バレーボールチーム パナソニック パンサーズに牧 大晃 選手(高松工芸高校)の入団が決定

2022年2月 9日

トピックス

大阪府枚方市を拠点にするバレーボールチーム パナソニック パンサーズ(以下、パンサーズ)は、2021-22シーズンのV.LEAGUE DIVISION1(以下、Vリーグ)優勝に向け、チーム一丸となった戦いを展開しています。

この度、チームに現役高校3年生 牧 大晃選手の加入が決定しましたので、お知らせいたします。

牧選手は大学に進学しますが、そのチームに合流する2022年3月下旬まで、東京2020オリンピックでフランス代表を金メダルに導いたティリ・ロラン監督のもと、パンサーズの一員として最高峰のバレーを学ぶ予定です。

また、大学進学後は毎年、大学バレーのシーズンオフ期間(12月~4月)はパンサーズに戻り、メンバーとして共にVリーグを戦うこととなります。チームとしては、本人のステップアップに合わせ、海外挑戦へのバックアップも行う考えです。

この2022年1月、現役大学3年生選手2名をチーム初の試みとして迎えたことと同様に、次代を担う逸材に高いレベルでプレーできる環境を提供し、チームのレベルアップはもとより、Vリーグの活性化、さらには日本バレーボール界の成長・発展にも寄与すべく、育成に力を注いでいきます。

【プロフィール】
名前:牧 大晃(まき ひろあき)
背番号:24番
ポジション:アウトサイドヒッター/オポジット
身長・体重:210cm・107kg
生年月日:2003年11月2日
出身:香川県高松市
高校:香川県立高松工芸高等学校

【コメント】
パナソニック パンサーズに加入させていただき、心から感謝いたします。昨年のオリンピックで金メダルを獲得したティリ監督から直接ご指導を受けることは、自分自身にとって素晴らしい経験になると思います。また、トップで活躍する選手と一緒により高いレベルのバレーを体験させていただくことで、自分自身のレベルアップができるよう頑張りたいと思います。若さを生かしたプレーで、チームに貢献したいと考えています。ご声援よろしくお願いいたします。

【パナソニック パンサーズ】
https://panasonic.co.jp/sports/volleyball/
大阪府枚方市を本拠地とする男子バレーボールチーム。現Vリーグを含めた日本最高峰のバレーボールリーグにおいて、過去10年間で8度、決勝の舞台に立ち4度優勝している。また天皇杯、黒鷲旗を含め、史上初のタイトル3冠を3度達成した。現役日本代表選手5 名(清水邦広、深津英臣、山内晶大、大竹壱青、大塚達宣)が所属。チーム名は、Panther(豹)にPanasonicの最初の3文字をかけ、獲物を狙う豹のような精悍で敏捷なプレーとボールがコートを駆け抜ける様を表現している。

【お問い合わせ先】
パナソニック株式会社 スポーツマネジメント推進室
パナソニック パンサーズ
電話:072-844-7482

発表年月
発表年月