ロボティックカメラシステム:ドリーなど他社のロボティックシステムとパナソニック コネクトのリモートカメラを連動させることでダイナミックなアングルでの撮影を可能にし、付加価値の高い放送品質の映像制作をご提案します。

・IT/IPプラットフォーム「KAIROS」:幅広い入出力に対応し、ライブ映像スイッチング向けのオープンアーキテクチャシステムを採用することで柔軟性、拡張性に優れ、GPUの許容する限りシーン数やレイヤー数を事実上制限なく合成できることで驚くほど臨場感、没入感のある演出を低遅延で実現します。さらに、国内で2022年春サービス開始予定の「KAIROSクラウドサービス」をベースにした米国向けのクラウド型映像制作システム(※)を参考出展します。時間と場所に制約されず、柔軟で合理的な分散型の制作ワークフローを可能にします。また、現在開発中で、2022年度第3四半期に発売予定のKAIROS小型コントロールパネル「Kairos Control AT-KC10C2G」も参考出展します。

※ 本展示モデルは現在開発中で、KAIROSクラウドサービスとは別構成となります。

これらのソリューションは、柔軟性に優れた映像配信ツールを備える信頼性の高い映像制作システム、手頃な価格の4K撮影システム、より拡張性に優れ自動化された制作ワークフローを求める業界のニーズに対応するものです。

「2022 NAB Show」で展示されるパナソニックの最新映像技術の詳細については、https://connect.panasonic.com/jp-ja/products-services_proav_event#eventをご覧ください。

【リリースに関するお問合せ先】
パナソニック コネクト株式会社
メディアエンターテインメント事業部 プロAV商品マーケティング部
マーケットコミュニケーション課
E-mail:pro-av.ad@gg.jp.panasonic.com
[放送・業務用映像システム ホームページURL] https://biz.panasonic.com/jp-ja/products-services_proav

パナソニック コネクト株式会社について
パナソニック コネクト株式会社は2022年4月1日、パナソニックグループの事業会社制への移行に伴い発足した、グローバルで約28,500名の従業員を擁し、売上高が8,182億円(※)の、B2Bソリューション事業成長の中核を担う事業会社です。パナソニック コネクトは、企業としての存在意義であるパーパスを、「現場から 社会を動かし 未来へつなぐ」と掲げています。このパーパスには、製造業100年の知見とソフトウェアを組み合わせたソリューションや、高度に差別化されたハードウェアの提供を通じて、サプライチェーン・公共サービス・生活インフラ・エンターテインメントのそれぞれのお客様とつながり、お客様の「現場」をイノベートすることで、人と自然が共存できる豊かな社会・地球の「サステナビリティ」と、一人ひとりが生きがいを感じ、安心安全で幸せに暮らすことができる「ウェルビーイング」の世界を目指していきます。

※ 2020年度、旧パナソニック株式会社コネクティッドソリューションズ社として

発表年月
発表年月