4Kカメラレコーダー・CXシリーズ(AG-CX350/AJ-CX4000GJ)バージョンアップのご案内 ーP2HDプロキシ記録、4Kストリーミング、SRTストリーミングなどネットワーク対応を向上ー

2021年4月16日

トピックス

パナソニック株式会社(本社:大阪府門真市、代表取締役社長:津賀一宏、以下、パナソニック)の社内分社であるコネクティッドソリューションズ社(本社:東京都中央区、社長:樋口泰行)は、メモリーカード・カメラレコーダーAG-CX350およびAJ-CX4000GJのファームウェアをバージョンアップし、本年5月末日より無償にてご提供いたします。あわせて同機種用のタブレット/スマートフォンアプリCX ROPについても、同時期に新バージョンを公開いたします。

4Kカメラレコーダー・CXシリーズは、4K/HDR/10bitの高画質収録と、ライブストリーミング・IP接続のネットワーク機能を兼ね備え、ニュース・映像制作・配信に高品質のソリューションをもたらす放送用・業務用カメラレコーダーです。今回のバージョンアップでは、主にネットワーク機能を強化することにより、取材・制作・配信のリモートワーク化と高画質・高品質のライブストリーミングを実現し、ポストコロナ時代の放送・映像制作のニーズに対応します。

まず、放送用P2HDフォーマット記録でAVC Proxy G6プロキシ記録をサポート。低ビットレートかつFHD解像度によりニュース速報などのネットワーク運用に対応します。パナソニックが提供するIoTクラウドプラットフォームMedia Bridgeとの連携では、ニア・ライブ・アップロード、遠隔地からのプレビュー/カメラ設定/メタデータ送信が可能となります。
さらに、4Kストリーミング、SRTプロトコルをサポートし、より高画質・高品質のライブストリーミングが行なえます。
操作面でも、顔検出/追尾AE&AF機能を装備し、ワン・オペレーション取材の操作軽減を図りました。
また、これらカメラレコーダー本体のバージョンアップに対応して、CX ROPアプリも機能を向上しています。

4Kカメラレコーダー・CXシリーズは今回のバージョンアップによって、ユーザーのニーズと時代のテクノロジーにさらに応え、放送と映像制作のワークフロー革新をサポートします。
パナソニックは「A Better Life, A Better World」の実現を目指し、IoT技術とカメラレコーダーの連携を通じて、放送業界、映像制作・映像配信業界のみなさまに、新たな価値を提供してまいります。

■4Kカメラレコーダー・CXシリーズ 2021年5月バージョンアップ

【メモリーカード・カメラレコーダーAG-CX350/AJ-CX4000GJ】
・ 低ビットレートでFHD解像度のAVC Proxy G6プロキシデータをメイン記録と別に同時(サブ)記録。(※1)メイン記録がV-logまたはHDRガンマの場合、サブ記録にV-709またはSDRガンマ設定が可能。
・ IoTクラウドプラットフォームMedia Bridgeと連携。GPS(AJ-CX4000GJのみ)と映像のプレビュー、収録中/収録後のアップロード、カメラのセットアップなど、クラウド経由で遠隔地からリモート操作が可能。
・ CLIPメタデータ(撮影者・場所・日時・時刻・メモなど)を収録クリップに付加して記録。データの設定はカメラ本体のほか、SDカード、CX ROPアプリ、Media Bridgeからの転送にも対応。
・ カメラレコーダーのLCDモニターでCLIPメタデータの一覧表示・確認が可能。
・ SHOTMARKをクリップに付加、マークしたクリップだけを表示・再生・Media Bridgeアップロード。(※2)
・ 4Kストリーミング(RTMP/RTMPS/RTSP/SRT)をサポート(※3)。H.264/H.265コーデックと8/12/25/50/75 Mbpsビットレート選択が可能。5Gスマホを用いたUSBテザリング、Media Bridgeを使用した指定サーバーへの自動アップロードにも対応。
・ SRTプロトコルによる高品質ストリーミングをサポート。Client/Listener両モード、暗号化にも対応。(※4)
・ 顔検出AE&AF機能を装備。LCDでタッチした被写体を自動追尾AE&AF。(AG-CX350のみ)(※5)

【タブレット/スマートフォンアプリCX ROP】
・ CLIPメタデータに対応。カメラレコーダーへCX ROPからメタデータを送信し収録クリップに記録。
・ 接続ポート番号の設定に対応。他のアプリとの重複によるトラブルを回避。
・ 自動カメラ探索機能がマルチカメラモード(最大8台のカメラを登録)に対応。ネットワーク上のカメラ(IPアドレス)を一覧表示し、選択・設定が可能。

※1:MOV/AVCHD/AVC LongG12コーデック記録、ストリーミング、NDI|HX、VFR、インターバル記録、サイマル記録、バックグラウンド記録、タイムスタンプ記録時プロキシ記録が使用できません。
※2:MOV/AVCHDコーデック記録時、インターバル記録時、再生一時停止時にはSHOTMARKは使用できません。またサイマル記録時はLAST CLIPとしてのSHOTMARKには対応していません。
※3:NDI|HX接続には対応していません。4Kストリーミング時は、記録、サムネイル表示、再生の同時動作はできません。H.264、RTMP、SRTなどのモードによっては設定できないフォーマットまたはビットレートがあります。
※4:24p映像、SD映像は対応していません。
※5:赤外線撮影時、VFR/スーパースロー撮影時、エキスパンド・フォーカスアシスト使用時、AREA/AF AREA時には機能しません。

4Kカメラレコーダー・CXシリーズについての詳細は下記製品ページをご参照ください。
https://panasonic.biz/cns/sav/4k_camcorder.html

【お問い合わせ先】
パナソニック株式会社 コネクティッドソリューションズ社 メディアエンターテインメント事業部
プロAV商品企画部 マーケットコミュニケーション課
E-mail: pro-av.ad@gg.jp.panasonic.com
[放送・業務用映像システム ホームページURL]
https://panasonic.biz/cns/sav/

発表年月
発表年月